Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

熱血司祭 33話・34話と35話・36話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

熱血司祭  열혈사제 全40回(20話)

第33回視聴率 16.2% 第34回 視聴率 20.3%

第33回・第34回(17話) あらすじ

ジュングォンが仕向けたやつらによって強行犯係のメンバーは全員重傷を負う。中でもソ刑事のけがはひどく、ヘイルは怒りを感じると同時に自分を責める。ジュングォンの元を訪ねると、殺せばイ神父の事件の真相を知っている証人が1人消えることになると言われる。こういう時こそ、ひるまずに戦うべきだと周りに言われ金庫破りを実行することにしたヘイル。中のカネを別の場所に移動させ、その道中で奪う作戦を立てるが…
引用元:https://knda.tv/kntv/program/kn190701/

quetalsurinoさんより

第33回・第34回(17話) 感想

攻撃を受けたスンアは、気を失うほど怪我を。。。ヘイルへの片想いをさりげなく表現するシーンもあり、ドキドキ!でも、ヘイルは気づいていない様子でした。

スンアをはじめ、刑事たちが攻撃されたことを知ったヘイルが、元エージェントを送ったイ・ジュンゴンの元へ向かうシーンのキム・ナムギルは、素敵でした。感情はコントロールできないかもしれないけど、正義感のあるヘイルは、カッコイイ!

隠し金庫のお金を盗む計画のヘイルは、盗難を防止するために仕掛けられた金庫の秘密を知ります。ドアが閉まって15分後、酸素が無くなることを知り、直接侵入するのは危険と知ると、ヘイル、ギョンソン、デヨンとスンアは、新たな作戦を繰り広げる。金庫の中のお金を別の場所に移すための計画が始まる。

ギョンソンはファン・チョルボム(コ・ジュン)と部長検事のカン・ソクテがお互いへの不信感を強く抱かせ、カン・ソクテはお金をすべて横取りする計画を立てます。チョルボムもまた、カン・ソンテを警戒し、彼を消す計画を立て、金庫の外に部下たちを準備させます。しかし、変装したスンアに配られた、強い下剤入りのお弁当を食べた部下たちは。。。おげれつなシーンのはずが、思わず大笑い!

イ・ビョンホンが出演した韓国映画「いいやつ、悪いやつ、変なやつ」を思い浮かばせるようなシーンが登場しますが、ここもコメントが可笑しくて本当に笑えます。たくさん笑える話でした。金庫の中のお金を狙っていたイ・ジュンゴン、ファン・チョルボム、カン・ソクテはそれぞれの方法で横取りしようとしますが、結局、お金を金庫から持ち出すことに成功したのはイ・ジュンゴンでした。

ヘイル、デヨン、ギョンソン、スンアとチョルボムは、金庫の中に閉じ込められ、15分後には金庫の酸素が無くなることを知る彼らの表情は不安でいっぱい。酸素が薄くなっているせいか、心配し過ぎたせいか、皆の顔色が・・・段々とくすみ始めます。金庫の中から脱出することに成功するのか、ハラハラしますが、次の話でも笑いのある展開があるのでしょうね。

このまま、イ・ジュンゴンにすべての現金を奪われてしまうのでしょうか。予想以外の展開がありそうで、期待しちゃいます。金庫からうつされたお金に、何かトリックがありそう。。。

面白い!やっぱり面白い!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第35回 視聴率 17.2% 第36回 視聴率 20.0%

第35回・第36回(18話) あらすじ

金庫の中に閉じ込められたヘイルたちとチョルボム。空気が減り窒息する寸前のところで、コザエフが開けた穴から外に出ることができ九死に一生を得る。ジュングォンがカン部長を裏切り、カネを持ち逃げしたと知ったヘイルは、どうやって奪うか考える。すると、チョルボムから一緒にジュングォンを捕まえようという提案を受ける。断ろうとしたヘイルだったが、うまくいけばイ神父の死の真相を教えると言われ手を組むことに。

引用元:https://knda.tv/kntv/program/kn190701/

quetalsurinoさんより

第35回・第36回(18話) 感想

予想外のエンディングを迎えることに!

金庫の中の酸素が減ってくると、諦めるギョンソン、デヨン、スンア、チョルボムと彼の部下たち。。。最後まで希望を捨てることなく、神への祈りを捧げるヘイルの言葉の途中、金庫の中が揺れ始め、金庫の壁の穴が開き、危機一髪のところで助かることに。

壁に穴をあけたのは、ウラジミールとキ・ヨンムンでした。金庫からお金を横取りする予定が、中にお金はなく、現れたヘイルたちの姿に驚く、その後も続くコミカルな演出!登場するパロディーのシーンを発見するのが楽しくて!韓国ドラマや映画のパロディーのみ登場するわけではないので、誰でも楽しめて、原作を知らなくてもコミカルなので笑えます。コミカルアクションドラマだけに、ヘイルのアクションは登場する度、カッコよくてドキドキ。

ヘイルがカバンの中に追跡装置を入れておいたおかげで、お金を取り戻すことに成功しました。また、イ・ジュンゴンと仲間たちを逮捕することに成功しましたが、特殊部隊出身らしく、移送中に逃走。解決に向かっていたはずが、ええ?と思わせるエンディングに。逃走中のイ・ジュンゴンがハン・ソンギュ神父を拉致、ヘイルの目の前で暴力をふるい始め、ハン神父が意識を失うところを目撃したヘイル神父の目には、怒りが!

第1話をみたときは、怒りをコントロールできない神父の姿に、カトリック神父が・・・と正直思いました。でも、ヘイルが感情をコントロールできない時は、弱者を守る時のみ。カトリック神父だからと言って怒りを感じないはずはないのに、これまで先入観を持ちすぎていたような気がしました。

イ・ヨンジュン(チョン・ドンファン)/ガブリエル神父を殺害した犯人が、ファン・チョルボムだと思っていましたが、イ・ジュンゴンを逮捕するためヘイル神父と協力し合ったことを考えると、犯人はイ・ジュンゴンだったってことでしょうかね。

イ・ジュンゴン相手に、最高の怒りをぶつけることになりそうで、ヘイル神父が傷つかないことを願います。イ・ヨンジュン神父の死の真相を明かし、彼の名誉回復に成功するのでしょうか。

 

熱血司祭 37話・38話と39話・40話(最終回) あらすじと感想

 

熱血司祭 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー