法に則って愛せ 1話・2話 あらすじと感想

法に則って愛せ



法に則って愛せ 법대로 사랑하라 The Law Cafe 2022年放送 KBS 2TV 月火 全16話

daisySSさん

第1話視聴率7.1%

第1話あらすじ

ヒョウ柄のブラウスの派手は姿で、法廷にたった弁護士のキム・ユリ(イ・セヨン)。雰囲気を圧倒させるほどの弁論を続けますが、事務長はそんな彼女を不安そうに見つめ、裁判が終わると、「裁判官の話しは最後まで聞いてください」とアドバイスするもキム・ユリは、否定的な反応を見せる。

大手弁護士事務所で「公益」、つまり社会の弱者たちの事件ばかり担当し、「公益専門」と内部で称されているキム・ユリ。

キム・ユリ(イ・セヨン)は裁判から戻ってオフィスに入ると、弁護士事務所の代表を始め、彼女の退社を祝うサプライズパーティーを目にすると、複雑な心境になります。その後、ファン代表(キム・ウォンヘ)に連れられて行かれ政治家を紹介されたキム・ユリは、「今後何をする予定ですか?」と質問されると、「カフェ」を始める予定ですと語り、二人を驚かせます。

弁護士事務所を辞めて本格的にカフェを始める予定のキム・ユリは、閑静な住宅街に位置するビルの1階を不動産仲介業者から紹介されて、訪れます。奇妙な雰囲気をかもしだす雰囲気の物件、、、「リフォームをした物件です」と説明。

占いのカフェだった物件と説明されると、即答で契約をしたいと申し出るキム・ユリ。契約金の一部を支払い、仮契約を済ませ、、、本契約のために建物のオーナーと顔合わせをした時、お互いの顔を確認すると驚くキム・ユリとキム・ジョンホ(イ・スンギ)。

建物のオーナーのキム・ジョンホは、キム・ユリに1階のテナントを貸さないと契約の無効を言い渡します。契約を拒否されたキム・ユリは、法律上の仮契約を説明すると、契約を結ばないと一方的に言い渡す権利はないと主張。

キム・ユリの発言に、法律を口にあげて、契約金の二倍を支払うことで、契約を拒否することができると言い出して、対立的な態度を見せます。キム・ユリとキム・ジョンホは、幼い頃からの友人。高校の頃は、いつも一緒で、大学生になってからは、恋人関係へと発展します。

突然、別れを告げられて以来、連絡が取れなくなっていたキム・ジョンホとの偶然の再会で、キム・ユリは、理由も言われることなく別れを告げられたことが気になる。一方、適切な理由もなく、1階のテナントを貸さないという強引なキム・ジョンホに真っ向から立ち向かうキム・ユリ。

何があっても1階を絶対に借りて法律相談ができる「ローカフェ(Law Café)」を開店すると、契約違反であることを訴える内容証明まで、キム・ジョンホに送り、引き下がらない姿勢を見せます。

退社後も続いている裁判のため、最後の裁判の日、意図的にキム・ジョンホの部屋に落としてきた書類を届けて欲しいとお願いしたキム・ユリは、「お願いだから最後まで裁判を聞いて!」とお願いし、キム・ジョンホは彼女が担当する事件を傍聴することになります。

キム・ユリに1階を貸すことをためらっていたキム・ジョンホは、1階を彼女に貸す際、守るべきルールを詳細に準備して、「このすべてを守るなら、契約は結ぶ」と伝える。内容を確認していたキム・ユリは「こんなのあり得ない!!」と激怒。

一人になったキム・ジョンホは、「なぜここまでするのか、疑問ですか?それは、、、彼女が好きだからです」とかたり。。。

第1話感想

明るい!愉快!!

「花遊記(ファユギ)」以来4年ぶりの共演となる作品が、2022年放送となった「法に則って愛せよ」です。原作は、同名のウェブ小説ということで、ドラマで最も重要なプロットに関しては、抜けのないストーリーラインを描くと期待される作品。

天才子役から国民的美人女優へと成長したイ・セヨン。今では「ロコクイーン」と呼ばれ、ロマンスドラマのヒロインとして出演するどの作品も大ヒットを続ける中、イ・スンギとの共演、、、二人の相性が気になる。。。

第1話を視聴した感想は、イ・スンギとイ・セヨンのケミストリー(相性)がよくて、期待して以上に二人の息がピッタリで、間違いなく面白い!と断言できるスタートでした。

キム・ジョンホ(イ・スンギ)とキム・ユリ(イ・セヨン)は、それぞれインタビュー形式でそれぞれの観点からストーリーを紹介するように描かれた第一話でした。「キム・ユリが好きだから、1階を貸せない」と語るキム・ジョンホの言葉に、二人の間に何があったのか、疑問を抱くエンディング!

キム・ジョンホがキム・ユリに突然別れを告げた理由も気になりますが、別れた後も、彼女に気持ちを寄せながらも距離を保とうとする理由も気になりますね。

キム・ユリが後先考えない突進型で正義感が強い弁護士になった理由は、彼女の父が火災事故で死亡したからでした。監督の立場にあった父の死後に行われた裁判では、従業員の証言でアルコール好きの管理者へとイメージを作り上げらました。裁判の結果、過失として判決が出され、父の勤務姿勢に問題があったようにされたことから、「ローカフェ(Law Café)」を始めたいと望むキム・ユリ。

果たして、彼女はキム・ジョンホの余裕する建物の1階で弁護士事務所兼カフェを経営することができるのか、第2話が楽しみです。

第2話視聴率6.6%

第2話あらすじ

高校生の時から17年間、キム・ユリ(イ・セヨン)への恋心は続いていたことから、彼女を避けて接点を作らないように頑張ってきたキム・ジョンホ(イ・スンギ)の前に、キム・ユリが現れたことで、平和だったキム・ジョンホの生活が乱されることになる。。。

キム・ジョンホが保有する建物の1階でカフェを開業することになったキム・ユリは、バリスターのソ・ウンガン(アン・ドング)とアルバイトのぺ・ジュン(キム・ドフン)と共にオープンの準備を進めます。一方、契約した時のルールに基づき、「ローカフェ(Law Café)」の人事まで口出しする権利があると主張するキム・ジョンホの態度に、怒りを爆発させるユリ。

同じ建物で開業しているパク・ウジン(キム・ナムヒ)は、美貌の持ち主キム・ユリに一目惚れした状況。キム・ユリは度々上から聞こえてくる物音をキム・ジョンホに報告。その夜、ハンマーを持った男がカフェに現れ、驚いたキム・ユリがあげた悲鳴を聞いて現れたキム・ジョンホ。ハンマーを持った男は法律相談をするために現れた依頼人のお客。

上の階に住む住民のせいで、騒音で苦しんでいることをキム・ユリに相談した依頼人。騒音の被害で日常生活が送れないほど荒れた男性。依頼人の男性の状態を確認したキム・ジョンホは、「何もするな」とユリにアドバイス。

パク・ウジン(キム・ナムヒ)がキム・ユリに興味を持っていることに気づいたキム・ジョンホは、「彼女に手を出すな」と強い姿勢。理由を明確に説明キム・ジョンホ、、パク・ウジンとは従兄弟でした。

一方、騒音で苦しむ依頼人が気になるキム・ユリは、カフェを訪れた女性たちの会話を耳にすると、依頼人だけではなく、そのマンションに住む住民たちが全員、騒音の被害にあっていることを知ります。

パク・ウジンと共に依頼人の住むマンションを訪ねたキム・ユリ、、、二人を意識したキム・ジョンホまで加わりマンションの中を確認する。

色々と情報を入手したキム・ユリは、依頼人に彼が住むマンションの上には住民が住んでいないことを伝えます。彼が苦しんでいた騒音は、上の階から聞こえてくるものではなく、欠陥があるマンションだと結論付けると、建設会社のドハン建設を相手に訴訟を始めるべきだと、依頼人を説得します。

彼女から建設株式会社を相手に裁判を始めるよう告げられた依頼人。。。しばらくしてパク・ウジンから連絡を受けたキム・ジョンホ。依頼人の男性がマンションの屋上にいると知らせてきたと伝えるパク・ウジンの言葉に、驚きながらキム・ユリとコンタクトを取る。

キム・ユリが依頼人に告げた内容を詳細に聞いたキム・ジョンホは、マンションの屋上に到着すると、彼を落ち着かせるのではなく、刺激する。キム・ジョンホの言葉に耳を向けた依頼人。。。その理由は、依頼人が毎日騒音に苦しむ度にメモっていたカレンダーを、彼のマンションを訪れた時確認していたから。。。一度目を通したものは、丸暗記できるほどの天才だったキム・ジョンホ。

キム・ジョンホの「一緒にたたかいましょう」の言葉に、飛び降りることを辞めて彼に手を握る依頼人。依頼人を説得したキム・ジョンホの姿を目撃したキム・ユリは、「なぜか、私の胸がドキドキする」と告げる。

第2話感想

キム・ユリがスターとさせた「ローカフェ(Law Café)」の最初の依頼人の話!

騒音が原因で暴力・殺人事件が起きて、社会問題となっています。この依頼人の裁判をキム・ユリがどのように起こしていくのか、第3話で紹介されるのでしょうか。欠陥マンションを建設したのは、ドハン建設でした。ドハン建設は、キム・ユリの父と関係がある建設会社。

依頼人が住むマンションの建設したのが、ドハン建設だと知ったキム・ジョンホが敏感に反応する理由は、過去の事件と関係があるだけではなく、彼が検察をやめた理由もこのドハン建設と関係があったからでした。

今話、キム・ユリの父の事件を担当した検事がキム・ジョンホの父だったことが分かり、お酒を口にすることのなかった父の過失として事件が結論付けられたことに不満を見せる過去の、キム・ユリの姿が描かれました。

その後、検事になったキム・ジョンホは、過去キム・ユリの父の事件で父が手を抜いたことを知り、結局は検事を辞めることになりました。検事を辞める前、再びドハン建設に関する事件が浮上したことを知ったキム・ジョンホ。キム・ジョンホと彼の父の会話から、ドハン建設とは親戚関係にあるようです。

一方、ドハン建設の代表イ・ピョンウン(チョ・ハンチョル)は、人気のウェブ小説の件で弁護士事務所のファン代表(キム・ウォンヘ)を呼ぶと、小説に登場する内容が、自分を主人公にした作品のようだと相談。

家族しか知らない秘密が暴かれていることから、内部告発者がウェブ小説を書いていると、作者に関して調べるよう命じます。この小説を書いているのが、キム・ジョンホだったという、驚きの展開!




【放送情報】


【ポッサム-運命を盗む】

●BS-TBS 全28話(2023/1/26から)月~木曜日12:59から 字幕

ポッサム-運命を盗む (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 (外部リンク・姉妹サイト)


【誰も知らない】

● BS12 トゥエルビ 全16話(2023/1/26から)月~金曜日深夜27:30から 字幕

誰も知らない(韓国ドラマ)全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率


【ペントハウス】

●BS日テレ 全28話(2023/1/31-3/9)日テレ月~金曜日11:30から 字幕 ※シーズン2・シーズン3も放送決定!

ペントハウス (韓国ドラマ) キャスト・相関図 全話感想とあらすじ 視聴率


【悲しくて、愛】

●サンテレビ 全22話(2023/1/31から)毎週 月-金曜日 11:00~ 放送

悲しくて、愛 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率


【風と雲と雨】

●テレビ大阪 (2023/2/2) (木) 月~金曜日 9:30~

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト) 


【オクニョ運命の女】

●BS日テレ 全51話(2023/2/3から)月~金曜日13時から 字幕

オクニョ運命の女 全話感想とあらすじ 視聴率 キャスト・相関図


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2023年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP