リーガル・クレイジー真剣勝負(韓国ドラマ) 7話・8話 あらすじと感想

真剣勝負


真剣勝負(ドギョンス主演)  진검승부 2022年  KBS2 wavve 全12話 

daisySSさん

第7話視聴率5.0%

第7話あらすじ

検事長キム・テホとシン・アラの会話を録音したチン・ジョン(ド・ギョンス/EXO ディオ)。第3者による録音は法的に採択されることはないと強気のキム・テホ(キム・テウ)の言葉に、堂々とした態度を見せるチン・ジョン、、、「法的な効力がないとしても、検察内の掲示板にアップすることはできます」と語ると、その場で、一部をアップロード。

結果、チン・ジョンの要求通り、かけられていた指名手配から自由になっただけではなく、検事として翌日から復帰できるようになります。

チン・ジョンが検察庁に出勤したことにオ・ドファン(ハ・ジュン)は驚きを見せ、彼に宣戦布告するチン・ジョン。彼が検察に復帰したことはソ・ヒョンギュ(キム・チャンワン)にも報告され。。。

復帰したチン・ジョンはまず、イ・ジャンウォン(チェ・グァンイル)の司法解剖を担当したチョン・ジェフン解剖学教授を捜し始めます。検死結果に偽りがあったことを証明するためには、チョン・ジェフンの証言が必要な状況で、彼が違法ギャンブル場を出入りしているとの情報を得ると、シン・アラと共にギャンブル場にギャンブル客を装って侵入。

問題は、チン・ジョンもシン・アラも全くギャンブルの経験がなく、ルールが分からない状況のはずが、シン・アラが次々に勝ち続け。

ギャンブル場に現れたチョン・ジェフンを発見し、彼を捕まえることに成功します。しかし、シン・アラの説得にも、「すべては私のミスの結果です」としか語ることなく、誰の命令で検死結果を操作したのかは語ろうとしない。

チョン・ジェフンが逮捕されたことを知ると、キム・テホは事件をチン・ジョンから奪い、オ・ドファンに担当させ、拘置所に移送されることになるチョン・ジェフン教授。

チン・ジョンは「このまま何も語らずいると、命を奪われることになりますよ」と警告の言葉を伝えます。

移動中、襲われた解剖医チョン・ジェフン教授をチン・ジョンが助けて安全な場所に確保すると、検事長の指示を受けたオ・ドファンが接触してきた事や、家族に危険が及ぶことになると脅され検死結果を偽装したと語るチョン・ジェフン。

キム・テホと二人きりで会うことになったチン・ジョンは、キム検事長が事件に関係していることを証言してくれる人物を確保したことを告げると、キム・テホを逮捕すると明かし。。。

その時、シン・アラからかかってきた電話に、チョン・ジェフン教授の居場所がバレて、侵入者がいたと伝えます。

シン・アラは自力で脱出するもチョン・ジェフン教授は、侵入者に捕まった状況。キム・テホは二人の命を助けたければ辞表にサインするよう命じる。

連絡を受けて駆け付けたチン・ジョンの仲間たちがジョン・ジェフン教授を殺害しようとする場面に遭遇すると、男は持っていた刃物でジョン・ジェフンを指して逃走。

翌日、キム・テホのオフィスに現れたチン・ジョンは、「言ったはずだ、、、あなたはもうおしまいだ」と語るとキム・テホを逮捕します。

チン・ジョンが彼を逮捕できたのは、死んだと思われた解剖医ジョン・ジェフン教授が生きていたから。。。

第7話感想

様々な出来事があり、息をのむ展開が続きました!

イ・ジャンウォンの司法解剖を行った解剖医をめぐる、チン・ジョン側とキム・テホ側の激しい争いを中心に描かれましたが、非常に面白かったです。

意外な点は、解剖医ジョン・ジェフンが拘置所に移動される際に現れた覆面の集団は、チン・ジョンの仲間たちでした。安全な場所に解剖医で証言者のジョン・ジェフンを確保するだけではなく、命が狙われていると彼に思わせ、彼の沈黙をやぶることに成功し、背後にキム・テホが居て彼の命令でオ検事が動いたとの証言を確保することに成功します。

その後、ジョン・ジェフンが、イ・ジャンウォンを自殺に見せかけて殺害したテ室長らしき男に襲われるシーンにもからくりがありました。

危険を察していたチン・ジョンは、防弾ベストを着用させただけではなく、豚肉の固まりまで準備して、テ室長が刃物で刺した際、気づかないように小細工していました。

ジョン・ジェフンが死亡したと見せかけ、キム・テホを油断させることに成功し、結局、彼を逮捕することができた今話のエンディング。

しかし、キム・テホの背後にもっと凶悪で権力を握るソ・ビョンジュがいることに、チン・ジョンはまだ気づいていないため、今後はラスボス的な存在のソ・ビョンジュとの本格的な争いが始まることになりそうですね。

事件を解決するキーとなるMP3を持っているパク・ジェギョン(キム・サンホ)の隠されていた過去が描かれました。理由は明確ではないですが、妻と息子を亡くした様子で、ソ・ビョンジュが関与していると予想されます。

また、チン・ジョンの活躍を報告されると、「チン、、、珍しい苗字だ・・・」と語るソ・ビョンジュの姿まで登場し、チン・ジョンの父が亡くなった事件にもソ・ビョンジュが関係しているようで、今後は過去の事件にもスポットを当てた展開が予想されます。

軽くけど決して軽すぎないタッチで描かれるドラマのため見やすいです。

【豆知識】主題歌 OST Part3は、「ディオ」が歌う「Bite」です。主演を務めるド・ギョンス/EXO ディオが歌う主題歌!!

第8話視聴率5.6%

第8話あらすじ

チン・ジョン(ド・ギョンス/EXO ディオ)により逮捕された検事長のキム・テホ(キム・テウ)は、罪を認めることなく、「僕は組織を守るためにやっただけで、間違ってはいない」と語ると、検察のために捜査を中止することなく突き進んだチン・ジョンを批判します。

同じ罪で事情聴取を受けることになったオ・ドファン(ハ・ジュン)検事もかけられた罪を否定します。

チン・ジョンは更なる証拠を確保するために、ローファームの「カンサン」を再び訪ねると、テ室長がイ・ジャンウォンの死に関与していると主張します。イ・ジャンウォンを殺害する際に使用した薬物の売買リストに彼女の名前があったから。

しかし、テ室長は彼の主張を否定、、、テ室長がただのローファーム勤務の職員ではないと判断したチン・ジョンは諦めず捜査を彼女まで広げ。。。

キム・テホを尾行する過程で、ソ・ヒョンギュ(キム・チャンワン)がキム・テホに影響力をお呼びしていたことに気づいたオ・ドファンも、独自に捜査を続けてユ・ジンチョルから渡された映像を確認します。

ソチョドンで殺害された女性被害者パク・イェヨンの真犯人の映像を確認すると驚く、オ・ドファン。パク・イェヨンを殺害したのは、ソ・ヒョンギュの息子で「カンサン」の後継者のソ・ジハン(リュ・ファン)だと知ります。

イ・ジャンウォンから渡されたMP3を受け取った後、悩んでいたパク・ジェギョン(キム・サンホ)は、逮捕されたキム・テホを訪ねると、ソ・ヒョンギュとの戦いを再び始めると伝え、、、「命を落とすことになります。危険です」とジェギョンをとめるキム・テホ。

しかし、「僕は妻と息子を亡くした時、既に死にました」と語り、ジェギョンは強い意志を見せます。

その頃、テ室長(キム・ヒオラ)を疑うチン・ジョンと彼の仲間たちは、彼女のすべてのアリバイを偽っていたことを知ります。

解剖医ジョン・ジェフンをはじめ、チン・ジョンを襲ったのがテ室長である可能性が高いことから、テ室長の車を調べ。。。

車の中から血痕が付着した靴を発見したチン・ジョンは、すぐに鑑識を依頼します。付着している血痕がチン・ジョンの物だと予想した通り、鑑識の結果、チン・ジョンのDNAが見つかり、犯人がテ室長であることが分かります。

一方、ソチョドン事件の真相をオ・ドファンが知ったとの報告を受けるソ・ヒョンギュは、余裕の笑みを浮かべる。

イ・ジャンウォンから渡されたMP3を机の下に隠してあったジェギョン。偶然、MP3を発見したチン・ジョンは、証拠をもとに捜査をするべきだと声を上げます。

しかし、背後にいる相手は命を奪える程の怖い相手だと伝えると、無茶なことをしないようチン・ジョンにアドバイスするジェギョン。

しかし、チン・ジョンはMP3を持ち出すと、犯人をおびき寄せて逮捕するため、MP3の写真をテ室長に転送します。約束通り、現れたテ・室長と激しく争う中、屋上に逃げるテ室長を追っていたチン・ジョンが油断した隙に、薬物をチン・ジョンに投与するテ室長。

徐々に意識が薄れていくチン・ジョンは。。。

第8話感想

新たなターニングポイントを迎える第8話!

パク・イェヨン殺人事件の真犯人は、ソ・ジハンでした!チン・ジョンはまだ犯人が誰なのかに気づいておらず、ソ・ジハンの犯行に気づいたのはオ・ドファン検事。

キム・テホを尾行する過程でソ・ヒョンギュとの関係に気づいた彼ですが、果たしてオ・ドファンは次にどのような行動を取ることになるのでしょうか。

野心家のオ・ドファンはソ・ヒョンギュと取り引きすることになるのか、面白い展開を迎えるようになりました。

イ・ジャンウォンを殺害した犯人を捕まえると、パク・イェヨンの事件の真相まで明かせると考えるチン・ジョンは、捜査を続けて室長がイ・ジャンウォンを殺害、解剖医を含め自分を刺した犯人だと知ると、彼女をおびき寄せることに成功しました。

エンディングは、このドラマのトレンドの一つになっている、、、チン・ジョンが危機を迎える内容。

テ室長を追う過程で、屋上にまでたどり着き、、、攻撃を受けて薬物を投与されてしまったチン・ジョンですが、このままだとイ・ジャンウォンのように自殺に見せかけて殺害されてしまう恐れがあります。ハラハラするエンディングでした。

ソ・ヒョンギュとの戦いを再び続けることを決意したパク・ジェギョン。妻と息子をソ・ヒョンギュに殺害されてしまったのでしょうか。

ソ・ヒョンギュとジェギョンの間に何があったのかが、そろそろ明かされ、チン・ジョンと協力して巨大な権力の組織に立ち向かうことになりようですね。




【放送情報】

 

【グッドキャスティング~彼女はエリートスパイ~】

●BS 12 2024/2/14(水)16:00~

グッドキャスティング~彼女はエリートスパイ~ キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率

 

【応答せよ1997】

●BSフジ 全16話(2024/2/16から) 月~金曜日10時から 字幕  2/15に事前ナビ特番

応答せよ1997 キャストと相関図 視聴率 あらすじと感想

 

【あやしいパートナー〜Destiny Lovers〜】

●BSJapanext 全20話(2024/2/17から)土曜日14:30から4話連続放送 字幕

あやしいパートナー〜Destiny Lovers〜 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【本当に良い時代】

●BS日テレ 全50話(2024/2/19から)月~金曜日15時から 字幕

本当に良い時代 視聴率 あらすじ キャスト 感想

 

【太王四神紀】

● BSフジ   全31話(2024/2/21から)(BS182 - サブch)月~金曜日9時から 字幕

太王四神紀 あらすじ キャスト 視聴率 感想 相関図 (※外部リンク)

 

【イノシシ狩り】

●WOWOW (2024/2/22~2/27) 2/22(木)2/23(金) 2/26(月)2/27(火) 午前8:30~

イノシシ狩り(韓国ドラマ) キャスト・相関図 あらすじと感想 視聴率

 

【王女ピョンガン 月が浮かぶ川】

●テレ東(2024/2/23から)月~金曜日8:15から 吹替[二] +字幕

王女ピョンガン 月が浮かぶ川 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 外部リンク

 

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP