熱血司祭 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想 コ・ジュン ファン・チョルボム役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

熱血司祭  열혈사제 全40回(20話)

第13回 視聴率 15.3% 第14回 視聴率 17.7%

第13回・第14回(第7話) あらすじ

メガク教の本院で鉢合わせしたヘイルとチョルボム。その場で拳を交えることになるが一時中断に。ヘイルの能力を体感したチョルボムは、再びヘイルの過去を調べることにする。一方キョンソンは、証人の居場所の情報源を聞くためにソ刑事を呼び出すが、別ルートから情報提供者がヘイルだと知る。低質な給食を食べて入院している子供が退院させられそうだという話を聞いたヘイルは、給食業者に責任を取らせようとするが…

引用元:https://knda.tv/kntv/program/kn190701/

quetalsurinoさんより

第13回・第14回(第7話) 感想

キム・ヘイル(キム・ナムギル)とファン・チョルボム(コ・ジュン)の正面対決?と思ったら、二人の格闘技姿を見ることはなかったですが、二人の正面対決は再び登場する予感が。。。一方、区長はヘイルの圧力から解放される方法を模索し、検事のパク・ギョンソン(イ・ハニ)は部長から地方への異動を命じられ、怒りを爆発させる姿を見せました。ヒステリックに声を上げるギョンソンの姿が何度も登場し、そのうちにヘイルに協力することになりそうで、二人の関係から目が離せないです。

刑事のク・デヨン(キム・ソンギュン)は相変わらず、これといって活躍する姿はなく、ヘイルが独自に捜査を続ける中、捜査は全く進展することがない。すると、一つでもいいので、ファン・チョルボム(コ・ジュン)の悪事を証明できる、一つだけの手がかりを発見できるよう祈るヘイル。祈りが届いたのか、給食を食べた少女が意識不明に陥ったことを知ったヘイルは、デヨンと共に給食を提供している業者に侵入し、そのことを知ったファン・チョルボムは、ヘイルがただの聖職者ではないことに気づき、ヘイルに関する調査を更に進めます。

給食を提供している業者と区長の関係が明らかになるを恐れたチョルボムは悩み、キ・ヨンムンがヘイルを解決すると名乗り出ましたが、その方法はヘイルの怒りを爆発させ、暴力を受ける場面を撮影し、ヘイルを告発する計画のようで、ヘイルを挑発した挙句、彼が持っていた野球バットにわざとぶつかっていったキ・ヨンムン。このままだと、カトリック教会の司祭が暴力を振るったと、ヘイルを訴えることになりそうで、果たして、ヘイルはこの困難を乗り終えることができるのでしょうか。

このまま、検事のパク・ギョンソン(イ・ハニ)は地方に飛ばされて、ヘイルが国家情報院の元エージェントだったことが、次の話でバレてしまうのでしょうか。

鋭い表情のヘイルから、キム・ナムギルが持つ独特な雰囲気が感じられ、格闘するシーンもカッコよくて!笑いのツボは個人差がありますが、コミカルな展開が続くドラマなので、感想ですべてを伝えきれないのが残念。

デヨンとヘイルのブロマンスも本格化しそうで、笑えるポイントが今後は更に増えそうです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第15回 視聴率 12.5% 第16回 視聴率 16.1%

第15回・第16回(第8話) あらすじ

ヘイルを排除しようとメガク教の教主が策略を練るが、デヨンの出現で計画は台なしとなる。教主の甥が社長を務める給食業者が捕まると、ドンジャまで被害を受けることになるがゆえ、何とか阻止しようと躍起になるチョルボム。一方、ヘイルやソ刑事に力を貸したいと思っているデヨンだが、自分が無茶をしたことで同僚を死なせてしまった過去からチョルボムに逆らえずにいる。

引用元:https://knda.tv/kntv/program/kn190701/

quetalsurinoさんより

第15回・第16話(第8話) 感想

ヘイル(キム・ナムギル)神父の暴力事件は、その様子を撮影した携帯電話を偶然、同僚のシスターが手に入れていたことで、解決となりました!

区長が中心となり、政治家、警察署長まで癒着した裏組織、「カルテル」のメンバーとして、パク・ギョンソン(イ・ハニ)の上司で部長検事が新たに加わることになりそうです。パク・ギョンソンを地方に飛ばした理由は、彼女のコントロールしやすくするためでしたが、部長検事の計画通り、キョンソンは戻るため、頭を下げることに。。。

ク・デヨン(キム・ソンギュン)はキム・ヘイル(キム・ナムギル)神父を監視するために、作られたコンビでしたが、長い時間一緒に過ごす間、ヘイルはデヨンを理解するようになり、これまでの言動を謝りますが、受け入れないデヨンと再び、ギクシャク。こんな感じで二人の仲が深まり、連帯感を持つようになるのでしょうかね。二人のやり取りが面白くて、たくさん笑っちゃいました。

ちょっと切ないデヨンの過去が明かされ、彼がファン・チョルボム(コ・ジュン)に情報を提供している理由が分かりました。過去、ファン・チョルボム(コ・ジュン)の部下にデヨンの後輩刑事が殺害された事件があったけど、チョルボムは逮捕されることなく、権力の前でデヨンができることはなく、無能な刑事になるしかなかったようですね。

意外な人物がヘイルの協力者として浮上!給食を提供している業者と組織「カルテル」の関係を探るヘイルは、コンビニでバイトするオ・ヨハンが、ワンマッフードで働いていることを知ると、情報員として活躍することを提案します。その理由は、大好きな食べ物を食べると、小さな音でも聞ける特別な能力を持っているからでした。ワンマッフードの社長の会話を盗聴したのは特殊な道具ではなく、オ・ヨハンの耳でした。聴覚を出来るだけ発達させるために、真剣な表情で頑張る姿に笑いすぎちゃって!どんな情報を手に入れることになるのでしょう。

最後のシーンは、過去、死亡した後輩とソ・スンアを重ね合わせたデヨンが、後輩のソ・スンアを守るため、ファン・チョルボムの部下に立ち向かいますが、相手と頭突きして、デヨンが倒れて終わりました。痛々しい場面は多いけど、デヨンが持つコミカルな雰囲気がいい!

 

コ・ジュン 고준 ファン・チョルボム役
出典:https://programs.sbs.co.kr/
生年月日:1978年12月08日。1997年演劇俳優デビュー
主な出演歴
ミスティ(2017JTBC) イ・ジェヨン役
君を守りたい~SAVE ME~(2017/OCN)
グッドワイフ(2016/tvN) ジョグクヒョン役
レディプレジデント~大物(2010/SBS)

 

熱血司祭 17話・18話と19話・20話 あらすじと感想 クム・セロク ソ・スンア役

 

熱血司祭 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー