復讐ノート2 9話と10話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

復讐ノート2 복수노트 2 全16話

amijkさんより

第9話 あらすじ

人気ガールズグループAOA、ミナの熱烈なファンであるミナム(シン・ジュンハン)。校内の同好会に、まだどこにも所属していなかったロビンを誘います。
マスター(高性能なカメラで芸能人の写真を撮り、ネットにアップするファン)であるメムママに声をかけられるミナム。ミナはミナムの応援を喜んでいると聞かされて有頂天になります。ミナ本人のSNSのアカウントまで教えてもらい、「秘密の友達」としてミナとメッセージのやり取りをするようになります。

やがてミナムの様子がおかしくなり、何人ものクラスメートからお金を借りていたことがわかります。ミナが事故を起こし、事務所に内緒で処理するために頼まれたのだと説明するミナム。不審に思ったジナたちはミナ本人と会ってみせろと言います。約束通りミナは姿を見せますが、ジナとボラがあとをつけて行くとそれはミナではなく、変装したメムママだったことがわかります。

ミナムがAOAの寮に不法侵入しようとしたとして警察に捕まります。ジナたちに、ミナのファンになったいきさつを話すミナム。友達がいなくて寂しかった中学時代、AOAの曲を聴くことが楽しみで、AOAが近くに撮影に来ていたとき、押されて転んだところをミナが優しく助け起こしてくれたのでした。

ジナは「私の友達を助けて」と復讐アプリにメムママと入力します。メムママが道で転んだ拍子に大事なカメラのレンズが破損、ファンから預かったメンバーへのプレゼントを自分のものにしていたことがばれてしまいます。メムママはファンクラブから追放され、事務所からも告訴されるのでした。

第9話 感想

コミカルなキャラクターでクラスの皆を笑わせるミナムが、今回悔しい思いをしました。AOAミナの大ファンでしたがマスターである女性に騙されることに。でも、ミナのファンになったいきさつを知ったら、つい話を信じてしまった気持ちもわからないでもないなと思いました。

中学のときは友達がいなかったというミナムですが、今回のトラブルではジナたちが本気で心配していたし、騙されてしまったと落ち込んでいるミナムを励ましていた様子に心温まりました。

メインのミナムのエピソードとは別に、ジナの叔母さんソンヒの恋に動きがありました。お見合いで知り合ってうまく行くかと思われたものの、パリに転勤していなくなってしまったギジュンが、突然帰国して再びソンヒの前に!結婚する気があるかのようなことを言っていましたが、気になるのはこの人の名前です。サ・ギジュンというのですが詐欺を連想してしまいます。ソンヒの店が自分のものか借りているのかも聞いていて、怪しいです。

ギジュン役のヒョン・ウソンは「福寿草」ではヒロインの恋人役でシリアスな演技が印象的でしたが、今回のようなコミカルでちょっとオーバーな演技もするんですね。ソンヒの恋の行方も気になるところです。

【豆情報】特別出演 ミナ(AOA)/本人役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

amijkさんより

第10話 あらすじ

夏休みになり、ジナはジェイとロビン、ボラたちを連れて田舎のおばあちゃんの家に行きます。おばあちゃんが用意してくれたごちそうを皆でにぎやかに食べていると、おばあちゃんの家の近所に住むゴヌとヒョヌ兄弟がやって来て一緒に食事します。

ゴヌが、ジェイの新品のスニーカーを盗んだことに気づいたジナ。ゴヌはジナに誰にも言わないように頼み、ジナは頷きます。ボラたちはジェイの靴を見て、犬のサムスンに「靴泥棒」とふざけて叫びますが、それを見たゴヌはジナが約束を破ったと誤解します。

サムスンがいなくなり、手分けして探すジナたち。山で見かけたというゴヌに案内されてジナは山に入りますが、ゴヌに置き去りにされます。心細くなっていたジナの前に、心配して探しに来たロビンが現れます。雨で冷えた体を温めるために抱き合う二人を見て、黙って離れるジェイ。

無事山から帰ったジナは、ゴヌがサムスンの首輪を持っているのを見て、復讐ノートにゴヌの名前を入力します。こっそり自分の家にサムスンを連れてきていたゴヌは、サムスンに追いかけられて痛い目に遭います。

ジナは復讐ノートのアプリのマスターは、一緒におばあちゃんの家を訪れたメンバーの中にいるはずだと考えるのでした。

第10話 感想

夏休みのひとときを田舎のおばあちゃんの家で過ごす、学生らしくてとても楽しい回でした。ボラやシネ、ジェイとロビンにミナムまで一緒です。ロッキが来られなかったのが残念でした。

ただ、ジナはおばあちゃんの家で出会った男の子ゴヌと、行き違いからトラブルも発生しました。ゴヌがジェイの靴を盗んだことを黙っている約束をしたジナは、約束通り事実は言いませんでした。ゴヌはやましいところがあったので「靴泥棒」が自分に向けて言われた言葉だと思ってしまったんですね。
ジナがゴヌ兄弟を「かわいそう」と言ったのも、ジナとサナが幼い頃、親と離れておばあちゃんのところに預けられていた経験があったから出た言葉だったのですが、ゴヌは同情されたと思って不快に感じたようです。

ゴヌに山中に置き去りにされてしまって災難だったジナですが、雨の中でロビンと抱き合うシーンはとても綺麗でした。毎回少しずつジナとロビンの距離が縮まっていきますね。その一つ一つのシーンが初々しくて、印象がいいです。

ソンヒの恋は、パリ旅行の予定をドタキャンされ、いよいよギジュンの怪しさが増してきました。ジナとサナの離婚した両親は、お父さんが何とかお母さんとやり直したくてあれこれと頑張っていました。もともと、借金を返したら戻ってくると約束していたお父さん。最終回までには元通り夫婦に戻れそうな気がします。

復讐ノート2 11話と12話 あらすじと感想

 

復讐ノート2 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー