残酷なインターン 第1話・第2話 あらすじと感想

残酷なインターン


2023年放送 全12話 잔혹한 인턴 TVINGオリジナル

marikoさん

第1話 あらすじ

人生は選択の連続だ。どんな選択でも責任がある。選択は引き戻せない。

ヘラは家庭に入って7年が経つが、再び入社面接を受けることに。しかし、年齢のせいで、なかなか合格をもらえない。働いていた頃は、何度も受賞した優秀なMDだった。「主婦の経験を活かす」とアピールするが、なかなか受け入れられない。

一方、チェ・ジウォン室長は商談を成功させて帰国していた。機内で出会った赤ちゃんを参考にして、新しい売り方を思いつく。社内で、有能さを見せつけるのだった。

ヘラは、夫から「就職は無理だ」と言われてしまう。しかし、ヘラは諦めない。夫婦の会話中、夫に誰かから電話がかかってくる。夫は、「妻に気づかれるだろ」と電話口で相手に伝える。

ジウォンは、理事に呼び出される。理事は、出産で仕事に穴をあける女性職員の存在を、邪魔に思っているのだ。ジウォンは、誰にも気づかれずに面倒を処理するようにと命じられる。

ヘラは、面接に呼ばれる。ジウォンが面接官だった。ジウォンに気づいたヘラは、しどろもどろにになってしまう。ヘラは、「上司の命令なら不法なことでも何でもやる」と宣言する。10年前、ヘラとジウォンは同期だったのだ。当時は、ヘラの方が優秀だった。

ヘラはジウォンから電話をもらい、ジウォンと話すことに。ジウォンはヘラに、「MDを辞めたなんて、意外だった。どうして新人として応募しているの?」と訊く。ヘラは「経験者採用には全部落ちて…」と明かす。そんなヘラに、ジウォンは「うちのチームでインターンを募集しているの」と誘う。正社員になることを前提にしたインターンだというが、プライドが傷ついたヘラは席を立ってしまう。

しかし、現実には不合格が続く。ジウォンに「ブランクがある人を、正社員で雇うのは無理がある」と言われたことを思い出す。

その夜、ジウォンは、誰かの休職届をシュレッダーにかけていた。その頃、ヘラはジウォンに電話をかける。インターンをやることに決めたのだ。夫はインターンをやることに、呆れ顔だ。ヘラは夫を見返すためにも、頑張ることを決意する。

出勤初日。久しぶりの企業の雰囲気に、胸が躍るヘラ。同僚たちは、ヘラが年取っていることに驚く。上司であるソ課長は、かつてヘラの部下だった。理事はジウォンを呼び出し、若くないヘラを採用したことに苦言を呈する。課長まで経験したことのあるヘラは、積極的に仕事を求める。しかし、かつて上司だったヘラに怒られていたソ課長は、ヘラが怖くて仕方がない。

ヘラは、同僚の女性たちとは仲良くなれた。2人とも、ワーキングママだという。ヘラは同じママ仲間として仲良くなろうとする。ヘラはソ課長にも、気軽に接してくれるように頼み込む。

その後、ジウォンはヘラを、食事に誘う。ジウォンは「あなたのような人が、うちのチームに必要だったの」と切り出す。喜ぶヘラに、ジウォンは「大事な仕事を任せたい」と告げる。2人だけの秘密の業務だという。ジウォンはヘラに、仲良くなった女性同僚2人の休職願いを見せる。「2人を退職に追い込め」と命じるのだった。解雇にできるようなことを捏造しても、構わないという。上手くいけば、課長に戻す可能性もあると誘惑される。ヘラは、自分が生きるために、弱い者をくじくのか?

第1話 感想

軽快な雰囲気で、見やすいドラマです!子育てのために仕事を辞め、7年ものブランクがあるヘラ。日本でも、同じような経験があるママたちは多いですよね。きっと、そんなママたちに共感されるドラマなのではないかと思います。

不合格続きで落ち込んでしまいそうな状況でも、バイタリティー溢れるヘラが面接を受け続けるのには、励まされました。やっと声がかかったと思ったら、インターン…。しかも若い頃は自分よりも優秀ではなかった、ジウォンの部下なんて!プライドが傷ついて当然ですよね。企業で働く経験にブランクがあくと、こんなにも不利なんだなと悲しくなりました。

でも、そこで拗ねて就職活動を辞めてしまわないのが、ヘラの素敵なところ!過去の栄光は捨てて、インターンをやろうとする心意気が素晴らしいです。

同僚たちも良い人たちが多いのかな?と嬉しかったのですが、子育てのために休職を願うワーママ仲間を裏切れと命じられるなんて!本当に酷い話だと思います。ジウォンは自分が子育てをしていないから、ワーママたちを可哀相だとは思わないのでしょうか?

何とかして社内に居場所をつくりたいヘラですが、申し出を受けるのか気になります。

第2話 あらすじ

ヘラは、課長に戻すことを条件に、同僚のワーキングママ2人を退職させるように命じられる。課長時代、ワーキングママをかばうジウォンを、責めたことがあるヘラ。ジウォンは同僚を助け合う精神を持っていたはずだ。ヘラは、ジウォンが出世したから考えが変わったのだと理解する。そして、また課長に戻りたいと決意するのだった。

ヘラは、英語とフランス語を使いこなすワーキングママに、怪しさを感じる。フランス語でビジネスの話をしているフリをしているが、実は息子と会話していたのだ。有能なフリをしている同僚に、驚くヘラ。

もう1人のワーキングママ、イ代理からは、「休職したことを後悔していますか?」と質問され、ヘラは「はい。早く辞めれば良かったです。子どもの大切な時間は二度と返ってこないので」と答える。イ代理は、「実は、家族も仕事を辞めろと言うんです」と告白する。ヘラは退職を決意するのかと期待するが、イ代理は逆に「休職期間を長くする」と決めてしまう。

一方、ヘラの夫は会社をクビになっていた…。夫はヘラに事実を話そうとするが、娘と親子喧嘩するヘラは、聞く耳を持たない。実は、夫がヘラにバレないように電話していた相手は会社の同僚で、クビになることを事前に教えてくれていたのだ。

後日、ヘラの夫は遊園地で暇つぶしをしていた時に、娘とばったり会ってしまう。2人はクビになったことをヘラに秘密にすると約束する。

ヘラはイ代理と一緒に、締め切り前に連絡不通になったデザイナーに会いに行く。デザイナーは、マラソン会場にいるようだ。ヘラはイ代理の同僚を気遣い、代わりにデザイナーを探すことに。ヘラはデザイナーを見つけるが、ジウォンの言葉を思い出し、わざとデザイナーを逃してしまう。

会社では、ジウォンがイ代理に、責任を問うことを決めていた。イ代理はデザイナーを見つけられずに、泣き出してしまう。そんな中、イ代理は腹痛になり、出血する。ヘラはイ代理を病院まで送るが、帰りながら落ち込んでしまう。

自分がやったことに後悔したヘラは、ジウォンに会いに行く。ジウォンはヘラに、「イ代理と赤ちゃんは無事だった」と告げ、ヘラは安心する。しかし、ジウォンは「イ代理が退職を決めた」と付け加えて…。

第2話 感想

ヘラは課長に復帰したいばかりに、同僚を裏切ることを決めてしまいました。イ代理は流産しそうになってしまうなんて…。ヘラの選択に、ショックです。自分がヘラだったら、すごく自分を責めてしまいそうですよね。人を陥れて自分が出世するなんて、本当の自分の実力ではないので、出世できても嬉しくない気がします。

外国語が流暢だと見せかけている同僚も、フェアじゃないですが、だからといって辞めさせるのは気が引けますよね。今回の件を教訓に、ヘラがどんな行動をするのか、見守りたいと思います。

浮気をしているのかと思った夫は、なんと会社をクビになってしまうなんて!浮気ではなくて良かったですが、クビになるのも辛いですよね。しかも、娘に知られてしまうなんて…。家の収入がヘラのインターンとしての給料になってしまうということですよね?大ピンチじゃないですか!

インターンのヘラが家族を養っていかないといけないなんて大変ですが、ヘラなら乗り切れるはず!今後の活躍が楽しみです!




【放送情報】

【庭のある家】

●【日本初放送】WOWOWプライム 全8話(2024/4/15-24) 字幕

庭のある家(韓国ドラマ) あらすじと感想 キャスト・相関図

【チェオクの剣】 

●BS11 全14話(2024/4/15から)月~金曜日14:29から 字幕

チェオクの剣 あらすじ 視聴率 キャスト 感想 外部リンク

【女神降臨】

●BSJapanext(2024/4/16から)月~金曜日19時から 字幕

女神降臨 キャスト・相関図 視聴率 全話感想とあらすじ

【今日のウェブトゥーン】

●WOWOWプライム 全16話(2024/4/21から)日曜日深夜26:15から4話連続放送

今日のウェブトゥーン あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【むやみに切なく】

●BSJapanext 全20話(2024/4/28から)日曜日18時から3話連続放送 字幕

むやみに切なく 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP