時間(韓国ドラマ) 1話2話と3話4話 のあらすじと感想 キム・ジョンヒョン (スホ役)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

時間  시간 全32回(全16話) 韓国放送(水・木)22時~

第1回視聴率3.5% 第2回視聴率4% (第1話)

quetalsurinoさんより

第1回第2回 あらすじ

Wグループの次男で、レストランの代表を務めるチョン・スホ(キム・ジョンヒョン)は、ひどく酔っぱらいそのまま眠ってしまいます。翌朝、女性のバックを発見したチョン・スホは女性を捜し始めます。泊まったホテルの部屋に隣接したプールの中で浮いている女性を発見し、呼びかけます。しかし、女性の反応はなく、急いで女性をプールから外に出した時、登場した男性。女性の顔を確認した男性は、彼女がすでに死亡していることを確認し、チョン・スホは女性の死亡を知り驚きます。

女性が亡くなる前に時間はさかのぼり。。。

シェフを目指し、家族を支えるためデパートでアルバイト中のソル・ジヒョン(ソヒョン)は、デパートを訪れたチョン・スホ(キム・ジョンヒョン)を怒らせ、VIP顧客であることを理由にソル・ジヒョンに暴言を吐くチョン・スホ。仲良しの同僚のミスまでかさなり、ソル・ジヒョンは土下座させられます。

チョン・スホが泊まったホテルの部屋で亡くなった女性を発見した男性は、Wグループ所属の弁護士シン・ミンソク(キム・ジュンハン)。チョン・スホが起こす問題を法的に処理することが多く、仕事面でストレスを感じる中、会社のロビーで突然話しかけられた女性がスホの婚約者でテヤングループの一人娘、ウン・チェア(ファン・スンオン)だと知ります。ミンソクの持っていたペンを借りたウン・チェアはペンをそのまま持ち去り。

ウン・チェアが婚約者チョン・スホと誕生日を祝っている頃、ジヒョンも長年付き合った彼から誕生日を祝ってもらい、幸せな時間を過ごします。ジヒョンの彼は弁護士のシン・ミンソク(キム・ジュンハン)。

デパートでチョン・スホがソル・ジヒョンに土下座させる場面を撮影した動画がSNSで広まったことで、チョン・スホはお金で問題を解決しようとソル・ジヒョンの自宅を訪ねます。渡されたお金を断るジヒョンと話し合いが続く中、嘔吐の症状と共に倒れて意識を失ったスホ。倒れたスホを病院に運んだジヒョンは妹からの連絡で急いで家に戻ることになります。意識のないスホのポケットの中のお金が心配になったジヒョンは一時的に預かる気持ちで持ち帰ることにします。

急いで家に戻ったジヒョンは母が多額の借金をしたことを知り、そのまま家を出てしまいます。翌日、病院で目が覚めたスホは、脳に悪性の腫瘍があり、余命数ヶ月と知らされ、手術をしても完治することないと知り、一人涙を流します。

スホから預かったお金を返そうとしたジヒョンはお金がなくなっていることに気づき、動揺します。ジヒョンが着ていた上着からお金の束を発見した妹のソル・ジウン(ユン・チウォン)と母ヤン・ヒスク(キム・ヒジョン)。株の投資でつくった借金を返そうと、見つけたお金を株の投資に使ってしまったヒスク。

その夜、病気のことを知ったスホは飲み過ぎて意識が無くなる前、婚約者のウン・チェアに話があると電話し、居場所を教えた後眠ってしまいます。ウン・チェアがスホの居るホテルに到着すると、ドアを開けたのは見知らぬ女性。スホにホテルまで呼ばれお酒の相手をしていたのはジヒョンの妹のソル・ジウン。ジウンの存在の発言に、プライドが傷ついたチェアは、持っていたバックでジウンに暴行。その後、お代としてお金をプールにばらまきます。涙をこらえながらお金を拾うために手を伸ばしたジウンはそのまま落ちて溺れ。。。

第1回第2回 感想

一人の女性の死亡から始まったドラマは、彼女が死亡する前にさかのぼり。登場するキャラクターたちの関係や状況などをスピーディーに描いていきます。重く暗い展開と、財閥2世の主人公の登場に、またありがちな韓国ドラマ?と疑問に思いながらも、目が離すことができないほどはやい展開が印象的でした。

チソン、ファン・ジョンウム主演の「秘密」とどこか似ていると思ったら、同じ脚本家の作品でした。似ているようで、似ていないような、妙に今後が気になるドラマです。

主人公のチョン・スホは、前作「ウラチャチャ・ワイキキ」の主人公役を演じたキム・ジョンヒョン。ずっとユ・ヨンソクに似ていると思っていたけど、全然イメージが違っていました。勘違いって先入観を持たせてしまうんでしょうね。「ウラチャチャ・ワイキキ」は今流行りのゲストハウスなどが登場し、イ・イギョンが共演しているにも拘わらず、残念ながらあまり記憶に残っていない作品でした。でも、愛人の息子として、財閥2世として生き残るために必死だけど、反抗心も強く生意気なチョン・スホのイメージにキム・ジョンヒョンがピッタリ。

韓国ドラマでは、数えきれないほど最もよく登場するキャラクターと言っても過言ではないのが、この「財閥2世」の役ですが、どこまで差別化された財閥2世を演じるか楽しみです。最近、悲しい結末のドラマが少ないので、思い切り泣けるほど切ないドラマを観てみたいです。

主人公チョン・スホ(キム・ジョンヒョン)は余命数ヶ月と言い渡された翌日は、遺体で発見された女性を殺害した犯人として逮捕され、展開はとてもはやい印象を受けました。一人の女性の死をきっかけに、ソル・ジヒョン、チョン・スホ、ウン・チェアとシン・ミンソクのそれぞれの関係がどのようにもつれていくのでしょう。

始まってすぐに遺体を確認した男性が驚く場面がありますが、その理由はのちに男性が弁護士のシン・ミンソクだったことと、ソル・ジヒョンとの関係が明らかになったことで疑問が解消しました。ジウンがプールで溺れて死んでいた理由は、チョン・スホとは全く関係のないことのようですが、今後どのように無罪を証明していくのかも注目したいですね。その過程で、シン・ミンソクが重要な人物になりそう!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第3回視聴率3.3% 第4回視聴率4.2% (第2話)

quetalsurinoさんより

第3回第4回 あらすじ

父からの連絡を受けで戻ったチョン・スホ(キム・ジョンヒョン)はシン・ミンソク(キム・ジュンハン)弁護士の報告を受けた父がホテルで女性が亡くなった事件の犯人が息子スホの可能性が高いと疑っていることを知ります。チョン会長はホテルで亡くなった女性と息子スホの第一発見者であるシン・ミンソクに、発見時の状況を探り始めます。

プールの脇で発見したペンから、ホテルの部屋にはスホとソル・ジウン以外、ウン・チェア(ファン・スンオン)も訪れた可能性があることに気づきながらも、シン・ミンソクは犯人がチョン・スホであるかのように報告し、普段のスホの荒れた性格からか、すべてはシン・ミンソクのシナリオ通りに流れ。。。

シン・ミンソクは、ウン・チェアがその夜、スホが泊まったホテルの部屋を訪れていたことを知ります。ホテルに設置された監視カメラに部屋を出入りする姿が映っていたことを、ウン・チェアに伝え、部屋で何が起きたのかを聞き出し、ウン・チェアのせいでソル・ウジンが亡くなったことを知ったシン・ミンソク。しかし、なぜかウン・チェアをかばい犯人は計画通り、チョン・スホのまま。

酔っぱらって何も思い出すことができないスホは、ウン・チェアに電話をかけたことを思い出し、彼女がホテルの部屋を訪れたか否かを確認しようとしますが、スホの冷たい態度にチェアはホテルの部屋にはいっていないとの嘘をつき、警察の捜査は進みますが、ソル・ウジンは自殺として処理されてしまいます。妹が自殺する理由はないと、訴える姉ソル・ジヒョン(ソヒョン)に、シン・ミンソク弁護士は亡くなったソル・ウジンのアルバイト先がのった名刺を渡します。

妹の死を受け入れられず、死の真相を明かすため、ソル・ジヒョンは司法解剖を依頼することになり、チョン・スホは気になっていたホテルの監視カメラを確認することになります。しかし、すべてを予想していたシン・ミンソクのシナリオ通り、ホテルの監視カメラにはウン・チェアの姿はなく。。。

亡くなったソル・ウジンがソル・ジヒョンの妹と知ったチョン・スホは、生きる意欲を失くしたように見えるジヒョンの側から離れず、遠くから彼女を見守ります。

第3回第4回 感想

正義感のある人物として紹介されていたので、事件の真実を操作したのがシン・ミンソクだったのは、意外でした。チャン・スホへの復讐心があったからの行動なのか、間違った正義感のあらわれ方だったのかは、話が進まないと分からない状況です。結局、ウン・チェアのせいで溺れて死んでしまったソル・ウジンが哀れでした。

ホテルの部屋から出てくるところが映った監視カメラの映像のデーターを捨てたウン・チェアですが、まだどこかに彼女の映るデーターが残っていそうなのと、事件のあった夜、ウン・チェアが捨てた血の付いたバックがどこかに残されていそうで、逆転がいくつか隠されていそうな予感がします。

罪悪感からか、ソル・ジヒョンを遠くから見守っていたチョン・スホ。葬儀代を払ったのもスホでした。ソン・ミンソクはジヒョンを裏切って、ウン・チェアと手を結ぶ展開になりそうですが、余命数カ月と告げられたスホが何かを決心したようにジヒョンの前に現れました。

妹の死のショックからかすべてを捨てたように見えたジヒョン。車が行き来する横断報道を渡る彼女を止め抱きかかえたスホ。亡くなった妹と一緒にいた男性がスホだと知ったら。。。ストーリーがますます複雑になりそうです。

登場するキャラクターの設定は他のドラマにも登場しそうなキャラクターたちですが、演じる女優・俳優が違うと雰囲気も変わりますね。特に若手女優や俳優が登場するので、演技面では新鮮。個人的に大ヒットだった2018年最高の脚本とキャスト「賢い監房生活(スルギロウン・カンパンセンファル)」に出演したキム・ジュンハンがシン・ミンソク弁護士を演じています。このドラマでは、悪役を演じることになり、チョン・スホとは対立することになりそうです。

キム・ジョンヒョン 김정현 (チョン・スホ役)
出典:http://www.imbc.com/
生年月日: 1990年 4月 5日 身長: 183cm,血液型A型
『嫉妬の化身』(2016/SBS)、
『逆賊:民を盗んだ盗賊』(2017/MBC)、
『ピング』(2017/MBC)、
『学校2017』(2017/KBS2)
受賞歴
2017年 MBC演技大賞 男新人賞 逆賊:民を盗んだ盗賊

 

時間(韓国ドラマ) 5話6話と7話8話 のあらすじと感想 ソヒョン(ジヒョン役)

 

時間(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿