復讐の女神(韓国ドラマ) 13話・14話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ミス・マ、復讐の女神 미스 마:복수의 여신 全32回 (全16話)

第25回視聴率 3.9% 第26回視聴率 5.3%

第25回・第26回 (第13話) あらすじ

9年前の事件と同じ場所で女性の遺体が発見される。遺書のようなメールが見つかり、チョルミンに電話で「死にたい」と連絡があったことから、脱走犯の遺体と判断される。しかしハン刑事と部下チョン刑事は、脱走犯のミス・マではなく本物の小説家マ・ジウォンの遺体の可能性があると疑っていた。ウンジに連絡し、ミス・マが生きていると聞き出したハン刑事は、チョルミンの共犯者を見つけるため9年前の事件を調べ直すが……。

出典:https://www.wowow.co.jp/detail/114916

quetalsurinoさんより

第25回・第26回 (第13話) 感想

9年前の事件の真相と犯人が明らかになりました。

離婚調停中だったミス・マと夫のチャン・チョルミン夫婦。事件があった日は、夫がミンソを迎えに行く日でした。お迎えを待っているミンソと幼稚園の先生・・・しかし、掛かってきた電話に出るため先生が少しの間、ミンソの側を離れ、母ミス・マの運転する車に乗り込むミンソを目撃していたことから、ミス・マがミンソをピックアップしたと、勘違いさせていました。でも、実際に運転していたのはヤン・ミヒ検事でした。

会社のお金を横領し、離婚の危機にあったチョルミンは、ヤン・ミヒの誘惑に負け、ミス・マを殺人犯に仕立てる計画に乗ってしまい共犯者になっていた!ヤン・ミヒはミンソを連れ去ったあと、別荘にミンソを送った後、同じ年ごろのスジを拉致し、ミンソの身代わりとして残酷な方法で殺害。遺体で発見されたのは、ミンソではなくスジでした。

一方、過去の犯行を隠ぺいするため、マ・ジウォン作家をミス・マだと断定し、殺害したヤン・ミヒ。発見された遺体は、ミス・マとして処理され、夫チョルミンは殺害されたのは妻でない可能性に気づきながらも、解剖することなく遺体はミス・マとして処理されることになりました。

予想したいた通り、ミス・マがマ・ジウォンとして生きていくことになります。でも、もしもミス・マが生きていることが分かると、ヤン・ミヒの攻撃を再び受けることになるので、油断できない状況。ミス・マとウンジ(コ・ソンヒ)は果たして9年前の事件の真相を明かすことができるのでしょうか。ウンジは夫チョルミンが事件に関わっていることをミス・マに伝えますが、娘には温かい父だったことから、チョルミンを疑うことなく、信じている様子。

共犯者となったヤン・ミヒとチャン・チョルミンの密会が描かれましたが、チョルミンを利用する卑劣なヤン・ミヒの姿に、早くミス・マの反撃が始まって欲しいと思いました。刑事のハン・テギュはミス・マが娘を殺害した犯人ではなかったこと、ウンジの妹が身代わりになって殺害されたことを関連させ捜査を続けます。

証拠や目撃者はミス・マが犯人であることを示していますが、実際、ミス・マは車を運転していなかったと話していたことから、発見された証拠に何か小細工がされている可能性が高いですが、事件の夜の真相に関しては、ハン・テギュの捜査ですべてが明らかになるのでしょうか。

妻を殺害したチェ弁護士は、ミス・マにウジュンの保護者になって欲しいとリクエストしていましたが、身元を明かすことができないミス・マは、ウジュンを引き取ることができず、葛藤する姿がこれまで何度も描かれました。

今話、ウジュンは児童養護施設を抜け出し、自殺を図ろうとしたウジュンの姿に、娘をかさね合わせたミス・マはウジュンを引き取る決心をし、自分がマ・ジウォン作家でないことを打ち明ける。娘を亡くした母と、母を亡くした少年ウジュンのストーリーに切ない気持ちになります!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第27回視聴率 5.9% 第28回視聴率 6.6%

第27回・第28回 (第14話) あらすじ

9年前、高校生のウンジは妹のスジと公園で遊んでいた。スジは、金魚の絵が描かれたおそろいのヘアピンをウンジに渡すが、ウンジは2つとも熊の絵に描き直し、スジの髪に着ける。その後、友人からの電話に出たウンジがスジから目を離した隙に、スジはその場から消えていた。9年後、スジを見失った公園で、もう泣かないと誓うウンジ。そんな中、ムジゲ町の派出所で若い女性の遺体が発見される。

出典:https://www.wowow.co.jp/detail/114916

quetalsurinoさんより

第27回・第28回 (第14話) 感想

ウンジ(コ・ソンヒ)は何度も夫チャン・チョルミンが事件に関わっていること、共犯の女性がいることを伝えますが、ミス・マは全く信じない様子がこれまで登場しました。しかし、夫を真実ミス・マの考えを変える事件が起きます。

ムジゲ町の派出所内で起きた新たな事件は、若い女性の遺体が発見されたことから始まります。監視カメラの映像もなく、警察は事件を解決することができず、犯人と殺害された理由を推理したのはミス・マでした。遺体で発見された女性の叔母を名乗る女性が現れ、推理を続けていたミス・マは、発見された遺体は本人ではなく、別の女性ですり替えられていたことに気づき、事件は解決。

事件を解決したミス・マは、ウンジに9年前発見された遺体がミンソではなく、ウンジの妹なのかを尋ねます。ウンジは彼女の問いに答えることができず、刑事ハン・テギュがすべてを知っているとしか言わない。

一方、ヤン・ミヒ検事が、9年前の事件の犯人である証拠を集めたハン・テギュ。ヤン・ミヒを尾行中、賄賂をもらっていることまで調べあげます。ハン・テギュは後輩の刑事に、ヤン・ミヒのすべての悪事を調べ、証拠を確保したことを話しますが、後輩刑事はヤン・ミヒの命令でハン・テギュを監視していた人物でした。

その後、ハン・テギュはひき逃げ事故にあい、昏睡状態に。。。ハン・テギュを狙ったのはヤン・ミヒの命令だったのでしょうか。事故が起きた場所はミス・マの家の前でしたが、ヤン・ミヒはミス・マが生きていることに気づくことになりそうで、ハラハラする展開を迎えることになりそう!

ミス・マが運転した車から血痕が発見された理由が明らかになりました。9年前、誘拐犯からの連絡通り、現金を準備し車で移動していたミス・マ。ミス・マが運転する車種と同じものを乗って、ミス・マの移動経路を移動していたヤン・ミヒ。途中、ミス・マが車から降りることになった時、自分が乗っていた車を止め、車を入れ替えていました。同じ車種、色に気が動転していたミス・マは車が入れ替わったことに気づかず、事件現場まで移動し、出動した警察に逮捕・・・。誘拐犯がいた事を証明することができなかったのは、ヤン・ミヒが同じ移動経路を使ったからでした。

ミンソの身代わりとして拉致されたスジの姿が描かれました。ヤン・ミヒの命令でスジを誘拐した犯人は、コ・マルグが介護しているボスの息子でした。しかし、誘拐犯は長年植物状態に陥り、事件に関する証言ができない状況。

果たしてミス・マはどんな方法で、真相を明かすことになるのか、事件を証明するのが難しそう。ミンソが別荘に連れて行かれた後のことは、まだ描かれていませんが、もしかしてミンソはどこかで生きている可能性があるのでしょうか。

ミンソはどこに??

復讐の女神(韓国ドラマ) 15話・16話(最終回) あらすじと感想

 

復讐の女神(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー