Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

悪魔が君の名前を呼ぶ時 13話・14話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

悪魔が君の名前を呼ぶ時 마가 너의 이름을 부를 때 全16話

【韓国放送期間】2019年 7月31日から9月19日

第13話視聴率1.369%

 

第13話あらすじ

後日掲載

quetalsurinoさん

第13話感想

目の前で意識を失ったルカ(ソンガン)の姿に、何故不幸ばかり置き続けるのか泣き崩れるイギョンの姿と、二人を目撃したハリプ(チョン・ギョンホ)。

ハリプはその場に悪魔リュ/モ・テガン(パク・ソンウン)がいる姿を確かめると、すべては悪魔リュの仕業と考え。。。10年前の契約でルカの命は10年間延長されましたが、数日前、手術の時に命を失くすはずだったのが、イギョンが働くカフェの店主コン・スレによって命を助けられました。でも、ルカは死ぬ運命だったのでしょうか。

ハリプは悪魔リュから選択を迫られ、10年前と同じく再び息子ルカの命を助けるために、悪魔との取引きをする決意を固める。悪魔と取引きをすると4つの願いが叶うと、ルカの命を助けられるのはイギョンしかいないことから、イギョンを助けるよう説得します。涙を浮かべたイギョンが、じっとハリプを見つめる時、胸がいっぱいになりました。

ルカのためにイギョンを犠牲にしようとするハリプの気持ち、父として息子を助けようとする気持ちは理解できるけど、ハリプの自己中心な態度に腹が立ちました。イギョンが可哀そう。。。結局悪魔との契約にサインをしたイギョンの一つ目の願いは、彼女の周りの人が平凡で普通の生活を送ることでした。イギョンの義父の意識が戻り、彼女の家族はこれまでなかった静かな時間を過ごすように見えますが、肝心なイギョンが変ってしまった。

優しく前向きで一生懸命だったイギョンの姿はもうない。。。魂を失ってしまったイギョンは、これまでとは全く違う性格に変りました。徹底的に自分を中心に考える姿が逆に合理的に見えたのは私だけでしょうか。

ハリプがソ・ドンチョンだと知ったイギョンは、これまで見せたことのない冷たい表情を見せ、魂が失われた人間は、周りに同調できず自己中心的に変るのかと考えると、正直、悪魔に魂を売ったから、何がそれほど変わったのか??魂とは何かを考えさせられました。正直、抽象的で目に見えないけど、人間にとって最も重要なのが魂だとすれば。。。。

魂を失ったイギョンは、ソウルエンターテインメントからハリプを追い出し、イ・チュンリョルと手を組む様子で、最終話までブラック化したイギョンの姿を見ることになるのか、今後の展開が気になります。

韓国ケーブルテレビのTvNで放送されているファンタジードラマをみると、CGが多く使われていますが、このドラマでも天使と悪魔リュが対決する姿が描かれ、なんかスターウォーズを観ているようで、幼稚だった。 

神との賭けで果たして悪魔リュが勝ったのか?!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第14話視聴率0.945%

 

第14話あらすじ

後日掲載

quetalsurinoさん

第14話感想

ハリプの望み通りルカは助かり、悪魔リュ/モ・テガンの秘書だったカン課長は前話、交通事故で死亡。。。結局悪魔と取り引きした人物は神の審判を受けることになるのでしょうか。ハリプは契約を白紙に戻しイギョンの魂を戻すため、自らの命を犠牲にしようと悪魔リュに歯向かう行動を起こし、リュの剣で命を落としたと思ったら、死ぬことがなかった。

あれ?ちょっと理解できない展開でしたが、死を自由に選択することもできなくなったハリプ。これまで悪魔リュが奪った魂は彼の自宅の中の木に集められて、魂の形は小さな光を放つ丸い点でした。悪魔リュも、神の命令でもうじき消滅する運命。

すべてをもとの通りに戻すよう要求するハリプに、「人間を誘惑したのは間違いないが、最終的に契約書にサインをしたのはお前ら、人間だ。悪魔を呼んだのは人間・・・」と語ります。結局は悪魔の誘惑を受け入れた、選択したハリプ自身の欲望が生み出した結果だと、もとに戻ることはできないと念を押します。

一方、イギョンの義父は意識を取り戻した後も、お酒におぼれ、イギョンの母に暴力を振るいます。家庭内暴力があったとの通報に向かったギョンスは、父の死亡を確認。そのそばで怯えた表情を見せるイギョンの母は、過去の過ちを繰り返さないようギョンスに伝えると、母の腕に手錠をかけます。居候中のドンハも失った記憶を取り戻し、過去の過ちから逃げないことを決心します。担当した裁判で不正を働いたのでしょうか。

魂を失ったイギョンは、ハリプを追いつめ、イ・チュンリョルと協力しソウルミュージックから代表のチ・ソヨンまで追い出し。10年前ハリプと共に会社を大きくしてきたことを振りかえると、クールにすべてを手放し、ハリプに感謝の言葉を伝えます。でも、大丈夫じゃなかった!大量の薬をのみ、意識がもうろうとする中、自分を抱きかかえているモ・テギョンの姿を見ると、意識を失います。でも、病院に運ばれ命は助けられます。

チ・ソヨンへの混乱する気持ちは悪魔リュの気持ちではなく、モ・テガンが残した恋の記憶の残骸だと語っていた悪魔リュは、チ・ソヨンを死から救ったことになりますが、チ・ソヨンと悪魔リュの関係は悲しいエンディングを迎えることになるのでしょう。。。

父ソ・ドンチョンの行方を捜し続けていたルカに、イギョンがすべてを話します。過去、息子ルカの命を助けるためソ・ドンチョンが悪魔と契約を結んだことを伝え、ハリプがソ・ドンチョンであると明かす。ショックを受けたルカは、罪悪感に苦しみます。

イギョンの魂が最高級のピュアなものとされた理由は、10年前の義父の事件の時も、ルカの命を助けようとするハリプに契約を交わすようお願いされた時も、自分自身のための欲望を叶えるための契約ではなく、誰かのための犠牲だったこと。どんな状況でも明るく前向きだった彼女の純粋な気持ちが反映された魂の所有者だったから?? 

このドラマの結末は、明るいエンディングであることを期待して!

 

悪魔が君の名前を呼ぶ時 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 

悪魔が君の名前を呼ぶ時 あらすじと全話感想 視聴率 キャスト・相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー