男と女~7年目のジレンマ~ あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

男と女


放送予定 

【日本放送】 

●Lemino(R)日本独占最速配信

【韓国放送期間】 2023年 12月26日〜2024年 2月27日 午後10時30分

男と女~7年目のジレンマ~

남 과 여

2023年放送 チャンネルA 火曜 全12話

視聴率

平均視聴率 0.314% 시청률 最低視聴率第8回0.163% 最高視聴率第1回0.5%

男と女 (韓国ドラマ)

出典:https://www.ichannela.com/

あらすじ

交際して7年目になる記念日に、モーテルのエレベーターの前で、それぞれ違う異性と一緒にいる相手を見てしまう、愛と倦怠の中で彷徨う若者たちの“現実共感”の恋愛を描く作品

ヒョンソン(ドンヘ)とソンオク(イ・ソル)は学生時代からつきあっている恋人。ヒョンソンはファッション、ソンオクはジュエリーのデザイナーを目指しながら愛と夢を育んできたが、いつしか7年という月日がたっていた。2人だけより友達とみんなでいるほうが楽しいヒョンソンに、ソンオクは愛想を尽かしそうになっている。2人で作ったブランドであるH2もなかなか軌道に乗らず気持ちがすれ違っていくが、簡単に別れることもできない。そんな2人の未来に待っているのは?

相関図

出典:https://www.ichannela.com/

キャスト

主要人物


出典:チャンネルA

チョン・ヒョンソン役 イ・ドンへ

#29歳 #ファッションデザイナー #ENTJ #交際7年目カップル

「大韓民国のストリートファッションをリードするブランドを作ってやる!」

フォーム!に生き、フォーム!で死ぬ。ヒョンソンがなにかを始めるに当たって、もっとも重要なのは“真のカッコよさ”だ。ところがそんなヒョンソンのフォームを、一瞬にして武装解除させてしまう人がいるだなんて…。それがソンオクだった。

ソンオクと一緒なら愛もファッション事業もすべてが思い通りに叶う気がしたし、だからソンオクと共にファッション&ジュエリーブランド[H.2]をローンチした。しかし、予想とはちがって2人のブランドである[H.2]は、大失敗を迎える。

それでもこの危機さえ乗り越えれば、すべてが上手くいくと思ったが、ヒョンソンを揺れ動かす本当の危機は別のところにあった。いつも当たり前のようにそこにいるだろうと思っていたソンオクが、去って行くかもしれないということ。ソンオクと過ごした時間が7年を過ぎ…。


出典:チャンネルA

ハン・ソンオク イ・ソル

#29歳 #ジュエリーデザイナー #ISFJ #交際7年目カップル

「生まれてくるときも涙一つ流さず、シックに生まれてきたのではないか。」

ソンオクをはじめて見た人たちが口にする言葉だ。しかし、ソンオクのそのシックさは、やさしい心を誰にも知られたくないという防御本能から生まれたものだ。

幼い頃から、ソンオクはだれかの指、首、耳につけられた小さなものに対して愛情を持つ子供だった。自然とジュエリーデザイナーを夢見るようになり、自分の夢と才能は人とは違った特別なものだと信じていた。その信頼は、ヒョンソンとの出会いで現実となった。

しかし、ヒョンソンとのブランド事業に危機が訪れ…。ソンオクは2人の夢を守るため、しばらく自分の夢を置いておき、マーケティング部署に就職した。こうして7年という長い交際期間は、特別だと信じていた愛を平凡なものにしてしまい…。

いつの間には、ソンオクはふたたび無表情となった自分の顔と対面する。ヒョンソンとの時間は7年が過ぎた…。


出典:チャンネルA

オ・ミンヒョク役 イム・ジェヒョク

#29歳 #INTP #男友達&女友達 #a.k.a オドゥン

「一人でいるのが楽なんですけれども…?」

就職、恋愛、結婚に興味がないフリーター族。現在はコンビニでバイトをしている。

自分の時間と金、感情までもを消耗する恋愛は無意味だと考え、新しい人と出会うことも好きではないし、友達とも固定支出が可能な範囲でだけ会う。

ところが、ミンヒョクが決めておいた基準線をしきりに超えてくる人物がいた、中学時代の同級生ヘリョンだ。

ミンヒョクの基準では、ヘリョンは友達以上の感情を抱くことはおろか、友達としても絶対的に距離を置かなければならない人物でしかなかったのだが…。どういうわけか、いつの間にかヘリョンが目に浮かんでしまう。


出典:チャンネルA

キム・ヘリョン役 ユン・イェジュ

#29歳 #ESFP #男友達&女友達

ミンヒョクの中学時代の同級生。天下第一惚れっぽい女。

愛嬌も多く声も大きく、エネルギーに満ち溢れたタイプ。保育園の先生として在職中だ。ちりのような給料を集めたところでちりにしかならないと考え、お金は惜しまず使う。信条は「人生は一度きり」。

これとまったく正反対の価値観を持つミンヒョクとは、いつもああだこうだいいながら過ごしている。そんなある日、本屋で偶然会ったウヌに一目で恋に落ちる。そうしながら、永遠だと思われたミンヒョクとの友達関係にも、少しずつ変化が…。


出典:チャンネルA

アン・シフ役 チェ・ウォンミョン

#29歳 #ISFP #年上女年下男カップル #a.k.a アンシバリ

「正直言って男女の仲なんて、ずっとしたいかしたくないか、どっちかだろ?」

来る女は拒まず去る女は引き止めない、フリーセックス主義者。しかし、シフだって最初からそうだったわけではない。

20代前半、一目ぼれした年上のユジュと付き合っていた頃のシフは、誰よりも愛に真剣かつ純粋で、純情的だった。ユジュが望むなら星だろうと月だろうとすべてを捧げられるほど、心と身体すべてで彼女を愛した。ユジュとの歳の差なんて、自分の愛でいくらでも克服できると考えていた。

ところが…。ユジュと別れて時間が経つにつれ、シフは次第に女を信じられなくなっていった。どうせこの世には信じられる女なんていないのだから、感情的で深い関係は傷つくだけだと考え、何人もの女性と会って放とうな生活を送る。

こうして数年後、路で偶然ユジュと再会する。


出典:チャンネルA

ユン・ユジュ役 ペク・スヒ

#35歳 #ISTJ #年上女年下男カップル

「私が望むのは愛ではなく、寄りかかることができる膝だった。」

いつも経済的な理由で喧嘩になる両親を見て育ち、そうするうちに人よりも早く現実的な問題に目を開くようになった。

どんなときもユジュの一番の目標は、経済的な自立だった。その目標一つを掲げ、一生懸命努力したおかげで、証券会社に就職し、独立することになった。しかし、心のどこかには常に両親の愛に恵まれなかったというさみしさが存在し、そのときシフと出会った。ユジュはシフから、今までもらったことのない愛をもらった。

ところが、仕事が忙しくなるにつれてシフとユジュの会話はすれ違っていった。シフが傷つくことはわかっていたが、自分の現実が重くのしかかってきたせいで、シフをかまう余裕がなかった。

こうしてシフを傷つけ、彼のもとを去った数年後…。ユジュは道でシフと再会する。


出典:チャンネルA

キム・ヒョンソプ役 キム・ヒョンモク

#29歳 #ENFP #生まれてこのかた彼女なし #a.k.a ソプソビ

生まれてみたら、有名点心フランチャイズ企業の息子。他の友人たちと違って未来に対する悩みなどない。しかし、友達と違った悩みがあって、それは中学生のときに止まってしまった低い身長。慎重に対するコンプレックスを抱え、いつも中敷きを入れて歩く。

女性と一度も付き合ったことがないせいで、女性の一言一言に大きく意味を持たせ、一人であれこれ考えてしまう母胎ソロ(生まれて一度も彼女がいないという意味)。

だが、いつも酒代を払うことから友人たちの間では人気男だ。しかし、ヒョンソプには誰も知らない秘密があって…。


出典:チャンネルA

リュ・ウンジョン役 パク・ジョンファ

#29歳 #ESTP #短い交際の繰り返し #a.k.a ジョンイ

ソンオクの親友。中学校時代、女子サッカーの期待の星と呼ばれ、そこらの男子生徒よりも女子たちから人気を集めていた。不慮の事故で負傷し、サッカーは辞めることになったが、生まれつきのフィジカルを生かしてスポーツブランドのモデルとして活躍している。

SNSのフォロワーも多いインフルエンサー。つねに人気者だったからか、女心がわからずに毎日のように酒を飲む男友達らが情けなく感じる。

現在はラフな恋愛ばかりを繰り返し、3か月を超えたことはほとんどない。しかし、そんなウンジョンにも心の傷として残っている、長い間大事にしてきた初恋があった…。


出典:チャンネルA

キム・ゴンヨプ役 ヨン・ジェヒョン

#27歳 #ESFJ

ソンオクの金属工芸デザイン科の後輩。大学時代、一番最初に目に入ったのはソンオクのデザインだった。こんなデザインを考えるのはどんな人なのかと気になった。想像していた多情なイメージとはちがって、ゴンヨプの前に現れたのはシックそのものといったソンオクだった。

そのギャップがおもしろく、デザインが好きでなにかとソンオクに目がいき、目が留まるうちに気持ちが生まれていった。

卒業後、ジュエリーデザインのスタートアップ会社<ジュエリーA>に入り、MDとして仕事を始める。会社の成長のためにソンオクのデザインスキルが必要だと考え、だから勇気を出してソンオクに一緒に仕事をしようと提案した。

その言葉のうしろに、ソンオクと一緒にしたいという心はもちろん隠したまま。

ソンオク / ヒョンソン関連の人たち


出典:チャンネルA

キム・ジョンヒョン役 ペク・ソンヒョン

33歳、個人ジュエリーブランドのデザイナー、ソンオクの大学の先輩、a.k.a ジャニオッパ

個人ジュエリーブランドを成功的にローンチし、運営する。大学時代から目をつけていたソンオクに、いまも仕事を言い訳に連絡をしている。もちろん、いつも連絡するのはジョンヒョンのほうで、苦労して書いた長文のメールにも、ソンオクはいつも短い返事だけだ。

自分の成功したバックグラウンドを利用してみようとするも、無関心なだけのソンオクだったが…。ある日、そんなソンオクから連絡がきた。


出典:チャンネルA

チェ・ミョンスク役 シン・ウンジョン

55歳、ソンオクの母

ソンオクが幼い頃に離婚。母想いなソンオクはミョンスクの前で一度も父親の話をしなかったが、ミョンスクはむしろ、自分のせいでソンオクがあまりにも早く大人になってしまったのではないかと申し訳なく思った。

ところが、ヒョンソンといるときのソンオクは子供のようにすねたり、大げさに駄々をこねたりした。私の知る娘なのかと疑うほどのその姿に、ミョンスクは少しずつ気が楽になっていった。だからソンオクが独立を宣言したときも、それを許した。

しかし…。ソンオクが暗い顔をして家に戻ってきた。何かがあったということは瞬時にわかったが、むしろ自分を気にかけるソンオクの性格を知っているからこそ、知らないふりをして待つことにした。

ミンヒョク / ヘリョン関連の人たち


出典:チャンネルA

チャン・ウンジ役 イ・フィソ

29歳、ミンヒョク / ヘリョンの中学校の同級生、a.k.a ジャンジ

よく食べてよく飲むを人生で唯一の楽しみとして生きるヘリョンの親友。恋愛において自然な出会いを追求するせいで、こうしてよく食べてよく飲んでいれば、いつか自分にも恋愛をする日がくるだろうと考えている。

おいしいお店に行きたいときやお酒が飲みたいときは、いつも付き合ってくれるヘリョンがいるから、それほどさみしいと思ったことはない。


出典:チャンネルA

ブ・ジョンミン役 カン・ジュンギュ

29歳、ミンヒョク / ヘリョンの中学校の同級生、a.k.a ブリ

顔、性格、思考、行動、どれをとっても目立つことなく、いたって平凡だ。だが一つだけ特徴があるとすれば、人よりもおしゃべりが大好きだということ。そのせいで名前ではなく、「チョクセ(軽はずみでそそっかしいという意味)」や「ブリ(くちばし)」などといったあだ名で呼ばれる。

たった一つ目に留まるその特徴のせいでトラブルに巻き込まれたりもするが、実際には怖がりで大きなことに関しては言いふらさないタイプだ。


出典:チャンネルA

チャン・ウヌ役 ペク・ソンホ

23歳、モデル

登場する場所はそれがどこであろうと、花びらがヒラヒラと舞い散るランウェイにしてしまう、イケメンモデル。

整った外見のおかげで世間はいつもウヌに親切で、なにか間違ったことをしても顔一つで簡単に許される人生を送ってきた。本屋でヘリョンと出会い、縁が生まれる。

WINDUSの人たち


出典:チャンネルA

パク・ジュンボム役 ヤン・テクホ

35歳、ファッションプラットフォームWINDUSの創業者、ヒョンソンのファッション学科の先輩

いまや誰もが知るファッションプラットフォーム会社WINDUSの代表だが、東大門の道端で服を売りながら経験を積み、自らの手で成功をつかんだ事業家だ。

自身が地面から這い上がってきたため、才能はあってもどうしていいかわからない後輩たちにチャンスを与え、オープンマインドで会社を運営する。そんななか、日頃から期待していたブランド[H2]が経営難に陥ったという知らせをミョンジンから聞き、ヒョンソンにチャンスを与えようと会うことにする。


出典:チャンネルA

イ・ミョンジン役 イ・ギヒョン

28歳、WINDUSの責任デザイナー、ヒョンソンのファッション科の後輩

成功に対する欲であふれている。ところが大学時代、いつも公募展で人々に認められるのは自分ではなくヒョンソンだった。いつもヒョンソンの影に隠れてしまうなか、自分が認められないのはヒョンソンのせいだと劣等感を抱くようになり、ヒョンソンに嫉妬するようになる。

いつの間にか、ミョンジンの目標は自身の成功ではなく、ヒョンソンに勝つことになってしまった。そんなある日、ヒョンソンのブランド[H2]が大変な状況にあると聞き、ヒョンソンを自分の下に就かせようと彼に会う。


出典:チャンネルA

パク・ドンフン役 パク・チャンフン

26歳、WINDUSのデザイナー

誠実かつ大人しい性格で、師匠であるミョンジンによく従う。

出典:チャンネルA

スタッフ /演出:イ・ユヨン、パク・サンミン、脚本:パク・サンミン
作成:え/キ、ね

話数ごとのあらすじと感想

 

neroさん

男と女 (韓国ドラマ) 1話・2話 あらすじと感想
男と女 (韓国ドラマ) 3話・4話 あらすじと感想
男と女 (韓国ドラマ) 5話・6話 あらすじと感想
男と女 (韓国ドラマ) 7話・8話 あらすじと感想
男と女 (韓国ドラマ) 9話・10話 あらすじと感想
男と女 (韓国ドラマ) 11話・12話(最終回) あらすじと感想



【放送情報】

【庭のある家】

●【日本初放送】WOWOWプライム 全8話(2024/4/15-24) 字幕

庭のある家(韓国ドラマ) あらすじと感想 キャスト・相関図

【チェオクの剣】 

●BS11 全14話(2024/4/15から)月~金曜日14:29から 字幕

チェオクの剣 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 外部リンク

【女神降臨】

●BSJapanext(2024/4/17から)月~金曜日19時から 字幕

女神降臨 キャスト・相関図 視聴率 全話感想とあらすじ

【今日のウェブトゥーン】

●WOWOWプライム 全16話(2024/4/21から)日曜日深夜26:15から4話連続放送

今日のウェブトゥーン あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【むやみに切なく】

●BSJapanext 全20話(2024/4/28から)日曜日18時から3話連続放送 字幕

むやみに切なく 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP