悲しき恋歌 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●日テレプラス(2018/9/8-9)毎日11時から10話連続放送 字幕

悲しき恋歌  슬픈연가 全20話
2005年放送 
平均視聴率 16.3% 시청률
悲しき恋歌 DVD-BOX 1
あらすじ

小学生時代、米軍キャンプでキャバレーを経営するママの息子として、そしてそのキャバレーの新入りの娘として出会った、優しい少年ジュンヨン(グォン・サンウ)と盲目の少女ヘイン(キム・ヒソン)。音楽の才能にあふれる二人の、様々な障害を乗り越えて夢と愛を達成しようともがく姿を描く。

キャスト
ソ・ジュンヨン(後のチェ・ジュンギュ):クォン・サンウ
パク・ヘイン:キム・ヒソン幼少時:チェ・ジウン
イ・ゴンウ:ヨン・ジョンフン
チャ・ファジョン:キム・ヨンジュ
チャン・ジンピョ:MCモン
ファン・ミンギョン:イ・ミヨン
イ・ミスク:チン・ヒギョン
イ・スジ:イ・ヨンス
ソ・ヒョンジャ:ナ・ヨンヒ
スタッフ /脚本:イ・ソンウン 演出:ユ・チョリョン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
ほんだかさんの感想より

●かわいいヒロインと感動のストーリー

通常なら、吹き替え版は観ないんですが、ヒロインを担当した声優さんの声がかわいくて…宮島依里さんですね。

ヒロイン役を演じたキム・ヒソンもすごくかわいかったです。

このドラマを観て、ヒロインの恋人役を演じたクォン・サンウのファンになりました。

クォン・サンウの恋のライバル役を演じたヨン・ジョンフンも、若い頃の藤井フミヤに少し似ていて、男前でしたよ。

キム・ヒソン演じるヘインと、クォン・サンウ演じるジュンヨンが、ウェモンマールという町で再会するんですけど、この町が美し過ぎて…「韓国に行ったら、必ず行ってみたい町」になりました。

小さな漁師町なんですけど、なんかキラキラしてて…

検索しても出て来ないので、架空の町なのかもしれませんね。

ウェモンマールも、海がキラキラしていて、「水辺」の光景が印象的でしたが、やはり一番懐かしいのは、ヘインとジュンヨンの子供の頃からの隠れ家でしょう。

湖の辺に立つ小さな小屋ですが、ダムの近くに作ったセットだったそうで、撮影終了と同時に撤去されたんだとか…

忠清道の大清にあるダムということなので、そこに行けばドラマによく登場したあの木は見れるのかな?!!

最終回でジュンヨンが亡くなってしまったのはとても悲しかったけど、あの隠れ家でヘインがジュンヨンの忘れ形見の息子を一人で育てて、母として、以前より強くなった姿が見れたこと、息子がお父さん譲りの音楽の才能を発揮していること等、感動のラストでした。

ジュンヨンを殺したミンホですが、実はジュンヨンの恋のライバルだったゴウンを殺そうとしていました。ジュンヨンはゴウンをかばって、身代わりになったのです…

ミンホ役を演じたチョンウは、後に「応答せよ1994」でヒロインの結婚相手を演じましたが、「応答せよ1994」のオッパが、ジュンヨンを殺した役を演じた俳優さんだとは、全く気づきませんでした。

「悲しき恋歌」は、ヒロインがかわいくて、感動するストーリーでした。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー