真剣勝負(韓国ドラマ) 1話・2話 あらすじと感想

真剣勝負



真剣勝負(ドギョンス主演)  진검승부 2022年  KBS2 wavve 全12話 

daisySSさん

第1話視聴率4.3%

第1話あらすじ

リッチファンド代表のキム・ヒョンギュンはお金で解決できないことはないと、法を犯すことを恐れない人物。彼が逮捕されそうになると、中央地検刑事部の検事のチン・ジョン(ド・ギョンス/EXO ディオ)が割り込み、検察であることをアピール。

チン・ジョンの計画はキム・ヒョンギュンが隠している二重帳簿を見つけること、、、しかし、イ・チョルギ(ヨン・ジュンソク)が約束の場所に現れることができず、キム・ヒョンギュンの部下たちに囲まれ危険な状況に陥ります。

木刀を手に取ると、恐れることなく一人一人を相手にし、キム・ヒョンギュンまで捕まえることに成功。しかし、無茶なことばかりして検事らしくないチン・ジョンに先任検事のシン・アラ(イ・セヒ)は、あきれる。「どうしてあなたみたいな人が検事になれたのか・・・・」と疑問。

幼い頃から格別な正義感を持つチン・ジョンは、小学生の頃、担任教師が生徒の親からプレゼントを受け取るのを目撃して以来、正義を正すためと剣道を始めます。しかし、剣道の件では正義を正すことができないと知ると、猛勉強をして検事になることを目指します。

法に基づき、正義を正すという点で、検事になることが自分の運命だと信じ、犯罪者に対し目を光らせる。しかし、検察庁ないではトラブルメーカーとして認識され、希望とは違う事件ばかり担当させられる。

そんな彼が担当することになった事件は、ソチョドンで起きたパク・イェヨン殺人事件でした。残酷な殺害手口が明らかになり世間から非難を浴びている事件。被害者を殺害した犯人として逮捕されたのは宅配運転手のキム・ヒョジュン(イ・ウソン)。

キム・ヒョジュンはパク・イェヨン宅に宅配便を届けた際の彼女の対応に腹が立ち殺害し、その後、疲労から眠りに落ちたことから、自首が翌日になったと余裕のある態度を見せます。

シン・アラ(イ・セヒ)は、キム・ヒョジュンが犯人だと確信すると、早く彼を起訴するようプレッシャーをかけますが、チン・ジョン(ド・ギョンス/EXO ディオ)は、何かが気になる。。。

次長検事との会食中、左利きは時計を右にすることに気づいたチン・ジョンは、事件現場から発見された指紋が右手だったことに疑問を持ちます。

キム・ヒョジュンを取り調べた刑事を訪ねると、陳述書をどちらの手で書いたのかを質問すると、取り調べ中の映像を録画したデータを要求します。しかし、刑事は協力することを拒否。その理由は、賄賂を受け取ったことを隠そうとしたから。

刑事がお金で動いた可能性があると気づいたチン・ジョンは、彼を拘束するとキム・ヒョジュンが左利きで、誰なのか分からない人物からお金を受け取ったと話しますが、誰なのかは明かさない。

キム・ヒョジュンは殺人犯ではないと判断したチン・ジョンは、更なる捜査を進めたいと言い出し、中央地検刑事部の部長検事のキム・テホ(キム・テウ)は、彼に捜査をすることを許可します。

しかし、中央地検刑事部の次長検事のイ・ジャンウォン(チェ・グァンイル)は、キム・ヒョジュンを起訴するよう圧力をかけ、、、チン・ジョンが応じない態度で捜査を続けると、事件を中央地検刑事部の検事オ・ドファン(ハ・ジュン)が事件を担当するよう命じ、チン・ジョンは捜査を続けられなくなる。

チン・ジョンはオ・ドファンに証拠が偽造されていることから再捜査が必要だと話しますが、警察の調査に問題はなかったとの考えを伝えるオ・ドファン。チン・ジョンは起訴の時期を少しだけ延期して欲しいとお願いすると、約束するオ・ドファン。

イ・ジャンウォン次長検事からの命令を優先して、チン・ジョンとの約束を破りすぐにキム・ヒョジュンを起訴し、裁判が始まると20年を求刑します。

そのことを知ったチン・ジョンの怒りが爆発。オ・ドファンは検察で生き残るためのことで、間違ったことはしてないとの姿勢。彼の言葉に、チン・ジョンの拳が。。。

第1話感想

ド・ギョンス(EXOディオ)の除隊後の復帰作は放送開始前から話題になりました!

第1話は期待以上にド・ギョンスが演じるチン・ジョンというキャラクターを理解するに十分な内容でした。これまでの検事とは違い自己流で犯罪を暴き、犯罪者を逮捕、、、その後は法の裁きを受けさせる正義感の強い検事役にド・ギョンス

型破りの不良っぽいイメージを持つ検事が主人公のドラマで、弁護士が主人公のドラマが大ヒットする中、検事が主人公のドラマは貴重です!

個人的な意見ですが、韓国ドラマをみると、検察は犯罪者と裏取引をするとか、出世のために悪事を働くネガティブなイメージで描かれることが多いですが、犯罪者を相手に法の裁きを受けさせようと考える検事がたくさんいるため、社会の秩序が守られていると思うため、あくまでもドラマはフィクションとしてとらえるべきだと思います。

今話登場したソチョドンで起きたパク・イェヨン殺人事件の真犯人は別にいることに気づいているようです。証拠を偽造し、別人を犯人として仕立てることができる程の力を持つ人物、、、検事までも動かくことができる力を持つ人物は誰なのでしょうか。

警察以上にアクティブで捜査までできる能力の持ち主が検事で、正義感がある溢れる人物、権力にこびない主人公の今後が楽しみになるスタートでした。

ド・ギョンスはアイドルグループ、「EXO」のメインボーカルとして歌唱力もあり、音色も独特でパフォーマンス能力や表現力も高く、演技力も高い!!出演する映画やドラマはどれも話題の作品や人気が高かった作品ばかり。

後輩検事が先輩検事に暴力??の驚きエンディングを迎えました。

第2話視聴率5.0%

第2話あらすじ

オ・ドファン(ハ・ジュン)に手を出したことを知った次長検事のイ・ジャンウォン(チェ・グァンイル)は、チン・ジョン(ド・ギョンス/EXO ディオ)を民願奉仕室に配属となります。警察も手を出さない雑用や苦情を処理する部署、、、室長はパク・ジェギョン(キム・サンホ)。

捜査官のイ・チョルギ(ヨン・ジュンソク)もチン・ジョンのいる部署への異動を望み、一緒に仕事を続けることになります。

違法行為をしたタクシーを取り締まったチン・ジョン、、、その過程でタクシー運転手はケガをして入院。偶然彼の携帯電話に登録された女性が、ソチョドンで起きた殺人事件の被害者のパク・イェヨンだと知ると、強引にパク・イェヨンの事を聞き出します。

タクシー運転手はパク・イェヨンがクラブで働いていたことが分かり、事件があった夜、誰が彼女を呼び出したのは分からないが、彼女を管理していたのがクラブを経営するユ・ジンチョル(シン・スンファン)だと話します。

その頃、部長検事のキム・テホ(キム・テウ)は、シン・アラ(イ・セヒ)にユ・ジンチョルのファイルを渡すと、彼と次長検事のイ・ジャンウォン(チェ・グァンイル)の間にコネクションがあるようだと、調べるよう命じます。

殺害されたパク・イェヨンの事件を独自に捜査するため、チン・ジョンはハッカーのコ・ジュンド(イ・シオン)とペク・ウンジ(チェ・ボヨン)を呼ぶと、ユ・ジンチョルのクラブに侵入して管理データの中から、パク・イェヨンに関する情報を抜き出すよう命じ、本格的に捜査を始めます。

ビオラ・パクのふりをして中に侵入したペク・ウンジは、パソコンに保存されているファイルが多いことからすべてをコピー。しかし、本物のビオラ・パクが現れたことで、まだ中にいる彼女を心配したコ・ジュンドがそのことを知らせるため中に入り、、、ユ・ジンチョルの部下に発見されます。

一方、ユ・ジンチョルのクラブに家宅捜索に入ったシン・アラ(イ・セヒ)は、荒れたクラブを確認すると証拠品の回収が難しいと報告します。

ペク・ウンジがユ・ジンチョルのオフィスから持ち出したUSBを確認すると、イ・ジャンウォン次長検事とパク・イェヨンの写真が。。。殺害された日、彼女と会っていたのはイ・ジャンウォン次長検事でした。

チン・ジョンはユ・ジンチョルにイ・ジャンウォンとの関係を問いますが、彼が答える前に民願奉仕室に家宅捜索が入り、ユ・ジンチョルを逃してしまいます。家宅捜索でクラブに侵入して手に入れた証拠品を奪われたチン・ジョン。

一方、イ・ジャンウォン次長検事はキム・テホ部長検事が彼のことを調べさせたことを知ると、「次の検事長は僕だ。覚悟しろ!」と激怒。オ・ドファン(ハ・ジュン)にユ・ジンチョルを海外に逃亡させるよう命じ、、、ユ・ジンチョルを逃したシン・アラ(イ・セヒ)はチン・ジョンに協力を求めます。

チン・ジョンのやりかたで捜査をすると約束したシン・アラ、、、ユ・ジンチョルが上海に向かう飛行機に乗ったと情報が入ると、急いで空港に向かいます。しかし、飛行機は既に離陸体制に入り、、、諦めかけた時、「一か八か」と語ると、ユ・ジンチョルが乗った飛行機に爆弾があると通報。

イ・ジャンウォンが検事長の就任式、チン・ジョンが現れると、「あなたをソチョドン殺人事件の有力な容疑者として逮捕します。おめでとうございます。あなたはこれでおしまいだ」と告げ、笑顔を見せるチン・ジョン(ド・ギョンス/EXO ディオ)。

第2話感想

個性のつよいチン・ジョン!

第2話も展開がとてもはやく、無駄のないタイトな展開が続き、淡々と殺人事件の容疑者として中央地検刑事部の次長検事イ・ジャンウォンを逮捕するまで迫りました!

これまでは何かとチン・ジョンの言動に注意をしていたシン・アラも、今話では彼のやり方で捜査をするようになり、今後は、チン・ジョンと協力する検事役を演じることになるのでしょうか。

シン・アラを演じるイ・セヒは、前作「紳士とお嬢さん」で500対1の倍率でオーディションに合格し、ヒロインに抜擢された女優。

イ・ジャンウォンが腐敗した検事だとすると、こんなに早い段階で彼の悪事が明かされて、今後どんな展開を迎えることになるのかすごく気になるエンディングでした。ユ・ジンチョルを逮捕する過程で、飛行機に爆弾があると嘘の通報をして飛行機の出発をとめたことが、問題にならないことを願いたいです。

「逮捕します」と語るところでエンディングを迎えたため、果たして検事長に就任したイ・ジャンウォンを逮捕することができるのかは、第3話でチェック!!

個人的には早い展開、アクションシーンなど、嫌いなタイプのドラマではないですが、このドラマ、、、もしかすると好き嫌いが明確に分かれることになる可能性がありそうです。

でも、これまでにないキャラクターをド・ギョンス(ディオ)が演じることになり、、、ドラマへの期待は高いです。スカッとする展開を意味で韓国では「サイダーのような展開」と表現しますが、既にサイダー展開が続くと評判。

【豆知識】主題歌 OST Part1は、「twlv」が歌う「DEEP END」です。




【放送情報】



【善徳女王】

●BS松竹東急 全62話(2022/11/28から)月~金曜日12時から 字幕

善徳女王 視聴率 感想  キャスト・相関図 あらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【風と雲と雨】

●BSテレ東 全28話(2022/11/29から)月~金曜日10:55から 字幕

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP