町の弁護士チョ・ドゥルホ 2 キャスト・相関図 感想 視聴率 あらすじ

【PR】
チャンネルがありすぎてどのチャンネルを契約していいか分からないそんな時は是非参考に!
韓ドラ オススメ有料チャンネル ベスト10

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

【日本放送】
●LaLa TV(2019/12/9-2020/1/3)月~金曜日9:30から 字幕
●【日本初放送】KNTV(2019/5/13-7/15)月曜日20:50から2話連続放送 字幕
【韓国放送期間】2019年1月7日~3月26日

シリーズ1のあらすじと感想はこちらから(話数ごとの感想有り)

町の弁護士チョ・ドゥルホ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図 話数一覧

 

町の弁護士チョ・ドゥルホ 2  동네변호사 조들호 시즌2 全40回(20話)
2019年放送 
平均視聴率 5.83% 시청률 最低視聴率第11回・第15回3.8% 最高視聴率9.3%
町の弁護士チョ・ドゥルホ 2 :罪と罰 OST (2CD) (KBS TVドラマ)
あらすじ

庶民派弁護士として活躍するチョ・ドゥルホ(パク・シニャン)。ある日国会議員から息子の裁判を弁護してほしいと頼まれ、しぶしぶ事件を担当することに。見事無罪を勝ち取るドゥルホだったが、無罪を主張していた議員の息子は実は冷酷な性犯罪者で、被害者は無罪判決を聞きドゥルホの車に飛び込み自殺してしまう。 自分の弁護が原因で人を殺めてしまったことからドゥルホはそれがトラウマとなり法廷に立てなくなってしまう。

それから1年、浮浪者のように過ごすドゥルホの前にソミ(イ・ミンジ)が現れ、行方不明になった父を探して欲しいと求める。ソミの父ジョンゴン(チュ・ジンモ)はかつてドゥルホが新人検事時代に何かと世話になった捜査官だった。だが、その後ジョンゴンは遺体で発見される。死因は自殺として処理されるが、ジョンゴンはグクイルグループを仕切るジャギョン(コ・ヒョンジョン)に拉致され殺害されたのだった。そしてジャギョンは実は1年前にドゥルホが弁護を頼まれた事件を仕組んだ人物でもあった。ドゥルホはジャギョンに宣戦布告するが、ジャギョンのターゲットは ジョンゴンだけでは終わらず…。果たしてジャギョンの真の目的とは!?

KNTV 町の弁護士チョ・ドゥルホ 2
 
KNTV 町の弁護士チョ・ドゥルホ 2 相関図
キャスト

パク・シニャン  チョ・ドゥルホ  元検事の弁護士 有名と人気に基づいてTVにまで出演する弁護士となったが、あまりの自信が被害者に事故が生じる。その件でパニック障害生じ、1年以上失業でスポーツトトとオンラインゲームだけで生きている。そんな中、恩人の娘、ユンソミが訪れる。


コ・ヒョンジョン  イ・ジャギョン  グクイルグループの企画成長室長 グク会長の寵愛を受けている実質権力を管掌する企画調整室長。グクシ家と何の血縁関係ないが、会長の実子らよりもさらに信頼されている。孤児として生まれたが、クク会長に抜擢され、養女のように育った。エレガンスが身に染みていて、優れた業務能力を備えているが、人間の感情がない。

イ・ミンジ ユン・ソミ ユン捜査官の娘、弁護士 弁護士になることができなかった弁護士。初任の時期チョ・ドゥルホと一緒に働いていたユン・ジョンゴン捜査官の娘。子供の頃から自閉症があったが、ユンジョンゴンの必死の努力で「アスペルガー症候群」と呼ばれる若干の後遺症だけ残したまま治療がされた。検査チョ・ドゥルホをロールモデルとして、法曹の夢を育てた。紆余曲折の末、ロースクールまで出てきたが、自閉症を患ったソミを弁護士に採用してくれる会社はない。お父さんが行方不明になった後にチョ・ドゥルホを頼る。チョ・ドゥルホとコンビを成して法廷に立つが、日常生活能力はゼロ。普段は語順がまくり入り混じった言い方を使う。チョ・ドゥルホと力を合わせてゴアクに立ち向かう。

 


ピョン・ヒボン クク会長(クク・ヒョニル) グクイルグループ会長 目的のために手段と方法なんて関係ない80年代の軍事政権の社会浄化事業に合わせて、政府の支援金を足場に、現在の巨大な国一グループを興した。評判の高いビジネスマンにも、常に社会貢献活動に専念する。一見人格者だが、醜い過去を隠している。

 

チョ・ドゥルホの協力者たち


チェ・スンギョン  カン・マンス  ドゥルホの事務所の事務長 チョ・ドゥルホをサポート。チョ・ドゥルホのそばいつもいてチョ・ドゥルホのために生きていく。いつも人の良い笑顔を作って、純朴な方言を使うカン・マンスの顔には実は暗い過去が隠されている。一時はギャングだったこと。しかし、チョ・ドゥルホに会って、心を入れ替え、今では、自分自身を生まれ変わらてくれたも同然なチョ・ドゥルホに無限忠実である。


チョ・ダラン  アン・ドンチュル  ドゥルホの協力者、 ジョダルファンギャング出身刺身社長。しかし、今は闇の生活を清算してオ・ジョンジャと結婚して仁川で刺身を運営している。ドゥルホのためなら水火仕分けしなくて率先してから義理行動隊長。絶対味覚の持ち主。人工調味料を嫌悪する。食材は産地の物を使わなければならないという哲学を持っている。


イ・ミド  オ・ジョンジャ  ドンチュルの妻 ギャング出身の男性と結婚を強行するほど大胆で肝が大きい。生まれつき生活力に、乙女時代には仁川魚市場でコーヒー・リヤカーを運営した。口快活なコーヒー茶娘で有名したが、ドンチュルに会ってすぐに結婚とゴールインした。刺身屋を運営するのにも、肝心の料理の腕前は全くなくドンチュルは、食品調理を担当してきた。夫に比べて視野が広く、大きな板を見ることを知っているなど勝負師気質が強い。ユンソミの裁判の練習相手をヘジュダが一歩遅れて煙に素質があることを発見した、ドゥルホ一味が仕事を飾るときにサクラ役を担当する。


ユン・ジュマン  チェ・ヒョンタク 刑事、ドゥルホの情報屋 基本的に不正警察だ。ドゥルホに警察側の内部情報を取り出してくれるスパイ役割。しかし、無料で働くわけではない。自分の昇進のために検挙する人事考課にプラスになる犯罪者の情報を取引条件に要求する。

 

クォン・ヒョク  クク・ジョンソプ   クク会長の長男、グクイル電子社長。ククグループを承継することは、当然、自分だと思っている。しかし、能力はない方。学歴も国内最高の大学の人気のない学科をかろうじて卒業し、アメリカの有名私立大学のMBAお金で買った。冷たく計算的であり、ヒステリックである。妹が自分の座を狙っていると信じて過度に警戒する。他の財閥一族と政略結婚したが、最近離婚された

チャン・ハラン クク・ジョンヒ クク会長の長女、グクイル百貨店とグクイルホテルの社長。 積極的な性格に競争心が強い。兄ジョンソプを遠慮なく無視する。この家三兄妹の中で唯一勝負師気質を持っている。従業員に暴言を吐く。父が娘自分よりもイ・ジャギョンをより信頼するのがとてもプライド上でうんざりする。孤児出身という理由でイ・ジャギョンを軽んじていた。小さなことにも執拗に執着する性格である。


チョン・ジュンウォン  クク・ジョンボク クク会長の次男、グクイル物産常務 性格は遊び人、非道て多血質だ。海外留学時代から酒と女、薬物パーティーを楽しんだ。学業を最後まで終えず、国内で帰ってきたのも現地で麻薬事件に巻き込まれて強制追放されたもの。困り物。無差別私生活を維持し、薬物の購入のために会社の資金に頻繁に手をあげる。

ムン・スビン  ハン・ミン  ジャギョンの秘書 。イ・ジャギョンはなくてはならない存在。イ・ジャギョンの右腕に優れた身体能力と愚直な性格でイ・ジャギョンのすばらしい寵愛を受けている。

ソ・イスク  シン・ミスク 判事 原則主義者。検査と弁護士の区別なく、法廷に立つすべての人に厳しい。しかし、一般的な常識とヒューマニティを備えた大人である。グクイルグループの金券でも買収されない、生きている法の女神。しかし、実際は過度の神経質である。

チョン・ペス  カン・ギヨン 検事、ドゥルホの研修所同期  年齢は何歳若いですが、ドゥルホと司法研修院同期である。今はグクイルグループの不法継承に関するグクイルランド不動産公示地価操作事件を担当している。ドゥルホの巨大な悪立ち向かうとき、ドゥルホと一緒に戦う。

ナム・テウ  ソ・テユン 刑事班長

事件関連人物

チュ・ジンモ  ユン・ジョンゴン ソミの亡父、検察捜査官 警察官になった後、検察捜査官になった。ソミが子供の頃の妻は持病で死に、後に傷の痛みを勝てず仕事に専念することになる。ジョンゴンの助けの中でドゥルホは検定試験を経て大学に入学し、続いて司法試験をパスすることになる。この際、検察捜査官になっていたジョンゴンは後に新検査がされたドゥルホと一緒に仕事することになる…

ソン・ビョンホ ペク・ドヒョン 国会議員 ソンフンの父

腐敗した政治家、自分の息子ペク・スンフンが性的暴行事件に関与して、拘置所に収監されるとイ・ジャギョンに助けを。チョ・ドゥルホという弁護士を紹介される。チョ・ドゥルホに事件を任せるために涙の演技もはばからないキツネのような人物。

ホン・ギョン  ペク・スンフン ドヒョンの息子  ぺク・ドヒョン大統領候補の息子。ハンサムな容貌と父の名誉、家の富を持って羨ましいことのない生活を生きてきた。チョ・ドゥルホに法廷に立たないようにされているトラウマを持つようになる性暴行事件の被疑者。

イ・ジミン  ユ・ジユン グクイル物産社員グクイル物産横領事件に関与して、拘置所に収監されている。弁護士を含めて誰にも一切何も声明をしていないが、事件解決の最大の手掛かりを持っている。

画像出典:http://program.kbs.co.kr/

スタッフ /演出:ハン・サンウ
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【PR】
見たい韓国ドラマがなかなか放送されない! そんなときはU-NEXTの韓国ドラマ一覧を覗いてみよう!配信開始しているかも?

U-NEXT 韓流ドラマ 全作品一覧(見放題・ポイント)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
ayumi 10さんの感想より

●正義とは何かを考えさせられる作品

主演のパクシニャンさんの大ファンで、前作の町の弁護士 チョ・ドゥルホを全部見て、このシリーズをかなり期待しながら見始めました。

冒頭からチョ・ドゥルホが弁護した男が実は、無実ではなくそれが原因で被害者が死んでしまったのはショッキングでした。前作でも事件がきっかけで、ホームレスのようになってしまったチョ・ドゥルホがまた法廷立てなくなってしまうのは衝撃でした。ショックなことがあると、すぐにホームレスのようになってしまうチョ・ドゥルホにつっこみを入れたくなりましたが、すぐに立ち直ってくれてよかったです。

パクシニャンさんを初めて見たのは、パリの恋人でその作品で初めて彼を見た時には、あまり印象がありませんでしたがドラマを見ているうちに彼の演技力であっという間にファンになり、彼の作品はすべて見て来ました。

前作でも、弁護士として正義を貫いている姿がとても好きでしたが本作では、その姿がより強くなっておりとても素敵でした。

この作品の途中でパクシニャンさんが腰の手術を受けることになり、ドラマが2週間休止になってしまったという大きな出来事もありました。パリの恋人の撮影の時も、腰を悪くしてドラマのスタートが遅れたのでこのニュースを見た時には、とても心配になりました。

本作では、コ・ヒョンジョンさんが出演しており彼女も演技派として知られた人なのでドラマが彼女の出演によりより面白くなった気がしました。

事件の背後に、大きな巨悪が潜んでいても恐れることなく向かって行くチョ・ドゥルホの姿がこのドラマの最大の見どころです。

シーズン2では、ありますが前作との関連性がなにので前作を見ていない人でも楽しむことが出来る内容になっています。コ・ヒョンジョンさんの感情のないような不気味な演技もあり、ドラマから最後まで目を離すことが出来ない作品です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー