気が狂いそう、お前のせいで!1話・2話 3話・4話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

気が狂いそう、お前のせいで  미치겠다, 너땜에! 全4話

 

第1話視聴率 2.50% 第2話視聴率 2.20%

quetalsurinoさん

第1話・第2話あらすじ

ハン・ウンソン(イ・ユヨン)は配水管が逆流したことで自宅から避難し、荷物をまとめて学生時代から友人関係にあるキム・レワン(キム・ソノ)の実家に押し寄せます。暗い表情を見せる親友のレワンとは違い、ウンソンは親友同士であることを強調し、まるで自宅で過ごすように気楽な姿で。。。

フランス語同時通訳の仕事をしているウンソンはフリーランスとなって半年、翻訳の仕事のため、苦手なホラー映画を観ることになります。しかし、怖くなったウンソンはレワンを誘い一緒に映画を観ることになりますが、二人の間には微妙な空気が流れます。翌朝、仕事に遅刻しそうになったウンソンは、メイクを途中で諦め片目だけアイラインを引いて出かけようとする時、彼女のために丁寧にアイラインを引いてあげるレワン。そんな彼にときめくウンソン。

8年間続いたウンソンとレワンの友情が微妙になったのか、過って二人が一夜を共に過ごしたから。友人としてしばらく同居することになった二人は、一緒に出掛けることになり、ふとしたことでキスをすることになります。これまでのことを思い浮かべ、レワンは複雑な心境を語り始め、レワンとの関係を壊したくないウンソンは、しばらくギクシャクした様子。そんな時、二人の前に現れたのはレワンの後輩のユン・ヒナム(ソンジュ)。やむを得ずウンソンをヒナムに紹介したレワンは、二人が連絡先を交換する姿に嫉妬します。

レワンが語った複雑な心境の原因は、2カ月前の出来事。5年間付き合った元カレの結婚を聞いたウンソンは酷く荒れ、酔っぱらったウンソンとレワンが一夜と共に過ごし一線を越えてしまったこと。

ぎこちない気持ちから二人は過去のことは忘れ、これまで通りの友達関係に戻ることにします。

第1話・第2話 感想

2時間の短編ドラマですが、まるでオシャレでキレイな映画のような雰囲気!

短編ドラマだからこと感じられる魅力は、無駄のないエピソードの展開と人物中心の描かれ方で、主人公たちの心理面での変化がリアルに描かれた点でした。

フランス語同時通訳の仕事をするウンソンと、画家のレワンですが、登場する主人公の職業や住んでいる家も新鮮です。ウンソンが仕事でフランス語を使うシーンが何度も登場しますが、不思議と違和感もなく自然で、ドラマの雰囲気をアップさせます。

男女間に友情は存在するのかと、いつの時代でも結論を出すことが難しいテーマ。個人的には男女間の友情は存在すると思っていましたが、ドラマで描かれる友情と愛情の間で悩む主人公の姿には共感できる部分もありました。

8年間続いた友情であることを強調するウンソンは、レワンにときめきながらも、一時的な感情から友情を壊したくない気持ちの方が大きいようですが、レワンは彼女への気持ちが友情以上であることに気づいたからのようで、二人の間の気持ちの微妙なすれ違いが描かれ、登場するエピソードもよかったです。

主人公を演じるキム・ソノとイ・ユヨンと、新鮮だけど斬新なキャスティングだったと思います。イ・ユヨンは韓国映画でデビューし、注目を浴びた韓国映画界の新星で、ドラマは2017年に放送された「愛の迷宮~トンネル~」に続き、2作品目となります。

前作では暗い冷たい心理学者を演じましたが、このドラマではキュートで明るく一生懸命なウンソン役を演じ、驚くほど全く違うキャラクターを見事に演じてちょっと驚きました。ソ・ヒョンジンのイメージと重なり、このドラマでは愛らしいイメージまで、映画界の新星だけに高い演技力を持っているようです。 

キム・レワン役を演じたキム・ソノの演技も自然で、前作「トゥカプス」で持っていたイメージとは全く違い、繊細な画家を上手に演じています。「キム課長」や「最高の配達屋(配達人)」にも出演していますが、「トゥカプス」ではチョ・ジョンソクに負けないほどの存在感を見せた俳優。今後が期待できる俳優だと思いました。

8年間友達だった主人公の二人。最後のシーンで2カ月前に二人に何があったのか描かれ、次の話ではレワンの気持ちが詳細に描かれそうです。ウンソンのためにレワンがアイラインを描くシーンでは、二人の距離感にドキドキしました。

数日間レワン宅で過ごすことになった二人に何が起きるのか、再び以前のような友人関係に戻ることにできるのか、それとも二人のロマンスに発展することになるのか、楽しみです。

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第3話視聴率 2.40% 第4話視聴率 2.40%

quetalsurinoさん

第3話・第4話あらすじ

レワン(キム・ソノ)とハン・ウンソン(イ・ユヨン)は2カ月前の出来事をすべて忘れる約束をし、これまで通り友達として過ごすことにしますが、レワンは画家として絵が描けないスランプに陥り、ウンソンもフリーランスの通訳士として不安を抱えます。 

そんな中、レワンの後輩ユン・ヒナム(ソンジュ)はウンソンに猛アタックし、年下でイケメンのヒナムが気になるウンソン。素直に感情を表現するヒナムが嫌じゃない感じで、デートを重ねます。一方、行きつけのカフェの店員ムン・ソジョン(クォン・ドユン)を口説いていたレワン。

彼に冷たく接していたソジョンは、実はレワンが嫌いじゃなかったことから、デートをするようになります。ヒナムはレワンとウンソンが8年間友情をキープしてきたことを知り驚き、一時的ではあるが同居していることを知ったソジョンは二人の関係に半信半疑します。

ウンソンとレワンはお互いの恋の予感を応援するようにふるまいます。しかし、ウンソンはソジョンの存在が気になり、レワンはヒナムとウンソンのキスを邪魔するほど二人の関係に嫉妬。ウンソン、ヒナム、レワンとソジョンの4人が一緒に過ごすことになった時、ヒナムとソジョンはウンソンとレワンのお互いへの気持ちに気づきます。

レワンへの気持ちに気づいたウンソンは、ヒナムとの微妙な関係(異性として好感を持ちながら、友達以上恋人未満の段階)に終わりを告げます。そしてウンソンが好きなレワンは、ついに彼女に告白する決心をします。しかし、恋愛をしてレワンとの関係を壊すよりは、友達として彼の側に残りたいとの思いから、レワンの告白を断り、レワンの家を出ることになります。ペットのハリネズミ、ボッコをレワン宅に残したまま。。。

1年後、レワンの行きつけのカフェに立ち寄ったウンソンは、レワンが個展を開いたことを知り、彼の絵を見たウンソンは、感動のあまり涙を見せます。8年前に初めて二人が出会った時から、1年前まで、すべての絵にウンソンが描かれ、ウンソンはレワンを訪れます。いつものように玄関を開け中に入ると、ウンソンのスリッパがいつもの場所に。そして、いつものようにレワンがウンソンを待っていた。忘れていったペットのボッコと共に。

正直にお互いへの気持ちを伝えあった二人は長い時間を経て結ばれることになります。

第3話・第4話 感想

とてもオシャレな映像が楽しめるドラマでした!

結末は二人の幸せなエンディング。大切過ぎて失いたくない気持ちから、恋人ではなく友達として残ることを選択したウンソン。しかし、二人は1年も会えず、時間ばかりが過ぎてしまいます。ウンソンが戻ってくることをずっと待っていたレワン。彼のスランプは、結局ウンソンとの思い出や気持ちを表現することで克服したようでした。

二人が出会った時のエピソードも登場し、すべてを詳細に描いたわけではないけど、これまでの二人の8年間を想像でき、よりレワンの気持ちが理解できました。第2話ではレワンの気持ちをより伝えるような描かれ方。いつも変わらずウンソンのためにそこにいるレワンが素敵。キム・ソノは私好みのイケメンタイプではないなかったですが、レワンというキャラクターの凄く良い。

色んな意味で苦しい時間を過ごしたウンソンの気持ちを代弁するような赤い靴、キレイに咲いた桜の木、離れていた1年間など、暗く感じることはなく明るい雰囲気の描かれ方に春を感じたような、不思議な気持ちで明るく前向きになるドラマでした。

正直、ハン・ウンソンを演じるイ・ユヨンがこんなに明るく愛らしいキャラクターを演じることができるなんて、ドラマを観る前は想像もできませんでした。相手役のキム・ソノとの息もピッタリで、他の俳優や女優がこのドラマを演じるのが想像できないくらい、ベストマッチング!

短編ドラマとして終わったのが残念ですが、物足りなさが逆に心に残ります。リアル感が溢れているけど、全然ドライな感じがなく、ドラマって描かれ方によって予想以上に心を動かす力があると、改めて感じた作品でした。

 

 

気が狂いそう、お前のせいで! 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー