浮気したら死ぬ 15話・16話 (最終回) あらすじと感想

浮気したら死ぬ



浮気したら死ぬ 바람피면 죽는다

【韓国放送期間】2020年12月2日から 1月21日まで 2020年放送 KBS2

第15話視聴率4.6%

えぱたさん

第15話あらすじ

元警察署凶悪犯罪捜査課チーム長で、現在怪しい興信所経営のクァク・チョンムンから、チキン屋で食事しながら、過去の事件について聞く、チャン刑事 (イ・シオン) とアン刑事 (キム・イェウォン)。

(回想) 9年前…。ウルジ財閥不正事件の捜査を担当していた、チョンムンは、現在では次期大統領候補者のパク・ジェグンと妻ユン・ヒョンスクを中心とした武器密輸の件を追っていた。アクターAという芸能事務所を経営し、女優らをネタに資金集めをしているとかぎつけた。ジェグンが基地として使用していた、教会内の事務室に狙いを定め、「秘密の祈祷室計画」と捜査を名づけた。

当時、その事件の報道担当だったのが、カン・ヨジュ (チョ・ヨジョン) だった。ヨジュは偽装結婚をし、同僚記者チョ・ミンジェとジェグンの周辺に探りを入れていたが、車の爆破事件で同僚は死亡。

チャン刑事とアン刑事に同行して、ヒョンスクから事情聴取することになったヨジュ。スジョン殺害の真犯人は、ヒョンスクではとの持論を展開する。(ヨジュの推測) スジョンは授賞式のスピーチで、「昔からのファンに会う」と言っていた。それは、大統領であった。一方、スジョンはジェグンとも関係を持っていて、「秘密の祈祷室」で密会していた。授賞式後、スジョンがヒョンスクの感情を逆なでするようなことを言ったため、スジョンのマンションへ行ったヒョンスクは、口論の末、台所から包丁を持ち出し、スジョンを背後から刺した。

ヨジュの推測を聞いていたチャン刑事に連絡が入る。「ペク・スジョン殺害を自白したって?」

 

第15話感想

エンディングのチャン刑事に入ってきた連絡で、「自白した」人物とは、いったい誰でしょうか?  誰か全く想像がつきません。

整理する意味で、怪しい人物を挙げていきます。
① カン・ヨジュ。夫の不倫相手として、殺害の動機は十分にあります。しかし、あまりにもストレートすぎて、話としては面白くないので、可能性うす。
② ハン・ウソン。客観的には絶対に殺しそうにはありませんが、そういう人が犯人だと面白いなという主観的理由だけ。不倫していることを妻にバラされそうになり、感情的になって…、のシーンが見えないこともないため。
③ ユン・ヒョンスク。ヨジュの養母。スジョンの芸能事務所代表。次期大統領候補者パク・ジェグンの妻。ヨジュの推理によると、この線が一番有力。ヨジュの実母をマンションの窓から突き落として、自殺に見せかけたのが養母らしいので、もうそういうキャラクターになっている。
④ マ・ドンギュン課長。NISの任務遂行の一部。チャン刑事がマ課長の車のトランクに、拘束されたスジョンを発見したこともあり、何らかの上からの命令でスジョンを誘拐&殺害…、という線はあり得る。その同じ線内で、墓地で管理人に目撃されたNIS秘密要員の男も。
⑤ パク・ジェグン。次期大統領候補者。ヨジュの養父。これがこのドラマ一番の悪の黒幕のようです。
さらに、補欠でヨジュの家政婦。凶器らしい包丁のありかを知っているということで。それでも殺人するのには、弱い線です。

ウソンの誕生日に、ミレが送ったご馳走が美味しそうでした。「8ドルでなんで、こんなご馳走が…?」と疑いつつも、パクパク食べていましたが、実態を知ると、喉が詰まる…。

ヨジュの実母役で、『教えて! イルスン』の怪しい食品会社社長スラン役のユン・ユソンが特別出演しています。

 

第16話 (最終回) 視聴率3.3% 4.0%

えぱたさん

第16話 (最終回) あらすじ

チャン刑事に入ってきた連絡の、ペク・スジョン殺害を「自白した」人物は、ヨジュの家政婦だった。これに先立って、ヨジュはスジョンのマンションのCCTV映像により、家政婦が事件直後、マンションから走って出て来るのを見ていた。

あの日…。(回想) マンションのドアが半開きになっていたので、入っていった家政婦は、スジョンの遺体を見る。ヨジュの香水ボトルがあったのを見て、ヨジュの犯行と思い込み、凶器の包丁を取って逃げた。いったんヨジュの家の地下室の冷蔵庫に包丁を隠すが、その時に床に血痕がつく。その後で、自宅に隠したのだった。

ヨジュは新刊を完成させ、マ課長 (オ・ミンソク) が偽装する出版社へ原稿を持って行く。マ課長はパク・ジェグンにそれを渡すが、例の「秘密の祈祷室」に関する記述はなかった。その頃、ヨジュの『浮気したら死ぬ』の新刊が発売されたとニュースが出て、ジェグンは悔しがる。ヨジュはマ課長の偽装を見抜いていて、渡した原稿は、スホ (キム・ヨンデ) が書いたものだった。

ヨジュが「私は犯人じゃない」と言い、家政婦は凶器のありかを自白する。凶器から発見された指紋は、ユン・ヒョンスクのものと分かり、逮捕される。現場の血痕などを処理し、一度は墓地に埋めた遺体を移動したのは、マ課長だった。セクハラ資金集めに関与していた容疑で、民進党パク・ジェグン次期大統領候補も拘束され、「秘密の祈祷室」での疑惑も発覚する。ミレ (元MOMOLAND ヨヌ) の夫も、麻薬容疑で逮捕され、ミレはウソン (コ・ジュン) に離婚訴訟の弁護を依頼する。

ウソンはチンピラに拉致されるが、ヨジュの依頼でスホが救出する。それを知らずに、ヨジュに殺されると恐れたウソンは、興信所へヨジュの殺害を依頼するが、興信所所長はヨジュの知り合いで、「気をつけろ」と電話してくる。

花束を持って帰宅するウソンは、ヨジュの書斎のコピー機から、自分が結婚前に書いた念書「浮気したら死ぬ」があふれ出てくるのを見る。

 

第16話 (最終回) 感想

ヨジュはウソンを本当に刺したのでしょうか? 似たようなシーンがあり、以前は冗談で、おもちゃの刀でしたが、今度は本物?

ウソンの浮気がバレて、ヨジュがウソン名義で、多額の生命保険をかけたという知らせを受けた後、壊れかけの看板が落ちてきたり、チンピラに誘拐されたり、ヨジュが自分を殺そうとしていると思い込み、ウソンは例の興信所にヨジュ殺害を依頼したそうです。チンピラはミレの相手 (なんと既婚者だったとは) が離婚申請してきたミレへの怒りで、ミレが好意を持つウソンに恨みで送られてきたので、ヨジュとは関係がなかったのに。

ペク・スジョン殺害の真犯人は、ヨジュの推理の通り、養母のユン・ヒョンスクでした。マ課長と部下の秘密要員かなと思っていましたが、今回はオ・ミンソクのキャラクターは、NISの指令の下にあっても、義理人情に堅い人物として描かれました。

本当の黒幕のヨジュの養父で、次期大統領候補者のパク・ジェグンも捕まり、悪が皆、成敗された形となりました。韓国ドラマあるあるで、登場人物たちが善か悪かでハッキリ分かれるのが、現実はそうも行かないんだけどと不満もありますが。

家政婦が何者かに「お金を送る」と言っていた相手は誰だったのか? スジョンのマネージャーが墓地で見た女性が「ヨジュだった」と言っていましたが、ヨジュは遺体遺棄の現場にいたのか、いたなら、何らかの罪に問われないのかなと思いました。

スホ役キム・ヨンデが、チンピラに拉致されたウソンを救出するために、最後も活躍シーンがあり、集合写真でチョ・ヨジョンとソン・オクスク (家政婦役) の間の真ん中に写っていて、可愛がられ上手です。こういうベテランの俳優陣の中に、自然と入っていけるようなら、さらに演技も上達するでしょう。キャストが充実した、見応えのあるドラマでした。

 

浮気したら死ぬ キャスト・相関図 視聴率 あらすじ



【放送情報】



【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【ミリオネア邸宅殺人事件】

●BS-TBS 全10話(2022/12/12-23)月~金曜日7時から 字幕

ミリオネア邸宅殺人事件 キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【王になった男】

●BS-TBS 全24話(2022/12/13から)月~木曜日12:59から 字幕 

王になった男(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


【九尾狐伝 (クミホ伝)】

●BS日テレ 全24話(2022/12/15から)月~金曜日16時から 字幕

九尾狐伝 (クミホ伝)全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP