Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

悲しいとき愛する 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●【日本初放送】KNTV(2019/10/3から)木曜日20:50から2話連続放送 字幕
●韓国放送期間 2019年2月23日~4月27日 4回連続放送(30分×4)

1999年 日本で放送された野島伸司脚本の「美しい人」のリメイク作品

悲しいとき愛する  슬플 때 사랑한다 全40回(※全20話)
2019年放送 MBC
平均視聴率 9.71% 시청률 最低視聴率第33回6.6% 最高視聴率第6回・第10回13.0%
MBC 悲しいとき愛する  슬플 때 사랑한다
あらすじ

本当の愛を見つけにくい時代に本物の愛を求める3人の男女の激情メロドラマ。愛はありふれているが、真実の愛は難しい時代に、真実の愛を見つけていく男女の激情ラブストーリー。

画家のマリ(パク・ハナ)は自分の顔に亡き母の面影を重ねる夫のイヌク(リュ・スヨン)からの常軌を逸したDVに苦しんでいた。イヌクから逃れるため形成外科医のジョンウォン(チ・ヒョヌ)の病院を訪ね、顔を変えてくれるよう懇願する。一度は手術を拒否するジョンウォンだったが、事故で長年昏睡状態だった最愛の妻ハギョン(パク・ハンビョル)が亡くなり、自責の念からマリの手術を決意する。麻酔から目覚めたマリ(パク・ハンビョル/2役)は、ジョンウォンの妻の顔になって生まれ変わる。ジョンウォンは事情を抱えたマリを心配し自分の家にしばらく滞在させることに。亡き妻と瓜二つのマリに戸惑いつつも次第に惹かれていくジョンウォン。一方マリもジョンウォンとの生活に安らぎを感じるが、姿を消したマリの行方をイヌクが執拗に追っており…。

KNTV 悲しいとき愛する 相関図
キャスト

チ・ヒョヌ ソ・ジョンウォン役(37歳) 整形外科の院長

パク・ハンビョル ユン・マリ役(32歳)インウクの妻(※パク・ハナ(1回〜6回)→パク・ハンビョル)

リュ・スヨン カン・インウク役(38歳)マリの夫、ゴンハ建設社長

ワン・ピンナ チュ・ヘラ役(37歳) ギャラリーの副館長

 

ジョンウォンの周辺人物

パク・ハンビョル ウ・ハギョン役(32歳) ジョンウォンの妻

ムンヒギョン ジョンウォンの母役(64歳)元医師、療養病院長

 

ソ&ハ形成外科

コ・ジュウォン ハ・ソンホ役(37歳)ジョンウォンの友でありライバルの院長

ファン・ジョンイン パク・ナヨン役(28歳) 看護師 改名前パク・ボンスク

パク・サンシン キム・ボンウ役(34歳) 麻酔科専門医

 

マリの周辺人物

キム・イェリョン イ・ギョンヒ役(52歳) マリの母

キム・ユンジュ チェ・ウソン役(32歳) マリの友達 美術学院運営中

 

インウクの周辺人物


パク・ハナ:ユン・マリ役(32歳)-インウクの妻(整形前の姿)


チョン・ウォンジュン カン・イルグク(66歳)-インウクの父、ゴンハグループ会長


○○:ムンヒェスク(52歳) – インウクの継母


アン・ジョンフン:ガン・インサン(17歳) – インウクの異母弟、ヒェスクとイルグクの息子


ガン・ソンウク:キム秘書(29歳) – インウクの秘書


コ・ナウン :オ・チョリョン(32歳)-インウクに雇用された元刑事

画像出典:http://www.imbc.com/

スタッフ /脚本ソン・ジョンリム、演出チェ・イソプ、ユ・ボムサン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんより

●以下話数ごとのあらすじと感想 KNTV 日本放送では1・2話が1話。3・4話が2話となります。

悲しいとき愛する 1話・2話と3話・4話 あらすじと感想 チ・ヒョヌ ソ・ジョンウォン役
悲しいとき愛する 5話・6話と7話・8話 あらすじと感想 パク・ハンビョル ユン・マリ役
悲しいとき愛する 9話・10話と11話・12話 あらすじと感想 リュ・スヨン カン・インウク役
悲しいとき愛する 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想 ワン・ピンナ チュ・ヘラ役
悲しいとき愛する 17話・18話と19話・20話 あらすじと感想
悲しいとき愛する 21話・22話と23話・24話 あらすじと感想
悲しいとき愛する 25話・26話と27話・28話 あらすじと感想
悲しいとき愛する 29話・30話と31話・32話 あらすじと感想
悲しいとき愛する 33話・34話と35話・36話 あらすじと感想
悲しいとき愛する 37話・38話と39話・40話(最終回) あらすじと感想

●以下作品感想

●整形手術で顔を変えてまで夫から逃れようとした妻と、愛し方を知らない夫の妻への執着・・・その結末はシリアスな物?

ヒロインをめぐり広げられるドロドロ三角メロドラマ!

日本のドラマ「美しい人」をリメイクした作品で、夫から暴力を受けていたヒロインが自殺を装って姿を消し、美容整形手術を受け、全く別人の顔を手に入れる・・・。新しい顔で新たな人生をスタートさせようとしたヒロインは、手術をした美容整形外科医のソ・ジョンウォン(チ・ヒョヌ)と恋に落ち、夫は妻が生きていることに気づくと彼女を追跡する姿が主なストーリー。

自殺で母を亡くした夫カン・イヌク(リュ・スヨン)は、母に似た女性、ユン・マリ(パク・ハンビョル)を妻に迎え入れ、幸せな結婚生活を送るはずが、歪んだ恋は家庭内暴力へと発展し、妻への執着は深まります。ドラマはスタートから最終話まで、緊張感溢れる展開が続き、愛し方を知らない夫の姿にハラハラする。夫カン・イヌクを演じるリュ・スヨンの悪役ぶりが強烈で、その執着の強さにイライラさせられることも!

韓国では放送前から、ナム・サンミ主演の「彼女はといえば(原題)」とドラマの内容が似ていることが話題になりました。両方のドラマを視聴した感想としては、夫の暴力から逃げるため顔を手術する部分は似ているけど、全く違う印象を受けました。「彼女はといえば(原題)」は、整形手術を受けたヒロインが後遺症で、記憶喪失になり、自分自身を見つけていく、サスペンス的な色が強い作品でした。「悲しいとき恋する」は、原作「美しい人」を韓国風ドラマにアレンジした感じ。最も違った点は、手術を受けたヒロインの新しい顔に秘密が隠されています。

リメイクされたこの作品でも、オリジナルのドラマでも、ストーリーの展開や登場するエピソードに合わせてハーブや花言葉が共通して登場しますが、愛し方を知らない夫カン・イヌクが迎えるエンディングは、原作とは異なる物でした。ユン・マリとソ・ジョンウォンの恋愛物語も、原作とはかなり違う展開となっています。韓国ドラマって様々な困難を乗り越え、ハッピーエンドを迎えるパターンが多いので、曖昧な結末ではなく、しっかりと分かりやすいエンディングを迎え、原作とは違うテイストのドラマに仕上げられています。

手術を受け顔が変わる前のユン・マリをパク・ハナが演じています。本当に短い出演でしたが、夫に怯えるパク・ハナの演技に、第1話から引き付けられました。正直、パク・ハンビョルの演じるユン・マリはヒロインとしては物足りない感じでした。最終話までドラマが楽しめたのは、チ・ヒョヌやリュ・スヨンが演じる主人公の演技がよかったからかもしれません。韓国では月曜日から金曜日まで毎日放送されるドラマの枠があり、長編ドラマの場合が多いですが、「白夜姫」、「輝け、ウンス」、「人形の家」などの長編ドラマで主演を務めるほどの演技力を備えた女優、パク・ハナがドラマのスタートを上手に切った印象を強く受けました。

一方的すぎる愛しかできなかった夫カン・イヌクの姿とは対照的に、ユン・マリとソ・ジョンウォンの愛は、信頼をベースに築かれた、試練までも乗り越えるほどの強い愛でした。ドラマのタイトルが「悲しいとき恋する」の理由は、最終話の花言葉と関係があるので、登場する花言葉の意味を一つ一つ知っていく楽しみもあって、ゆっくりと恋愛ドラマを楽しみたい方にお薦めしたい作品です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー