果てしない愛 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●フジテレビTWO(2018/7/7から)土曜日深夜24時から5話連続放送 字幕
●フジテレビTWO(2018/3/21から月~金曜日深夜26:20から 字幕
●KNTV(2018/2/15から)木~日曜日深夜26:45から 2/26以降は毎日 字幕

果てしない愛 끝없는 全37話
2014年放送 
平均視聴率 8.5% 시청률
 2017y07m31d_155342946
SBS 果てしない愛 끝없는
あらすじ

 一人の少女が残酷に殺される母を目撃する。犯人は母子を同時に狙ったが、同じ年頃のいとこが代わりに殺され、生き残った少女は死んだ少女“ソ・イネ”として生きることになる。
時は1982年ー。ハン家で立派に育てられたイネ(ファン・ジョンウム)は、長男ハン・グァンフン(リュ・スヨン)と恋人関係にあったが、弟のハン・グァンチョル(チョン・ギョンホ)はイネに対する気持ちを隠しながら兄とイネを見守っていた。そんなある日、ハン家の父ガプスが謎の死を遂げる。幼い頃に母を亡くしたイネと、父を亡くしたグァンフンとグァンチョル。3人の三角関係とともに、隠された権力への復讐が始まるーー。

 2017y07m31d_155615531
KNTV 果てしない愛 相関図
キャスト

ファン・ジョンウム ソ・イネ役 明るく正義感の強い女性。成績優秀で腕っぷしも強い。

リョ・スヨン ハン・グァンフン役 イネと初恋をはぐくんできたソウル大学生。グァンチョルの兄

チョン・ギョンホ ハン・グァンチョル役 兄とは正反対で勉強には興味がない。グァンフンの弟

キム・ジュン キム・テギョン役 父に似て芸術家気質。音楽の道をあきらめアメリカへ イネに一目惚れ セギョンの兄

チョン・ソミン キム・セギョン役 温室育ちの令嬢  グァンチョルが好き。テギョンの妹

ソ・ヒョリム チョン・ヘジン役 チョン将軍の一人娘。 グァンフンに執着。

チャ・インピョ チョン将軍役 冷徹。次期大統領の座をも狙う。グァンフンの能力を見抜く。

チェソングク チョ・ウォンギュ役 元ボクシングチャンピオンの事務館長

シン・ウンジョン ギョンジャ役 姉と幼い娘を亡くす。イネの叔母。

チョン・ドンファン キム・ゴンピョ役 国民の信頼の厚い首相。テギョン・セギョンの父

シム・ヘジン ミン・ヘリン役 裕福な家庭に生まれる。キム・ゴンピョの嫁

メン・サンフン ハン・ガプス役 漁船の船長。グァンチョル達の父

チョン・ウンイン パク室長役 国家安全企画部室長。

特別出演

大谷亮平 正人役

 

スタッフ /
コメントにて随時感想募集中です。

●当初の40部作で企画されたが、秋夕連休一回放送休止するなど、さまざまな理由で40部作で3回を短縮して37部作で終了.
2014年 SBS演技大賞 10代スター賞、女性の最優秀賞ファン・ジョンウム
2014年 SBS演技大賞長編ドラマ部門特別演技賞チョン・ウンイン

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
oyuki0501さんの感想より

●復讐ドロドロドラマの代表作!

この”果てしない愛”は、観る前からほんとに楽しみでした。ドロドロ復讐劇の中でも、特に濃厚なドロドロのような感じでしたから。そういうの、個人的に大好物なんです。

このドラマは、単なる復讐劇ではなかったと思います。大事なことを、いろいろと考えさせられる内容だったと思うんです。いいことですよね。

このドラマは、割りと早いうちから、激しめの拷問シーンがけっこうあります。そういうのが苦手な人には、ちょっとこのドラマは向かないかも知れません。

そして、政治のことがけっこう出てくるのですが、それが難しいんですよね。全体的に複雑なストーリーだということもあるので、できれば録画して、何度か繰り返して観ることをおすすめします。DVDで観る場合も同様で、何度か観ているうちに、だんだんと意味が分かってくるといった感じなので、時間があればぜひ、そうして観ていただければ分かりやすいと思いますね。特に最終回は、最低2回は観ないと非常に意味が理解しにくいと思います。

主人公のイネを演じていたファン・ジョンウムさん。私個人的には”彼女はキレイだった”というドラマでの印象が強かったんです。この”果てしない愛”でのイネという人物とは全く正反対の人物の役だったので、観ていてビックリでしたね。とても同じ人が演じているとは思えないぐらい、もう全然違う人でした。さすがプロの役者ですね。

”果てしない愛”の次のドラマ出演は、あの”キルミー・ヒールミー”だったので、気持ちの切り替えが大変だったのではないでしょうか。

このドラマも、若手からベテランまでいい味を醸し出している俳優さんがたくさん出演されています。あの、逆輸入俳優と呼ばれている大谷亮平さんも少し出演されていました。途中、福岡が出てきたりもするので、私たち日本人にとって、馴染みがある光景を観られて、拷問シーンなどの強烈なものの中で、ちょっとほっとできる瞬間でしたね。

韓国ドラマのお家芸、出生の秘密、愛憎、三角関係など盛りだくさんのドラマです。結局、真面目に人生を歩んでいけば良いこともある、悪い事をしていたらそれだけ自分に返ってくるということを、つくづく考えさせられたドラマでした。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿