Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

気分の良い日〜みんなラブラブ愛してる! 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●BS朝日 全44話(2019/6/19から)月~金曜日8:30から 字幕
●日テレプラス(2017/6から)再放送 字幕
●日テレプラス(2017/4/13から)月~金曜日17:30から 字幕

気分の良い日〜みんなラブラブ愛してる! 기분좋은날 全44話
2014年放送 
平均視聴率 6.5% SBS
 2016y04m11d_203726672
気分の良い日 公式サイト SBS (韓国)
あらすじ

女手1人でたくましく3人の娘を育てた母親が立派な婿候補に娘を嫁に出すために孤軍奮闘する物語!3人の娘の恋愛と母親自身のロマンス、そして老夫婦の愛と絆を描いたハートウォーミングなホームドラマ。爽やかな物語。長女ダエ(ファンウ・スレ)はバツイチ子持ちの歯科医(チョン・マンシク)と結婚すると言いだした。そんななか、ソンジョン(キム・ミスク)は幼なじみのミンシク(カン・ソグ)の家に間借りすることに。一方シネはジェウ(イ・サンウ)が断ったお見合いの席にイヌ(キム・ヒョンギュ)を送り出し、イヌはダジョンをお見合いの女性だと勘違いする…。

BS 朝日 気分の良い日 相関図
キャスト

イ・サンウ ソ・ジェウ(アウトドアブランドマーケティングチーム勤務,餅屋の孫)

ファンウ・スレ チョン・ダエ(長女,ダジョンの姉,薬剤師)

パク・セヨン チョン・ダジョン(次女,中学校栄養士)

コ・ウリ(RAINBOW) ハン・ダイン(三女,ダジョンの妹,大学生)

キム・ミスク ハン・ソンジョン(三姉妹の母,ベストセラー作家)

 

ソン・チャンミン ナムグン・ヨン(ハン・ソンジョン恋人候補,ホテル代表)

チョン・マンシク カン・ヒョンビン(長女の婿候補,バツイチ,個人病院歯科医)

チェ・ブラム キム・チョルス(ジェウの祖父,餅屋主人)

ナ・ムニ イ・スノク(ジェウの祖母)

カン・ソグ ソ・ミンソク(ジェウの父)

イ・ミヨン キム・シネ(ジェウの母,チョルス、イ・スノクの娘)

キム・ヒョンギュ:ソ・イヌ(ジェウの弟,韓国大学病院歯科研修医)

イ・ホンビン(VIXX) ユ・ジホ(三女の壻候補,高校生)

クァク・シヤン チョン・ヒジュ(チョン・インソンの息子,大学生)

カン・ナムギル:チョン・インソン(ハン・ソンジョンの元夫)

チョン・ジェミン:カン・ウンチャン(カン・ヒョンビンの息子、中学生)

スタッフ 演出・ホン・ソンチャン   脚本・・・ムン・ヒジョン
コメントにて随時感想募集中です。


●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
kashinekoさんの感想より

●心暖まる家族の物語

全話観ましたがとても心温まるいい話でした。しかし話が面白くなるまでにかなり時間がかかります。

ナムグン・ヨン代表(ソン・チャンミン)がソンジョン(キム・ミスク)にゾッコンになり、長女のダエ(ファンウ・スレ)とカン・ヒョンビン(チョン・マンシク)が皆から仲を認められてから(それまではかなり長いです)がどんどんおもしろくなります。

そこまでどん底だったソンジョンや娘達が幸せになっていき、家族同士が仲良くなってからですね。生活は決して裕福じゃないけれど、真面目に一生懸命、愛を持って子供を育てたソンジョンと、まっすぐに育った娘達の家族愛が泣けます。そしてお隣のスズメ餅店の社長であるおじいさん、キム・チョルス(チェ・ブラム)とイ・スノク(ナ・ムニ)の発する一言一言の台詞がとても深いんです。「夫婦になったら、よく晴れた日には二人で布団を干し、雨の日には2人で座ってチヂミを焼きながらマッコリで一杯やれ。そんな簡単に思えるようなことも、忙しく暮らしてると忘れてしまう。」などと、日常の何気ない言葉でハッとするよな心温まる深い言葉を言ってくれるんです。ソ・ジェウ役のイ・サンウも好青年役がとても似合います。それまで興味がなかったのですが、今作で好きになりました。

これからの日本での放送用&DVDは44話(60分版)ではなく、45分版になってさらに話数が増えるようですが、おそらく半分以上は我慢してみないといけないと思います。でも是非話が面白くなるまで観てほしいと思います。それぐらいいい話です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー