悪鬼 キャスト・相関図 あらすじと感想 視聴率

2023年


放送予定 

【日本放送】 

●ディズニープラス 同日配信

【韓国放送期間】 2023年 6月23日~7月29日

悪鬼 

악귀

2023年放送 SBS 金土 全12話

視聴率

平均視聴率 10.4% 시청률 最低視聴率第6回9.5% 最高視聴率第12回11.2%

悪鬼SBS 悪鬼 

あらすじ

悪鬼・死・オカルトを描いた息を呑む、悪鬼に取り憑かれた女ク・サニョンと、その悪鬼を見ることのできる男ヨム・へサンが、疑問の死を暴くオカルト・ミステリー

相関図

出典:https://programs.sbs.co.kr/

キャスト

 


出典:SBS

キム・テリ ク・サンヨン役

戊寅年、寅年生まれ、25歳、女性

「普通の人生」が夢の、N年次の公務員試験準備生。ただ9級公務員合格だけが、人生の希望であり目標。公務員に合格さえすれば、他の人が行っているグルメ店に一度行ってみるという願いが叶うと思う、25歳のク・サンヨン。

だが、鷺梁津には足も踏み込んでみたことがない。昼は働き、夜は勉強する人間だ。同年代の会社員がオフィスルックを着て、首に社員証をかけているとき、ヘルマット姿でカードリーダーと配達食品を持って飛び回る。最初からアルバイトと共生していたわけではない。甲斐性のない母に代わって自給自足しなければならなかった日々が、これまで続いてきただけ。しかし、幼い頃に死んだ父の代わりに、一人で孤独に娘を育てた母を思うと、胸が痛くなる。だからサンヨンは365日、いつでも一生懸命に生きるしかない。

周りによく見られる卑怯な人々、怠惰な人々を見ながら、サンヨンは自負心を持つ。金もなく職場もないが、それでも自分は良い人だという誇り。いつも最善を尽くして暮らし、いくら疲れても他人に礼儀をもって接し、身の程を越えた物を欲しがったこともなく、自分の力で堂々と金を稼いできて、常に誰かにとって必要な人だった。

小さいながらも素朴な、普通の人生を夢見る良い人。そんなサンヨンに、平凡ではないことが発生する。父の遺品を手にした後から、死亡現場でサンヨンの指紋がどんどん発見される。幽霊を見る一人の男は、私の欲求が悪鬼を抱いているという、呆れたことを言う。幽霊なんて信じなかったが、どんどん変わっていく自分の姿に戸惑う。

偽り、貪欲、そねみ、嫉妬…自分の中に隠されたもう一つの自分の姿が、信じられないサンヨン。それだけではない。 徐々に死が近づく。 私が愛する人。 家族、友人の命も危険だ…

サンヨンは、徐々に自分自身を恐れ始める。


出典:SBS

オ・ジョンセ ヨム・ヘサン役

癸亥年、亥年生まれ、40歳、男性

いつもどこか虚空を見つめている視線と、365日、暗い服だけ着る、謎の男。

ブランドのスーツや時計、高級外車、そして高級住宅まで、豊かな家の一人息子として生まれ、教授職では不可能な財力を持っている。

幼い頃から鬼と神を見ることができた。誰かの顔から広がる、赤いシミ。ガラス窓に現れ消える、手の跡。学校運動場の上をうろつく足跡。主人とは違う形の影。

ヘサンの目で見る世界には、私たちと他の存在があまりにも多かった。最初は彼らが怖くないふり、知らないふりをしたが、必ず探さなければならない存在を探すために、彼らに執着することになった。

教会、聖堂、寺院。 宗教という宗教は、すべて覗いてみて、図書館の関連図書たちを貪りながら、民俗学という学問で、おぼろげにその答えを見つけるようになって、没頭するようになった。

誰も行かない、死にいく村まで行って地域調査をすることを日常にし、全国の廃家、家、発掘現場、宮殿や陵、骨董屋などを探し、全国各地を訪れた。 そのように知られた大多数の幽霊は、善良な先身、先祖神、または行く道を失った哀れな存在たち。 あるいは、人にいたずらして逃げるだけの雑神たちだった。

そんなある日、ついに奴らが、ヘサンの目の前に現れた。ク・サンヨンという女の子に乗りうつったまま…数十年前、ヘサンの母を殺した、まさにその悪霊だ。幼い頃、ヘサンの目の前で赤いヒモを手に握ったまま死んだ母。その時初めて、その悪霊に対面した。髪をほどいた、黒い影。人々を殺しながら、ますます大きくなっていく悪霊を、サンヨンと追いかける中、衝撃的な事実を知り、茫然自失になる。


出典:SBS

ホン・ギョン イ・ホンセ

丙子年、鼠年、27歳、男性

ソウル庁の強力犯罪捜査隊の警衛であり、本人によると「警察大学の首席」という話を口癖にして生きるくらいに、自己愛が強力な人物。

ホンセがこんなに良く生きているふりをする理由は、元の性格が、綺麗な言葉を口にできない性格なので。二番目は、ホンセが負ければ両親の負けになるから。一度も良く生きたことはないが、一生懸命に生きた両親。一日中大変な仕事をして帰ってきたら、勉強するホンセの後ろ姿を見るのが楽しみだった。いつも最高の食べ物は「大きな仕事をする人」が食べなければならないし、良い服も「どこから産まれてきたのか分からない、一番素敵な息子」に着せる両親を深く愛するが、いつからか、その期待がホンセの後ろに見えない荷物のように積み重ねられた。その期待を捨てることはできない。

ただの事件ではなく、本当に価値のある事件を解決して特進し、しっかりと最年少警察庁長になるという立身出世の夢を抱いて、ソウル庁強力犯罪捜査隊に入ってきたホンセ。彼の進む道を止めるのは、パートナーのムンチュンだ。 強力係のへぼな巫女というニックネームらしく、幽霊が曲げるような事件だけを選んで捜査するムンチュン。とにかくムンチュンという障害物を避けて、昇進のために努力するが、サンヨン、ヘサンと絡み合いながら、見ても信じられない事件に巻き込まれることになる。

他の刑事たちは、ホンセを強力係のへぼな巫女ジュニアと呼び始めた。いつも自信に満ちたホンセの青春は、どんどんねじれていく。


出典:SBS

キム・ヘスク ナ・ビョンヒ役

丁丑年、丑年、86歳、女性

ヘサンの祖母であり、ジュンヒョンキャピタル代表。

豪華な邸宅で、外部から完全に断絶されたまま生きている。

目的のためには手段と方法を選ばない、冷血な人間。外孫であり、唯一の血筋であるヘサンにも容赦ない。


出典:SBS

パク・ジヨン ユン・ギョンムン役

戊申年、申年、55歳、女性

幼い頃、静かな田舎の村で生まれ育った。渓谷で魚を捕まえ、田んぼを狩り、子牛の出産を助け、おばあちゃんの話を聞くのは本当に自信があるが、学校の勉強はまったく思うようにならない。

狂ったように大学試験にぶら下がって個人授業まで挑戦してみたが、ある得ない成績で落ちた。落胆して故郷の村に戻ったとき、地域調査のために来た民俗学の教授ガンモに会い、一目惚れして追いかけて、結婚までゴールインした。

最初はすべてが良かった。不愛想だが、脇目もふらずに研究だけに専念するガンモが素敵だった。冷たいが洗練されて見えるガンモの母ソクランに似たかったが、サンヨンが5歳になった年、追われるように、その家を飛び出してくる。


出典:SBS

キム・ウォンヘ ソ・ムンチュン役

己酉年、酉年、54歳、男性

引退を控えた、強力犯罪捜査隊のベテラン刑事。

実力を認められ、強力犯罪捜査隊に発令されたわけではない。他人が担当したがらない、未解決事件を任せる人が必要だっただけだ。一度も能力を認められたことがない。だからといって、実力がないわけではない。

すべてが遅くて、珍しがって大切にする。どんなに小さなものも、いい加減に見て通り過ぎない。だから他人が見つけられない手がかりを見つけることもあるが、認められることに関心がないので、毎回手柄を奪われることになる。

若かった時に妻と死別した後、ずっと一人だった。そんな彼にとって家族みたいな存在は、ヘサン。彼が引き受けた、最初の殺人事件の遺族だ。今も未解決のその事件は、いつも心にコブのように残っている。なので、ムンチュンの机の引き出しの中には、奇妙な事件がいっぱいだ。

このような事件の後を追ってみたら、その事件の真相を明らかにできないだろうか…。


出典:SBS

ヤン・ヘジ ペク・セミ役

戊寅年、寅年、25歳、女性

サンヨンの高校の同窓。

親友中の親友であり、自称“魂の同伴者”。難しい家の事情も夢も進路も同じサンヨンと一緒に公務員試験の準備をしているが、毎回落ちることも同じだ。

サンヨンに理解するのが難しいことが起こった後、自分を遠ざけるサンヨンに寂しい感情を感じていた中、奇跡的に公務員試験に合格する。

どんなことがあっても、いつもサンヨンのそばを守ってくれる、心強い友達だ。


出典:SBS

イ・ギュフェ キム・チウォン役

己亥年、亥年、64歳、男性

ビョンヒの最側近で、ジュンヒョンキャピタル副社長。

30年前には、ヘサンの家の煩わしいことをすべて引き受けていた、運転手だった。

どんなことでも与えられたことなら、黙々とこなす誠実さと忠実さを認められ、今の座にまで上がった。

ビョンヒに代わって実質的な会社経営を務めており、依然としてビョンヒの手と足になってくれている。


出典:SBS

ジン・ソンギュ ク・ガンモ役

乙巳年、巳年、58歳、男性

サンヨンの父で、前・民俗学科教授。

無属信仰の中で、特に鬼神研究に没頭したガンモは、学問の領域から外れたという非難を受けた。そのため学界では認められなかったが、あきらめずに研究を続けた。

そうして地域調査で出会ったギョンムンと結婚して、子を持ち、ガンモは足りないが優しい夫であり父になるために努力した。

そんなある日、人生を根こそぎ変えるような試練と出会い、ガンモは元に戻せない選択をしてしまう。

 

出典:SBS

スタッフ /演出:イ・ジョンリム、脚本:キム・ウニ
作成:e,き/ま

作品感想

daisySSさん

●扉の向こうから聞こえてくる声、、、ドアを開けると異世界。そこに居るのは邪悪な魂!悪鬼に取り憑かれたヒロインの結末は!!

キム・テリ主演の最新作!

悪鬼は韓国語で「アックイ」と呼び、邪悪な魂や鬼を意味するものです。

このドラマはそんな邪悪な魂に取り憑かれたヒロインのク・サニョン(キム・テリ)と民俗学の教授であるヨム・ヘサン(オ・ジョンセ)が、次々に起きる事件を解決していく、オカルトドラマです。

怖いホラードラマのというよりは、ヒロインのク・サニョンは、父が亡くなったことを知り、幼い頃、両親が離婚をしたことを打ち明けられ、、、初めて訪れた父方の祖母宅で、彼女宛に残された父の遺品を目にしたことから始まるドキドキ・ハラハラするストーリーです。

赤いデンギ(髪飾り)を目にして以来、不思議な幻想に見舞われ、ク・サニョンの周辺で起きる奇妙な殺人事件。

彼女の前に現れたヨム・ヘサン(オ・ジョンセ)教授は、彼女に赤いデンギの悪鬼が取り憑かれたことに気付き、彼女を助けるために奮闘します。彼がク・サニョンをサポートしながら事件を解決していく理由は、同じく教授だったク・サニョンの父ク・ガンモが亡くなる前、「娘を守って欲しい」との手紙を彼宛に残していたから。

また、それだけではなく、幼い頃、赤いデンギを目にしたヨム・ヘサンは、ある夜、ドアをノックする音に、相手を確かめずあけてしまい、母を悪鬼に殺されてしまったため、母を殺した悪鬼を数十年も追い続けている人物。

母の死でトラウマを抱えたヨム・ヘサンが過去と同じ過ちを犯すことなく、ク・サニョンを守るために、動き回すストーリーと、この赤いデンギ(髪飾り)に秘められた呪いを明かしていく様子に、引き込まれるようにハマります。

このドラマは、「シグナル」や「キングダム」等を手掛けたキム・ウニの最新作でもあり、世界的な大ヒットを生み出しつつけていることから、放送前から注目を浴びました。ドラマが放送されると、第3話の放送で、高い視聴率を誇り、期待通りに面白い!

決して早い展開で進む内容ではありませんが、毎話目が離せなくなるほど、ドラマの内容に集中できるウェルメイド・ドラマでした。

単純に幽霊が登場して驚くホラードラマではなく、社会問題などを含め、日常的に接することの多いニュースの事件などが登場するのも特徴的です。

韓国の民俗学をこれまで接することがありませんでしたが、単純に迷信やシャーマニズムなどの観点からではなく、民俗学の学者であるヨム・ヘサン(オ・ジョンセ)の視線から悪鬼の存在を紐解くところもよかったです。

キム・テリがみせる演技も素敵ですが、オ・ジョンセが演じる演技が、、、本当にすごい!演技の幅がとにかく広くて、どんな役も完璧に演じる演技派俳優だと、このドラマを通じて改めて感じました。

2023年、絶対に視聴すべきドラマ!

オカルト・ミステリ・スリラー作品が好きな方は、絶対に見逃すと後悔する作品です。




【悪魔判事】

●TVQ九州放送 福岡2024/5/29 (水) 10:30~

悪魔判事 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【ペントハウス シーズン2】

●テレビ愛知 2024/5/31日(金) 08:15~

ペントハウス シーズン2 全話あらすじと感想 キャスト・相関図  視聴率  

【ジャスティス2 -検法男女2-】

●BS松竹東急 全22話(2024/5/31から)月~金曜日10時から 字幕

ジャスティス2 -検法男女2- キャストと相関図 視聴率 全話あらすじと感想

【愛の群像】

●BS11 全51話(2024/5/31から)月~金曜日14:29から 字幕

愛の群像 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【ミッシング~彼らがいた~シーズン2】

● BS12 トゥエルビ 全16話(2024/6/1から)土曜日13時から2話連続放送

ミッシング~彼らがいた~シーズン2 あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

【上流社会】

●BS松竹東急全20話(2024/6/1から)土曜日深夜23:30と25時から(1日2話) 字幕

上流社会 視聴率 あらすじ キャスト 感想

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP