時間(韓国ドラマ) 5話6話と7話8話 のあらすじと感想 ソヒョン(ジヒョン役)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

時間  시간 全32回(全16話) 韓国放送(水・木)22時~

第5回視聴率3.1% 第6回視聴率4.0% (第3話)

quetalsurinoさんより

第5回第6回 あらすじ

異母兄弟でライバル的な存在のチョン・スチョルは、チョン・スホ(キム・ギョンジュン)がホテルで亡くなった女性の事件に関わっていることを明らかにするため、記者会見を開きます。しかし、スホは兄チョン・スチョルに屈することなく、ソル・ジウンが亡くなったことと直接的な関係があるウン・チェア(ファン・スンオン)の働きかけで、チョン・スチョルの計画は失敗に終わります。

その後も事件のことから自由になれないスホは、自らすべてを明かす決心をし、記者会見を開きます。しかし、記者会見に姿を現したソル・ジヒョン(少女時代のソヒョン)を見ると、決意とは違い何も語れず。。。

ジヒョンを見守っていたスホ(キム・ギョンジュン)は、一人ぼっちになり元気のないジヒョンをそのままにすることができず、1千万ウォンの返済を理由にジヒョンとの接点を持ち続け、ジヒョンにとってはあしながおじさんのような存在になります。

妹の死にスホがかかわっている可能性があることを気にしながらも、スホの親切に感謝し、守りたい人がいるとのスホの言葉を信じるようになります。スホはジヒョンのために、借金を返済することができず家を出て行方が分からない母ヒスクを捜し始め、彼女が多額の借金をした元交際相手のクムテ(キム・ギョンテ)の存在を知ります。

スホはクムテ(キム・ジョンテ)を訪ねジヒョンの母ヒスクの借金をすべて返済し、刑務所にいたヒスクを捜し出し問題を解決。スホのおかげでジヒョン(ソルヒョン)は母との再会をはたします。

一方、悪質なクムテは、チョン・スホがヒスクの借金を返済する理由が気になり始めます。特別な理由なしでチョン・スホがジヒョンの力になることがないと勘をきかせ、後輩で亡くなったソル・ジウンのアルバイト先のカン室長がかかわっていることに気づき、彼を訪ねます。

カン室長を恐喝したクムテは、ソル・ジヒョンの彼が、弁護士のシン・ミンソクであること、ソル・ジウンを自殺として事件を解決させたのがシン・ミンソクだったことを知ります。

第5回第6回 感想

このドラマは期待していた以上に面白く、展開もはやかったです。ブツブツ言いながらも、ソルヒョンのために動くスホのツンデレぶりもよかったです。「ウラチャチャ・ワイキキ」の時に演じた役よりも、この役の方が似合っていて意外にはまり役だと感じたのが主人公を演じるキム・ジョンヒョンでした。

ソル・ジウンの死の真相を自ら語ろうとしたスホですが、ジヒョンに妹を殺したことを話せなかったというより、話したくなかったと感じました。ジヒョンとスホのまだ始まってはいないけど、今後始まるはずの恋が切ないものにならないことを期待しますが、状況からするとやはり切ない恋になってしまうのでしょうね。

「こっちに来て抱きしめて」に登場した主人公たちの恋もそうでしたが、克服すべき状況の難しさや厳しさが極端すぎるように思えますが、刺激的な設定や内容のドラマって時にイライラしながらも、観てしまいます。

悪役のクムテがシン・ミンソクによって、証拠が操作され、チョン・スホを犯人にするシナリオが書き直されたことを知ったことで、新たな展開を迎えることになりそうです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第7回視聴率2.8% 第8回視聴率3.5% (第4話)

quetalsurinoさんより

第7回第8回 あらすじ

妹の死の真相を明かすことができず苦しむソル・ジヒョン(ソヒョン)は、彼女が亡くなる前に食べたがっていたパスターを作ってチョン・スホ(キム・ジョンヒョン)を訪ねます。自殺する理由が妹にはなかったと、スホの力で真実を明かして欲しいと号泣します。

事件があった夜、ソル・ジウンとホテルに一緒にいたのがスホだと知らないジヒョン。その夜のことを思い出せないスホは、ジウンの死に自分がかかわっているのか否かの確信ができず、戸惑います。何もできないけど、ジヒョンが気になるスホ。

スホは医師から残された時間がわずかであることを告げられ、治療を受けることなく残された時間を自分のためだけに使うことを決心します。一方で、ウン・チェア(ファン・スンオン)は事件の真相を隠してくれたシン・ミンソク(キム・ジュンハン)弁護士を頼るようになります。

アルバイト先の百貨店で、ウン・チェアと一緒にいるシン・ミンソクを目撃したジヒョン。突然のジヒョンとの出会いに、ミンソクは不安になりますが、ジヒョンは何も語らず。。。

事件に関連する監視カメラの映像をすべて処分したはずのシン・ミンソク。しかし彼に花束と共にUSBが届きます。USBの内容は、ソル・ジウンが亡くなった夜、プールの様子を映した映像でした。送られた映像と共に10億ウォンを要求してきたのはクムテ(キム・ジョンテ)。しかし、シン・ミンソクはクムテとカン室長の不仲を知り、カン室長を利用しクムテを殺害することを計画します。

偶然、カン室長とクムテの会話を聞いたジヒョン(少女時代のソヒョン)は、監視カメラの映像が存在することを知り、スホに助けを求めたことで、スホも監視カメラの映像のことを知り。クムテはシン・ミンソクだけでなく、チョン・スホにも同じく10億ウォンを要求します。

一方、監視カメラの映像の存在を知ったジヒョンの母ヒスクは、隠れているクムテを捜し出し、その内容を確認します。お金を要求し、シン・ミンソクと約束場所に向かったクムテ。しかし、約束場所に車で現れたクムテの車に一台のトラックがスピードを上げて突入します。しかし、助手席に母ヒスクの姿を確認したシン・ミンソクは急いでトラックをとめようとしますが、そのまま突っ込み。。。

第7回第8回 感想

シン・ミンソクの間違った選択の結果は、ジヒョンの母まで巻き込むことになりました。状況からグムもヒスクも亡くなってしまうようで、唯一残された母を失うことになるジヒョン。シン・ミンソクとチョン・スホの二人にお金を要求したクムテですが、意外な展開となりました。

グムテが持っている映像の存在を知ったジヒョンの追及に、なぜシン・ミンソクはホテルのプールを映した映像など存在しないと嘘の映像をジヒョンに見せたのでしょう。逆にジヒョンがシン・ミンソクを疑うことになります。

残された時間を静かに過ごす予定だったチョン・スホ。ジヒョンを通じて監視カメラが存在することを知り、真実を明かすためスホも本格的に動きだすことになりそうですが、いまだホテルで妹が一緒にいた男性が実はスホだと知らないジヒョンが受けるショックが大きそうです。

妹に続き母を亡くすことになるジヒョン。これでもかと不幸が重なることで、ジヒョンが変わっていくことになるのでしょうか。

「ロボットじゃない~君に夢中~」をはじめ、「ゴハン行こうよ2」や「カフェ・アントワーヌの秘密」などにも出演したファン・スンオン。「カフェ・アントワーヌの秘密」ではヒロインの妹でちょっとワイルドな役を演じ、2017年に放送された「オ-・マイ・ゴッド」では探偵事務所の新入社員のヤンヤン役を演じるなど、出演することに異なるキャラクターを演じるのが上手な女優で、これまでとは違うイメージが魅力で、今後シン・ミンソクと共にチョン・スホとソル・ジヒョンに対立する悪役をどのように演じるのか楽しみです。

ソヒョン(本名:ソ・ジュヒョン) 서현 (ソル・ジヒョン役)
出典:http://www.imbc.com/
生年月日:1991年6月28日 歌手、女優。2007年、高校1年生(16歳)で少女時代としてデビュー。2013年9月28日から、SBSドラマ「熱愛」に女子大生ハン・ユリム役で正式な女優デビュー。
主な出演
2018年 MBC (原題:時間)- ソル・ジヒョン役
2017年 MBC「恋する泥棒~あなたのハート、盗みます~」- カン・ソジュ役
2017年 Onstyle「ルビールビーラブ」- イ・ルビ役
2016年 SBS「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~(原題:月の恋人-歩歩驚心:麗)」- ウヒ役
受賞歴
2010年のMBC芸能大賞バラエティー部門人気賞
2016年SAF演技大賞でファンタジードラマ部門女性特別演技賞【麗】

 

時間(韓国ドラマ) 9話10話と11話12話 のあらすじと感想 キム・ジュンハン(ミンソク役)

 

時間(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿