Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

悪魔が君の名前を呼ぶ時 15話・16話(最終回) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

悪魔が君の名前を呼ぶ時 마가 너의 이름을 부를 때 全16話

【韓国放送期間】2019年 7月31日から9月19日

第15話視聴率1.581%

 

第15話あらすじ

後日掲載

quetalsurinoさん

第15話感想

それほど進展はなかった。。。ラブコメでもなく、、、スリラーでもなく、でも、最終話が気になります。

悪魔リュ/モ・テガンが奪った人間の魂を保管していた木、、、その木の枝を切り落としたことで無数の魂が自由になります。しかし、魂を所有していた人間に戻す方法が分からないハリプ。一方、ハリプも契約終了が近づき、魂を回収されることになりますこれまで神に背いて人間の魂を奪う契約を結んできた悪魔リュを神が阻止する処置を取り、消滅させられる危機。

イギョンの魂を戻す方法がハリプは分からず、いつかは作曲家としてのインスピレーションが消え、作品を生み出せないことを心配したハリプは、旅立ちの前に曲を作曲し始めます。楽譜とCDを残し、今後、作曲ができなくなった時に使って欲しいと語るハリプの言葉に、イギョンは苛立ちを見せます。魂がない人間は涙を流すことがないと知らされていたハリプは、流れるイギョンの涙に、彼女の魂が近くにいることに気づきます。

側にいないと寂しくある、魂まで悲しさを感じる存在があることに気づいたハリプは、神と悪魔リュの賭けで、悪魔が負けたと断言。魔リュは認めない。。。これまではチ・ソヨンへの気持ちが人間だったモ・テガンの感情だと思っていましたが、彼女への気持ちが悪魔リュの気持ちだと気づくと混乱します。混乱するモ・テガンを優しく抱きしめるチ・ソヨンは、何も聞こうとはせず優しく接するだけ。

病院に運ばれる前、モ・テガンに抱きかかえられたチ・ソヨンは、彼の背中にある天使の羽を目撃していました。2019年の夏、韓国で放送され話題になった「ただ一つだけの愛(原題)」は天使とお嬢様のロマンスを描いたラブコメですが、キム・ミョンスが演じた天使はイケメンで心が優しい天使だったとすれば、「悪魔が君の名前を呼ぶ時」に登場する悪魔リュは、人間の本性と不完全な人間をつくり、人間の人生に関与せしないように見え、不公平にも思える神に異見を持った落ちた天使。

イケメン天使が登場するラブコメとは違い胸キュンするシーンはなかったけど、悪魔リュの苦悩が伝わりました。結局、選択をするのは神でも悪魔でもなく、人間だったこと。イギョンの兄は10年前の真実を語り、居候中だったドンハは過去間違った判決を下したことを正すための闘いを始める。イ・チュンリョルは横領で逮捕され、結末に向け動き出しました。

幸せなエンディングというよりは、下した決断に満足する良心的な結末が描かれるといいなぁ。そして、魂を失うハリプに何が起き、悪魔リュがどのような結末を迎えることになるのか??イギョンとの再会を予期させるエンディング。。。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第16話視聴率1.597%

 

第16話(最終回)あらすじ

後日掲載

quetalsurinoさん

第16話(最終回)感想

エンディングはハッピーエンド。。。このドラマ、楽しかったけど、若干ガッカリした点は、期待していた主人公のロマンスらしいロマンスは登場しなかったところです。一部コミカルな展開もありましたが、完全なコメディでもなく。砂漠でしにかけていたハリプは偶然通りかかった親子に助けられ、リュはハリプの魂を奪うことなく返す。

砂漠のど真ん中にいるハリプを待ち受ける悪魔リュ/モ・テガン。ハリプがヒマラヤの砂漠にいる理由を尋ねると、ハリプは神によってまだ消滅させられなかったのかと、冗談を飛ばします。「僕のファンミーティング?」と聞くリュに、「音痴はなおせても、お前の歌には魂がない!」と答えるハリプの魂を奪うリュ。

ハリプが砂漠を選んだ理由は、魂を失った後、他の人間にこれ以上悪魔契約を結ばせないためだったようです。砂漠で誰も出会わなければ、契約を持ち出すことにならない。リュがハリプの魂を奪うシーンは、短く思った以上の特別な変化はなかった。ハリプの目は焦点が合わず、目が赤くなる。その後、小さく光る丸い点の形を持つハリプの魂が現れ。。。無表情になったハリプは砂漠を歩き始めます。突然の砂嵐で意識を失ったハリプ。

悪魔との契約を選んだハリプはこのままだと魂を失い、悪魔のような人間になってしまう。ハリプの魂が回収されるまで残された時間は二日。状況から抜け出すためには、ハリプ自身が行動を起こす必要があると痛感。

ハリプは10年間発表した作曲がオリジナルではなく、コピーしたこと」引退を表明します。チ・ソヨンはすべての作品が誰かから奪った作品とは断定できないとハリプを説得しようとしますが、すべての責任を取り引退を決意するハリプ。チ・ソヨンはハリプが残したCDを渡し、イギョンの要求通りにハリプは引退。

モ・テガンの体に住み着いていた悪魔リュは、これまで奪った人間たちの魂を自由にし、神の命令に従い地獄に向かう。その前、リュはチ・ソヨンのための小さな舞台を準備し、気持ちを伝えます。感激するソヨンはリュの正体を聞くことなく。悪魔なのかを確かめなかったことは、彼が誰であろうがソヨンが恋をしたのは、モ・テガンではなくリュだったから。

それから1年後の様子が登場しました。モ・テガンは俳優として人気を集めマネージメント契約をチ・ソヨンとすることを望みすが、ソヨンは新たな自分の道に進み。。。その前に、空を見上げ、悪魔リュを思い浮かべるようなシーンが登場しましたが、叶わないロマンスでした。

1年後、ハリプとイギョンが再会!しかし、ハリプには異変が、、、数日間はハリプの姿で生き、一日はソ・ドンチョンの姿で生きることの繰り返し。。。

エンディングはイギョンとハリプが歌う姿が。バスキング、音楽舞台、主題歌もステキで、音楽中心の展開に重点をおいてみると、他のドラマとは違う楽しみがあります。そもそも悪魔/天使、神、人間の関係を描くことは難しいテーマなので、音楽ドラマとしてアピールする方がこのドラマの良さが伝わるかも。「悪魔が君の名前を呼ぶ時」は見せられたもの以上を想像させるドラマだったので、個人的には面白かったです。

 

悪魔が君の名前を呼ぶ時 あらすじと全話感想 視聴率 キャスト・相関図

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー