悲しいとき愛する 1話・2話と3話・4話 あらすじと感想 チ・ヒョヌ ソ・ジョンウォン役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

悲しいとき愛する  슬플 때 사랑한다 全40話

第1話視聴率 9.7% 第2話視聴率 10.5%

quetalsurinoさんより

 

第1話・第2話 あらすじ

一人の男性がふらつきながら、どこかに急いで向かうと、後を追う別の男性の姿・・・その後、聞こえてくる銃声。銃傷を負った様子の男性はプールに転落し。。。

絵を描きながら平和な時間を過ごしていたユン・マリ(パク・ハナ)は、夫カン・イヌク(リュ・スヨン)の帰宅を知ると極度に緊張する様子をみせます。夫との約束がキャンセルされたある日、ユン・マリが向かった先は、整形外科があるビル。整形外科の入り口には、美容整形医のハ・ソンホ()と再建整形医のソ・ジョンウォン(チ・ヒョヌ)の紹介があり・・・ユン・マリが選択したのはハ・ソンホ医師。

「顔を変えてください。誰にも私だと気づかれないよう、完全な別人に」と語るユン・マリの言葉に、ソ・ジョンウォン(チ・ヒョヌ)は、美容目的の整形なら、美容整形外科へ相談するようすすめ、顔を変えないといけない程の悩みがあるなら、話して欲しいと語ります。しかし、ユン・マリは自分が置かれた状況を話すことができず病院を後にします。

ソ・ジョンウォンには長年植物状態の妻が。。。彼女が植物状態に陥ってからは、経営していたギャラリーは、友人のチュ・ヘラ(ワン・ビンナ)が運営している状況で、チュ・ヘラに頼まれ、新人画家を探す作品展に応募してきた絵の中で気に入った作品を発見したソ・ジョンウォン。ジョンウォンが選んだ絵は、ユン・マリが偽名で応募した作品でした。

結婚して5年間、子供ができないことを不満に思うカン・イヌク(リュ・スヨン)の父。しかし、ユン・マリは、夫との間に子供を産むことを望ます、その気持ちを夫に伝えます。自由の全くない生活から逃げ出したいマリ。しかし、二人の口論が激しくなると、カン・イヌクは妻に暴力を振るいます。

夫に内緒で、友人に力借りて応募した新人画家発掘展に当選したマリは、喜びのあまり夫に嘘をついて友人と会うことに。。。マリの後をつけて約束場所に現れた夫のイヌクは、妻の前に座る男性の姿に怒りを隠せず、再び暴力を振るおうとし、「あなたの母にそっくりの私の顔を・・・」と抵抗する。一緒に居た男性は友人の新しい彼氏でした!

第1話・第2話 感想

原作は1999年に放送された「美しい人」。

「空から降る一億の星」も韓国でリメイクされたばかりですが、このドラマの原作は常盤貴子主演で、原作を観た時はエンディングが理解できず、2回も最終話だけ観た記憶があります。原作があるドラマの場合は、比較しながら観るのも楽しいですね。ただ、原作がかなり古い。。。

 ドラマが始まってすぐに登場した銃声や撃たれた男性が誰かは明らかにならず、話しはさかのぼるようです。

 主人公のマリが夫イヌクと一緒に居る時に、極度に怯えていた理由は、夫の執着と暴力に悩まされていたからでした。画家を夢見る美しいユン・マリ(パク・ハナ)に恋した財閥2世のイヌク(リュ・スヨン)は、求愛の末、結婚することになった二人。父の暴力が原因で母が姿を消したことがイヌクの心の傷?トラウマになっているようで、彼から逃れないことを知ったマリは死を決心。

 ユン・マリが応法した作品は自画像で、「私は明日死にます」の意味を含んでいます。夫から逃げるためフェイスオフ、別人に顔を変えてしまうことを思いついたマリ。しかし、チ・ヒョヌが演じるソ・ジョンウォンは、美容目的の整形手術ではなく、事故や怪我などで負った傷を再建する手術を専門にする医師。一旦は手術を断りましたが、マリの顔を別人に変える手術は行われるはずなので、その手術がマリとジョンウォンの運命をどのように変えるかが、話しの中心になるようです。

 植物状態の妻ウ・ハギョン(パク・ハンビョル)とチュ・ヘラ(ワン・ビンナ)は大学時代からの友人ですが、両親を亡くしたヘラを引き取ったのがジョンウォンの両親でした。以降、長年ジョンウォンに片想いしながらも、気持ちを伝えられないままのチェ・ヘラ。ユン・マリが登場したことで、嫉妬心から悪女になってしまう。メロドラマとしては面白い要素が満載です!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第3話視聴率 9.7% 第4話視聴率 9.9%

quetalsurinoさんより

 

第3話・第4話 あらすじ

夫、カン・イヌク(リュ・スヨン)からの暴力はなかったものの一人家に戻ったユン・マリ(パク・ハナ)

は、夫からの届いたメールを確認すると、恐怖のあまり悲鳴を上げると、持っていたハサミで髪を無造作に切り始めます。外は雨、ドアの外には夫が贈ったプレゼントとメモが残されて・・・、マリはそのまま逃げるように姿を隠します。

一方、レストランで妻マリを待つイヌクは、彼女が姿を消したと知らされると、表情がこわばる。

逃げたマリ(パク・ハナ)が向かった先は、ソ・ジョンウォン(チ・ヒョヌ)のクリニックの前。しかし、中に入ることなく、外でソ・ジョンウォンが出てくるのを待っていたマリは、彼の自宅まであとをつけます。ずぶ濡れになって現れたマリを招き入れたジョンウォンは、妻の服を渡します。その時、着ていた服を脱ぎ、アザの痕をジョンウォンに見せたマリは「助けてください・・・」と伝え、夫と初めて出会った頃から、これまでの関係を説明します。

マリの話を聞いたジョンウォンは、合法的な手段を使って夫と別れることを説得し、肯定的な返事をすることなく、緊急手術の連絡で再びクリニックに戻りことになります。ジョンウォンの自宅で休んでいたマリは、療養中の母が気になり連絡を。。母が無事だと知ったマリは、母の療養先を訪れます。しかし、マリの母の病室で待ち構えていた夫と鉢合わせになり、そのまま家に戻されることに。

ジョンウォンが戻った時に、マリの姿はなく。その後、海外の学会に出席するため、クリニックを空けることになったジョンウォンは、マリが心配で、チュ・ヘラ(ワン・ビンナ)に相談します。身元が明らかでない女性を気遣うジョンウォンを心配するチュ・ヘラ。出発前、ジョンウォンは、再びマリが訪ねてきた際は、必ず連絡先を残すようメッセージを残し。。。

自宅に戻ったマリに、夫カン・イヌク(リュ・スヨン)は手に入れた拳銃を突き付けると、マリを脅します。夫への恐怖は更にふくらみ、夫の束縛に命の危機を感じたマリは苦しみ怯える。

第3話・第4話 感想

「死生決断ロマンス」で神経外科医を演じたチ・ヒョヌが、今度は整形外科医を演じ、 チ・ヒョヌらしい役だと感じました!

顔を変える前のユン・マリをパク・ハナが演じていますが、歪んだ愛の表現しかできない夫をリュ・スヨンがすごく上手に演じて、逃れようとする妻と、そんな妻を逃さないため、驚異的な存在へとなってしまう夫婦関係が詳細に演じられ、観ていてゾッとする気持ちになりました。緊張感溢れる二人の関係に夢中になりましたが、ドラマが終わった後、ちょっと典型的なメロドラマのパターンのような気がしました。

ソ・ジョンウォン(チ・ヒョヌ)と妻ハギョンの夫婦関係も破局を迎えようとしていました。真面目で一途すぎる夫に不満を持っていたハギョンは、事故で昏睡状態に、その後植物状態が数年間続くことに。。。事故の前に二人が結婚記念日を祝ったレストランは、マリが夫からプロポーズされた場所でした。

第1話の始まりで登場した銃声は、カン・イヌクが手に入れた拳銃だったのでしょうか。最初の場面と関係があるとすれば、イヌクかジョンウォンのどちらかが撃たれたことになり、結末と関係がありそうで、メロドラマですが、サスペンスドラマのように小さなヒントがたくさん隠されていそうです。

原作の「美しい人」に似ていることから話題になったドラマに、ナム・サンミとキム・ジェウォン共演の「彼女はといえば」がありますが、美容整形手術でフェイスオフに成功したヒロインが手術の後遺症で記憶喪失になり、失った記憶をたどることで過去の自分を探すサスペンス性の強いメロドラマで、個人的には好みにピッタリのドラマでした。

夫の暴力に苦しむ妻ユン・マリは、夫から逃げきることができるのでしょうか。

チ・ヒョヌ 지현우 ソ・ジョンウォン役
出典:http://www.imbc.com/
生年月日: 1984年11月29日 身長: 185 cm 体重74kg本名はチュ・ヒョンテ。グループ「The Nuts」のギタリストとして活動。KBSドラマ「愛しの金枝玉葉」から本格的に俳優活動
死生決断ロマンス (2018/MBC)ハン・スンジュ 神経外科医
恋する泥棒(2017/MBC) チャン・ドルモク(キム・スヒョン)大泥棒、弁護士、会計士
ウォンテッド~彼らの願い~ (2016/SBS) チャ・スンイン 江南警察署刑事課強力捜査チーム刑事
錐-キリ-(2015/JTBC) イ・スイン プルミ(大手スーパー)野菜青果パート課長
ラブリー・アラン(2015/MBC) パク・ノア ミョンソン高校2年3組担任教師
トロットの恋人(2014/KBS) チャン・ジュニョン スターアーティスト
イニョン王妃の男(2012/tvN) キム・ブンド 弘文館校理

 

悲しいとき愛する 5話・6話と7話・8話 あらすじと感想 パク・ハンビョル ユン・マリ役

 

悲しいとき愛する 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー