大丈夫じゃない大人たち~オフィス・サバイバル~ 15話・16話(最終回) あらすじと感想

狂わない限り



大丈夫じゃない大人たち~オフィス・サバイバル~ 狂っていなければ 狂わない限り 미치지 않고서야 On the Verge of Insanaty 2021年放送 MBC水木 全16話

第15話視聴率3.5%

neroさん

第15話あらすじ

ハンミョンE&Cの担当者らを前に、ホームトレーニングミラーのデモンストレーションを行った開発1チーム。反応は良好で、手ごたえを感じたチェ・バンソク(チョン・ジェヨン)は、転職活動に向けて証明写真を撮りに行きます。その日、シン・ハンス(キム・ナムヒ)を食事に誘うハン・セグォン(イ・サンヨプ)。

翌日、ハンミョンE&Cから届いたのは、今回の契約を見送りたいとの連絡。これに会社の雰囲気は一転し、社員たちは頭を抱えます。そんななか、セグォンはセンター長に辞表を提出。他にも同じチームで働くエンジニアが2人、辞表を出して会社を去って行ったと言います。昨夜セグォンからスカウトを受けたハンスはというと、半休を取って早退。最初からセグォンが、自分たちの技術を持ってE&Cに移るつもりだと知ったバンソクは、憤怒。

荷物をまとめて研究室を後にしようとするセグォンに、頭突きを食らわすバンソク。慌ててハンスが止めに入りますが、バンソクの怒りは収まらず。そこへ、先ほどセグォンの辞表を受け取ったセンター長が現れます。「怒る価値もない人間だ。放っておけ」皆からの冷たい視線を受けながら、会社を去って行くセグォン…

セグォンが開発チームの人材とホームトレーニングミラーに関する技術を持って、ライバル社であるE&Cへ移ったと聞き、これまた怒り心頭のハン社長。すぐさまセグォンを告訴するよう秘書に命じるハン社長でしたが、ただでさえホームトレーニングミラーの技術が奪われた今、これ以上のスキャンダルは売却に響くと秘書は言います。怒ったハン社長は、その足でチャンイン事業部へ。

E&Cがホームトレーニングミラーを発表する前に、完成版を市場に売り出せと命じるハン社長。2か月で何とか完成させろと告げる社長でしたが、商品の完成には少なくとも3か月を要する状態。これを聞いたハン社長はセンター長のジョンピルを呼び、蹴りつけます。結局、バンソクらは2か月で開発中のホームトレーニングミラーを完成させないといけなくなります。

翌日、開発1チームにはハンスの姿が。てっきり破格の提案を受け、E&Cに転籍したと思われたハンスでしたが、「皆に後ろ指をさされるような真似はしたくない」とセグォンの提案を断ったと言います。もう一度一緒に頑張ろうと話すハンスに、今しがた辞表を提出したことを明かすバンソク。

ジョンピルの訴えも虚しく、バンソクは23年働いたハンミョン電子を去ることに。荷物をまとめ出て行こうとするバンソクを、職員たちが送り出します。最後にバンソクの前に現れたのは、ジャヨン。同じくE&Cからスカウトを受けたジャヨンでしたが、自分が望む会社に就くまではハンミョン電子に残ると言い、それを断っていました。会社の前でハグを交わした2人は、それぞれ別の道を進むことに。

それから1か月後、以前と変わらず慌ただしい生活を送るジャヨンのもとへ、面接の案内が。企業名は“バンストーン・カンパニー”、聞いたことのない名前に、ジャヨンは思わず首を傾げます。ジャヨンに面接を要求したのは、他でもなくバンソクでした。新たに会社を立ち上げたバンソクは、ジャヨンをCOO(最高運営責任者)として迎え入れたいと言います。

一方、カフェで偶然バンソクと顔を合わせたハンスは、バンソクが新たなプログラムを開発中だと知り、一緒に働くことに。小さな事務所を設けることになったバンストーン・カンパニーに、ナリを連れたジャヨンがやってきます。

第15話感想

突然のバンソクの退社に驚きましたが、まさか自分の会社を立ち上げるとは…。バンソクが立ち上げた会社の名前は、“バンストーン・カンパニー”。バンソクのソクは、韓国語で「石」という意味。だから会社名がバンストーン(ソク)笑

トレードマークのチェックシャツに、一応ネクタイを合わせて面接に応じるバンソクの姿に、思わず笑ってしまいました。紆余曲折ありましたが、バンストーン・カンパニーの一員として、バンソクと手を組むことになったジャヨン。さらにハンスとナリも合流し、怖いものなしですね。

バンソクがハンミョン電子を去る際、セグォンとは違って皆から「お疲れ様」と送り出されていたのが印象的でした。やはり人間性と言いますか。。バンソクがこれまで、いかに会社で人脈を築いてきたかが伝わってきました。

第15話のオープニングでは、E&Cのデモンストレーションを無事に終了させる開発1チームの姿が登場。しかし、既にセグォンの計画はすすめられており…。E&Cが手掛けるマンション事業と提携して、新築マンションの全室にホームトレーニングミラーを設置することで契約を交わしていたハンミョン電子でしたが、まんまとハメられてしまいます。E&Cの狙いは、最初からホームトレーニングミラーの技術を奪うこと。

一方、約束通りE&Cで働くことになったセグォンは、ハンミョン電子のハン社長と対面。ハンミョン電子はE&Cよりも先にホームトレーニングミラーを発表してみせると豪語していましたが、こちらもどうなったのか気になります。最終回を目前に、何とも期待の高まる展開となりました!

第16話視聴率4.3%

neroさん

第16話(最終回)あらすじ

ハンスがハンミョン電子へやってきた理由は、何と姉ジョンアの社内恋愛を知ってしまったからでした。さらにジョンアの相手は、同じ開発1チームのキ・ジョンヒョン。結果的にハンスを手に入れたバンソクは、ジョンアに感謝しないといけないと話します。

そんななか、ジャヨンとナリを加え、本格的に活動をスタートしたバンストーン・カンパニー。バンソクが開発した新システム「DSドクター」を使って、投資者をあたるジャヨンでしたが、出来たばかりの会社に投資を申し出る企業はなかなか見つからず。ノ常務のもとへ向かったジャヨンは、E&C社が開発中のホームトレーニングミラーにDSドクターを採用し手はどうかと提案します。ジャヨンがE&Cに投資を打診したと知ったバンソクは、ショックを隠せません。

DSドクターの企画書は、担当者であるセグォンのもとへ渡り、プレゼンの日程が組まれます。プレゼンが終わるや否や、投資は難しいと話すセグォン。そんなセグォンに、バンソクはホームトレーニングミラーの開発に携わっていた自分たちだからこそ、出来ることがあると提案。しばらくして、E&Cから採用の連絡が届きます。

投資先が見つかったことに喜ぶバンソクらでしたが、そんな矢先、ホームトレーニングミラーの開発が再びハンミョン電子に渡ったとの記事が浮上。実は後のなくなったハン社長が自らE&Cへ赴き、土地を売り渡すことを条件にホームトレーニングミラーの開発を手に入れたのです。さらに会社を追われたセグォンは、ハン社長から業務妨害の罪で告訴されることに。

ホームトレーニングミラーの開発がハンミョン電子に渡ったことで、DSドクターの採用権も自動的にハンミョン電子へ。担当者に会いに行ったバンソクとジャヨンは、1億という金額を聞いて愕然。振り出しに戻ったバンストーン・カンパニーは、スタートアップ企業の公募展に出展する事を決めます。公募展の準備を行うなか、セグォンを訪ねたナリ。ナリの歩み寄りによって、再びヨリを戻すことになった2人。その後、ハン社長から受け取った慰謝料3億ウォンを使って、バンストーン・カンパニーに投資すると言うセグォン!初めはそれを断るバンソクでしたが、今会社に必要なのは投資金。結局、セグォンはバンソクらの2番目の投資者となります。(最初の投資者は、バンソクの母)

資金を確保した公募展でDSドクターのプレゼンを行うことに。壇上に上がったバンソクは、「皆さんは壊れたサイネージ(電子看板)のように、職場からクビを切られそうになった経験はありますか?」と語り始めます。バンソクが自ら故障を感知し修復するシステム「DSドクター」を作ったのは、壊れて捨てられてしまうサイネージに、自分自身の姿を重ねたからでした。発表が終わると、会場から割れんばかりの拍手が。

公募展で1位に輝いたバンストーン・カンパニーは、賞金1億ウォンを獲得。その後、バンソクらを別室へ呼んだハン社長が、DSドクターの技術を10億ウォンで買いたいと話します。しかし既に、他社から20億の提示を受けていたバンソク。するとバンソクは、チャンイン事業部の売却を考慮して、50億を要求。さらにセグォンが、自分が渡した慰謝料でバンストーン・カンパニーへ投資を行ったと聞き、愕然とするハン社長。

時は流れ、一躍大手企業の仲間入りを果たしたバンストーン・カンパニーの専務ジャヨンのもとへ、ヘッドハンティングの電話が掛かってきます。そんなジャヨンに代表の座を明け渡し、高級車をプレゼントするバンソク。タン専務なしではやっていけないと言うバンソクの言葉に、満足げなジャヨンでした。

第16話(最終回)感想

文句なしのハッピーエンド!

ハンミョン電子を去ったバンソクは、自らの名前を文字ってバンストーン・カンパニーという会社を設立。最初は経営難でなかなか上手くいかないバンソクでしたが、公募展の出展をきっかけに、一躍有名になります。もともと技術的には文句なしのバンソクだったので、今回の結果も当然と言えば当然かも。ハンミョン電子がそんな人材を邪険に扱ったのが、一番の失態でしたね。

そして、最後はジャヨンのヘッドハンティングを引き留める為、プロポーズさながらの言葉を贈るバンソク。2人のロマンスが大きく進展することはありませんでしたが、恋愛メインのドラマではないでの、このくらいが丁度いいかなと思いました。一方、元サヤとなったナリとセグォンは、結婚することに。ナリの意外と一途な面に、好感度が持てました。ちなみにE&Cを追われたセグォンはその後、ユーチューバーとして成功を収めます。

紆余曲折ありましたが、最後は誰もが認めるハッピーエンドとなり、ほっとしました。1人の開発者が、20余年を捧げた会社からリストラされそうになるシーンから始まったこの作品。ここまで壮大なエピソードが描かれるとは想像も出来ませんでした。

くすっと笑えてホロリと泣ける、感動のヒューマンドラマ。面白かったです。

大丈夫じゃない大人たち~オフィス・サバイバル~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【放送情報】



【善徳女王】

●BS松竹東急 全62話(2022/11/28から)月~金曜日12時から 字幕

善徳女王 視聴率 感想  キャスト・相関図 あらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【風と雲と雨】

●BSテレ東 全28話(2022/11/29から)月~金曜日10:55から 字幕

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP