生まれ変わってもよろしく キャスト・相関図 あらすじ 視聴率

2023年


放送予定 

【日本放送】 

●Netflix 同日配信

【韓国放送期間】 2023年 6月17日~2023年 7月23日 午後9時20分

生まれ変わってもよろしく

이번 생도 부탁해

2023年放送 tvN 土日 全12話

視聴率

平均視聴率 4.66% 시청률 最低視聴率第11回3.501% 最高視聴率第4回5.733%

生まれ変わってもよろしく

出典:https://tvn.cjenm.com/

あらすじ

前世を覚えている人生19回目のパン・ジウム(シン・ヘソン)が必ず会わなければならないムン・ソハ(アン・ボヒョン)を探していくことで繰り広げられるよみがえりロマンス

相関図

出典:https://tvn.cjenm.com/

キャスト

パン・ジウム


出典:tvN

シン・ヘソン パン・ジウム役

MIホテル戦略企画チームチーム員(前MIモビティ選任研究員)

「ソハ、今回の人生は、完全にあなたに会うために生まれたんだよ」

千年を生きてきた痛みが、着々と積み上げられた。カッコよくて大胆な勢い、暖かいがクールな性格、神が惚れて生み出したことを縮めた名前、’パン・ジウン’だ。今回の人生は、簡単ではなかった。惨めなほど貧しくて、不遇な家庭、逃げた母、アルコール中毒の父、ヤクザのような兄。正体不明な不安と、理由のない悲しみが影のように追ってきた。ずっと何かを待っている気分だった。そんな時、9歳の夏の午後、前世のすべての記憶が戻ってきた。 (18回目の人生:ユン・ジュウォン、17回目の人生:キム・ジュンホ…)

記憶が戻ってきて一番最初に思ったのは、

「ソハは、生きているだろうか?」

前世の縁と結びついてみても、幻滅が雪のように落ちてきたので、我慢しようとした。 しかし、しばしば「ソハ」、その子が目に浮かんだ。

「私は、あなたをまた思い出した。

あなたは私を覚えていますか?」

なんでも一度決めれば、水や火を恐れず、そのまま直進してしまう猪突的な性格、その性格が千年近く生きてきて一貫して維持してきた運命だった。一度も楽に生きたことがなく、自らを苦しめながら生きてきたが、今回の生は、その猪突的な性格のおかげで、またソハに会うことができた。

ソハにまた会うためには、人生をリセットしなければならなかった。前世の能力値を総動員し、蒸気機関車のように走った。スタークィーン万能少女でスタートを切って、ソハがいるMIモビティ入社を狙って突進した。 大学早期入学と卒業、最年少選任研究員に至るまで。

パン・ジウム、今、ソハに会いに行く。

これからブレーキはかけない、直進だ!


出典:tvN

幼いジウム

ムン・ソハ


出典:tvN

アン・ボヒョン ムン・ソハ役

MIホテル戦略企画チーム専務

「パン・ジウムさん、なぜこんなに急に現れるんだ?」

瞳に多くの思いが宿っている、寂しい目つき。 心の中はまだ少年のまま、傷の中にとどまっている時がある。 無数の人々がそばにいようとしたが、ソハはつれなく断った。「結局はこの人も去るだろう、消えるだろう、死ぬだろう」 という恐怖のためだった。 父はいつも忙しく、母は深い愛を与えたが、病気が重く、そばにいてくれる時間がなかった。 そんなソハを「愛らしい子ども」として面倒を見てくれた唯一の人が、「ジュウォン姉」だった。 どこかミステリアスなジュウォンの言葉が、嵐の中のろうそくのようだったソハの感情を捕らえた。

母の死以来、ジュウォンが世界のすべてであり、深く信じて、深く好きで、心の中のすべてがジュウォンだけだった。 しかし、予期せぬ事故によって別れることになった後、ソハの世界は閉ざされてしまった。 耳を怪我したせいで、世界は漆黒のように静かになって…干からびていった。父はそんなソハに耐えられず、海外にソハを送った。島のように浮かんで暮らして、母との思い出が宿るホテルに戻ってきた。幼い頃から経験してきた愛する人々の不在と、聴力を失った苦痛を抱いて生きなければならないが、その中は深くて強い。

ところで… 変な女が、目の前に現れた。

奇妙な視覚感がある。

なんだか見慣れた…人生のどこかで会ったような感情…

その瞬間、ジュウォンが言った言葉が… ふと浮かんだ。

「知ってる?死んだら、また生まれ変わるんだよ」

「あなたは転生を信じている? 私は信じてる。 私は覚えてるんだ。」


出典:tvN

幼いソハ

ユン・チョウォン


出典:tvN

ハ・ユンギョン ユン・チョウォン役

ジウム(ジュウォン)の妹、造園士

誰が見ても可愛らしいほど、明るく可愛い。チョウォンはジウンがジュウォン(18回目の人生)だった時、小さくてきれいな小石のような妹だった。 天性が優しく、自分の欲を半分に分けて、食べているものを分けてくれた子どもだった。幼い頃に、かけがえなく過ごした姉ジュウォンと別れた後、頑張って明るいふりをしていて出会ったのが、花と木と植物の世界だった。

‘すべてが咲いては散り、

死んでいるように見えた枝で、新しい芽がつくんだな。

生まれたばかりの新しい芽を見て、生きるというのは意志を持って生きる事であると気づいた。 世の別れと死は、打ち勝たなければならないのではなく、賢く経験しなければならないことだということ。いつかソハお兄ちゃんが韓国に戻ってまた会ったら、もっと良い姿を見せなければならない。 ところで、帰ってこないと思っていたソハが、韓国に来たという。ドユンと共に。チョウォンの心臓がまたワクワクする。

しかし、帰ってきたソハは、チョウォンを避けるだけだ。いろいろな言い訳で避けるだけのソハを理解できなかったし、まだ「過去のその日」から抜け出せないソハが、もどかしかった。しかしチョウォンはソハの涙を見るまで、傷を忘れる速度が人によって違うという、その当たり前のことが分からなかった。

一方、’パン・ジウム’という女性と、出会うことになる。

自分より若いこの女性に…

しばしば、姉の姿が重なって見える。

 

パン・ジウム、 この女、一体、正体は何なんだ… ?


出典:tvN

幼いチョウォン

ハ・ドユン


出典:tvN

アン・ドング ハ・ドユン役

ソハの秘書であり、親友

母に代わって生まれた、年取っての子である弟を、一度も憎んだことのない、奥深い子であり、父のせいで腐ることもなく、勉強でも運動でも何でも最初から上手だった子どもだった。しかし、父の突然の死後、ひどい世界に巻き込まれるようになる。9歳のドユンは自分の傷を省みる暇もなく、空白を一人で満たした。7歳下の弟にとっては父であり、母、兄の役割をしなければならなかったからだ。世に押さえられたくなくて、いつも拳を握って生きていかなければならなかったし、嬉しいのか、悲しいのか、怒っているのか、どんな感情も簡単に出さない子どもになった。

お金には運がなく、鋭かった学生時代に、自分と同じくらい鋭いソハに会った。不安で複雑だったその時、「耳が聞こえない財閥2世」ムン・ソハから、なんだか分からない同質感を感じた。人々の隙間に染み込まないように荒々しく振る舞うソハの姿、深い傷の中に浸っている瞳。経験した人だけが知る、その感情たち…人生の背景は違うが、どこか似た二人だった。何も言わなくても、お互いがお互いを理解する、そんな妙な関係だった。

そんな中、ソハの父「ムン会長」から、意外な提案を受けることになった。 「ソハと一緒に留学に行きなさい。代わりに、ソハの一挙手一投足を、報告しなさい」そうしてソハと共にドイツに出発し、その後、ソハとは親しい仲になった。ソハの親友であり、忠実な秘書の関係で十数年目、今はほんの少しの言葉で、ソハの不安と敏感さを落ち着かせてくれる、唯一の人となった。しかし、飛び越えられない壁があった。

「ムン・ソハの尻ぬぐいをしている奴」という言葉を聞くたびに、自責の念が沸き起こり、ムン会長にソハの一挙手一投足を報告しに行くたびに、妙な罪悪感に苦しんだ。息がだんだん詰まってきた。むしろどこかで事故でも起こってくれたらいいなぁ、と願っていた頃。

チョウォンが女性に見え始めた。 擦れることなくハキハキした、はばからない優しさ、屈託なく爽やかな笑顔の女性。ぎゅっと握っていた拳を開き、めちゃくちゃになった頭を委ねたくなる女性。

しかし、僕がこの女性を好きになっても良いのだろうか?

僕のような、取るに足らない者が。

ジウムに縁ある者たち


出典:tvN

チャ・チョンファ キム・エギョン役

17回目の縁(エギョン・キムチ蒸し食堂の運営者)

「なんと、どんなところで…私たち二人がこんなに会うことになるとは思わなかった…とにかくお前の幼い時から…お前を育てながら、本当に面白くて幸せだった…」

ジウムの17回目の人生、「キム・ジュンホ」だった時、エギョンは哀れな兄の哀れな娘だった。兄夫婦が死んで、サーカス団でさすらいながら育てた、ずっと気にかかる子だったエギョン。ジウムが二度生まれ変わる間、エギョンは中年の年齢に入っていた。

エギョンが36歳になった年の、暑い夏の日。ねじれた女の子、ジウムがエギョンの粉食屋に飛び込んできた。「私よ、ジュンホおじさん。お金を貸して!」 いきなり手を差し出した。

思いがけず、お金を貸してほしい、自分が「ジュンホおじさん」の生まれ変わりだと言っていた幼いジウム。エギョンはそんなジウムに慌てながらも、どこか気になった。そしてなんだか分からないように、ジュンホおじさんだと、次第に信じ始めた。どうにかどうか、サーカス団を離れて一人で黙々と生きてきた孤独な人生に、あの小さい子1人と一緒に暮らしたらどうだろう。

そのように二人は信じようが信じまいが、親友で姪で、同居人になった。辛い日には、さつまいもに大根の水キムチ、マッコリを出してくれて話し相手になってくれて…。しきりに胸がチクチク痛むのは、普通ではない。


出典:tvN

カン・ミョンジュ チョ・ユソン役

ジウムの前世の母(ジュウォン、チョウォンの母)

明るく陽気な女性。裕福な家の中で、曲がることなく暮らし、可愛い娘を産んだ。ジュウォンはいつも、もったいないほどの娘だった。だから、世の中の綺麗なもので囲んで、大切に育てたのに…青天の霹靂というのか。娘が雷のような事故で、死んでしまったのだ。 世界に幕がかかったような気分だった。 その厄介さと苦しみ、虚無に耐えられなかった。「あの日、あなたを一人で送るべきではなかったのに…お母さんが悪かったね」と、自責と怒りで歳月を過ごした。

そんなある日…「パン・ジウム」というお嬢さんが目の前に現れた。こっそり見に来たお嬢さん…何か妙だと思ったのだが…ふと、ジュウォンが死ぬ前に言った言葉が浮かんだ。

「お母さん…また生まれ変わって、お母さんを見に来るから…

悲しまないで…

ただ幸せに生きていていればいい」

 

ジュウォンが明らかにそう言った。

そんなはずはないだろうけど…もしかして、ジュウォン、お前なの…?


出典:tvN

ペク・スンチョル パン・ハクス役

ジウムの父

アルコール中毒のうえ、無能な家長。妻は子ども2人を置いて、早くから逃げた。自分にそっくり似たヤクザのような息子と、無意味な喧嘩をするのが日課。それでも娘1人はよく育ち、万能少女として有名になり、お金を稼いできた。そのお金でお酒を買うのが良かったのに… ある日、家を出て帰らなかった。


出典:tvN

ムン・ドンヒョク パン・ドンウ役

ジウムの兄

父に学んだことは、巻き上げる方法、無料で得るための、みみっちいやり口、金、金、金をせびるだけ。 しかし、それさえ不得手なせいで、簡単ではない。大企業に入社した妹のジウムに金を払わせることに必死になるが、簡単ではない。偶然、借金取りの事務所でとんでもない秘密、いや、金になりそうなことを盗み聞ぎしてしまう。

ジウムの前世たち


出典:tvN

キム・シア ユン・ジュウォン役

人生18回目/WWエンターの長女/1986年生まれ、韓国

「あなたは転生を信じる?私は信じるよ。私はこの命が初めてではないの」

ジウムの直前の生、18回目の人生。裕福な家の中で育ったユソンの娘であり、チョウォンの姉だった。数回の転生を経験しながら、良い親と家の中で生まれたことを珍しい幸運に思って生きていた時、9歳のソハに会った。気難しい最初の印象とは違って、幼いソハは知れば知るほど特別だった。人生18回目の間にいくつかの感情を経験し、もう誰かを好きになることはないと思っていたが、ソハは例外だった。ソハと一緒にいれば、本当の12歳になった気分だった。暖かくて平凡なのが、貴重な日々だった。


出典:tvN

イ・ジェギュン キム・ジュンホ役

人生17回目/ツバキサーカス団の団員/1956年生まれ、韓国

「そんなに悲しまないで、幸せに生きていればいいんだよ」

ジウムの17回目の人生。 宙返りをし、アコーディオンを演奏していたサーカス団員だった。哀れな兄の哀れな娘エギョンを、兄夫婦が死んでサーカス団で放浪しながら生きている間ずっと、誠意を持って育てた。危険になるほど美しくなるという思いから、無理な曲芸をして、いつも幼いエギョンを心配させる。 肺病にかかり長い咳の末に、幼いエギョンを置いて、先に短い命を終える。

 

ソハに縁ある者たち

イ・ボヨン イ・サンア役

イ・ボヨン イ・サンア役

出典:tvN

ソハの母、前MIホテル代表

きちんとして穏やかで、エレガントな女性。しかも知能まで兼ね備えていたので、どこに行っても視線を集める人だった。ところが、ムン会長と結婚した瞬間から人生が枯れていき始めた。

花びらのようにただ愛らしく、心惹かれるほど好ましかった人生が、一瞬で虚しく枯れてしまった。 ソハのために活気を取り戻そうと努力したが、治りにくい病気にかかってしまう。

1人残されるソハのため、親友ユソンの娘ジュウォンにソハを任せる。


出典:tvN

チェ・ジノ ムン・ジョンフン役

ソハの父、MIグループ会長

グループの総裁の座を守るために常に冷徹で、感情に振り回されてはならないと思った。 しかし、本来、冷酷な気質で生まれたことを、妻のサンアに会ってから知ることになった。愛していないわけではなかったが、ソンアを不幸の中に陥れてしまった。

サンアを失ってからこそ知ることになった。満たされなかった感情的な虚偽を、サンアが満たしていたことを。遅れた後悔を素振りを見せることはなかったが、心の中は燃えていき、耐えられなかった。

ところが、続いて事故が起こった。その時、悟った。ソハをサンアのように失うことはできないと。だからもっと強く急き立て、完璧に育てようとした。 生涯をそのように生きてきたので、他の方法は分からなかった。 それが間違った方法だということも、知らないまま。


出典:tvN

イ・ヘヨン イ・サンヒョク役

ソハの外伯父、MIグループ理事

柔らかくて温かい印象。賢くて繊細で、仕事は上手いが野心はない。そのためMIグループのムン会長はサンヒョクを信じ、ずっとそばに置いた。妹のサンアを大切にした分、サンアの息子であるソハにも愛情を注いだ。 ソハにとっては、唯一信じられる大人で、良い伯父。

MIグループ


出典:tvN

ペ・ヘソン チャン・ヨンオク役

MIホテル代表

異知的なルックスの中に、満ちた野望。大学生の時、高校生だったサンアの家庭教師の仕事を引き受け、財閥家の華やかな世界に目が捕えられ、人生をリセットしたくなった。

何をしてもサンアの下であり、どのように飾ってもサンアにだけ、視線が集まった。病気のサンアがついに世を去った日、事実…後悔した。 そうサンアが代表としていたホテルの代表の座まで得ることになった。

こんな野望がもともと胸の深いところにあったのか、サンアのそばにいると、物欲しさが出てきたのか。だが、今こういうことは、重要ではない。重要なのは、もうそんな欲を隠す必要がないということだ。

 


出典:tvN

ピン・チャンウク チャン・ヒョク役

ヨンオクの息子。酒を飲んで遊ぶのが好きで、ヨンオクをヤキモキさせる。

 

その他の人々


出典:tvN

リュ・ヘジュン イ・ジソク役

デファングループ副社長、ソハの同窓

屈指の大企業デファングループの長男。強固な背景とは違い、なぜか、みっともない。高校の同窓であったソハとはいつも敵対的で、なぜそうなのか分からないが、すべてがねじれていた。 一人だけの世界に閉じ込められたように、常に気が立っていた。内心では「私は良くしてやろうとしているのに…」と思うが、情けなさがどこに向かうのか、頻繁にねじれてしまう。

突然ドイツから帰ってきたソハと、パン・ジウムという奇妙な女性と、どんどん絡み合うことになる。 チョウォンを長い間好きで、一人で結婚まで考えている。


出典:tvN

イ・チェミン ミンギ役

エギョン食堂のアルバイト

ある日、ジウムのそばにやってきた、神秘的な青年。


出典:tvN

イ・ハンナ ハンナ役

ダンサー

自由奔放なダンサー、ミンギの知人。


出典:tvN

ペ・ウミョン ハ・ドジン役

ドユンの弟

ドユンの歳の離れた弟で、国家代表の準備中だ。実の兄と同じくらいソハによく従う、大型犬のような可愛い弟。

 

出典:tvN

スタッフ /演出:イ・ナジョン、脚本:チェ・ヨンリム
作成:え/キま

作品感想

marikoさん

●転生しても変わらぬ、大きな愛…あなたの愛を、振り返りませんか?

ウェブトゥーンで原作漫画を読んでいるのですが、まだ漫画は最終回まで読んでいないので、ドラマを先に観終わりました!

漫画では男性主人公ソハは繊細な人物なので、アン・ボヒョンが演じると知った時は、意外で驚いたことを覚えています。アン・ボヒョンといえば、無骨で男らしいマッチョなイメージですよね。「うまく演じられるのかな?」と、不安な気持ちもありました。

しかし、ドラマが始まってみると、アン・ボヒョンのいつものイメージと違うのです!すごく痩せて、繊細そうな外見に変身していました。ドラマの前半では、少年のような心を持ったソハが見せる傷ついた顔、不安そうな目が、アン・ボヒョンの演技力の高さを感じさせます。

しかし、アン・ボヒョンの男らしいイメージのファンの皆さんも、心配ご無用!ドラマ後半では、ソハは器が大きく、愛も大きく、懐の広い男に成長しますよ。まさに、アン・ボヒョンにピッタリの役でした!

主人公ジウムは19回も転生している設定。ジウムは前世で男だったこともあったり、外国人だったこともあったりするのが、意外で面白かったです。ただ、人生を19回も生きているので、思い出したくない過去が19回分あるという描写は、切なくて…。ジウムが悲しい過去を、どうやって乗り越えていくのかにも、注目してください!

また、主人公2人以外にも、魅力的な登場人物が多かったです。ジュウォン(ジウムの前世)の妹チョウォンが、純粋で可愛いこと!チョウォンとハ秘書のカップルも、純粋で切なくて、可愛かったです。ハ秘書は恵まれない環境に生まれただけで自信がない人。自然と応援に力が入りました。

ストーリーには、現代と前世の謎解きもあります。両方とも、意外な犯人で驚きました。ジウム以外にも転生している人がいるので、続きが気になるストーリー展開です。

前世に囚われて生きるジウムでしたが、そんなジウムがいろんなことを悟っていくのを見て、私も人生で大切なことを再認識することができました。短い人生の中で、周りにいる人のために何をすべきか?を考えさせられます。

主人公2人以外にも、いろんな人の愛がたくさん溢れたドラマで、最終回では温かい涙が出ました。「愛は自分から与えて、相手に譲っていけば、そこから愛が広がっていくのだな~」と感じました。韓国ドラマはいつも、愛について教えてくれますね。

原作漫画とドラマでは違うシーンもありましたが、ドラマ用にスッキリとまとめられていたのではないでしょうか?ただのラブコメだと予想して見始めたので、予想外で大満足です!




【ペントハウス シーズン2】

●テレビ愛知 2024/5/31日(金) 08:15~

ペントハウス シーズン2 全話あらすじと感想 キャスト・相関図  視聴率  

【ジャスティス2 -検法男女2-】

●BS松竹東急 全22話(2024/5/31から)月~金曜日10時から 字幕

ジャスティス2 -検法男女2- キャストと相関図 視聴率 全話あらすじと感想

【愛の群像】

●BS11 全51話(2024/5/31から)月~金曜日14:29から 字幕

愛の群像 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【ミッシング~彼らがいた~シーズン2】

● BS12 トゥエルビ 全16話(2024/6/1から)土曜日13時から2話連続放送

ミッシング~彼らがいた~シーズン2 あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【上流社会】

●BS松竹東急全20話(2024/6/1から)土曜日深夜23:30と25時から(1日2話) 字幕

上流社会 視聴率 あらすじ キャスト 感想

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP