復讐の女神(韓国ドラマ) 3話・4話 あらすじと感想

【PR】
見たい韓国ドラマがなかなか放送されない! そんなときはU-NEXTの韓国ドラマ一覧を覗いてみよう!配信開始しているかも?

U-NEXT 韓流ドラマ 全作品一覧(見放題・ポイント)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ミス・マ、復讐の女神 미스 마:복수의 여신 全32回 (全16話)

第5回視聴率 5.3% 第6回視聴率 6.1%

第5回・第6回 (第3話) あらすじ

脱獄した女がミス・マとしてムジゲ町で生活を始める3カ月前。女は、変装して小説家マ・ジウォンに近づき、ファンと偽り、酒を飲ませ、海辺の家へと連れてくる。目覚めたマ・ジウォンは、変装していた女が自分にそっくりだと気付き……。3カ月後の現在、ハン刑事に追い詰められたミス・マだが、めいを名乗るソ・ウンジが現われ、脱獄犯ではなく小説家マ・ジウォンだと証明される。そんな中、町の人々に匿名の脅迫状が届く。

出典:https://www.wowow.co.jp/detail/114916

quetalsurinoさんより

第5回・第6回 (第3話) 感想

ハラハラする展開と疑問を残した展開!

話しは3カ月前に戻りました。マ・ジウォン作家は作品が書けずスランプに陥ると、自殺を図ろうとしますが、結局失敗に終わりましたね。その後、彼女に現れた疑問の女性は、大きなサングラスで顔を隠し・・・マ・ジウォン作家への支援を持ち掛けます。

リゾート地のような素敵な場所で作品を書くことを夢みるマ・ジウォン作家。謎の女性と食事をした後、目を覚ますと、一面は海で、素敵な別荘の中。女性の恋で離れた静かな場所を作業場として使えることになったマ・ジウォン作家。しかし、女性への不信を隠せず、彼女が掛けていたサングラスを奪い取った時に、マ・ジウォン作家と全く同じ顔のミス・マの姿が!

マ・ジウォン作家の習慣や趣味、行動を重視していたミス・マが、ついにマ・ジウォン作家と入れ替わり、ムジゲマウル(町)に現れることになるまでを描きました。

一方、ハン・テギュ(チョン・ウンイン)が現れたことで、正体がバレる危機を迎えたミス・マは、謎の女性ソ・ウンジ(コ・ソンヒ)に助けられ危機を乗り越えることに。しかし、ウンジの微妙な笑顔には秘密か隠されていそうですね。ウンジの登場で、ミス・マはより、マ・ジウォン作家になる済ませることになり、彼女の正体を疑う住民もいない様子。。。

その様子を窓から見つめる人物がいました。それは、9年前の目撃者と疑われているイ・ジョンヒ。ハン・テギュは、ミス・マの正体を疑い、彼女の正体を明かすため、目を光らせます。

二人きりになったミス・マは、ソ・ウンジに正体を明かすよう求めますが、ウンジは「あなたの娘を殺害した犯人。その犯人を捜しているの」と語り、ミス・マを緊張させます。ウンジもイ・ジョンヒが長い期間、徹底的に姿を隠していたことに疑問を持っていました。ミス・マとウンジが協力し、事件を解決していくことになるようですが、ウンジは9年前に起きた事件とどのように関わっているか、疑問。

ムジゲマウル(町)では脅迫文が送られ、ホ・ジュヨンが自殺する事件が発生します。派出所長のチョ・チャンギルは事件を解決できず、ミス・マが事件を解決するため、動きだすことになりますね。

「再び殺人事件が起きる」と悲しそうに語るミス・マ。ミス・マの推理で事件を解決することになると思いますが、彼女の正体がマ・ジウォンではないと気づいたハン・テギュの動きにも注目!

ミス・マの正体を明かす証拠はなかったけど、彼女が逃走犯だと確信するハン・テギュが登場する度に、緊張感が高まります。

【PR】
しまった!第〇話を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル!


韓流観るなら<U-NEXT>

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第7回視聴率 6.3% 第8回視聴率 6.6%

第7回・第8回 (第4話) あらすじ

弁護士チェ・マンシクの妻、パク・ジンスクの遺体が自宅で発見される。ジンスクの筆跡の遺書があったことから警察は自殺と断定するが、ミス・マは家族の犯行を疑っていた。ジンスクの息子、ウジュンを守るため、ミス・マは警察からの参考人招致に応じることに。しかし不法侵入をした罪で被疑者にされてしまう。さらに、チェ家の家政婦が殺害されるが、その手にコ・マルグの名刺が握られていたことから、マルグが逮捕され……。

出典:https://www.wowow.co.jp/detail/114916

quetalsurinoさんより

第7回・第8回 (第4話) 感想

ミス・マの推理通り、再び事件が起きました。犯人が初めから狙っていたのは、パク女史だったのでしょうか?妻の突然の死、夫の弁護士のチェ弁護士は涙を隠せない。パク女史も脅迫状を受け取っていました。その内容は、息子が夫チェ弁護士の息子でないないとのことで、町中はその噂話が広まり。。。

最初の被害者のホ・ジュヨンは同性愛者で自殺ではなく他殺だと推理し、刑事ハン・テギュ(チョン・ウンイン)が目を光らせていることを知りながらも、危険を承知し、事件を調査し始めます。そんなミス・マを心配するソ・ウンジ(コ・ソンヒ)。9年前の事件の目撃者の可能性があるイ・ジョンヒは、町で起きた事件と、ミス・マの行動をチェック。

一方、ハン・テギュは9年前の事件の真犯人がいることに気づくと、担当刑事のヤン・ミヒに再捜査をお願いしますが、断られてしまいます。捜査が難しいことを知ると、辞表を提出し、自ら捜査を始める。

母を亡くしたチェ・ウジンを可哀そうに思ったミス・マは、自分の正体がバレることになる危険を承知しながら、事件を解決するため協力する理由は、娘ミンソの姿と重なったからでした。ミス・マがマ・ジウォンでないことを証明するためには、指紋認証をするのが確実。しかし、彼女から指紋を採取できない警察は、自殺を発見したミス・マを容疑者として取り調べることになり、指紋を確認すると、彼女の正体が明らかになるはず・・・ドキドキする展開でした。

脅迫状はミス・マの元にも届いていました。殺人者と書かれた脅迫状が存在するってことは、彼女の正体を知る人物が別にいるってこと?謎の女性、ソ・ウンジは、9年前の事件に関して多くをしり、ミス・マ同様、犯人を捜していた。ウンジは9年前の事件にどのような関りがあるのか、8年前の事件を解くカギを彼女が持っているのか、協力しあることになった二人の同居が始まります。

再び起きた事件はパク女史宅で働いていた家政婦。殺害された家政婦がコ・マルグの名刺を持っていたことと、血痕が残されたタオルがキッチンで発見されたことで、犯人として逮捕されてしまいました。ミス・マの推理では、彼女を殺害したのはパク女史の夫、チェ弁護士でした。犯人は?

9年前の事件に関して口を閉じていたイ・ジョンヒが、ミス・マを訪れると、事件の夜の関して話します。目撃した時、子供が無事だったのかを質問するミス・マと、無事だったか否かの記憶がないと答えるイ・ジョンヒ。イ・ジョンヒの証言で、ミス・マの無罪が晴らされることになるのか、徐々に、事件の真相と近づいてきたような感じ。

事件を解決していく様子が、すごく興味深く描かれます。

 

復讐の女神(韓国ドラマ) 5話・6話 あらすじと感想

 

復讐の女神(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー