時速493キロの恋 11話・12話 あらすじと感想

時速493キロの恋



時速493キロの恋 君へ行く速度493km 너에게 가는 속도 493km 2022年放送 KBS 2TV 水木 全16話

daisySSさん

第11話視聴率1.3%

第11話あらすじ

3年前のパク・ジュニョンの事件の真相は、ユク・ジョンファン(キム・ムジュン)の後輩の暴露から始まる。ユク・ジュンファンに反感を持っていた後輩は、ユク・ジョンファンに関して様々ン場面を録画。

携帯電話を紛失した後輩、、、国民の知る権利を大事に考えるインターネットカフェのアルバイトに拾われた携帯電話の内容が暴露されてしまいます。隠し撮りしていた後輩に暴力を振るう事件を起こしたことで、ユク・ジュンファンは代表選手の権利を失い。

3年前のジュニョンの引退が練習中のケガではないことが明かされ非難を浴びるパク・ジュニョン(パク・ジヒョン)。このまま、沈黙を守るとジュニョンへの誤解が事実となり、今後も避難を浴び続けることになると心配になったパク・テヤン(パク・ジュヒョン)は、元監督を訪ねるとすべてを明かすと伝えます。

しかし、元監督の反応は冷たい。「あの時沈黙しておいて、いまさら真相を明かすと言い出した理由はなんだ?結局は、お前にせいで彼女がケガをしたわけだろう」と語り、パク・テヤンは3年前と変わらぬ状況に落ち込む。

非難をあびることをそれてジュニョンのうしろに隠れた過去を恥じるテヤンは、「今度は隠れたりしない」との意思をジュニョンに伝える。3年前のことが暴露されたことで、避難されるジュニョンを心配するユク・ジュンファン。困った時や辛い時には力になると、励ますメッセージをジュニョンに送り、、ユク・ジュンファンのメッセージを読むジュニョンの表情に笑顔が。。。

一方、パク・テヤンの決心を知ったパク・テジュン(チェ・ジョンヒョプ)は、テヤンが心配。偶然、ジュニョンと一緒に映画を見ることになったイ・ユミンは、「私ユク・ジュンファンが好きでした。だから絶対にパク・ジュニョンに勝ちたいです。だからカッコいいパク・ジュニョンでいてください。目標ですから」と語り、彼女の言葉に微笑みを見せるパク・ジュニョン。

姉パク・ジュニョンが選手を引退する原因となったパク・テヤンと付き合っていることが理解できないユク・ジュンファンに、パク・テヤンはテヤンに対する気持ちを伝えます。テヤンにジュニョンとは兄弟であることを伝える決心をしたテジュン。

テジュンからジュニョンが姉であることを打ち明けられたテヤンは、感情的に荒れ、、、「私を動揺したの?だから付き合ったの?」と問う。

「私たちは付き合ってはいけない関係なの」と語るテヤンに、テジュンは「君がいないと生きていけない。好きだから一緒にいたかった。好きだから・・・」と気持ちを伝える。

第11話感想

ジュニョンが登場してから、非常に遅いストーリー展開が始まり、今話もほとんど進展がなかった内容でした。それでも、悩む主人公たちの姿を見るのが楽しいです!

3年前のジュニョンの事故に関する真相が予想とは違う方法で明かされました。紛失した携帯電話に保存されていた映像をオープンにしたのは、ユク・ジュンファンをライバルと思う後輩ではなかったですが、結果的には彼が撮影した映像が公開されたことで、ジュニョンが避難を受けることになる、、、ユク・ジュンファンが怒りをぶつけた理由が理解はできます。暴力事件を起こして代表選手から外されても、ジュニョンを心配するユク・ジュンファンの気持、、、主人公たちだけではなく、イ・ユンミを含めてユク・ジュンファンも素敵なキャラクターです。

3年前、真実を明かすことが出来なかったパク・テヤン。母を訪ね初めて、打ち明けることがなかった気持ちを伝えるシーンでは、早く過去のことを乗り越えて、バトミントン選手としての姿を見せて欲しいと思う気持ち。

バトミントンの天才少女という理由で、育ての父と母に引き取られてから、バトミントンができないと、両親に捨てられることを心理的な圧迫を感じ生きていたことを語るテヤン。その心理的な負担が、3年前、真実を語ることが出来ず、パク・ジュニョンのうしろ隠れる結果となり、結、局罪悪感からバトミントンを辞めることになったのでしょうね。

イベントや出来事中心ではなく、主人公たちの心理面を多く描いた今話、、、、次の話では、パク・テジュンとジュニョンの関係を知ったテヤンが、テジュンとの恋を諦めることになるのでしょうか。テヤンとの恋を諦めることが出来ないテジュン、、、テヤンを説得することができるのでしょうか。

スポーツドラマなので、バトミントンをプレイする選手たちの姿が見たいですね!

第12話視聴率1.0%

第12話あらすじ

バトミントンにおいて姉と比較され、自分の実力を発揮することができなかったパク・テジュン(チェ・ジョンヒョプ)。テジュンの選手としての無限の可能性から、トップを目指せるほどのポテンシャルがあると応援し励ましてきたパク・テヤン。

パク・ジュニョンの弟がテジュンだと知ったパク・テヤン(パク・ジュヒョン)は、強い衝撃を受け、、、3年前の出来事の真相が明かされたテヤンが選手生活を続けられるか否かが分からない状況を迎えると、チームユニスの監督に助けを求めるテジュン。「バトミントンを辞めると決心した彼女が、結局コートに戻ってきたことは、バトミントンが彼女のすべてですから。。。」と監督を説得するテジュンの言葉を、聞いてしまったテヤンは複雑な心境。

パク・ジュニョン(パク・ジヒョン)にパク・テジュンとの関係を正直に打ち明けるテヤンは、「私、テジュンが好き」と語る彼女の言葉に、ジュニョンは二人が付き合うことを反対する態度を明確にします。

テジュンと別れる決心をするも、テジュンへの気持ちを整理することができないテヤン。一方、後輩選手への暴力事件を起こして、代表選手から外されたユク・ジョンファン(キム・ムジュン)とパク・ジュニョン。国の体表から外される出来事を起こしたユク・ジョンファンに、「私たちは別れたの。どうして?」と質問するジュニョンの言葉に、ユク・ジュンファンは「僕たちの関係に未練がないことも分かっているけど、君のことをあんな風に口にことを見て、我慢ができなかったから」と返事。

「バトミントンを続けられないと知って君は、自分が世界で最も不幸だと感じたかもしれないけど、僕は、好きな人を失って本当につらかった」と初恋だった彼女が姿を消した後、辛い時間を過ごしたことを告げると、その場から去る。。。ジュニョンはジョンファンの言葉に、寂しい表情を浮かべます。

テヤンと別れることを受け入れることができないテジュン。姉から二人が別れないといけない理由を聞かされると、、、考え込む様子。テジュンと別れないといけないと知りながらも、行動に移すことができなかったテヤン。二人が付き合うことで周りの人々が傷つくと知ったテジュンもテヤンとの別れを受け入れることになり、、、ふたりきりで最後の時間をすごくテヤンとテジュン。

「私あなたのこと、本当に大好きだった」と語る言葉に、「ありがとう」と返事すると、別れた二人。3年前の出来事の真相を隠したことに怒りを隠せない国体の監督。テヤンの元監督は、チームユニスとテヤンの契約を破棄しないと、チームに不利になると圧力をかけます。

イ・テサン(チョ・ハンチョル)監督は、「許してやってくれ。お願いする」と国体の監督に頭を下げ、、、自分の力になってくれたイ・テサン監督を見つめるテヤン。

第12話感想

パク・テヤンとパク・テジュンのカップル、、、別れる!

別れを告げるテヤンを引き留めたパク・テジュン。その後、母や姉がテヤンとの交際を反対すると、別れることを拒否していたテジュンは、テヤンとの別れを受け入れます。反対されて別れるというよりは、付き合いを続けることがテヤンに負担になると判断したからのようでした。

どんな時も変わらず優しいテジュン、、、二人が別れてしまいました。別れる時も、怒ったり泣いたり、、、過激な様子ではなく、これまで付き合ってきて感じたお互いへの気持ちを伝えるほのぼのとした別れだったので、何かのきっかけで二人の関係がよりを戻せるようになって欲しいです。

「来年の春に会いましょう」とイ・ユミンの突然の言葉に、「春?いつ?3月1日?それとも4月1日?」と返事するユク・ジュンファンの会話シーンが登場し、ユミンとジョンファンのロマンスにも明るい兆しが見えてきたように思えました。

これまでのジュニョンへの気持ちが未練だったとしても、後輩への暴力事件を起こしたことで、ジュニョンへの気持ちが吹っ切れたように見え、新しい恋を始める準備をする時間が、春までの時間なのかなぁと思うと、希望が持てる明るい気持ちになりました。

3年前、飲酒、無断でスキー場に遊びにいきケガをしたジュニョンですが、誘ったのはテヤンだとしても実際にお酒を口にしたのもスキー場でケガをしたのもジュニョンの選択。ケガをして選手生活を引退することになったのは残念なことですが、ここまで罪人扱いされるテヤンがかわいそうに見えた第12話。

やっと復帰したバトミントンを再び辞めないといけない危機を迎えたテヤンのために、頭を下げたイ・テサン監督のおかげで、テヤンはバトミントンを続けることができるようなので、第13話では再びスポーツドラマとしての活気を取り戻すことになりそうです。






【放送情報】


【悪い愛(2019)】

●BSフジ 全94話(2022/6/29から)月~金曜日9時から 字幕

悪い愛(2019) キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


【マイ・プリンセス】

●BS Japanext(2022/7/4から)月~金曜日19時から 字幕

マイ・プリンセス(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図


【復讐代行人】

●WOWOWプライム(2022/7/5-26)(火)月~金曜日8:30から字幕

復讐代行人~模範タクシー~ (韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【輝く星のターミナル】

●WOWOWプライム(2022/7/5-26)(火)月~金曜日9:45から字幕

輝く星のターミナル 全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率


【嘘の嘘】

●テレビ大阪 (2022/7/6~)(水)月~金曜日8:30から

嘘の嘘 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【TIMES】

●BS-TBS 全16話(2022/7/7から)(木)月~金曜日12:59から 字幕

タイムズ TIMES(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【ハルハル~私はあなた?あなたは私?~】

●BS朝日 全14話(2022/7/8-27)(金)月~金曜日8:30から 字幕

ハルハル~私はあなた?あなたは私?~(春が来るのかな、春)視聴率 キャスト・相関図 感想とあらすじ


【ザ・ゲーム~午前0時:愛の鎮魂歌(レクイエム)~】

●BS12 トゥエルビ 全20話(2022/7/9から)土曜日14時から2話連続放送 字幕

ザ・ゲーム~午前0時:愛の鎮魂歌(レクイエム)~(韓国ドラマ) 全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率



【麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~】 

●BS Japanext(2022/7/11から)(月)月~金曜日7:30から 字幕

麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~ 全話あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図 (外部リンク・姉妹サイト)


【ヘチ 王座への道】

●テレビ大阪 全24話 (2022/7/11から)(月)月~金曜 11:59~

ヘチ 王座への道 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率(外部リンク・姉妹サイト)


【カンテク~運命の愛~】

●サンテレビ 全22話 (2022/7/12~)(火)毎週 月-金曜日 13:00~

カンテク~運命の愛~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 (外部リンク・姉妹サイト)


【運勢ロマンス】

●テレビ大阪 (2022/7/13~) (水)月~金曜 あさ 9:30~


運勢ロマンス 視聴率 感想 相関図

今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP