二度目のトキメキ(恋は盲目〜二度目の恋) 53話・54話・55話・56話 あらすじと感想

恋は盲目〜二度目の恋


二度目のトキメキ(恋は盲目〜二度目の恋) 내 눈에 콩깍지 Love In Eyes 2022年放送 KBS 毎日 全123話 1話30分

えぱたさん

第53話視聴率17.7%

第53話あらすじ

ヨンイが用意した手袋のプレゼントを、気をきかせてチャン会長に渡したギョンジュンの話をオフィスの外で聞いていたヘミ。給湯室に入ったヨンイを追いかけて、昨日のやりとりで「ケンカをふっかけてきたのはあなたよね」と近づいて来る。ヨンイがパワハラに屈しない姿勢を示すと、ヘミはギョンジュンがヨンイにあげたシューズに、ヘミはコーヒーをかける。

ヨンイとヘミが給湯室でやり合っている様子を見たホ先輩は、イム代理に告げるが、かえって仕事を任せられる。

物流センターから食品開発部へ「ドリンクの新企画商品の賞味期限記載に誤りがあり、問題が生じている」と連絡がある。ヘミはセジュンに報告し、前日と同様、ギョンジュンとホ・セヒを再度物流センターに行くよう命じる。

セジュンは社長室に行き、父イジェに報告すると、母ユンヒが同席していた。ユンヒは物流センターに行ったのは「ギョンジュンだった」と聞くと、イジェの前妻の息子の失敗に隠れてほくそ笑む。セジュンが「プロセスの問題だった。インターンを含めて責任者だった2人には謝罪文だけを書かせて、全責任は私が負います」と言うと、ユンヒは怒る。

副社長室にセジュンを呼び、ユンヒは諭すが、セジュンは「チャヨンの時はまだ20代前半だった。あの時のように圧力をかけて、オレの夢を潰そうとするのか。今は違う」と言い、部屋を出る。

チャンイルはまだ床に伏せっていて、ウンソクがおかゆを作っても、やっと一口食べるだけ。ウンソクが自分で食べても「こりゃまずい」。「ヨンイがキムチとタコの美味しいおかゆを作ってくれるんだがなぁ」と言う夫のため、ウンソクが寒空の下に出かける。

ウンジンはカフェの準備で忙しいが、ドシクに通りで会い、ドシクが「あの夜のこと、2人で話し合おう」と言うと、「忘れろ」と言い、イライラして去る。

ホ先輩はギョンジュンに「今朝、ヨンイさんとチーム長 (ヘミ) がやり合っていたよ」と言う。ギョンジュンはヨンイのシューズが汚れているのを見て、ヘミとの間に起こったことを想像する。

物流センターへ行こうとするギョンジュンを見て、ヘミの母ファギョンが話しかける。「ヘミが昨日泣いて」との話に、ギョンジュンは「お考えのようにヘミさんとの交際はしていません」と明言。

チャンイはチャン会長を誘って、母ボクヒのコムタン屋へ行く。チャンイはそこで例の靴の思い入れについて、話すツケを返すことができた。

ヨンイはセジュンから「あの火事の日に、ヨンイさんの汚名を晴らすために奔走したのはギョンジュン」と聞く。

第53話感想

パワハラ受けたら本人と争わないで、その上に交渉、それがダメならその上、それでもダメなら転職ですね。

第54話視聴率16.3%

第54話あらすじ

物流センターでのハプニングは、応急処置をして、処理が終了する。セジュンはヘミに帰宅するように言う。

ウノの仕打ちに腹が立って、勢いで辞表を出してしまったドヨン。ウノは「代わりを見つけたので、私物を取りに来て」とドヨンに電話する。ドヨンが行ってみると、ウンジンが代役をしていた。ウノは「代わりは見つかってないよ。患者さんの父兄が『あの可愛い女の子は?』と言ってるから、辞めないで」と言い、ドヨンは喜ぶ。

ウンソクがタコを買って、ヨンイに電話し「お父さんが病気なのよ。おかゆを作ってほしい」と言うと、ヨンイはレシピを送って来る。ミリネが3人のお絵描きをしていて、不思議に思ったチャンイルは「これ、だーれ?」と言うと、「秘密のお友達」とミリネは答える。

物流センターの人間に現金を渡して、間違った賞味期限が印刷されたラベルを貼らせたのは、ユンヒだった。

帰宅したヘミがホ・セヒに電話すると、「ヨンイさんがしつこく言うので、ギョンジュンを残して帰宅した」とのこと。ヘミは怒って家を出る。

チャンイとチャン会長は屋台で呑みながら、ヨンイとヘミの関係、ヨンイの過去について話す。オ秘書に担がれてチャンイは酔っ払って帰宅。

イジェと部屋で話すチャン会長は、「この失敗はどうして起こったのか、それを突き止めるのが会社の社長であるお前の仕事だ」と言う。

ギョンジュンは物流センターで1人荷物を担いでいた。エレベーターに閉じ込められ、電灯が点滅した時、幼少期の失明した当時の記憶が蘇る。回想の中でユンヒが不気味な子守唄を歌っていた。ギョンジュンは頭をかかえて苦しむ。

物流センターでギョンジュンを探すヨンイは、エレベーターから声がするので、鍵を使ってエレベーターのドアを開ける。ヨンイは床に座り込んでいたギョンジュンに抱きついて、「怖かった。私の境遇で許されることではないけど、ギョンジュンさんが好きだって気持ち受け入れるしかない」と言う。

車で駆けつけたヘミは、ヨンイに「ヨンイさんがなぜここにいるのですか?」と言う。ヨンイが「ギョンジュンさんが好きだと言いに来たんです」と言うと、ヘミはヨンイに平手打ちをくらわす。

第54話感想

悪い上司ではあっても会社が立てた人なので、チーム長であるヘミが決めたものをヨンイが翻して良いわけはないと思いました。感動的なラストシーンが興醒めしました。

第55話視聴率17.4%

第55話あらすじ

ヨンイに2発目の平手打ちを食らわそうとしたヘミの腕を、ギョンジュンがつかむ。「ギョンジュンさんへの『恋愛感情はない』って言ったじゃない? 私を助けるって‥‥」と涙ぐむヘミに、ヨンイは無表情で「約束守れなくて申し訳ありません。ギョンジュンさんへの感情を持ってしまって、自分でもコントロールできないのです」とうつむきつつ言う。

ドシクはウンジンを道で待ち構えて、「結婚してとは言わないけど、どうかもう一度チャンスをくれ。デートしてほしい」と言い、目を閉じてウンジンに唇を突き出す。ドシクとウンジンが話しているところへ、ギョンジュンとヨンイが話しながら来る。ウンジンはドシクの口をふさいで、物陰に隠れる。

ギョンジュンはヨンイの手を握って、「温かい」と言って微笑む。物陰からその様子を見て、ウンジンも嬉しそうに微笑む。

ヘミはセジュンを家の門外に呼び出し、「私に故意に嘘をついたわね。ヨンイが物流センターにギョンジュンさんに会いに行ったこと、知っていたんでしょう? ヨンイさんは子供がありながら、ギョンジュンさんに告白したのよ。知ってて私を助けずに彼女を助けるなんてひどい。2人を別れさせるためにどんなことでもする」と言う。

ギョンジュンは翌朝、家族らに「物流センターの安全は、危機状態だ。エレベーターに閉じ込められた」と報告。チャン会長は「そうだな。チェックする必要がある。蛇がいるようだ」と暗黙のうちにユンヒのことを言う。

ギョンジュンは継母ユンヒに「お願いがあります。誰かが私が会社で働くことを好ましく思っていないようです。間違ったラベルを商品に貼るように指図したようなんです。調査していただけませんか?」と言う。2人は心の中で「私に警告する気なの?」「そうだ、これが最後の警告だ」と火花を散らす。

チャンイルはヨンイが作ったタコとキムチのおかゆを食べて、ご満悦。

ユンヒはヘミを呼び出し、「お母様がメッセージを送ってあなたが『泣いている』とご心配な様子で」と言う。ヘミはギョンジュンが子持ちのヨンイに恋愛感情を持っていることを言い、ある企みを持ちかけ、協力をお願いする。

ヨンイが出社すると、デスクにヨンイと亡き夫の写真が置いてあった。ヘミが置いたものだった。

第55話感想

タコとキムチのおかゆって、どんな感じなんでしょう。食べたくなりました。韓国料理、最高ですね。

第56話視聴率16.6%

第56話あらすじ

ヘミはヨンイの引き出しの中に額入りの写真を見つけたので、「ボーイフレンドだと思って、素敵なカップルだから、デスクに飾った。ごめんなさい」と言い訳し、わざとらしく謝る。

ヘミの母ファギョンは、ヘミに言われて、ヨンイの部屋からヨンイと元夫の写真を持ち出したのだった。ドシクはファギョンが家から出て来るのを見て、ヨンイは「会社の男と付き合っているらしい」と告げ口する。ヘミがその写真を頼んだとは、「ソイツを牽制するためじゃないか」と言う。

ヨンイと話すヘミは、「(ギョンジュンの母である) 副社長はあなたの手に負える人じゃない。もし交際が発覚したら、クビになるわよ」と脅す。逆にヨンイは、「チーム長 (ヘミ) が私の親戚であることがバレたらどうなりますか?」と脅し返す。

終業後、ギョンジュンはオープンに「ヨンイさん、夕食はいかがですか? ヨンイさんを好きになってしまいました」と同僚らの前で言う。

2人が会社を出ると、ドシクがミリネを連れて来ていた。ヨンイは「一緒に行って肉が食いたい」と言うドシクを追い返し、ミリネと3人で食事に行く。

ヘミはウノをカフェに呼び出し、ギョンジュンとヨンイの「仲を邪魔してほしい」と頼む。しかし、ウノはヘミに「邪魔するな」と警告し、「どういう人か分かった。連絡するな」と怒って去る。偶然カフェに通りかかったドヨンは、ヘミとウノが交際しているのではと疑う。

ヨンイらが行った先は、ウンジンが新店オープンしたカフェ。ヨンイに追い返されて機嫌を損ねて、酔っ払ったドシクも入って来る。ヨンイらがいるとは知らずに、「オレたち、一緒に寝た仲じゃないか」と爆弾発言。

チャン会長はアン秘書に、「息子さん (ウノ) は私の友人の婿にどうだろうか?」と縁談を持ちかける。

ギョンジュンはヨンイとミリネを家に送り、週末に遊園地に行く約束をする。ミリネは楽しみで、3人の絵を描く。チャンイルは、男性を指差して「これだ〜れ?」と言う。ミリネは「おじさんだよ。ママと3人で遊園地に行くの」と答えて、驚く皆の視線がヨンイに集まる。

第56話感想

ギョンジュンは直球で来るので、気持ち良いです。ドシクがファギョンに言ったことがいまいち何の意味があるのか、ヘミのバージョンとどこが違うのか分かりませんでした。

二度目のトキメキ(恋は盲目〜二度目の恋) 57話・58話・59話・60話 あらすじと感想

二度目のトキメキ(恋は盲目〜二度目の恋) あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【ペントハウスシーズン3】

●テレビ愛知 2024/6/20(木) 08:15~

ペントハウスシーズン3 全話あらすじと感想 キャスト 視聴率

【ミセン 未生】

●BS Japanext 全34話(2024/6/11から)月~金曜日17時から 字幕

ミセン 未生 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【トンイ】

●BS日テレ 全60話(2024/6/12から)月~金曜日17時から

トンイ 視聴率と感想集 外部リンク

今月・来月からの放送作品をチェック!


韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2024年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本独占配信サイト 随時更新中!

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP