悪い愛(2019) キャスト・相関図 視聴率 あらすじと感想


放送予定

【日本放送】

●【日本初放送】ホームドラマチャンネル(2020/12/24から)月~金曜日23:30から 字幕

【韓国放送期間】 2019年 12月2日から2020年 5月29日まで

悪い愛

나쁜 사랑    Bad Love

2019年放送 MBC   全129話

視聴率

平均視聴率 5.0% 시청률 最低視聴率第23回2.9% 最高視聴率第128回6.9%

出典:http://www.imbc.com/

あらすじ

仲の良い双子姉妹の姉ウネは、物静かで心優しく、妹のソフォンは、明るくて活発な性格。政略結婚を軽蔑していたNOYUグループ会長の長男ジェヒョクは、ある日、平凡だけど心優しいウネに出会い、一目ぼれして家族の反対も押し切り同棲を始める。二人の間では子供も授かり、幸せな日々を送ろうとしていた矢先、突然の事故でウネは亡くなってしまう。ジェヒョクは、事故の真相を暴くため、この事故と何らかの関係があるのであろうNOYUグループの地下でホームレス姿で過ごすことを決める。

一方、最愛の姉を失ったソフォンも事故の手がかりを探すため、NOYUグループに入社。ウネの事故以来他人への心を閉ざしていたジェヒョクは、ウネにそっくりなソウォンのことが気になりはじめるが・・・。

一方、子供の頃からソウォンの家で同居していたヨンスは、ソウォン母の差別を肌で感じながら、お金と権力を手に入れたいという欲望のまま大人になる。ソウォンの弟ホジンはヨンスに恋心を抱き、同棲をして子供も生まれるが、母の猛反対により二人は別れてしまう。そんなある日、ホジンは事故に会って記憶を失い、ヨンスのことも、娘のことも、姉ウネの死亡のことも忘れてしまう。そしてソウォンはホジンの娘を自分の子供のように育てようと決心するが・・・

出典:ホームドラマチャンネル 悪い愛

相関図

画像出典:MBC

キャスト

主要人物

出典:MBC

シン・ゴウン チェ・ソウォン役 (34歳)   ノユ・ファッション事務補助。双子の姉妹の妹。明るくシンプルで、たくましく、腕白小僧のようなキャラクター。小細工を使うのを知らず、考えと気持ちがそのまま表れる、透明な魂の持ち主。どんな危機にも屈しない、雑草のような生命力を持っている。デザイナーの夢を持って、大学に進学しようとした。それなりの才能があると思ったが、留学した人のみが認められているプロの世界のせいで、夢をあきらめて、母の生地店を助けて暮らしている。

ある日、ウネが不慮の事故で死んでしまった。さらに悪いことに、弟ホジンさえ記憶を失って、娘と認められない。家族を守るという一念のもと、ソウォンは、ホジンの娘を実の娘のように育て、姉の事故を調べていたところ、ノユのグループに自分の足で入ることになる。ちらほら現れるその日の真実、放棄したデザイナーの夢に近づく日々。過去の不運に報いを与えるかのように、世界が投げかける幸せに、ソウォンの生活も安定を見い出していく。しかし、彼女は生まれて初めて出くわした火のような愛が、絶対にあってはならない禁断の愛だったという事実を知ることになり、衝撃に陥る。

出典:MBC

イ・ソノ ハン・ジェヒョク役 (39歳)   ノユ・ファッション副社長。ノユ・グループ会長ハン・テソクの最初の息子。まぶしいルックスと財力、明晰な頭脳。他の人が持つのが難しいものの全てを、ジェヒョクはすべて持って生まれた。誰かが決めた通りに生きるくらいなら、飢え死にしたほうがましというのがジェヒョクの信条。その信条に沿って、父の反対にもかかわらず、デザインを専攻し、妥協案でMBAを取得修了した。ノユ・グループの経営には一切関与していない。政略結婚は軽蔑する。優しく純粋なウネに一目惚れして、家族が反対する同棲を強行した。

ある日、ウネと大切な赤ちゃんまで一度に事故で失われた後、ジェヒョクの世界が崩壊した。彼女の死に、ノユが関連しているらしいという淡い手がかりだけに頼って、会社の地下に隠れてこもった。ホームレス状態で、地下に住み、世界と徹底的に断絶した彼は、年に1回、ウネの回忌にだけ外に出る5年間。誰もそばに寄りつかせなかったが、勝手に境界線を侵犯してくる人がいた。デザイン補助のアルバイトで会社に入って、あくせく働くソウォンと気が合い、いつの間にかソウォン姉貴に頼って生きる人生が楽しくなった。5年ぶりにかろうじて心の壁を崩し、また他人の愛に心を預けた瞬間、衝撃的な真実を知ることになる。一生を削り取られるほど愛していた彼の妻のウネが、他ならぬソウォンの姉だったという事実である。

出典:MBC

元RAINBOW スンア ファン・ヨンス役 (33歳)   ノユ・ファッションのデザイナー。ソウォンと絶えず対立するライバル。一生に一度の目標は、自己満足的な、曲がった欲望の結晶だ。かつて親のそばを離れ、ソウォンの家に住んだ。ダンシルのひそやかな差別を生身に受け、悲しみと怒りに消耗した。幼い日のヨンスを耐えさせてきた力は、大人になれば貧困と差別から逃れることができるという希望だった。しかし、半地下の部屋で、お世話になっている状況は、以前と比較して少しも良くなっていない。このようなヨンスにウネの事故は、天が与えた機会であった。事故を人質として、今まで満足できなかった欲を自ら追求してみることにした。富と名誉、長い間切望してきたものを、ウネの死と合わせて変えた。すべてを持つようになった瞬間にソウォンが現れ、その日の真実を暴き始めた。自分の過去を知っているホジンは、検事になって、しきりに周囲をぐるぐる回りながら、ヨンスを不安にさせる。ミンヒョクという心強い後ろ盾を持って、今ヨンスは再びソウォンに、絶望を告げようとする。それはヨンスが自分を守ることができる唯一の方法である。

出典:MBC

ユン・ジョンファ ハン・ミンヒョク役 (37歳)   ノユ・ファッション戦略企画ディレクター。ノユ・グループ会長ハン・テソクの次男。ジェヒョクとは異母兄弟。実の母であるファランの過保護の結果、ミンヒョクの性格、判断力はかすんでしまった。自分と気質が違う父の目に気に入られようと努力したが、兄をえこひいきする真意を知ることになって、心の中に傷だけが大きくなっていった。心の渇きは、結局、ミンヒョクを極限の状況に追い立て、父の指示を履行するためには、盗難までためらわないような人間につくられてしまう。

残念ながら、その日の間違いに隠れた目撃者が生じ、雪だるまのように増えた偽りは、ミンヒョクの恵まれた状況を食い尽くしてしまうような事故に帰結される。手に血をつけたミンヒョクが父の後継者として認められる道は、ただ一つ。ミンヒョクは事故を基点に、過去の自分を消すことだけにしがみつく、冷血人間になってしまう。自分だけの基準で少しずつ後継者の席に近づいている頃、ジェヒョクが経営に関与し始める。さらに、ソウォンが現れ、その日の事故を追跡する。ますます追い詰められたミンヒョクは、これまで成し遂げたことを守るために、手段と方法を選ばなくなって、ますます不幸の沼に陥る。

出典:MBC

チョン・スンビン チェ・ホジン役 (32歳)   ノユ・ファッション法務チーム。ソウォンの弟。愉快で優しい性格で、注意深さまで備えた、ダンシルにはかけがえのない孝行息子。生まれてすぐに父が亡くなって、父の記憶は全くない。幼い時から、絵に興味を感じた。母にこっそり参加した大会で賞を受けたりしたが、ダンシルは反対し、母にこっそり勉強を始めた。遅れて始めた勉強にもかかわらず、持って生まれた才能と努力で、名門大法学部に進学することになり、家族のように過ごした一歳違いの姉ヨンスと同棲し、司法試験1次に合格する。しかし、ダンシルの激しい反対のため、ヨンスに別れを告げる。

そのころの事故で、ホジンは記憶を失う。彼の2年間の記憶がざっくり切ら取られた。そのため、ウネ姉貴の死も、ヨンスと同棲したという事実も、記憶から消去されてしまった。姉が子供を産んだということを、後で知って驚いたが、その子がヨンスと自分の子供だとも知らない。他の人よりも少し遅れて、姉貴ウネを失った悲しみに苦しむ彼は、決意する。姉貴の無念の死の真実を明らかにし、その背後にいる奴を見つけ、復讐すると。そうやって、彼は検事の職を捨て、ノユ・グループの法務チームに入ってくる。

ソウォンの周辺人物

出典:MBC

イ・サンスク ソン・ダンシル役 (66歳)   ソウォン、ウネ、ホジンの母。血の気が多い気質だ。洋服の生地を勉強していた時代は、繊細で若かったが、2人の娘に息子、さらに友人の娘ヨンスまで養って、性格自体が変わった。事業をして失敗した夫は、酒ばかり呑んでおかしくなった。その仕打ちに耐えて、暮らしていた日、夫は病気で死に、子供たちを女手ひとつで育てた。昼夜を問わず働き、根気も強く、子供たちを正しく育ててきた。さらに、他人にまで情が深く、友人の娘であるヨンスを育てた。残念ながら最も期待が大きかったホジンは、ヨンスと同棲中、子供をつくり、事故で記憶を失う。そして甘やかしていた長女のウネは、事故で死んでしまった。子供たちがすべてだったダンシルは、一生が終わったかのように絶望していたが、残っている子供たちとホジンの娘ハウンのために、彼女の生きる意志を新たにする。

イ・エビッ チェ・ハウン役 (6歳)   ホジンとヨンスの娘。ヨンスがハウンをベビーベッドに寝かせたまま、いなくなり、ホジンまでも記憶を失って、孤児になってしまった。以降、ソウォンの実の娘として育てられる。このような事実を知らないハウンは、明るい綺麗な子に育ったが、そんなハウンを見るソウォンとダンシルは、心が引き裂かれるように痛い。チロシン血症という難病を患っている。友人が食べるカツが食べたいけれど、美味しいおかずを食べると、お腹が痛くなることを知っているので、我慢する。お母さんが自分のために心を痛めるのも嫌いだ。常にお父さんがほしいと思っていたハウンの目に、ソウォンと家に入ってきたジェヒョクが心惹かれる。無愛想で風変りなようだが心は温かく、お料理もよくするし、ジェヒョクがますます気に入る。それとともにハウンは、ジェヒョクがお父さんだったらという考えを持つようになる。

出典:MBC

チャ・ミンジ チェ・ウネ役 (29歳)   ソウォンの双子の姉。ソウォンより3分早く生まれた二卵性双生児の姉。未熟児で生まれ、インキュベーターで一緒にいたソウォンとウネは、蘇生不可能な状態で、一緒に奇跡的に生き残った。その特別な戦友愛まで共有した2人は、普通の姉妹以上に団結した間柄になった。ソウォンとは二卵性双生児だが、性格は違う。腕白小僧のような強いソウォンに比べて、女性らしく落ち着いた性格のウネ。しかし、率直で温かい性格、忍耐強く、しっかりしている面は似ている。愛するジェヒョクの子供を妊娠した後、不慮の事故で死んだ。

ジェヒョクの周辺人物

出典:MBC

ナム・ギョンウプ ハン・テソク役 (69歳)   ノユ・グループ会長。ジェヒョクとミンヒョクの父。若くして父親から事業を受け継いで、何十倍の規模に育てた生来のビジネスマン。何事にも公正で、合理的で明快である。仕事の面では毛先だけの誤差も許さない、冷徹な完璧主義者。愛していた妻を失った痛みがある。ファランを第二の妻に迎えたが、簡単に心を与えたりするのは難しかった。ジェヒョクに向けた無限の期待とミンヒョクの失望は、おそらく彼のそばを守った女性に対する愛情の重さが反映された結果なのかもしれない。ノユをジェヒョクに譲ってあげたいが、謎の事故で妻を失ったジェヒョクは、ますます日陰に隠れこもって、盲目的に成果のみに走るミンヒョクの野心は危うく見える。そんなジェヒョクとミンヒョクのそばに現れた2人の女性。ソウォンとヨンス。そして子供。テソクはノユの未来だけでなく、自分の息子たちを守るため、それらに注目する。

出典:MBC

チョン・エリ チャン・ファラン役 (64歳)   ノユ・ギャラリー館長。ハン・テソクの第二夫人でミンヒョクの実の母。知的な美しさ。優雅で気品があふれている。このすべてが後天的な努力の結果である。表面的な姿と、彼女の中身は雲泥の差だ。胸の中に、密かに醜い欲望が沸き立っている。テソクの秘書だった頃から、ノユの女主人が目標であり、第一夫人が死んですぐ、ミンヒョクを前面に出して、ハン会長の隣に入城した。しかし、死んだ元妻の心を大事にしているテソクの愛情を受けられない。不安になった彼女は現在、彼の息子ミンヒョクを最高にするため、目に火をつける。夫の冷遇と無視に対して、息子ミンヒョクから補償を受けようとする。ひたすら息子だけが彼女の人生の希望であり、灯である。ミンヒョクを将来、天下しても、残るグループの後継者にするために、欲望の化身となるプリンスメーカー。歪んだ慕情の所有者。

その他の人々

チョン・ジンギ パク・サンテ役 (65歳)   ノユ・グループ秘書室長で、ハン会長の執事。天涯孤独で、ラフに育って、生きてきた人物。生まれつき頭の回転が速く、判断力が優れているが、何も持たず、何かに苦労して努力してみたことがない。ノユ系列会社の物流センターの仕事をして、格別な誠実さと賢さで上層部の目に留まり、秘書となった。非常にできの良い頭とは異なり、寡黙な性格は、ファランをはじめハン会長ほか、他人の信頼を得た。しかし、彼自身さえ恐怖で口外しない、巨大な秘密を持っている。

シム・ウンジン ハン・ユジン役 (42歳)   ノユ・ファッションのチーム長。ダンシル家の寄宿生。ハン・テソクの妹。自由な魂の持ち主。韓国は彼女にとって、あまりにも狭かったので、ユジンは親戚にならってフランスに移住した。
そこで自由に遊んで食べてばかりで、デザインスクールを首席卒業したことを見れば、両親の能力をある程度は受け継いでいたのだろう。

少し離れた場所で兄テソクの結婚を信じて見守ってきたが、ファランを妻に受け入れたテソクが頼りなかった。家族と縁を切ると念を押したのも、その頃からだ。運命もなかった単身生活を四十年近くして、韓国人の情、家族の愛、そんなことが欠如していた。突然、韓国に帰り、入った下宿で、遠くから見た検事ホジンに惹きつけられる。会社では、純粋で才能のあるソウォンは目立つ。ユジンに生じた新たな目標は、ホジンを攻略すると同時に、ソウォンという名の、あの子を育てて、私のジェヒョクのそばに居させなければということ。

 

出典:MBC

スタッフ /演出:キム・ミスク、脚本:ホン・スンヒ
作成:え



感想

なんだかなぁさんより

●衝撃の結末に驚かされた

韓国ドラマ「悪い愛」は、運命に導かれて出会った5人の男女が、自分達の運命の間で死闘を繰り広げることになります。無条件に愛情を注ぐ母性と巨大な運命の渦に巻き込まれていく女性の物語を描いています。

個人的な感想としては、自分の予想してなかった「衝撃の結末」でした。まさかの展開に、観ていて身震いしたほどに驚きました。全129話と長かった分、それぞれのキャラにも思いがありましたし、このままもっと長く話が続いて行ってほしいと思いました。

言いすぎるとネタバレになってしまうのであまり言えませんが、結末は「ハッピーエンド」で終わります。最後の最後に「ファン・ヨンス」が人間に見えた気がしたのは、涙なしでは見れませんでした。個人的には、ここ最近では「トップクラス」に入るくらいの韓国ドラマではないかなと感じました。

悪い愛に出演している「クォン・サンウ」は、このドラマが久しぶりのドラマということで、初めから話題になっていました。その分も含めて期待して観たのですが、それを超えるような仕上がりだったので満足しています。

韓国では視聴率があまり良くなかったそうなのですが、日本で放送してみても視聴率が意外と取れるのではないかなと感じています。話の先が読めず、毎回のようにサプライズがあるドラマでとても面白かったです。

話に意外性を持たせたいがために、キャラ的に無理させ過ぎている感じが見て取れましたが、韓国ドラマによくある「登場人物たちの心理がよくわからん」という感じもあります。個人的には、一人一人のキャラを理解するよりは「純粋に悪い愛のストーリー」を楽しむ方が、よりこのドラマを面白く楽しめる方法ではないかなと感じています。

韓国ドラマ「悪い愛」の感想を書いてきました。全129話と長編なので、ダレるところもどうしてもありますが、最後の最後の衝撃の結末を楽しみにして、観続けてみてください。まさかの展開に「さすが、韓国ドラマ。こんな展開もあるか」と感嘆してしまうでしょう。






来月からの放送作品をチェック!

韓国で放送中のドラマ 2020年版





【PR】

韓流見るならU-NEXTがおすすめ、名作!新作!⾒放題多数!


U-NEXT【韓流】ページ


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



サイト内検索

カテゴリー

最近の投稿