油っぽいメロ 9話・10話と11話・12話 あらすじと感想 チョン・リョウォン :セウ役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

油っぽいメロ  기름진 멜로 全38回 (19話) (1回・2回が1話分です)(35分×2)

第9話視聴率5.2% 第10話視聴率5.8% (※第5話)

第9話・第10話 あらすじ

プンに招待されて、最初の客になるべく腹ペコフライパンにやって来たセウは、そこでチルソンに社長にはならないとはっきり伝える。その後、メンダルたちの作戦で2人きりになったセウとチルソン。セウはそこで自分のことは諦めてほしいとチルソンに改めて告げる。一方、家でレシピノートを捜していたプンは、1枚の超音波写真を見つけショックを受け、ダリに会うためジャイアントホテルへ向かうが…

https://knda.tv/kntv/

quetalsurinoさん

第9話・第10話 感想

チルソンの片想いは進行中。彼の気持ちを知りながらも期待を持たせるようなセウのちょっとした態度にガッカリ。セウと食事ができると期待してオシャレして待っていたチルソンに、冷たく片想いはやめるべきと話すセウ。不思議な魅力の持ち主のヒロイン役ですが、チルソンがかわいそうになりました。恋に落ちたおじさんチルソンには、セウのすべてが可愛く見えているのでしょうね。

ツンデレなプンは、セウの料理への情熱に気づいたのか微笑みを見せる!もしかしてプンが恋に落ちた瞬間?前の恋にいまだ未練が残っているはずなのに、こんなに早くも恋しちゃうの、と想像が膨れ上がりました。

今話では、終わった恋を忘れることができないプンとセウの様子が描かれ、セウは結婚式に現れなかった彼に別の女性がいた事を知り傷つき、プンはソク・ダルヒが妊娠していたことを知り深く傷つきます。でも過去の恋から新しい恋へと進むことができるきっかけになりそうですね。

荒れたプンを慰めようとしたセウの大胆な発言から、プンは突然セウにキスします。意外な展開の最後のエピソード。「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」のような展開?を狙っているのでしょうかね。

イ・ミスクが演じるチン・ジョンへもプンのレストランで働くことになります。チン・ジョンへは何者なのでしょう。

プリプリのエビシュウマイが登場しました。ちなみに、セウって韓国語でエビって意味です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第11話視聴率4.9% 第12話視聴率5.8% (※第6話)

第11話・第12話 あらすじ

結局、互いのパートナーに未練があり、プンとセウは何もせず別れることになる。家に帰ったセウはオジクの両親から離婚するよう言い渡される。拒むセウだが、オジクが慰謝料としてセウに家を渡すと言っているという義父の言葉にショックを受け、離婚届に印を押して家を出る。ヨン社長のボディーガードたちに殴られ負傷し、右手が使えなくなったプン。しかし、突然の雨で腹ペコフライパンは満席になり…

https://knda.tv/kntv/

quetalsurinoさん

第11話・第12話 感想

ソ・プンがチルソンの部下たちを首にしたことで対立していたチルソンとソ・プン。その腹いせにチルソンはセルにお店の社長を任せようとしますが、断ったセウ。でもプンにアシスタントとして使って欲しいとお願いするも、断るプン。

プンのレストランで働くことになったセウの母、チン・ジョンへと、チェ・ソルチャとイム・ゴクチョンは関係を秘密にして働くことを決めます。家政婦と運転手として働いていた二人。この店で働くことになったのは偶然なのでしょうかね。セウの結婚式に新郎が現れなかったことを知り、チルソンはセウへの片想いを諦めないようです。

前話、ソク・ダルヒと付き合っているヨン・スンリョンのボディガードから受けた暴力で手を怪我したプンは、ダルヒにアシスタントをお願いすることになり、中華鍋を扱ったことのないセウは思うように料理を作れず、セウのミスでプンに服に火が移り危険な状況に。。。 プンの服に着いた火を消すためとっさに抱きつきますが、そんなセウにプンはドキドキ!

セウは自分のせいで火傷をしたプンを心配し、そんな彼女にプンはひかれていきます。

チョン・リョウォン 정려원
出典:http://programs.sbs.co.kr/
生年月日 1981年1月21日。2000年に韓国の女性4人組ダンスアイドルユニットシャクラのメンバーとしてデビューし、2003年まで同グループに在籍。脱退後は女優
主な出演作品
私の名前はキム・サムスン(2005年MBC)ヒジン役
幻の王女チャミョンゴ(2009年 SBS)主演:プック/チャミョン役
メディカルトップチーム(2013年 MBC)主演:ソ・ジュヨン役
風船ガム(2017/KBS) キム・ヘンア  リファンの幼なじみ、ラジオ局PD
魔女の法廷(2015/tvN) マ・イドゥム 女性児童犯罪専担部検事

 

油っぽいメロ 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想

油っぽいメロ 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿