油っぽいメロ 17話・18話と19話・20話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

油っぽいメロ  기름진 멜로 全38回 (19話) (1回・2回が1話分です)(35分×2)

第17話視聴率6.0% 第18話視聴率6.5% (第9話)

第17話・第18話 あらすじ

プンは少しずつセウに気持ちが傾きながらも、セウが離婚したことを知らないため積極的になれない。更に、メンダルの話からチルソンがセウを好きだと知り複雑な気持ちになる。そんな中、ジャイアントホテルが自分のメニューと名前まで同じ“余すところなくエビコース”を始めると知る。自分のレシピノートがホテル側にあると確信するものの、取り返す手段がない。

quetalsurinoさん

第17話・第18話 感想

プンはセウとの関係を中華鍋とお玉の関係と比較し、セウは二人の関係を具体的に知りたがる中、素直に気持ちを伝えられないプン。プンの元上司のワンシェフがレシピ―ブックのコピーを持っていることを知りますが、結局はレシピ―ブックを取り戻すことができず。。。でも、チルソンがレシピ―ブックを取り戻したことで、プンとチルソンの友情が更に深まります。

丸ごとエピを使った特別メニューを始めることになったプンのレストラン。しかし、ライバルのジャイアントホテルの中華レストランでも同じようなメニューをはじめ、プンは逃げることなく同じメニューで勝負する決意を固めます。

料理中、離婚したことを突然告げるセウ。しかし、チルソンがセウに想いを寄せていることに気づいたプンは、セウに告白した後、衝撃的ことを伝えます。セウとのロマンスよりもチルソンとの友情を大切にしたいと。本格的なロマンスが始まるかと思いきや、この展開ってどのように理解すべきでしょう。チルソンはセウへの気持ちを諦めず、もしかしてチルソンとセウとのロマンスの可能性を残すような展開になるのでしょうか。

厨房ロマンスドラマにしては、料理もロマンスもちょっと中途半端な感じ。。。ちょっと残念。。。でも何か逆転があるか、本格的に進む前の一休みととらえ、次の話に期待を寄せます。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第19話視聴率5.7% 第20話視聴率6.4% (※第10話)

第19話・第20話 あらすじ

セウに告白するもチルソンのことを考え、自分のことを好きになるなと先手を打ったプン。しかし、2人はますます互いを意識し、気まずい日々を送ることになる。謎の老婆からプンとセウは独身なのかと聞かれたチルソンは、2人に事実を確かめる一方で、2人の微妙な関係に気付く。自分たちのエビコースが実はプンの考えたレシピだと知った画竜点睛のワンは、新しくエビコースを考え、ソルジャを引き抜こうとアプローチするが…

quetalsurinoさん

第19話・第20話 感想

これ以上好きにならないで欲しいとのプンの突然の発言に、セウは傷つき混乱します。傷つきながらもプンのことを思う受けベルセルの姿は切ない。でもセウが心配になり彼女の後を追いかけるプンの本当の気持ちはセウが好きなのでしょうね。イ・ミスクが一人二役で登場する老婆がこれまで何度も登場していますが、いまだ正体は不明。泣くセウをプンが追いかけたとチルソンに伝えたのもこのイ・ミスクが演じる老婆でした。チルソンもセウへのプンの気持ちに気づくことになるのでしょう。

 

プンのレシピ―を使って同じメニューを提供することになったジャイタントホテルとの対決となる「タスセウ」フェスティバルが始まることになり、厨房ではその準備のためプンとセウが一生懸命に調理に励みます。プンに冷たくされても負けずストレートに気持ちを表現するセウ。そんなセウにプンは明るい笑顔を見せます。チルソンの片想いは冷たく断ったセウでしたが、プンには気持ちをアピールするようなシーンが登場し、チルソンは片想いが許されないけど、セウには許されるの???と疑問を。珍しくヒロインが好きになれないドラマに出会ったような気がして残念でした。

一方、プンが離婚したこと、セウも離婚したことを確認したチルソンは意味深な表情を見せ、二人の関係に気づいたってことなのか、二人を応援することにしたのか、全くチルソンの気持ちが分からないです。20年前、恋人だったチェ・ソルチャのお金を盗み逃げたジャイアントホテルの中華レストランシェフ、ワン・チュンスはチェ・ソルチャをスカウトするためコンタクトを取りますが、彼女の選択は?

プンとセウの気持ちに気づいたチルソン。今後、チルソンとプンの関係に変化が起きるのでしょうか。

 

油っぽいメロ 21話・22話と23話・24話 あらすじと感想

 

油っぽいメロ 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿