悲しくて、愛(悲しいとき愛する) 5話・6話と7話・8話 あらすじと感想 パク・ハンビョル ユン・マリ役




【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

悲しくて、愛(悲しいとき愛する)  슬플 때 사랑한다 全40話

第5話視聴率 11.1% 第6話視聴率 13.0%

daisySSさん

第5話・第6話 あらすじ

夫、カン・イヌク(リュ・スヨン)への恐怖心を持つ  ユン・マリ(パク・ハナ)は、夫から逃げるための唯一の方法は夫に気づかれない別人の顔になることから、再びソ・ジョンウォン(チ・ヒョヌ)に連絡を取ります。

しかし、ジョンウォンは学会に出席するため海外に滞在中。。。電話に応対したチュ・ヘラ(ワン・ビンナ)は、二度とマリがジョンウォンに連絡しないよう念をさします。結局、母を別に場所に移し、自殺を偽装する計画を実行したマリ。

監視カメラには母を移すマリの姿が映っており、崖から身を投げたように見せかけたマリは、逃亡資金として準備していたカバンを落としてしまい、携帯電話の電源が入ったことで彼女の居場所を捜し出したイヌク(リュ・スヨン)。。。マリは夜になるまで森の中で身を隠します。

海外の学会から帰国したソ・ジョンウォン(チ・ヒョヌ)は、植物状態にあった妻、オ・ハギョン(パク・ハンビョル)が亡くなることになり、妻の死に責任を感じる。ハギョンの葬儀の後、雨の中運転していたジョンウォンの車を止めた女性・・・顔を確認すると近くで身を隠していたマリでした。妻を助けられなかった罪悪感から、マリの手術を引き受けることになったジョンウォン。

手術が始まる前、「ユン・マリ」と名前を伝えると、ジョンウォンはなりたい顔があるかをマリに尋ねます。マリの返事は、「夫に気づかれなければ・・・、先生の好みの顔があればそれでも・・・」、手術が始まると、亡くなった妻との思い出のローズマリーを思い浮かべます。

一方、マリの遺体が見つかることなく、現金の入ったバックを近くで発見したカン・イヌク(リュ・スヨン)は、マリが生きていると確信すると、彼女を捜し始めます。見覚えのないマリの服が一着あることに気づくと、刑事を買収し、同じ洋服を購入した人を調べ始めます。

手術は成功に終わり、別人の顔を手に入れたマリ(パク・ハンビョル)は、新しい顔と共に、新たな人生をスタートさせることになります。夫から逃げた夜、失くしてしまった現金の入ったバックを探すため森に戻ったマリは・・・夫の命令で捜索活動が進行中と知ると、怯える。。。

第5話・第6話 感想

手術を受け新たな姿に変わったユン・マリの顔が、ジョンウォンの妻、オ・ハギョン(パク・ハンビョル)と同じ!

今後は、ユン・マリをパク・ハンギョルが演じることになります。亡くなった人と同じ顔で生きていくことになったマリですが、まだジョンウォンの妻と同じ顔に手術されたことには気づいていないので、今後どんな形でその事実を知るのか、ハラハラする展開です。イヌク(リュ・スヨン)はマリの顔が、母と似ていることから、彼女の顔を大切にしていたので、マリが生きていることや顔を整形していることを知った時の怒りは、これまで見せたものとは比較できない程大きそうです。

手術室でハギョンとの思い出を浮かべた時に登場したのは、ローズマリーでした。「私を覚えていて!あなたの心に私を・・・!再び私を愛して!」の花言葉と共に、ジョンウォンはまさか、ハギョンと同じ顔をマリに与えてしまうって、ショッキングでした。

マリは今後ハギョンとして生きていくことになるのでしょうか。イヌク(リュ・スヨン)がマリを捜し出す手がかりと気づいたワンピースは、ハギョンが物なので、いずれはマリとイヌクが対面することになるのでしょうね。

ユン・マリを演じるパク・ハンビョルは、前作の「ボグマーム」ではアンドロイドの役を演じていますが、ミスキャスト?って感じてしまうほど。アンドロイドの演技は悪くないと思いましたが、メロドラマのヒロインのイメージと結びつかないのが残念。個人的な意見で、まだドラマが始まったばかりなので、これまで視聴した感想ということで。。。

時間がどれほど過ぎたのか、どれほど前にさかのぼって描かれているのかが、明確に表示されないのが、観ていて少し混乱しましたが、カン・イヌク(リュ・スヨン)が登場する度に、ハラハラ緊張するメロドラマになりそうです。



第7話視聴率 10.0% 第8話視聴率 10.9%

daisySSさん

第7話・第8話 あらすじ

ソ・ジョンウォン(チ・ヒョヌ)のおかげで新たな顔を手に入れたユン・マリ(パク・ハンビョル)は、独り立ちするため、自殺を図ったと見せかけた崖の近くに向かいます。しかし、夫カン・イヌク(リュ・スヨン)の命令で、自分を捜索する人々を発見したユン・マリ(パク・ハンビョル)は、恐怖に身動きができない。見つかってしまうことを恐れたマリは急いで、その場から立ち去ることに成功します。

しかし、現金が入ったバックを手に入れられなかったことから、行く当てもなく仕事を探しますが、全く見つからない状況で夜を迎え・・・、トラブルに巻き込まれたマリ。警察から連絡を受けたソ・ジョンウォン(チ・ヒョヌ)は、しばらくの間ジョンウォンを自宅で生活させることにします。

一方、イヌク(リュ・スヨン)は、妻が生きていることを確信すると、現職の刑事を使ってマリの痕跡を追います。唯一の手がかりとなる服は、高級品で購入した顧客リストが残されていたことから、一人一人確認を進めますが、マリを見つけることができず、焦りを見せます。

チュ・ヘラ(ワン・ビンナ)は、選ばれた新人画家と連絡が取れず。妻を亡くしたジョンウォンを心配し、食材を購入してジョンウォンの自宅に向かいます。ジョンウォンしかいないはずの自宅にいる女性を目にすると、驚愕する!死んだはずの友人、オ・ハギョン(パク・ハンビョル)と全く同じ顔の女性が。。。

ジョンウォンはチュ・ヘラを外に連れ出し、静かなカフェで話を始める。「まさか、私が考えていること?」と質問するヘラに、夫からDVを受け、別人に整形を希望していた女性に手術をしたことを話します。このことが知られると、ジョンウォンは医師免許をはく奪されることになると、心配するヘラ。

一方、ヘラの反応が気になったマリは、ジョンウォンと妻ハギョンが写っている写真を発見すると、自分の顔がハギョンと同じことに気づき、ジョンウォンに迷惑をかけないためにも、彼のもとから離れることを決心します。

ハギョンのワンピースを手がかりに、マリの夫と思われる人物が彼女を捜していることに気づいたヘラは、ジョンウォンに知らせます。ジョンウォンはお礼の気持ちを込めて、ジョンウォンのために食事を準備。。。

顧客リストをもとに刑事と共にカン・イヌク(リュ・スヨン)が確認のため、ジョンウォンの家に現れます。夫が現れたことに息もできない程、緊張するマリ。しかし、ジョンウォンは冷静に対応する。

第7話・第8話 感想

マリは手術した顔がジョンウォンの妻、ハギョンの顔だと知りました!

いつ分かるのか、ハラハラする場面も登場しましたが、思ったよりも早く明らかになりました。そのことを知ったマリは、ジョンウォンを責めることなく。。。自分からどんな顔でもいいと、語っていたので驚くことではなさそうですが、ハギョンと全く同じ顔になってしまったのは、考えてみると怖いですよね。

ジョンウォンのためにも、側に居ることが彼を危険にすると判断したマリは、遠くに行くことを決心すると思ったら、夫がジョンウォンの家まで現れました!ええ?これでマリは、ジョンウォンの妻のハギョンとして生きていくことになるのでしょうか。夫の声に怯えるマリの姿がかわいそうでした。一度、夫とすれ違った場面が登場した時には、本当にハラハラ。

でも、顔が変わってしまったので、マリだと気づくことはなかったです。その時の、マリはいつものように夫の姿に怯えていました。顔が変わった後は、これまでの暗いマリとは違い、明るく自信に満ちたマリの姿が見られることになるので、今後が楽しみ。

ジョンウォン以外に、マリの秘密を知る人物のチュ・ヘラ(ワン・ビンナ)の今後の動きが気になります。長年、ジョンウォンに片想いをしていたヘラは、友人のハギョンが亡くなったことで、気持ちを伝えるチャンスが持てることになったのに、妻を一途に思うジョンウォンの前には、彼女と同じ顔の女性が再び現れたってことは、ヘラにとっては喜ばしいことではなく、彼女を緊張させることになりますね。

現時点では、マリをかばうような雰囲気ですが、今後は嫉妬から最も危険な人物へと変わっていく可能性が高いです。ヘラが捜している新人画家がマリだと分かると、今後も協力的になるのか、動向に注目!

幼い頃から母が父にDVを受けることを目撃してきたカン・イヌク(リュ・スヨン)。彼の生い立ちから、執着や歪んだ愛の形でしか、マリを愛せないイヌクに少しでも同情するべきなのか、悩ましいですね。関係改善のためのカウンセリングなどがありますが、問題点を自覚しない限り、受けるのが難しいのを考えると、1999年に放送された原作をどのようにリメイクしたのでしょう。

銃に撃たれた男性が初めに登場していることを考えると、予想するエンディングの結末を外しそうな予感がします!

パク・ハンビョル 박한별 ユン・マリ役
出典:http://www.imbc.com/
生年月日: 1984年11月17日 身長:167 cm 体重47kg、血液型O型。2002年、韓国ファッション雑誌『CeCi』で表紙のモデルになる。2003年、韓国ホラー映画「女校怪談3-狐怪談」で女優デビュー。「スタルリ」という女性ファッションブランドを立ち上げ、自身がデザインした衣料品のショップを直接運営
奥様はサイボーグ(2017/MBC) ボーグマム コボンの表向きの妻、人間型ロボット
愛人がいます(2015-2016/SBS) カン・ソルリ ジノンの不倫相手、薬科大学大学院生
匂いを見る少女(2015/SBS) チュ・マリ ジェヒの恋人、失踪したモデル
大切に育てた娘ハナ(2013-2014/SBS)チャン・ハナ(チャン・ウンソン) 息子として育てられた娘

悲しくて、愛(悲しいとき愛する) 9話・10話と11話・12話 あらすじと感想 リュ・スヨン カン・インウク役

悲しくて、愛(悲しいとき愛する) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図





9月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】
★dTVなら月額500円(税抜)で大人気韓流・華流作品が見放題★
「ドラマステージ<tvN>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公募で選ばれた脚本を実力派監督×人気俳優がドラマ化!10編のオムニバスシリーズ
「ドラマスペシャル<KBS>」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「雲が描いた月明り」のジニョン出演「僕らが季節なら」他、8作品をオムニバスでお届け
★韓国ドラマ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー