恋の記憶は24時間~マソンの喜び~(魔性の喜び) あらすじと感想 視聴率 キャスト・相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

【日本放送】

●LaLa TV(2019/12/3-24)月~金曜日朝6:15から 字幕
●BS11 全22話(2019/11/23から)土・日曜日8時から 字幕
●LaLa TV(2019/9/18-10/9)月~金曜日12時から 字幕
【韓国放送期間】2018年 9月5日から2018年 10月25日 水曜日、木曜日の23時

原題:魔性(マソン)の喜び

恋の記憶は24時間~マソンの喜び~ 마성의 기쁨 全16話
2018年放送 MBN Dramax
平均視聴率 —% 시청률
MBN 마성의 기쁨
あらすじ

家柄、才能、ルックスと全てを兼ね備えた脳神経外科医コン・マソン。

ある日、トップスターのキップムを海南島で助けたマソンは、彼女のかわいらしい魅力に惹かれ、2人はあっという間に恋に落ちる。キスを交わした2人は1時間後に会う約束をするが、彼女を待つ間キップムを陥れようとする男たちの会話を聞いてしまう。気になったマソンは男の後を追いかけるが、そこで交通事故に遭い、眠ると記憶を失う記憶障がいに! 何も知らないキップムは、彼が来なかったことにショックを受け、彼女を陥れようとする男の酒を飲んでしまう。そして目を覚ますと男は死んでおり、その容疑者にされた彼女はトップスターの座を失ってしまう。

それから3年後、偶然再会したマソンとキップム。キップムを覚えていないマソンは冷たい態度を取り、互いの印象は最悪に。しかし翌朝、昨日のキップムとの記憶が断片的に蘇ったマソンは、彼女の存在が気になり始める。

衛星劇場 魔性の喜び
 
MBN 마성의 기쁨 相関図
dramax 마성의 기쁨 相関図
キャスト


チェ・ジニョク:コン・マソン(34歳)-ソヌ病院脳神経医 センター長。ソヌグループの後継者序列1位


ソン・ハユン :チュ・キップム(30歳) -元トップ歌手。インターネットショップを運営


イ・ホウォン :ソン・ギジュン(31歳) -無名の俳優、ソヌホテル後継者。ソヌグループの後継者序列2位


イ・ジュヨン :イ・ハイム(34歳)-現役トップ女優。整形美人。帝国エンター所属俳優
画像出典:http://www.mbn.co.kr/

その他の人物

キム・ミンサン :ユン・ホンジュン ソヌ病院神経課長、マソンの主治医
キム・ジノ :ヨ・ジェマン-ソヌ病院病院長
チョン・スギョン :コン・ジニャン-ソヌグループ会長、マソンの叔母
チョン・ヒョンスク:コン・ジンジュ- マソンの叔母
ユン・ミヨン:コン・ジニョン – マソンの叔母
キム・ドヨン :コン・ジンダン-マソンの叔母
チョン・ジェフン:ノ・ヨンホ- ソヌグループ広報室長、ジニャンの秘書
チャン・インソプ :ヤン・ウジン-マソンの秘書
オ・グァンノク  チュ・マンシク  キップムの父
カン・ユンジェ チュ・チャラン-キップムの弟
キム・ジヨン  チュ・サラン キップムの妹

 


チョン・ジェソン  チャン・オクジン-スターエンタープライズ代表
チュ・ジェフ  ジェミン ギジュンのマネジャー


チョン・スギョ  キム・ボムス -帝国エンター代表、イ・ハイムの所属事務所代表
カン・ソンファ  ミンチョル – ハイムのマネジャー、キップムの前のマネジャー


イ・スジ :コ・ランジュ-キップムの友人、ハイムのスタイリスト

画像出典:http://dramax.ihq.co.kr/

スタッフ /演出 キム・ガラム 脚本 チェ・ジヨン
コメントにて随時感想募集中です。


●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
bonsonさんの感想より

●愛は記憶障害を乗り越えるロマンティックラブ

なんと言ってもヒロインのソン・ハユンが魅力的なのでこのドラマを見ることにした、と言ってしまえるくらいキップム役が可愛いです。

ソン・ハユンは2003年に映画の赤ちゃん僕にチャン・グンソクの相手役として出演していまいました。その当時はまだ幼い高校生の少女役といった感じでヘアスタイルもキノコカットだったので、2015年に私の娘クンサウォルに出演したときは雰囲気も変わって大人っぽくなったなと感じていましたが、今回のマソンの喜びでは本当に女性らしさな魅力と可愛らしさがあって、ときめいて最後まで見ちゃいました。

また相手役のチェ・ジニョクも2013年に人気を博した相続者たちに出演して注目を集めた男優さんですが、本当に体格も男性らしい魅力と、笑顔が本当に癒されます。このマソン役ではマソンがとてもキザというか、恥ずかしくなるくらい最初キップムに尽くしていくのですが、それが自然な感じでとてもチェ・ジニョクの雰囲気にマッチしているんだと思いました。

このドラマでキスシーンが多いんですが、チェ・ジニョク撮影後にキス魔なんてからかわれたりしたそうですが、脚本家の想いを大切にしたいとキザなマソン役を大切にしたそうですね。

見どころは、事件に巻き込まれて記憶の障害を持ってしまうマソンですが、前の日のことを忘れてしまう障害の中でもキップムのことは忘れないで、そして取り戻すように闘っていきます。その中で2人の信頼と愛情が深まっていくのがとてもロマンティックで見ていてドキドキときめいて見れて良かったです。

最後、記憶障害の中でもキップムを思い出すシーンがとても2人の臨場溢れるシーンとても綺麗でステキでした。

最初の回で、2人が結ばれていくのでこの後はどうなるのかしら?と思いつつも急に展開がガラッと変わるので、そのドラマ構成も最後まで飽きずに緊張感ももちつつ、面白さもありながら見ることができました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー