大丈夫じゃない大人たち~オフィス・サバイバル~ 1話・2話 あらすじと感想

狂わない限り



大丈夫じゃない大人たち~オフィス・サバイバル~ 狂っていなければ 狂わない限り 미치지 않고서야    On the Verge of Insanaty 2021年放送 MBC水木 全16話

第1話視聴率3.0% 3.9%

neroさん

第1話あらすじ

ハンミョン電子のディスプレイ事業部で、開発者として働くチェ・バンソク(チョン・ジェヨン)は、突然の事業解体によって部署の異動を余儀なくされます。人事チームのタン・ジャヨン(ムン・ソリ)と面談を行ったバンソクは、ソフトウェアのエンジニアとして働くことを希望。しかし、バンソクの経歴に目を通したジャヨンは、年齢の割に経験がないことを理由に難しいと答えます。

結局、チャンイン市にある生活家電事業部に派遣されることになったバンソク。駐車場に車を停めようとするバンソクでしたが、既に満車。1台だけ空いていた場所には、何と自転車が停められてしまいます。自転車の持ち主は、バンソクが派遣された開発1チームのチーム長ハン・セグォン(イ・サンヨプ)でした。自動車用の駐車場に停められた自転車をネットで検索したバンソクは、その高額な値段に驚愕。

昼食の時間となり、1人で食堂へ向かったバンソクは、そこで親しい友人らと顔を合わせます。友人らの話によると、バンソクの上司に当たるセグォンはなかなかの実力の持ち主だと言います。

その後、セグォンが開発した新しいロボット掃除機の試運転に立ち会ったバンソクは、突然動かなくなった掃除機を見て、LDセンサーの交換を提案します。現在使われているセンサーは、性能は良いものの、他の部品との相性が良くないと指摘するバンソク。バンソクの提案通り別のセンサーに交換したところ、ロボット掃除機は問題なく作動。これに思わず感嘆するチーム員たちでしたが、セグォンの表情は思わしくありません。

翌日、センター長の前で改良したロボット掃除機のプレゼンを行う開発チーム。しかし、昨日まで確かに問題のなかった掃除機が、再び誤作動を起こし…。原因を聞かれ、新たにセンサーを交換したことが原因だろうと答えるセグォン。「次の試運転でもこの調子なら、プロジェクト自体を再検討するつもりだ。」怒った様子で会場を後にするセンター長。納得のいかないバンソクは自ら原因を突き止めようとしますが、セグォンがそれを許しません。「まずは謝るべきでは?」と苛立ちをあらわにするセグォンに対し、バンソクは「原因解明が優先だ」と返答。これにキレたセグォンは、バンソクに今回のプロジェクトから手を引くようにと告げます。

一方、経営戦略本部のノ常務から、チャンイン事業部の人事チーム長の席を提案されたジャヨン。またとない機会ながらも、ジャヨンにとって気掛かりなことが1つ。実は開発チームのセグォンは、ジャヨンの別れた夫だったのです。

オフィスに戻ったセグォンは、試運転に使用したロボット掃除機を自らのデスクの下に保管。どうやら、今回の誤作動には何やら秘密があるようです。実は昨夜、バンソクと購買チームのペン・スゴン(パク・ウォンサン)の会話を偶然聞いていたセグォン。「部品を交換することに気付かないなんて、実務には向いていないみたいだ。性格はまぁ、悪くはないが…」と、セグォンについて語っていたバンソク。

そんななか、開発チームに来てまだ数日しか経っていないバンソクに、またしても人事異動の通達が。さらに今度は実務とは程遠い人事チームへの異動だと聞き、バンソクは憤りを隠せません。先ほどの試運転が原因ならばと、セグォンを屋上に呼び出すバンソク。自分の目でミスを確認しない限り、人事異動には応じないと話すバンソクでしたが、セグォンはこれは決定事項だと言います。そんな2人の前に現れたのは、ジャヨン。

第1話感想

職場での生き残りをかけて奮闘する中年たちの姿を描いた、オフィスドラマ!

「中年版:未生(ミセン)」とも言われ、注目を集めるこの作品。主演を務めるのは、「太王四神記」などで知られるムン・ソリと「検法男女」シリーズがヒットを記録したチョン・ジェヨン。実力派の中年俳優たちがこぞって出演する作品とあって、初回から安定感のある滑り出しとなりました。

人事異動によって地方の部署に派遣された主人公のバンソク。さらに人事チームのジャヨンもまた、バンソクと同じチャンイン市の生活事業部に異動となります。バンソクの上司は、有望株として期待を集めるエリート、ハン・セグォン。セグォン役を演じるのは、バラエティーにドラマにと大活躍のイ・サンヨプ。毎回思うのが、イ・サンヨプってこういう憎たらしい役が本当に似合う!

そんなイ・サンヨプ演じるセグォンは、実はジェヨンと元夫婦だったという事実が判明。最初ドラマを見ていて、ちょっと年齢差を感じたのは私だけでしょうか。2人が夫婦という設定に少し違和感を覚えました。

セグォンの嫉妬(?)によって、せっかく赴任した開発1チームをわずか数日で追い出されてしまうバンソク。さらに新たに派遣を命じられたのは、何とジャヨンのいる人事チームでした。マネージメントや資料整理には興味がないと言っていたバンソクにとって、これはまさに青天のへきれき。果たして、バンソクの運命とは…?

第2話視聴率2.7% 3.3%

neroさん

第2話あらすじ

生活家電事業部の人事チーム長に就任したジャヨンは、赴任先のチャンイン市へ向かう途中、父親の病室を訪ねます。その頃、ジャヨンの人事異動を知り、頭を抱えるセグォン。会議に参加したセグォンは、誤作動の原因を掴んだかと聞かれ、「1週間あれば問題なくエラーを解決できそうです。」と回答。

チャンインへやってきたジャヨンは、新たにバンソクがチームの部長に選ばれたと聞き、愕然。さらに今回の人事の上にセグォンの存在があると知り、ジャヨンは憤りを隠せません。屋上へ向かうセグォンの姿を目にしたジャヨンは、慌ててその後を追う。屋上でバンソクと一緒にいるセグォンを見つけたジャヨンは、その後頭部に殴り掛かります!

バンソクの異動に関しては、既にセンター長の了承を得ていると話すセグォン。一方、オフィスに入ろうとしたバンソクでしたが、カードキーが反応せず。チーム員に開けてもらって何とか中へ入ったバンソクは、黙って荷物をまとめます。そんなバンソクの姿を見たジャヨンは、正直に人事チームでバンソクに出来る業務はないと説明。別の道を探してみてはどうかと尋ねるジャヨンでしたが、ひとまず人事チームで自分に出来る仕事を探すと答えるバンソク。

そんななか、バンソクはスゴンから、開発チームに関する信じがたい話を聞かされることに。試運転の場で、新たに交換したセンサーに問題があると主張したセグォン。しかし、購買チームに提出された書類に書かれていたのは、バンソクが提案した例の部品だったのです。これを知ったバンソクは、やはりセグォンが何かを隠していると考え、再び開発チームのオフィスへ。そこでバンソクは、セグォンのデスクの下に隠された試運転用のロボット掃除機を発見します。

セグォンが自分を陥れる為に試運転の場で別の掃除機を使っていたと知ったバンソクは、センター長に報告するも、これまで自分が手掛けた事業を台無しにしてまで、まさがセグォンがそんなことをするはずないとセンター長。しかし、実際にセグォンは試運転用の掃除機をすり替えており、ジャヨンがその事実を知ることに。

翌日、本社からハン・スンギ社長が視察に訪れるとあって、朝から慌ただしい生活家電事業部。ロボット掃除機の最終チェックを行っていたセグォンは、職員に呼ばれ、少しの間現場を離れることに。再び会場に戻ったセグォンのもとに届いたのは、試運転用のロボット掃除機と一緒に映るバンソクの写真と「取り返したければ人事チームへ。」と書かれたメッセージ。慌てて人事チームへ向かったセグォンは、サンプルを人質にとられ、結局自ら試運転用のサンプルをすり替えたことを自白。理由を聞かれたセグォンは、「突然現れて偉そうにする姿が気に食わなかった。」と明かします。

その場でサンプルと思われる掃除機を破壊するバンソクでしたが、それはバンソクが家から持って来た別の掃除機。本物のサンプルは、現場のテーブル下に置かれていました。さらに予定していた社長訪問がキャンセルとなり、茫然とするセグォン。

代わりに送られてきた社長からのメッセージ動画には、今後売り上げが下位30位の商品に関しては、来年以降の販売を中断。競争力のない商品は、即切り捨てる予定だと社長は言います。

実はジャヨンが生活家電事業部の人事チームに派遣されたのには、事業部の売却が背景にありました。買収先の企業がなるべく人材の流出を避けたいと言っており、そこで白羽の矢が立てられたのが、他でもないジャヨン。ジャヨンの目的は、最大限使える人材を残したまま事業部を売却すること。そんななか、ジャヨンはバンソクを人事チームの部長として受け入れることを決意。

第2話感想

紆余曲折の末、正式に人事チームの一員となったバンソク。しかし、ジャヨンが彼を受け入れたのには、別の理由が…

恐らくジャヨンがバンソクを受け入れることにしたのには、顔が広く社内に知り合いの多いバンソクを上手く利用しようと考えたから。このジャヨンの選択が、今後どういう結果をもたらすのか、注目です。

それにしても、大人しそうに見えてかなりぶっ飛んだ性格のバンソクが最高!セグォンの目の前でロボット掃除機を破壊する様は、何とも痛快でした。バンソクの周りを囲む、おじさま達の存在も素敵。見ていて、ファン・ジョンミン主演の「ハッシュ」を思い出しました。若者たちの成長もいいけれど、こういった中年層の物語も面白いですね。

第2話の冒頭では、ジャヨンが寝たきりの父親に会いに行く姿が登場しました。セグォンと言い合いになった際、寝たきりの父親について言及する台詞があったので、ジャヨンの父の病気とセグォンの間には何か関連がありそう。未だに不釣り合いな気がする2人ですが、結婚、そして離婚の背景に何があったのか気になります。

スピード感のある展開で、あっという間に1時間が終わってしまいます。この調子で最終話まで突き進んで欲しいです。

大丈夫じゃない大人たち~オフィス・サバイバル~ 3話・4話 あらすじと感想

大丈夫じゃない大人たち~オフィス・サバイバル~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【放送情報】



【善徳女王】

●BS松竹東急 全62話(2022/11/28から)月~金曜日12時から 字幕

善徳女王 視聴率 感想  キャスト・相関図 あらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【風と雲と雨】

●BSテレ東 全28話(2022/11/29から)月~金曜日10:55から 字幕

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP