油っぽいメロ 37話・38話(最終回)あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

油っぽいメロ  기름진 멜로 全38回 (19話) (1回・2回が1話分です)(35分×2)

当初、全40回の放送予定だったが、2回縮小され、全38回となった。(放送期間中には北米サミットやFIFAワールドカップ放送の為、休止あり)

第37話視聴率5.6% 第38話(最終回)視聴率7.0%

第37話・第38話(最終回) あらすじ

セウに別れを告げられたプン。しかし、去っていくセウを追いかけることができない。その一方で、セウは自分から別れを告げたものの仕事は続けるとジョンヘに宣言をする。ジャイアントホテルの競売の日、チルソンは想像以上に人が多く金額も上がっていると聞き、自分たちの現状では落札は難しいと思い始める。その時、セウの父親タン・スンギが、娘の借金を返すと言い入札封筒を差し出す。果たしてチルソンは落札できるのか…

https://knda.tv/kntv/program/synopsis/kn180714/

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさん

第37話・第38話(最終回) 感想

5年間だけホテルレストランで働くと話すプンは、レストランのスタッフと和解します。母が認めない男性と付き合うことはできないと、セウに振られたプン。酔っぱらった勢いでセウの実家に押し入りました。ハラハラしたけど、酔っぱらったプンってカワイイ。チン・ジョンヘに認められるために、努力するプン。

チルソンはジャイアントホテルの落札に成功し、ホテルの代表になります。プンが率いるホテルレストランでは誰もが気楽に楽しめる中華料理を提供し、セウはレストランでの仕事を始めます。プンとセウのロマンスは、ハッピーエンド。フォーチュンクッキーの中に入っていた「今あなたの前にあるのが、真の愛」と書かれたメッセージをセウに渡し、セウにプロポーズするプン。

プンのプロポーズを最後にドラマは終わりました。ジュノが演じるぶれないソ・プンのキャラクターにドキドキさせられたドラマでした。相手役のセウは、正直最後まで好みのヒロイン役でなかったのは残念ですが、ドラマの後半から最終話まで楽しめたドラマでした。

「Beast」のユン・ドゥジュンが出演する「ゴハン行こうよ」のシーズン3も始まり、ハ・ソクジンが2016年に出演した「一人酒男女」など、料理+ドラマって楽しめる要素が多くて、今の韓国のトレンドが分かるので観ていて楽しいと思いました。

【豆知識】撮影現場:清州(チョンジュ)

油っぽいメロ 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー