復讐ノート2 15話と16話(最終回) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

復讐ノート2 복수노트 2 全16話

amijkさんより

第15話 あらすじ

正規教員になれると思われていた体育のチェ先生(ファン・テグァン)の代わりに、コ校長はスジの親戚をコネで採用します。給食ではキムパプの材料が出されるだけという異常事態に。その上、傷んだ食材が原因で集団食中毒が発生します。校長が絶対報告をするなと言って報告書を持っていってしまったという話を耳にするジナ。

医師のホ・グジュン先生が学校を訪れ、メン先生と当時在籍していた同好会の部室に向かいます。当時を回想するメン先生。あるプログラムを一生懸命作成していたメンバーが突然亡くなる悲しい過去がありました。

食中毒事件の幕引きを図りたい校長は、給食管理担当を押し付けられていたメン先生に責任を負わせます。待機処分になり授業もできなくなったメン先生。ジナたちは自力で証拠を見つけて解決しようと話し合います。携帯をスジに壊されてしまったジナは、復讐アプリが使えず焦ります。直してみるというジェイに預けますが、時間がかかりそうです。

夜、校長室に忍び込んだロビンとジェイは、隠しカメラを発見。校長が不正をした証拠が映った動画がアップされ、マスコミから問い合わせが相次ぎます。逃げようとする校長を生徒たちが囲い込みます。 

第15話 感想

やっと校長の不正が明るみに出ることになりました。校長は生徒のことなんて考えない人物ですが、先生たちはみんないい先生なんですよね。でもこれまで、校長に逆らえずに命令されるがままになっていたのが気の毒でした。チェ先生は、とくに校長の言いなりになっていましたが正規採用を目指していたからだったんですね。

ジナのクラスの担任、メン先生も生徒思いの先生。この高校の卒業生だったんですね。よく登場する病院のホ・グジュン先生とはITクラブで一緒だったとのこと。亡くなった部員のシムミョンが作っていたのが復讐アプリなのでしょうか。完成させることを誓ったメン先生は海外留学をやめて韓国に残ったようです。ホ先生がもう一人メンバーを呼んでいる、と部室に招き入れたのは、ジェイ??

スジに携帯を壊されてしまったジナは、今回復讐アプリの助けを借りることはできませんでした。ジェイが自分が直してみると預かっていましたが、「まだ時間がかかりそう」と言ったとき、何か含みがあったような…?復讐アプリの全容が、最終回でどのように明かされるのか楽しみです。 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

amijkさんより

第16話(最終回) あらすじ

賄賂の授受が発覚し、警察に連行される校長とスジの母。チェ先生が正規教員になり、メン先生も元通り授業に復帰します。
アメリカに行くジェイとロビンの送別会が開かれます。すっかり明るくなったロビンに、愛の力は大きいとからかうボラたち。シネとジェイはお互いを意識している様子です。ジェイに修理の終わった携帯を返してもらったジナ。「大切なものが消えているかもしれない」と言われて再び復讐アプリを入れるか一瞬考えますが、「私にはいつも味方になってくれる友達がいるから」とインストールはしませんでした。

ジナはロビンにちょっと早いけどと言って、ロビンにもらったのとおそろいのブレスレットを誕生日プレゼントとして渡します。アメリカで他の女の子が言い寄ってきたらこれを見せて彼女がいるからと言うんだよと言われて、うなずくロビン。

アメリカに渡ったロビンに学校の様子を報告するジナ。ボラはスジと仲の良かったナリとネットでライブ配信して好評を得ていました。ロッキはダイエットに励むミナムのトレーニングを一緒にしています。サナは飛んでくるボールからかばってくれたロッキを男だと思って恋に落ちますが、あとで女の子だと分かってショックを受けます。

小学校の同窓会で再会した男性と結婚することになった叔母のソンヒ。相手はたびたび利用していたタクシーの運転手さんです。ジナの両親は、花屋のオーナー女性の助けを借りて父が母にプロポーズ。再婚の日も近いかも知れません。

復讐アプリのカメラは、今日も街中で困った顔をしている人たちを追っていました。 

第16話(最終回) 感想

最終回ということで、復讐アプリのことが全てわかるのかなと期待していましたが、はっきりとは明かされずに終わってしまいました。ジェイとロビンもアメリカに行ってしまいちょっと残念です。でもジナはもう復讐アプリがなくても大丈夫な様子だし、ロビンとの遠距離恋愛にも前向きなのでハッピーエンドで良かったです。

ジナを好きだったジェイは、ゲームで回ってきた「ジェイが好き」というメッセージの字がシネのものだと気付いて、シネのことを意識し出していました。でもシネはドラマの冒頭でジナを裏切っていた子なので、そのイメージがなかなか消えず…ジェイがシネとくっつくのは気分的にちょっと抵抗を感じてしまいました。

ドラマを面白くしていたキャラクター、叔母のソンヒがついに幸せをつかみました。ソンヒがいつも醜態をさらしていたタクシーの運転手さんが小学校の同級生だったとは意外な縁ですね。サナが、ソンヒがこれまで自分たちにどれだけ良くしてくれたかを語るシーンは胸がじーんとしました。

復讐アプリについては細かいことはわからないまま終わりましたが、美しく変身して外で会った生徒を驚かせていたメン先生がやはりキーパーソンだったのでしょうか。もうちょっとはっきりしたことを知りたかったです。 

復讐ノート2 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー