春の夜 9話・10話と11話・12話 あらすじと感想 キム・ジュンハン クォン・ギソク役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

春の夜  봄밤 全32回(16話) MBC 韓国放送2019年5月22日~

第9回視聴率 4.5% 第10回視聴率 6.5%

onwardさんより

第9回・第10回 あらすじ

私に知られず私を見ていたいなんて駄目、とジホに言うジョンイン。「じゃあ私も貴方を内緒で見ていようかしら?」これ以上関係を続けたら、ジョンインに迷惑がかかる。諦めようと考えるジホ。

床に入ろうとするジョンインの両親も、娘の結婚を巡って言い合っていました。強制する方が良いと言う父。本人の意思に任せるべきと主張する母。翌日、アドバイスを求めるジョンインに母が出した答えは、“気持ちに従う”事でした。

仕事上のカンが冴えるジョンイン。しかし、彼女を取り巻く人達は苦労していました。自身の問題に翻弄されるジホ。折角一人で任された番組を辞退するソイン。他方、どこから資金調達するつもりか、歯科医院を拡張することに一生懸命なシフン。

キソクと食事に出かけたジョンインは、結婚を巡ってまたもや言い合いに。その激しさに不意をつかれたキソクは、言葉を失ってしまいます。

翌朝、薬局で、ジホに自分の子供の服を譲る先輩薬剤師のワン。仕事が手につかないジホが何を悩んでいるか、お見通しの様子。同じ朝、ヨンジュに、キソクと別れる、と話すジョンイン。しかしヨンジュは、あの薬剤師がいると知ったら、きっとキソクは貴女を離さない、と言うのでした…

キソクを使って、何とかローンを引き出そうとするシフン。ジョンインとの一件が頭にあるキソクは、結婚の口添えをすると言うシフンを断り切れません。

夕方、シフンのクリニックにやって来たソインは、アパートを売りに出す為の書類に実印を押すよう迫ります。彼女に手を挙げるシフン。秘書が戻ってこなければ、確実に殴っていたはず。

仕事を終え、携帯のSMSをチェックするジョンイン。「話がある」と書いた相手キソクは、明らかに彼女を避けていて、もう“待って”いられない。ジホに電話しても通じず、ジョンインは彼のアパートへ向かいます… 困惑するジホ… 感情を抑えるジホに対し、友達は嫌よ、と挑戦するような言葉を投げるジョンイン。その後、ジョンインを送って行き、彼女がマンションに入るのを見届けているジホの前にジェインとソンジェがやって来ます。「ウチに来ない?」2人の男達をアパートに招き入れるジェイン。しかし、お酒を切らしていると知り、すぐにソンジェを引っ張って買い物に行ってしまいます。アパートに2人残され、顔を見合わせるジホとジョンイン。すると携帯が鳴りだし…?

第9回・第10回 感想

キソクとジョンインがどうして今まで付き合って来られたのか、謎です。母が、ハンガーストライキをしたジョンインの事を話したり、ジェインが「大胆不敵」だった姉が懐かしいと言ったり、家族は、今と違う、もっと行動派のジョンインを知っています。それがなぜ、変化を求めない“今の彼女”になってしまったか。また、以前クォン会長が、キソクはジョンインと出会って音楽を辞めた、と話していました。という事は、このカップルは、お互いのクリエイティブな部分を殺し合ってしまった。反対に、元々「動」で「陽」だった人間が「静」の状態になった中で出会ったのがジホとジョンイン。今のジホは感情を抑えようと努力していますが、抑える事で自分を惨めな気分に追い込んでいると気付いたジョンインは、これからまた、以前の彼女に戻って行くように思われます。その過程で、なぜキソクと彼女が変ってしまったかも、分かって来るでしょう。

このドラマは、携帯のバイブレーションを何かの兆しのように使っている所が上手いですね。あの音は、いつも、かかってきて欲しくない時に鳴っている。そしてまた、ジホとジョンインのシーンで必ずかかるOSTが、2人の状況を如実に表していて、すごく効果的だと思います。

次回、キソクはジョンインのマンションへ飛んでくるに違いありません。ジェインは無頓着に彼を招き入れるでしょう。いずれは対峙する時が来るのでしょうが、少し早すぎるような??

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第11回視聴率 6.8% 第12回視聴率 8.4%

onwardさんより

第11回・第12回 あらすじ

ジホの視線を捉えながら「別れましょう」と携帯の向こうに伝えるジョンイン…

買い物から帰ってきたジェイン達と4人でテーブルを囲んでいると、ウヌから電話。“先生”と話したい、というウヌに話しかけるジョンインを聞いて、ジホはとても嬉しそう。しかし、ドアホンが鳴り、なんとキソクが現れます。外で話をしようとするジョンイン。ジェインが仲介に入り、キソクは中へ入らずに帰っていきますが、玄関に見えるのは男物のスニーカー…

翌朝、ウヌと話すジホの母親は、図書館の“先生”が女性で、前の夜ジホと一緒に居た事を突き止めます。色々気にする妻に、放っておけ、という父。

夕方、店仕舞いした後、ジホと“お茶”するワン先輩。彼の学生時代を思い出し、先輩としてお願いだから、あの、面白くてスマートで競争心に溢れていた君に戻って、と。

一方、離婚を決意しているソインは、夫から暴力を受けていました。書類を破り、一生離婚はしないと宣言するシフン。テレビ局内では噂が立っており、ソインは局に辞表を提出します。

近く、定年を迎えるイ校長に、新しいポストを約束するクォン理事長。それを聞けば、キソクとの関係を考え直すだろうと思われている事に気付くジョンインは、やって来た母に、ソインのようになりたくない、私の味方でいて、と言うのでした。

ヒュンスとジホが飲みに行こうとすると、急に、参加すると言い出すキソク。(大写しになるジホのスニーカー!)事をはっきりさせようと、キソクと会う約束をしていたジョンインは、お預け状態。ジョンインとジホの関係を疑ったキソクですが、ユンジェと親しい妹が2人を家に招いたと聞いて、とりあえず納得した様子。しかし、何も知らなかったヒュンスが、ジェインと遊んでいるユンジェに即連絡したお蔭で、情報は、あっという間にジョンインに伝わります。オロオロする姉を問いただし、キソクをすぐ家に呼ぶよう命令するジェイン。

仲直りをする為だと思い込んでアパートに来るキソク。シングルファーザーのジホは、ジョンインの相手にはなり得ないような発言に、ジェインは苛立ちを隠しません。帰りがけ、キソクに抱きしめられたジョンインは、ため息をついて無表情なままでした。

息子の所へ薬草を届けに来たクォン会長は、銀行員だからと近寄ってくる人物には注意をするよう忠告します。また、驚いたことに、ジョンインを自宅へ連れてくるように、とも。

バスケットの試合後、ジホを食事に誘うキソク。移動中、ジホの携帯が鳴りだし、一瞬躊躇したのち、返事をするジホ。短い受け答え。けれど、キソクと一緒だと聞いてジョンインが切ろうとすると「切らないで」…!

第11回・第12回 感想

ジホがジョンインの部屋へ入る事になったのは偶然とは言え、繋がりを深めるこの2人。ジホにとってかけがえのない存在であるウヌとジョンインが交流し合う様子を聞いて、ジホはどんなに幸せを感じた事でしょう。ただ、キソクが簡単にジョンインと別れる可能性はゼロです。バスケットの試合後、車の中でジホに話すキソクから見える彼のスタンスは、終わらせる理由が無いから関係を続ける=付き合いが長くなり、慣れているから結婚する。前にも書いていますが、キソクはジョンインを尊敬しているとは思えません。別れ話がでて、キソクがジョンインのアパートへ来た時、ジョンインは彼に「もうお互いに尊敬していないから、どう別れても関係ないでしょう」と言っていました。彼女はもはや、キソクに愛情を感じないのですが、それを言いたくなくて、理由なしで別れようとしました。もう、そこまで来てしまっていて、ジホが居なくても、キソクとは終わりなのです。ただ、ジョンインの両親はどちらかと言うとキソクの様な考えの持ち主に見えますし、更に、クォン理事長も、息子の結婚に向けて乗り出してきましたから、ジョンインが自由の身になる日はまだ遠そうです。

どうもクォン理事長の態度が好きになれないのですが、彼の言う事は皆一理あると思います。キソクに忠告する場面、シフンのローンを巡っていずれ事件が起こる伏線のような気がしますが、どうでしょうか。

キム・ジュンハン 김준한 クォン・ギソク役
出典:http://www.imbc.com/
生年月日: 1983年3月29日 175cm、 O型
時間(2018年放送 MBC)ミンソク役

 

春の夜 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想

 

 

春の夜(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー