悲しいとき愛する 17話・18話と19話・20話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

悲しいとき愛する  슬플 때 사랑한다 全40話

第17話視聴率 9.9% 第18話視聴率 10.9%

quetalsurinoさんより

 

第17話・第18話 あらすじ

ウ・ハギョン館長に成りきって、夫カン・イヌク(リュ・スヨン)を会うことに不安を感じながらも、ソ・ジョンウォン(チ・ヒョヌ)の力になりたいユン・マリ(パク・ハンビョル)は、ウ・ハギョンの映像をもとに彼女になるため準備します。マリはウ・ハギョンと全く同じ顔をしていることに驚き、完璧なウ・ハギョンに成りきるため努力します。

カン・イヌクと約束した当日、髪型をウ・ハギョンのように変え、メイクをし、外見は完全にウ・ハギョン。イヌクは約束時間よりも早くギャラリーに到着し、館長から直接説明を聞きたいとリクエストします。勇気を振り絞ってイヌクに説明を続けていたマリは、途中首に巻いていたスカーフを落とし、イヌクはマリの首元を見ると、見覚えのある首元。。。ハギョンの正体が気になるイヌクは、妻マリと必ず関係があると疑い始めます。

約束通り、ギャラリーと契約を交わしたイヌクはマリに握手を求め、不安を感じながらもマリは堂々としようと、彼の手を握ります。ギャラリーを出たイヌクは、美容整形外科医のハ・ソンホとエレベーターで出会うと、ジョンウォンとハギョン夫婦と面識があるのかを確認すると、名刺を渡します。

イヌクを送り出したマリは、緊張が解けると倒れそうになり、クリニックに戻ったジョンウォン(チ・ヒョヌ)は、マリの姿を発見すると「ハギョン?」と呼んでします。しかし、すぐ側にイヌクの姿を確認すると、ジョンジョンはマリを抱き抱え、イヌクから彼女を守ります。ジョンウォンを確認すると安心感から微笑みを見せたマリが、突然涙を流し。。。マリをタクシーに乗せた後、ヘラに何があったのかを確認したジョンウォンは、ヘラに怒りをぶつけ契約を破棄するよう求めます。

ジョンウォンの怒りをみたヘラは、「マリさんへのあなたの感情は何?」と問います。その言葉に、ジョンウォンは、ロビーで泣いていたマリを思い浮かべる。階段を下りていたジョンウォンは、自分の胸に手を当てると、「彼女への気持ちは、もしかすると・・・」と自分自身に問います。

「彼女への気持ちは、ハギョンの姿を懐かしがるだけ。いや、再び恋に落ちたかも。。。」と思ったジョンウォンは、タクシーを拾い。。。

第17話・第18話 感想

最後の場面に登場したのは、ローズ!花言葉は「恋の魔法にかかりました」でした。ちょっとくすぐったくなるほど恥ずかしい表現ですが、恋の魔法って、素敵ですね。

ジョンウォンはハギョンの母を訪れると、マリ(パク・ハンビョル)に亡くなった妻、ハギョンの顔を整形したことを正直に伝えます。そのことを知ったハギョンの母はひどいショックを受けることになりました。

その後、ハギョンのお墓に立ち寄ったジョンウォンは、過去を振り返ります。ハギョンが事故に合う前、浮気相手と電話で会話していたことを聞いていたジョンウォンは、怖くなってハギョンの浮気を確認することができなかった!亡きハギョンに語るジョンウォンの言葉は、マリを危から守りたい、幸せな人生を木ってもらいたい。。。再び同じ間違いを犯したくないと語るジョンウォンは、マリに恋し始めたようですね。ただ、ハギョンに恋しているのかマリに恋をしているのかは、正直まだハッキリしないようで、今後、自分の気持ちを確認することになりそうです。

一方、ジヌクはハギョンの姿から妻マリを重ね合わせたことを、思い浮かべると、「もしかしたら?」とウギョンの正体を疑い始めるようです。整形をして顔が変わるまでの様子があっという間に過ぎたのに比べると、ギャラリーでのハギョンを演じるマリとジヌクの姿が中心に描かれた今話は、ちょっと展開が遅い気がしました。

涙を流すマリを見るとジョンウォンの心は痛み。。。チュ・ヘラはマリに特別な感情を持つジョンウォンの姿に不安は高まるようで、ヘラの嫉妬がマリを危険にさらすことになりそうで、近くでウギョンを確認したジヌクは、ウギョンがマリだと気づくのでしょうか。

マリがジョンウォンに惹かれる気持ちが理解できるほど、チ・ヒョヌの魅力が発揮!ところで、ウギョンが浮気していた相手は誰なのでしょうか。ふと、疑問に感じました!

隠していたジョンウォンへの気持ちを告白します。しかし、ジョンウォンにとってヘラは友人や家族のような存在。ヘラの気持ちを受け入れることはできず。ジョンウォンの言葉に傷ついたヘラは一人車の中で号泣し、イヌクは設置した監視カメラを通じてその過程を見ている。

その後、野望家のヘラに無限なサポートを約束したカン・イヌク。。。

ヘラから話があると連絡を受けたマリは、約束場所に向かいますが、彼女の前に現れたのはヘラではなく、イヌクでした。結婚指輪もなく素朴な姿で現れたマリに、イヌクは疑いの目を光らせ、恐怖を感じ始めたマリは、動揺。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第19話視聴率 9.1% 第20話視聴率 9.6%

quetalsurinoさんより

 

第19話・第20話 あらすじ

ソ・ジョンウォン(チ・ヒョヌ)は、ユン・マリ(パク・ハンビョル)をハギョンと呼んでしまったことで、マリが傷ついただろうと気にし、マリの家に向かいます。妻のお墓から戻ったことを伝えると、マリをハギョンと呼んだことを謝ります。ジョンウォンはハギョンに一目ぼれしていたことを話すと、妻ハギョンの顔に手術をしてしまったことを後悔する様子。。。その後、確信できないマリへの気持ちに真剣に向き合う決心をします。

一方、ジョンウォンの帰りを待つチュ・ヘラ(ワン・ビンナ)は、長年隠していたジョンウォンへの気持ちをついに告白。しかし、彼女を家族や友人以上に思えないジョンウォンの反応は、冷たい。叶わぬ片想いに一人涙を見せる姿を、監視カメラで確認したイヌクは、ヘラの気持ちを利用することに。ヘラはギャラリーを大きく育てるためのサポートをイヌクから受けることを条件に、イヌクと手を結ぶことになります。

ヘラから連絡を受けたマリが約束場所に到着すると、イヌクが待っていた!素朴で結婚指輪も外しているマリは、厳しくチェックするイヌクの視線にソワソワ。その時、マリの手を優しく握ったのは、ジョンウォンでした。イヌクとの契約を破棄する手続きを進めていたジョンウォンは、ヘラからマリがイヌクと一緒に居ることを聞かされると、心配で二人のいるレストンランに駆け付けます。

契約を白紙に戻したいと申し出たジョンウォンとは違い、ギャラリーの経営難を乗り越えるためには、イヌクの支援が必要と判断したマリは、イヌクとの契約を維持する意向をあらわします。レストランで別れた後、マリを家まで送るジョンウォンの後を追う一台の車が。。。運転をしているのはイヌク(リュ・スヨン)でした。

一人になったマリは、何者かがドアを開けようとする音に気づくと怯えます。その後、聞こえてきた声は、イヌクでした。「マリ!マリ?」と確認すると、ドアを無理に開け中に入る・・・怯えた様子のマリは息を止め、身を隠します。

しかし、イヌクに見つかってしまう。。。

第19話・第20話 感想

サスペンスドラマというよりは、ホラー物を観ているような効果音と、土足でマリの家に押しより、隠れている彼女をつかまえようとするイヌクが怖い!部屋の中にあった絵画を発見した時、その部屋にいること、マリは生きていると確信します。しかし、部屋の中にはマリの姿はなく、ウギョンだけが。。。ウギョンが?マリは?と戸惑いながらも、マリの行方を尋ねるイヌクの狂おしい姿!

恐怖のあまり身動きが取れないマリ・・・しかし、怯えている彼女を助けに現れたのはジョンウォン(チ・ヒョヌ)でした。マリの家の前に止められていたイヌクの車に気づき、ジョンウォンが引き返してきたってこと。イヌクからマリを守ったジョンウォンは、制御できないイヌクの攻撃を受けて、怪我を負います。

マリが警察に連絡したことから、出動したパトカーのサイレンに、イヌクの秘書が彼を急いでその場から連れ出しました。でもウギョンがマリだとはまだ気づいていない様子で、ウギョンがマリをかくまっていると思っているのでしょうか。マリが生きていると知ったことで、今後、ジヌクの執着の方向が、ウギョンに向けられそう。

一度きりの条件で、ウギョンのふりをしたマリは、ジヌクから身を守るため、ウギョンとしてジョンウォンと共に生活することになりそうで、その過程で、ジョンウォンが亡き妻への未練なのか、新たな恋に落ちたのか、自分の気持ちを確かめることになりそうですね。

ヘラのジョンウォンへの片想いは、嫉妬へと変わり、イヌクに協力することになりました。植物状態だったウギョンが既に死亡していることを、イヌクが知る時が近づいてきているようですね。ヘラはついにウギョンの姿をしたマリの正体をイヌクに明かすことになるのか、それともハ・ソンホ(コ・ジュウォン)を通じてその事実を突き止めることになるのか、新たな局面を迎えることになりそうです。

マリのナレーションの後に、「あなたの気持ちを確認しました!」のメッセージ。ジョンウォンだけではなく、マリもジョンウォンに特別な感情を抱き始めている。。。

 

悲しいとき愛する 21話・22話と23話・24話 あらすじと感想

 

悲しいとき愛する 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー