浪漫ドクターキム・サブ2 全話あらすじと感想 キャスト・視聴率 


【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

放送予定

●【日本放送】未定

【韓国放送期間】2020年1月6日毎週月 、 火 、21:40〜23:00

シーズン1の情報はこちら

浪漫ドクターキム・サブ キャストと相関図 全話感想 視聴率 あらすじ

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

浪漫ドクターキム・サブ2

낭만닥터_김사부2

2020年放送 SBS 全16話

視聴率

平均視聴率 % 시청률 最低視聴率第回% 最高視聴率第回%

あらすじ

地方のみすぼらしいトルダム病院を舞台に繰り広げられる“本当のドクター”の話で、人生全体について考え直す“努力型勉強天才”と、幸せを信じないシニカルな“生まれながらの手術天才”である外科のフェロー2年目たちが、一時“神の手”と呼ばれた“一風変わった天才医者”キム・サブに出会って人生の“本当の浪漫”を学んでいく内容を描く。

キャスト

主要人物

ハン・ソッキュ  :キム・サブ 国内唯一のトリプルボード外科 かつて神の手と呼ばれた者。かつて巨大病院のシニア外科医に有名だったが、 突然、業界を去った後、今では田舎のトルダム病院というところで 外科課長をしている。

アン・ヒョソプ ソ・ウジン 何事にもシニカルで無表情な“生計型外科医”外科フェロー2年目

イ・ソンギョン パク・ウンタク役 努力型の天才で胸部外科フェロー2年目 勉強が趣味、1等が個人寄稿、家族が得意な彼女。

キム・ジュホン パク・ミングク キム・サブと対立する外科専門医 自らの自信と誇りが巨大な人。優れた手術実力と周辺の人々をよく世話人望まで備えた。

 

トルダム病院の人々

シン・ドンウク  バエ・ムンジョン OS(整形外科)専門。別名ピョセム。 骨オタク。  頭蓋骨からつま先の骨まで、人の体の中にある総206個のすべての骨を 完全に穴に通している。

 

ソ・ジュヨン ユン・アルム 救急医学科専攻医4年目 応急医学ボード試験を目前にした専攻の4年目。

 

ユン・ナム ジョン・インス EM(応急医学)の専門の 巨大病院から一緒にきた。 石垣病院の緊急治療室を固く守っている。  キム・サブと合計を合わせてすでに3年目。

 

キム・ホンパ ヨウヨウン 内科課長兼小児科、家庭医学科を担当している1人3役医師。ゆったり心落ち着いた院長。

 

チン・ギョン ○○役 -看護部長 根気あり、義理もうえに、看護師としての使命感も強い。

 

イム・ウォニ ジャンギテ役 トルダム病院の行政室長。

 

ビョン・ウミン  :ナム・ドイル役-フリーランス麻酔科担当の、レストランの主人。人よく、心暖かく、虚々実々するキャラクター。ハーモニカ演奏が好きで食べ物作るのが好き 。全財産をはたいて食堂まで開業したが、料理の腕は良くない。

 

キム・ミンジェ パク・ウンタク役 看護師 責任感と正義感が強く、熱い心まで備えている。事故でけがを精選の小さな病院に入院したとき、そこギキム・サブに会った。

 

巨大病院のスタッフ

コ・サングホウ :ヤン・ホジュン役-巨大病院外科 パク・ミングクのアシストでずっとパク・ミングクのそばを守っているが医師としての実力が明らかに出るのか、いつも不安である。

 

パク・ヒョジュ シム・ヘジン役 巨大病院麻酔科専門医 権威的で防御的なマインドを持つ。

 

ぺ・ミョンジン  :ホ・ヨンギュ役 外科PA

 

チェ・ジンホ ド・ユンワン役 巨大財団理事長。 医師としての実力は優れないが、  出世のための政治力には他の追随を許さない。

 

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

スタッフ /監督:ユ・インシク 脚本:カン・ウンギョン

●以下感想ネタバレ有。

【PR】
見たい韓国ドラマがなかなか放送されない! そんなときはU-NEXTの韓国ドラマ一覧を覗いてみよう!配信開始しているかも?

U-NEXT 韓流ドラマ 全作品一覧(見放題・ポイント)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


話数ごとのあらすじと感想

quetalsurinoさん

準備中

浪漫ドクターキム・サブ2 1話・2話 あらすじと感想
浪漫ドクターキム・サブ2 3話・4話 あらすじと感想
浪漫ドクターキム・サブ2 5話・6話 あらすじと感想
浪漫ドクターキム・サブ2 7話・8話 あらすじと感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー