復讐の女神(韓国ドラマ) 15話・16話(最終回) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ミス・マ、復讐の女神 미스 마:복수의 여신 全32回 (全16話)

第29回視聴率 5.4% 第30回視聴率 6.4%

第29回・第30回 (第15話) あらすじ

ハン刑事ひき逃げ事件の巻き添えに遭ったウジュンが一命を取り留め、ミス・マたちは安堵する。そんな中、ヤン検事の会見映像を見たミス・マは共犯者がヤン検事だと確信する。確かな証拠を得るため本人に会いに行くというミス・マを心配するウンジ。ヤン検事はミス・マが目の前に現われ、驚きを隠せない。初めは冷静に小説家を演じ、9年前の事件のことを話すミス・マだったが、唯一の謎である娘の消息に話が及び……。

出典:https://www.wowow.co.jp/detail/114916

quetalsurinoさんより

第29回・第30回 (第15話) 感想

ミス・マの目の前で車にひかれたハン・テギュ刑事とウジュン。結局、ハン刑事は亡くなり、ウジュンは一命を取り止めました。9年前の事件の真相をウンジから聞かされたミス・マは、夫の共犯がヤン・ミヒ検事であることを確認するため、彼女を訪れます。

作家マ・ジウォンのふりをしながら、9年前の事件を語り始めるミス・マ。ヤン・ミヒはミス・マの正体に気づき、9年前ミンソを殺害したことを自白。その後、ミス・マを逮捕しようとしますが、世間では逃亡中のミス・マは遺体で発見された後・・・このままミス・マを逮捕すると、マ・ジウォン作家が死亡したことになり、捜査が始まることを恐れ、ミス・マを逮捕できなくなります。なるほど!納得!

コ・マルグとウンジの協力で、9年間の事件が起きた背景にバートラムという会社が絡んでいること、すべてはお金のための計画犯行だったことを知ったミス・マは、必ず真相を暴くことを決心します。夫チャン・チョルミンはヤン・ミヒからミス・マが生きていることを知らされると、不安な状態。一連の事件を何者かに報告するヤン・ミヒの姿が描かれましたが、何か巨大は組織が存在するような雰囲気。あと1話で最終話を迎えることになるのに、ヤン・ミヒの上に立つ組織の存在が気になりますね。

事件当時10歳だったミンソが、9年経った今、どこにも生きている痕跡が残っていないのは、ウンジの予想通り、既に死亡していたからでした。もしかするとどこかで生きていることを願っていましたが、明るい結末を迎えることはなさそうです。実の娘を殺害するほどチャン・チョルミンは冷酷な人物だったのか、それともヤン・ミヒが意図してミンソを殺害したのかは、最終話で明らかになりそう。

ミス・マは9年前の事件の証拠をつかむため、スジを誘拐した犯人の病院を訪れ、スジの写真を見せますが、誘拐犯は通り魔事件に巻き込まれ、植物状態です。彼が生きているってことは、事件を解決する上でカギを握る人物だからと予想しますが、全く反応がないままドラマが終わりました。誘拐犯と父(コ・マルグの元ボス)を会わせるミス・マの計画は成功し、事件を明かす証拠を手に入れることができるのでしょうか。

お金のために10歳の幼い子供たちを犠牲にしたヤン・ミヒやチャン・チョルミンが、9年前の事件を隠すため、刑事ハン・テギュまで殺し、ウジュンまで巻き込んでしまう結果になるとは、明かされた事件の真相は暗い話でした。

ヤン・ミヒとチャン・チョルミンは最終話で、どのような最後を迎えることになるのでしょう。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第31回視聴率 7.4% 第32回視聴率 8.6%

第31回・第32回 (第16話) 最終回 あらすじ

スジの誘拐を指示した人物がチョルミンだという確証を得たミス・マたちだったが、ついに追っ手に囲まれてしまう。しかしチャン・イルグの一言で、彼らは引き下がる。危機から脱出したミス・マたちは、チョルミンを拉致してミンソの消息を問い詰める。一方、イルグからハン刑事は必ず証拠を残しているはずだと言われたウンジは、ウジュンが入院している病院へ急いで向かうが……。

出典:https://www.wowow.co.jp/detail/114916

quetalsurinoさんより

第31回・第32回 (第16話) 最終回 感想

最終話は意外な展開がありました。結末は、ヤン・ミヒ検事とチャン・チョルミンの死!

9年前、スジを拉致した犯人は植物状態でありながらも、チャン・チョルミンの依頼を受けスジを拉致したことを証言。チャン・チョルミンを利用していたヤン・ミヒは、予想外のことが起こる際には、チョルミンを犠牲にすることを考え、生き残るためチャン・チョルミンはウンジを拉致します。目的は亡くなったハン・テギュ刑事が調べた証拠を手に入れるためでした。

ミス・マはウンジを助けるため、ハン・テギュが残した証拠USBを手に、ヤン・ミヒとチャン・チョルミンの待つ場所に向かいますが、思わぬ出来事が!銃を持っていたヤン・ミヒは、ウンジに発砲すると、USBを手渡すよう要求。

その後、どんなことも叶う、ミス・マの会社を取り戻すチャンスを与えられるほどの巨大な権力を持つ組織バートラムの一員になることを勧誘。しかし、ミンソは戻ってこないと拒否すると、その場にいたチャン・チョルミンを殺害し、その罪をミス・マに着せようとします。

しかし、ミス・マは最後まで抵抗し、ヤン・ミヒと争う。その時、ハン・テギュの後輩、チョン刑事が現れると、ヤン・ミヒはミス・マを殺すよう命じます。ヤン・ミヒの命令で動いていたチョン刑事の登場で、ミス・マの身に危険が及んでしまうと、ハラハラしました。でも、チョン刑事が撃ったのはミス・マではなく、ヤン・ミヒの方でした。

ハン・テギュの死後、罪悪感を持っていた後輩のチョン刑事は、ヤン・ミヒを殺害し、持っていた銃をチャン・チョルミンの手に握らせ・・・。ハン・テギュの復讐を果たしたのでしょうか。その後、ミス・マは、権力組織の正体を暴き、ウジュンとウンジと共に幸せなエンディングを迎えることになりました。

ミンソは9年前、ヤン・ミヒに連れ去られた後、すぐに殺害されていました。ミンソを殺した理由は、ミンソが生きているとミス・マを犯人に仕立て上げることができないから。残酷すぎて。。。ミンソが埋められていた場所を素手で掘り起こしながら、涙するミス・マの姿に、事件の残酷さを改めて感じ、可哀そうな気持ちになりました。

9年前ミンソとウンジが亡くなり、その後、事件を目撃した女優イ・ジョンヒも自殺と、衝撃的な展開が続きました。最後は、それぞれ傷を負ったミス・マ、ウンジとウジュンが一緒に生きていく、過去の痛みを忘れず、未来に向かって生きていく三人の姿が、明るく描かれました。

キム・ユンジンの演じるミス・マはすごく印象的で、的確で鋭い推理が特徴的で、緊張感溢れる演出も加わり、最後まで楽しめたドラマでした。

復讐の女神(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー