殺人者の買い物リスト 7話・8話(最終回) あらすじと感想

殺人者の買い物リスト



殺人者の買い物リスト 살인자의 쇼핑목록이란? The Killer’s Shopping List 2022年放送 tvN水木 全8話

daisySSさん

第7話視聴率2.517%

第7話あらすじ

アン・テソン(イ・グァンス)はソユルの腕にある傷を発見すると、お父さんに暴力をふられたのかを確認します。その時、現れた父ソ・チョンギュ(リュ・ヨンソク)に抱きつくと、「父じゃない!」と声を上げるソユル。

MSマートを現れては些細なことでクレームを言うイ・ギョヨク。その後、血まみれの状態。自宅に戻ったソ・チョンギュは娘ソユルに「お母さんのところに行ってくる」と語ると、ソユルが持っていた母の携帯を探します。失くしたと語るソユルにこわばった顔で、「こんなんだからお母さんは、一緒に住めない」と語ると、ベルトを握りしめ、その姿を見たソユルは涙を見せます。

MSマートの従業員たちはコンサン(キム・ミファ)を疑い、彼女が席を外している間、必ず持参している手帳の内容を撮影。突然体調不良を訴えるコンサンは荷物をまとめると、急いでMSマートをあとにし、彼女を疑うアン・テソン(イ・グァンス)が尾行を始める。

尾行の途中、迷子になった犬「モンジ」を発見したアン・テソン。その時現れたコンサンが犬を奪うと走りだします。彼女を追うテソンと母のハン・ミョンスクは、飼い主に迷子になっていたモンジを渡し、謝礼金の受け取りを拒否します。コンサンを誤解していたテソンとミョンスク。

ユーホーキャッチャーに隠してあった母の携帯電話を取りに現れたソユルは、隠してあった人形がなくなったことを知ると、焦りを見せます。ゲームで人形をゲットしたのはテソンの父アン・ヨンチュン(シン・ソンウ)。夜を一人で過ごすソユルを心配するテソンは連絡先を教えると、「いつでも連絡して大丈夫だからね」と語ると、怖くなった時には非常時に使えるウィスルまで渡します。

軽く触れただけで痛みを感じるソユルを心配するテソンはわざとコーラをソユルの服にこぼし、、、ハン・ミョンスクは彼女の服を着替えさせると、職員室にソユルを連れて行きます。ソユルの体には無数の傷跡があり、、写真撮影をしようとするミョンスクに、「父と離れて児童養護施設に送られると、母と会えなくなると言われました。大丈夫です」と語るソユルの言葉に、ミョンスクは彼女を抱きしめる。

ソユルの父ソ・チョンギュを疑うテソンは、刑事と共に彼が経営する不動産屋の鍵を開けて侵入。秘密の部屋を発見した二人、、、事件に使われたと見えるグルーガンが発見されます。しかし、テソンを犯人だと思い込んでいる刑事。「一度だけ真剣に話しを聞いてください」と語るテソンの言葉に、耳を向ける刑事。

テソンはこれまでソユルが買い物したリストと、購入しようとしたが購入できなかったものをリストアップ。そのリストを確認した刑事は、これまで見落としていたあることに気づきます。テソンは被害者のヤンスンの目撃証言に「ク!ク!」という言葉が何度も登場したことを話し、、、「ク」が彼の意味ではなく、不動産屋の名前「クムソン不動産」と言おうとしたことに気づいた時、ソ・チョンギュが現れます。

ソ・チョンギュを逮捕しようとする刑事が手錠をかけようとした時、持っていたナイフで刑事を刺したソ・チョンギュ。倒れた刑事の姿から過去、母が襲われた時のことを思い出して、トラウマから身動きが取れないテソン。彼を秘密の部屋に監禁しようとしますが、近づく人々の声に驚いたソ・チョンギュはそのまま逃走。

ソユルに電話をかけてきた父ソ・チョンギュは、「一人で今すぐに来なさい。今度従わないと二度とお母さんには会えなくする」と語る。

第7話感想

テソンの推理で殺人事件の真犯人が明かされた第7話!

ソユルが父から虐待を受けていたことに気づいたテソン。テソンはこれまでソユルが購入した買い物リストを確認すると、これまで事件を起こした犯人がソ・チョンギュだと気づきます。しかし、刑事はソ・チョンギュの経営する不動産屋のオフィスに隠された空間とグルーガンを発見しても、テソンを疑う状況。

結局、テソンの推理を聞いて犯人がソ・チョンギュだと確信した刑事、、、刺されて倒れた状態。このまま刑事が死亡することになると、テソンが再び容疑者となる状況を最終話で向かることになるのか、ドキドキするエンディングでした。

ソユルが隠した携帯電話の中に殺人の証拠が残されていそうな気がして、その携帯電話が入れられた人形をゲットしたのがテソンの父だったことから、迎える最終話で真相が明かされることになりますが、ソユルの母に何があったのでしょう?これまで起きた事件との関連性は、今話では明確にされず、思った以上にハラハラする展開。

コミカルな展開にプラス、本当にドラマの進行がはやく飽きることなく、視聴できるドラマでした。個人的にはこういう短い推理ドラマをもっと放送して欲しいですね。

第8話視聴率3.688%

第8話(最終回)あらすじ

父ソ・チョンギュの連絡を受けたソユルは、父の言うとおりに従い、、、ソユルを連れてマンションを出る親子に気づかない地溝帯(交番)のキム・ドゥヒョンチーム長。

アン・テソン(イ・グァンス)と連絡が取れないことを心配する母ハン・ミョンスク(ジン・ヒギョン)は、同じくソユルとも連絡が取れず、心配。連絡を受けたト・アヒ(キム・ソリョン)がクムソン不動産に向かい、、、襲われた刑事と怯えた姿のテソンを発見します。「僕のせいでまた事件が起きたと、、、」と語ると動揺しているテソン。

行方が分からないソユル。翌日からMSマートの従業員たちは、ソユルを見つけるための方法をテソンと共に模索します。

約束通り、父から母をみせてもらったソユルは、強い衝撃を受けますが、父ソ・チョンギュは彼女の気持ちを全く気にする様子がなく、、、殺害されて冷凍庫に入れられた母の遺体を見せられただけではなく、冷凍庫には殺害されたイ・ギョヨクの遺体まで。。。

408号室に配達に出かけたミョンスクは、全く同じ内容の注文が入るとおかしいと思い始めます。注文時の備考欄に505と書かれていたことを確認したテソンは、505はソユルがおくったSOSだと気づくと、MSマートの従業員たちと共に408号室に向かいます。

ト・アヒ(キム・ソリョン)も408号室に向かい、、、テソンとセンソンが408号室の玄関のドアロックを開けようとすると、ソユルはバルコニーを通じて隣の部屋に移動。ソユルを発見したト・アヒは5階の部屋のバルコニーから移動しソユルを安全に確保。

408号室の玄関のロックを解除する間、テソンはクムソン不動産の玄関の電子ロックと409号室の電子ロックが同じものだと気づき、409号室のドアも解除するようお願いします。408号室のドアロックが解除され、中に入ったテソンは、冷蔵庫の中でソユルの母の遺体とイ・ギョヨクの遺体を発見。409号室のロックを解除して中に入ったセンソンが危険だと気づくと、急いで409号室に移動。イ・ギョヨクを殺害して彼の部屋に隠れていたソ・チョンギュ。

409号室の中に入ったセンソンは隠れていたソ・チョンギュに襲われ、傷を負う。そのまま逃走したソ・チョンギュ。出動した警察が事件現場を調べる間、MSマートの従業員たちは、逃げたソ・チョンギュを追います。

その過程でミョンスクとジョンユクがソ・チョンギュに捕まり、ソユルの居場所を尋ねる。。。テソンはソ・チョンギュが娘に執着していることに気づくと、彼を逮捕する方法としてMSマート内におびき寄せることを思いつく。

一方のソ・チョンギュはミョンスクを利用してテソンを逆におびき寄せる計画。しかし、母ミョンスクはソ・チョンギュの計画に気づくと非協力的な態度を取ります。電話から聞こえてくる母の声、、、過去と同じ過ちを犯すことはしないと決意したテソン・・・、ソユルと一緒にMSマートにいると思わせると、MSマートを閉め、ソ・チョンギュが現れるのを待ちます。

一人でソ・チョンギュが現れるのを待つテソン。娘を取り戻すためにテソンの予想通り、ソ・チョンギュが現れ、、、「なぜ、こんなことをする?」と質問するソ・チョンギュに「僕はただ、MSマートを利用するお客さんが平凡で幸せな日常を送って欲しいだけだ」と断言すると、ソ・チョンギュと激しい争いを始める。

ソ・チョンギュは警察に逮捕され、テソンは「勇敢な市民賞」を受賞し、MSマートは再び多くの集客をするスーパーマーケットとして繁盛。

第8話(最終回)感想

殺人犯人は逮捕され、再び平和が訪れたMSマート!

過去のトラウマを乗り越えて、殺人犯を自ら逮捕したことで、二度の勇敢な市民賞を受賞したテソン、、、MSマートで働き続きるエンディングでした。

センソンは堂々と女装して女性として振る舞い、ヤチェに片想いをしていたジョンユク、、、の恋は両想いへと発展。ヤンスンに代わり婦人会の代表になったコンサン。ヤンスンと仲直りをしたコンサンのおかげで、アメリカに移住して以来、連絡が取れなかった娘と連絡が取れたヤンスン。

ソユルは母の故郷であるベトナムに渡り、母の家族と幸せな生活を送る。テソンとの結婚を望むト・アヒ。父と共にMSマートを訪れ、、、「将来の夢はなんだね?」と再び訪ねるアヒの父の言葉に、「今はスーパーマーケットのキャッシャーです。将来は分かりません、、、」と笑顔で返事。果たして二人の結婚は許されたのか否かはあかされませんでしたが、二人の結婚をアヒの父が許したととらえることが出来る幸せなエンディングでした。

第1話から、殺人事件とテソンが何らかの関係があるような展開を続けました。しかし、犯人が逮捕されて事件が解決されると、テソンとは全く関係のないという展開。顧客が購入したショッピングリストから殺人犯を発見するというコンセプトが新鮮で面白かったです。

でも、期待以上の斬新さはなく、途中からは普通の推理ドラマのような展開、、、全8話編成の完結だったため、ズルズルした展開がなかったことから、個人的には理想的な長さの推理ドラマでした。

主人公のアン・テソン(イ・グァンス)とト・アヒ(キム・ソリョン)に初めは惹かれましたが、ドラマが進むにつれて、その他、MSマートで働く従業員たちの活躍が面白いと感じたドラマ!




【放送情報】



【善徳女王】

●BS松竹東急 全62話(2022/11/28から)月~金曜日12時から 字幕

善徳女王 視聴率 感想  キャスト・相関図 あらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【風と雲と雨】

●BSテレ東 全28話(2022/11/29から)月~金曜日10:55から 字幕

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP