智異山(チリサン)11話・12話 あらすじと感想

智異山



智異山(チリサン) 지 리 산 Jirisan 読み方:チリサン 2021年放送 tvN 全16話

第11話視聴率7.562%

daisySSさん

第11話あらすじ

山に登りカン・ヒョンジョ(チュ・ジフン)の残した標識を直接確認したいソ・イガン(チョン・ジヒョン)は、車椅子から転落すると気を失う。彼女を発見した国立公園の資源保存課の職員キム・ソル(イ・ガソプ)は、イガンがチョ・テジンを疑う理由に疑問を抱き質問します。

「同じ職員なら手袋を持ち出すこともできます。ユニフォームと共に手袋も分所で洗濯しますからね」と語るキム・ソル。拘置所にいるチョ・テジン(ソン・ドンイル)を訪ねたイガンは、これまで聞けなかった質問を投げつけます。チョ・テジンもヤクルトやリボンのことに気づいていたことを知るイガン。

一方のチョ・テジンは無実を訴え殺人は犯していないとすべての犯行を否定します。パク・イルヘ(チョ・ハンチョル)にヤクルトとリボンに関して既に話したと語るチョ・テジンの言葉にイガンは悩み始めます。病院に入院中のカン・ヒョンジョ(チュ・ジフン)の状態は悪くなるばかり。。。

パク・イルヘ(チョ・ハンチョル)がヘドン分所を訪ね、チョン・クヨン(オ・ジョンセ)を含め話し合いをするイガン。山で殺人事件が起きていることを語り始めたイガンに、パク・イルヘはチョ・テジンから聞かされ自分が知っていることを語り始めます。

山で死亡した遺体の現場に共通して残されていたリボンとヤクルトのビンを発見したチョ・テジンは、殺人が起きていることに気づき、ダウォンが亡くなった日、山に登った理由もヤクルトのビンを見たという通報があったからだと話すパク・イルヘ。チョ・テジンから証拠として回収したヨーグルトのビンの分析を依頼されたパク・ヘイルは、変質がひどい理由で分析ができなかったと話します。

2019年、犯人を追うカン・ヒョンジョのあとを追っていたイガンは、ヒョンジョの落とし物を発見し回収する過程で転落。その後、ヒョンジョがイガンを発見すると応急処置を行い、避難所に彼女を運びます。彼女が遭難したことを伝えるために、イガンを残し外に出たヒョンジョ。。。

彼からSOSの連絡を受けたチョ・テジンがレンジャーたちを連れ山に登った時、ヒョンジョは血まみれの状態で発見されます。一方、避難所にいるイガンは意識が薄れる中、何者かが自分を殺すために入ってきたことを察します。彼女を探す人々の声が近づくと、イガンを殺害することに失敗した男はその場を立ち去る。

チョ・テジンに掛けられた濡れ衣を晴らすための重要な証拠がコムンダリコル村にあると確信するイガンは、パク・イルヘとチョン・クヨンに協力を求め、二人に運ばれ山に入ります。その4時間前、イガンはパク・イルヘと既に会っていた、、、その理由は、イ・ダウォンが亡くなった日に同じく山にいたチョン・クヨンを疑っていたからでした。しかし、チョン・クヨンはなぜ山にいたのかの理由を最後まで明かすことない。

2019年、

1995年に起きた水害被害で両親を亡くしたイガン。多くの犠牲者を出したことから共同法事が行われる予定で、唯一遺言を殺すことなく亡くなったのがイガンの両親だったことをチョン・クヨンから知らされたヒョンジョは、イガンが心配になります。共同法事の準備が進められる中、一枚の写真を発見したヒョンジョは驚きます。

ヒョンジョが発見した写真に写る人々が山で死亡した被害者たちだと知ると、1995年に起きた水害事故に関して調べ始めます。洪水のため孤立してしまった村人、、、避難所に集まった人々は救助を待つ間、家族に遺言を残したことを知り、脱出を試みるため若き頃のチョ・テジンはロープを繋げて脱出を試みます。

一方、共同法事が行われる日、お寺にいたイガンはキム・ソルと出会い、、、ゲリラ豪雨が発生したことを知らせるサイレンが鳴ります。

第11話感想

第10話ではキム・ソルが連続殺人犯であるような流れでドラマが進行しましたが、今話では最も怪しい人物としてチョン・クヨン(オ・ジョンセ)が浮上しました。彼を疑うイガンは、命を懸けて真相を明かすため彼と共に山に入りますが、チョン・クヨンはダウォンが亡くなった日、山にいた理由を明かすことができず、何か秘密を持っているように見えました。彼が真犯人だとすると、イガンの身に危険が及ぶことになるのでしょうか。

現在と2019年の出来事を紐解いていくためには1995年に起きた出来事が重要なカギとなることが、今話分かりました。2019年のヒョンジョは、偶然発見した一枚の写真から、殺人事件の被害者が偶然殺されたのではなく、殺人のターゲットになったと気づきます。

豪雨のせいで孤立した村人の様子を記録していたのは、智異山(チリサン)国立公園の職員だったキム・ナムシク。キム・ヒョンシクの息子が、部隊の部下で死亡したキム・ヒョンスだったことを知り、驚きます。山で遭難する人のイメージを見るようになったのは部下のキム・ヒョンスが死亡して以来、、、もしかしてヒョンスが死亡したのも偶然ではなく、意図的な殺人だったのかを疑うヒョンスの姿が描かれました。

しかし、明確に犯人が誰なのかにはまだ気づいていないため、今後ヒョンスの調査及び推理がどんどん進められることになるのでしょうね。2019年、イガンが転落したあの日、ヒョンスには何があったのかますます気になります。

第12話視聴率8.105%

daisySSさん

第12話あらすじ

智異山(チリサン)にケーブルカーを設置するための調査委員会と環境団体を率いり山に入った智異山(チリサン)は、雲行きが怪しいと心配。ゲリラ豪雨のせいで、短時間で渓谷の水があふれ危険な状態となり、避難を促すサイレンが鳴り響きます。

孤立した遭難者を救出するために指揮をとるチョ・テジン(ソン・ドンイル)は、救出のためにレンジャーたちを移動させます。突然の地滑りのためヤン・グンテクとキム・ゲヒが取り残され、ケーブルカーの設置に関して対立的な二人は自力で避難所までたどり着きます。その後、過去、村の井戸に動物の死骸が入れられていた事件を問い詰め始めたキム・ゲヒ、、、強く否定していたヤン・グンテクが倒れる。避難する過程で大きな傷を負ったヤン・グンテク。

ソ・イガン(チョン・ジヒョン)とカン・ヒョンジョ(チュ・ジフン)が同じチームとなり、孤立した遭難者を救出するためにムジン渓谷を担当することになります。

一連の殺人事件に関して得た情報をイガンに伝えるヒョンジョ。殺人の被害者たちが1995年に起きた水害事故と関連があると語るヒョンジョの言葉に、自然がもたらした災害であり殺人事件とは無関係だと語るイガン。偶然に偶然が重なっただけだと語りながらも両親のことを思い浮かべます。

一方、登山中に宝くじをなくした女性は再び山を訪れついに落として宝くじを発見します。その直後、近くで不気味な表情を見せる男と出会います。

避難所にいたヤン・グンテクとキム・ゲヒを発見したヒョンジョは、怪我をしたヤン・グンテクを運び避難を始めます。その際、殺人事件の犯人が付けていた黒いグローブを受けた男を目撃、、、しかし、ヤン・グンテクを急いで避難させる必要があるため、グローブをつけた男をイガンに任せると急いで下山を始めます。

黒のグローブをつけた男は宝くじを見つけるために山に入った女性が出会った男で、足を怪我。彼を洞窟に運ぶとイガンが応急処置を行いますが、このままだと死んでしまうとパニック状態になった男は止めるイガンを振り切って一人で洞窟の外に出ます。彼をとめる過程で転んで頭を打ち、一時的に気を失ったイガン。

しかし、下山をしていた男は増えた水のせいでそれ以上先に進むことができないと判断すると、洞窟に戻ります。この男は1995年の水害事故が起きた際にイガンの両親と一緒にいた大学生の一人だったことが判明。チョ・テジンと共に脱出するためのロープをつなげるために行動したため、当時は流されることなく命を落とさなかった。1995年の両親のことを男から聞かされたイガンは、両親を誤解していたことに気づきます。

一方、宝くじを見つけるために山に入り取り残され女性を助けるために名乗り出たのがイ・ヤンソン。人手が足りず彼女の申し出を受け入れたチャ・テジンは、女性の救助をイ・ヤンソンに任せます。イ・ヤンソンが順調に救助を進める中、黒い手袋を付ける男の姿。。。

第12話感想

突然の大雨のため山に取り残された人々を救助する様子が描かれたエピソードでした。

連続殺人に関してはそれほど進展がなかったことが残念ですが、1995年に亡くなったイガンの両親に関する話が描かれ、それまで両親を誤解していたイガン。子供だったイガンは両親が借金を抱えていたことから亡くなった後、浮上した噂に傷ついていたことが分かりました。

唯一遺言を残さず両親が亡くなったため、二人が亡くなる前の様子を全く知らなかったイガンは、遭難した男性から1995年の両親の様子を伝えられたことで、イガンの心の重荷が少し降ろされました。両親の死を克服するイガンの姿は今後も登場することになりますが、両親の死に関する謎は少し解けました。

1995年の出来事と殺人事件に関連があると予想し独自に調査を進めるヒョンジョは、生存者と被害者たちの間にもめごとがなかったことを確認。コムンダリ村の井戸に動物の死骸を入れたのがヤン・グンテクではないことも明かされましたが、もしかして村の住民の誰かがわざと動物の死骸を入れたのだとすると、ケーブルカーの設置と何らかの関係があるのか、、、謎が深まります。

殺人事件にもう少し重点を置いて描かれていれば、第13話への期待が更に高まった気がするところが、やはり残念です。黒い手袋の男が犯人であることは分かりますが、その男が誰なのかが全く予想できない状況。前話ではチョン・クヨンが犯人の可能性がある展開でしたが、今話に登場したもう一人の男。

しかも、この男性は1995年に多くの被害者を出した事故現場にいた人物となると、この男性が犯人なのか、、、疑わしい状況ばかり描き、犯人に関してはこれといった手がかりがない中、女性の救助に向かったイ・ヤンソンの身に何かが起きるような女性の悲鳴と黒い手袋を付けた男の登場、、、同じ繰り返し?に見ていて少し疲れました。

智異山(チリサン)13話・14話 あらすじと感想

智異山(チリサン)(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【放送情報】



【善徳女王】

●BS松竹東急 全62話(2022/11/28から)月~金曜日12時から 字幕

善徳女王 視聴率 感想  キャスト・相関図 あらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【風と雲と雨】

●BSテレ東 全28話(2022/11/29から)月~金曜日10:55から 字幕

風と雲と雨 キャスト・相関図 全話感想とあらすじ (外部リンク・姉妹サイト)


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS朝日 全16話(2022/12/1から)月~金曜日8:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ゴースト・ドクター】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/1-22)月~金曜日8:30から 字幕

ゴースト・ドクター 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム 全16話(2022/12/5から)月曜日深夜26時から4話連続放送12/12は休止 字幕


One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ピノキオ】

●BS松竹東急 全20話(2022/12/6から)月~金曜日16:30から12/29, 30は休止 字幕

ピノキオ(韓国ドラマ) あらすじ 視聴率 キャスト 感想 相関図


【100日の郎君様】

●サンテレビ 全20話(2022/12/9から)月~金曜日13:00から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP