油っぽいメロ 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

油っぽいメロ  기름진 멜로 全40回 (20話) (1回・2回が1話分です)(35分×2)

第13話視聴率4.8% 第14話視聴率5.5%

第13話・第14話 あらすじ

後日掲載

quetalsurinoさん

第13話・第14話 感想

片手が使えないプンは、セウと二人三脚で料理を作ることになります。明るいセルにプンの気持ちは揺れますが、夫にまだ恋していると思うプンは、揺れる気持ちを隠し、わざと冷たく接する。でもセルが体調を崩すと誰よりも心配する姿。プンのセウへの気持ちにセウの母は気づいたのか、微妙な表情を見せます。

「目の前にいる相手が、真実の恋」と書かれたフォーチュンクッキーのメッセージを大切に持っているプン。気になっていたプンとチルソンの関係もよくなり、チルソンへのプンの接し方に変化がありました。チルソンに復讐するためヨン・スンリョンが送ったリュ・スンス。帳簿を取り返すとチルソンと現れましたが、どんな帳簿だからチルソンを刺してまで奪おうとしたのか、気になります。

セウの結婚式で何があったのか知ったチルソンは、セウへの気持ちに整理をつけたと嘘をつき、心配ごとがあれば何でも相談に乗ると話し。。。チルソンの心遣いにチルソンがカッコよく見えました。最後のエピソードで刺されたチルソンと共に冷蔵庫に逃げ込んだセウ。そこで、血を流しながらセウにキスするチルソン。

予想していた展開とは違い、プンとチルソンの微笑ましいブロマンスが描かれ、プンとのキスに続きチルソンとキスすることになったセウ。今後セウをめぐってプンとチルソンは対立することになるのでしょうか。舞台となる中華レストランで働くメンバーもそろい、本格的な厨房ロマンスが描かれることになるのでしょうね。

「脂っぽいメ」とのタイトルとは違い、全然脂っぽくない。面白い展開になってきました!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第15話視聴率4.5% 第16話視聴率5.2%

第15話・第16話 あらすじ

後日掲載

quetalsurinoさん

第15話・第16話 感想

本格的なロマンスの始まり?

セウへの気持ちを伝えることはないプンですが、はめていた結婚指輪を外しました。冷蔵庫の中でチルソンにキスされたセウは気持ち面で迷い始めました。チルソンが嫌いじゃないけど、彼女が気になるのはプンだと、正直に話すところがセウらしい。

体調不良のセウは冷蔵庫に長くいたため、低体温症で倒れ、チルソンは緊急手術を受け命の危険はない状態なので、安心しました。セウの体温を正常に戻すためプンが取った行動は、冷え切った彼女を抱きしめて温めること。ツンデレな姿を見せてきただけに、プン言動に何度もドキドキする話でした。

10年間書き溜めたレシピ―ブックをプンは失くした状態で、レストランの売り上げのために、新メニューを準備するプン。すべてエビが入った料理は本当に美味しそうでした。特別なメニューの一つはタスセウ(エビ)。エビを丸ごと使ったメニューで、まさにセウ(エビ)を満喫できる料理。プンのセウへの気持ちの現れなのでしょうかね。意外にキュートな一面があるプンでした。

簡単な料理のレシピ―が登場することから、2016年に韓国で放送された「猫年調理師」を思い出しました。ベトナムでレストランを経営する韓国人シェフの話で、レシピ―や料理が紹介された少し変わった感じのドラマでした。少し雰囲気は違いますが、厨房ロマンス+レシピ―ロマンスってやはり新鮮!

腕を怪我したプンはお玉を片手に、プンのアシスタントとして中華鍋を振るのはセウ。切り離して考えることができない、中華鍋とお玉の関係のように、プンとセウもお互いの傷をいやし、なくてはならない関係へと発展することを期待します。

油っぽいメロ 17話・18話と19話・20話 あらすじと感想

油っぽいメロ 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー