推理の女王2 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KNTV(2018/9/26から)月~金曜日16時から 字幕
●KNTV(2018/7/21から)土曜日8:30から2話連続放送 字幕
●【日本初放送】KNTV(2018/5/21から)月曜日20:50から2話連続放送 字幕
●韓国放送2018年2月28日(水)~ 水・木ドラマ

推理の女王2  추리의 여왕 시즌2 全16話
2018年放送 KBS
平均視聴率 6.14% 시청률 最高視聴率最終回7.8% 最低視聴率3.7.8回 4.7%
 
KBS 推理の女王2 추리의 여왕 시즌2
あらすじ

買い物バックを投げて本格的な推理に乗り出すユ・ソロク(チェ・ガンヒ)と、最強推理軍団を連れて帰ってきたハ・ワンスン(クォン・サンウ)が事件、事故を解決していく生活密着型推理ドラマ

キャスト

チェ・ガンヒ ユ・ソロク役 結婚8年目平凡な主婦。推理クイーン
クォン・サンウ ハ・ワンスン役 ハードボイルドベテラン刑事

パク・ビョンウン ウ警監役 韓国警察が誇るプロファイラー

キム・ヒョンスク キム・ギョンミ 惣菜店を営むソロクの友人

イ・ダヒ

スタッフ /脚本:イ・ソンミン、演出:チェ・ユンソク、ユ・ヨンウン
コメントにて随時感想募集中です。

同じ主演俳優と制作スタッフが意気投合して作り出す、地上波テレビ局初のシーズン2ドラマとして話題

シーズン1の記事は

推理の女王 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

KBS ワールドTV 公式YouTube

[Teaser-Ver.1]

[Teaser-Ver.2]

[Teaser-Ver.3]

推理の女王2 1話・2話 あらすじと感想
推理の女王2 3話・4話 あらすじと感想
推理の女王2 5話・6話 あらすじと感想
推理の女王2 7話・8話 あらすじと感想
推理の女王2 9話・10話 あらすじと感想
推理の女王2 11話・12話 あらすじと感想
推理の女王2 13話・14話 あらすじと感想
推理の女王2 15話・16話(最終回) あらすじと感想

以下作品感想

quetalsurinoさん

●推理クイーンチェ・ガンヒ&熱血刑事クォン・サンウが戻ってきた・・・ 最強のコンビが贈る最高のミステリーラブコメディ!

主人公ハ・ワンスン(クォン・サンウ)とユ・ソロク(チェ・ガンヒ)の名コンビがシーズン2で戻ってきました。「韓国地上波放送局KBSで初となるドラマのシリーズ化。韓国ドラマでシーズン化されロングランした作品としては、「ブッとび!ヨンエさん」くらいしか記憶にないので、シーズン1と同じキャスティングでシーズン2が放送されることは、新たな試みのようです。シーズン2の放送を待ち望んだファンとしては、期待を裏切らない展開だったので、シーズン3のリターンを期待したいです。

韓国版「シャーロックホームズ」と紹介された記憶がありますが、シーズン2は米国ドラマ「Mentalist(メンタリスト)」のような雰囲気で、起きた事件を明るいタッチでソロクが中心となって解決していく姿は変わらず、刑事のワンスンは彼女をサポートする存在。二人のギクシャクがちょっと幼稚に思える時もありますが、二人のやり取りがキュートで笑える場面も多いのが特徴的でした。

シーズン2が始まって最も気になったのは、ワンスンとソロクの関係。同じ事件を解決していくうちに芽生えた感情は、愛。ワンスンとソロクのロマンスの行方が気になる展開が続き、シーズン1では結婚した平凡の主婦だったソロクが、シーズン2では離婚した後、本気で警察を目指す。指輪を準備してソロクに告白をしようとしたワンスン。指輪をソロクに渡したはずが、ソロクは指輪をもらった記憶がない。。。ところからドラマが始まります。指輪の行方とともに、新たに加わったキャラクターパティシエのチョン・ヒヨン(イ・ダヒ)の正体も明かされていきます。

ソロクとワンスンのロマンスの描かれ方は、時にドキドキさせられ、気持ちをハッキリと表現できない二人にじれったさも感じましたが、ヒヨンに嫉妬するソロクの姿や、ブツブツ言いながらもソロクを一番に考えるワンスンの気持ちが伝わり、可愛い二人のロマンスに微笑みました。ソロクに見せるワンスン(クォン・サンウ)の恥ずかしそうな笑顔が素敵で、推理サスペンスドラマにも拘わらず、ドキドキしちゃいました。

韓国ドラマではこれまでになかった推理サスペンスドラマで、ドラマを通じて展開される事件へのアプローチはリアルですが、リアル過ぎる描写が少なく、刺激的で重いトーンの描かれ方ではない。事件を解決するためのヒントが隠されていたりして、観ている側も一緒に捜査する気分になります。でも外れる時もありますが、ソロクの推理の仕方が分かりやすく面白い。日常で気づいた点が事件を解決するカギになったりするので、非常に観やすく分かりやすい推理ドラマでした。

登場する事件のエピソードによって、展開させるスピードや緊張感を調整してメリハリのある推理や予想外の展開、それに加え事件を通じて伝えようとするメッセージなども伝わり、心が打たれることも。主人公ユ・ソロクというキャラクターとしての魅力が光ったのは、単に推理好きの主婦(アジュンマ:おばさん)がおせっかいなあまり事件に関与していくのではなく、どの刑事よりも(試験には落ちて警官にはなれなかったけど)被害者が感じる無念に晴らすため、事件を解決したいと思うソロクの優しさがベースにあったからだと感じました。

残念だった点があるとすれば、扱われた事件がシーズン1に比べてそれほど興味深いものではなかったことでしょうかね。もっとパンチの効いた事件の展開を期待していましたが、謎の人物キム室長や、ワンスンが17年間思い続けた初恋の相手、ソ・ヒョンスが本格的に登場することから、事件よりも人物を中心に描かれたので、仕方ない事かもしれませ。でも、全体的な流れは途切れることなく、常に次の話が早く観たくなるような雰囲気を維持していったのはこのドラマの強みでもありました。

1話で一つの事件が完結し、次の話で新たな事件が起きて解決の繰り返しではなく、常にワンスンとソロクを中心に時間が流れ、その中次から次へと事件を解決していく。これまでの推理ドラマにはなかった推理の女王、ソロク流の推理がこのドラマの最大の魅力なので、推理ドラマが苦手な方に、是非おすすめしたいです!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー

最近の投稿