Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

真心が届く 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

【日本放送】
●Mnet(2019/10/1~28)月~木曜日13時から 字幕
●Mnet(2019/7/15から)月~金曜日7:45から 字幕
●Mnet(2019/5/20から)5/5に第1話先行放送、月・火曜日22時から 字幕
【韓国放送期間】2019年 2月6日から 3月28日水木ドラマ 21時30分から

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

真心が届く 진심이 닿다  全16話
2019年放送 tvN
 平均視聴率 3.97% 시청률 最低視聴率第15回3.335% 最高視聴率第1回4.736%
tvN 真心が届く 진심이 닿다
あらすじ

ある日ドラマのように法律事務所に落ちた韓国を代表する俳優オ・ユンソ(ユ・インナ)が完璧主義の弁護士、クォン・ジョンロク(イ・ドンウク)に出会って始まる偽装就職ロマンス

韓流の女神オ・ユンソ(オ・ジンシム)(ユ・インナ)は根も葉もない嘘のスキャンダルのせいで芸能界を干されてしまう…。

それから2年後、女優として復活を果たすため準備を進めている中、マネジャーが持っていた有名脚本家による最新ドラマの台本を目にする。この作品にどうしても出演したいと懇願するユンソに対し、彼女が抱えるもう一つの問題”大根役者”というイメージを払拭させるためマネジャーはある提案をする。それは”法律事務所に偽装就職し、実践的な演技力を身につけること”。

ユンソはその提案を受け入れ、弁護士クォン・ジョンロク(イ・ドンウク)の秘書として3ヶ月間働くこととなる。

Mnet 真心が届く
 
tvN 진심이 닿다 人物相関図
キャスト

イ・ドンウク クォン・ジョンロク役(35歳) 完璧主義のオールウェイズエース弁護士

ユ・インナ オ・ユンソ役(32歳) 女優 すべてが初である法律事務所の新入社員

イ・サンウ  キム・セウォン(35歳) ソウル中央地検検事、ジョンロクの大学法学部・司法研修院同期

ソン・ソンユン  ユ・ヨルム(35歳) ソウル中央地検検事、、セウォンの元恋人ジョンロクのセウォン大学法学部同期

 

オールウェイズ法律事務所

オ・ジョンセ ヨン・ジュンギュ役(42歳) オールウェイズ法律事務所の代表

シム・ヒョンタク  チェ・ユンヒョク役(37歳) ナルシストでマザコン離婚専門弁護士

パク・ギョンヘ タン・ムニ役 (29歳)小心者ですぐ恋に落ちる弁護士

パク・ジファン イ・ドゥソプ役(40歳) ヤン・ウンジに片思いを寄せるオールウェイズ事務長

チャン・ソヨン ヤン・ウンジ役(37歳)オールウェイズ法律事務所10年目の法律秘書 一人で娘を育てるシングルマザー

キム・ヒジョン キム・へヨン役(27歳) オールウェイズ法律事務所のゴシップガール

企画事務所

イ・ジュニョク  ヨン・ジュンソク(40歳) ジンシムの所属事務所の代表、ジュンギュの従弟

オ・ウィシク  コン・ヒョクジュン(35歳) ジンシムのマネジャー

検察庁

キム・チェウン  イ・ジュヨン(27歳)ソウル中央地検の新入 セウォンの後輩検事

画像出典:http://program.tving.com/

スタッフ /脚本:イ・ミョンスク、チェ・ボリム、演出:パク・ジュンファ
コメントにて随時感想募集中です。


話数ごとのあらすじと感想
●以下話数ごとのあらすじと感想 / 作品感想ネタバレ有

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●以下、話数ごとのあらすじと感想

marikoさん
真心が届く 1話・2話 あらすじと感想 ユ・インナ オ・ユンソ役
真心が届く 3話・4話 あらすじと感想 イ・ドンウク クォン・ジョンロク役
真心が届く 5話・6話 あらすじと感想
真心が届く 7話・8話 あらすじと感想
真心が届く 9話・10話 あらすじと感想
真心が届く 11話・12話 あらすじと感想
真心が届く 13話・14話 あらすじと感想
真心が届く 15話・16話(最終回) あらすじと感想

●以下作品感想

●思わずにんまり、あのアツアツカップル復活!

 

あの大ヒットドラマ、トッケビでもアツアツの愛を見せてくれたイ・ドンウクとユ・インナのカップルが帰ってくる!ということで、楽しみに観始めました。とはいえ、楽しみも半分、不安も半分だったのですよね…。というのも、トッケビのイメージが付き過ぎてしまって、2人の姿に違和感があるのではないかと心配していたのです。ところが、その心配も無用なものでした。さすがプロ、まったく違うキャラクターとして役を演じきっていました。

ドラマの内容は流行したウェブ小説が原作。どんな内容なのだろう?と思っていたのですが、ユ・インナ演じるユンソも、イ・ドンウク演じるジョンロクも、天然でピュアで、微笑ましいキャラクターでした。なので、ラブラブなシーンにも飽きることなく、それぞれのエピソードが笑いを誘います。

そしてジョンロクが弁護士なだけあって、劇中では事件も組み込まれていて、飽きることなく観ることができました。私個人的には、もうちょっと事件の要素が多くても良かったかなという気もしますが、このドラマを観て幸せな気分になれたので、ドラマの展開も良し、です。

主演の2人以外には、日本でも人気のイ・サンウさんがジョンロクの友人役で出ていました。イ・サンウさんはスーツ姿が多かったのですが、それでも筋肉がすごくついているんだな~というのが分かるくらい、体型が良かったです。これで女性がメロメロにならないわけがありませんね。恋人役の人が羨ましかったです。

心があったかくなるラブストーリーを観たい方には、おススメの作品です。

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー