復讐のカルテット キャスト・相関図 感想 視聴率 あらすじ

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

放送予定

【日本放送】
●フジテレビTWO 全54話(2019/12/1から)土曜日7時、日曜日8:20から2話連続放送(週4話) 字幕
●BSテレ東 全54話(2019/11/27から)月~金曜日14:56から 字幕

【韓国放送期間】2017年 4月15日から 10月14日

原題:姉は生きている

邦題:復讐のカルテット

復讐のカルテット

언니는 살아있다

2017年放送 SBS 全68話(※54話)

視聴率

平均視聴率 14.0% 시청률 最低視聴率第3回6.1% 最高視聴率第68回24.0%

SBS 언니는 살아있다

あらすじ

結婚式を迎え、幸せ絶頂の新郎ジェイル(ソンヒョク)とハリ(キム・ジュヒョン)。2人は新婚旅行へ向かう中、交通事故に巻き込まれてしまう。そしてジェイルは帰らぬ人になってしまうのだった。奇しくもこの事故により、救助車の到着が遅れ母親を亡くしたドゥルレ(チャン・ソヒ)と、火事で娘を亡くしたウニャン(オ・ユナ)。警察署で顔を合わせたハリをあわせた3人は、事故現場から走り去ったひとりの女性を捜しはじめる。その女性とは、ある事件の濡れ衣を着せられたダリ(ダソム)だった。ダリはお金に困り、恋人のギチャン(イ・ジフン)から品種改良したカモミールの研究資料を奪い、コンリョングループに売りつけようとしていた。そしてその事故を起こしてしまう。

相関図

あらすじ・画像出典:https://culture-pub.jp/

キャスト

主要人物

チャン・ソヒ  ミン・ドゥルレ 子役出身女優 かつてトップスターの栄光を迎えたものの 今は下火の女優。母に甘え放題のわがままな生活を送っていたある日、ストーカーに母を殺される。一人では何もできない世間知らずな女性だったが、しだいにたくましく成長していく。

 

オ・ユナ  キム・ウニャン 娘を亡くした母親、ドゥルレの同居人 理知的で冷徹で何事にも合理的な性格。 大企業の秘書出身で結婚と専業主婦の道を歩いた。 専業主婦として幸せに暮らしていたが、自宅で火災が起こり、最愛の娘を失う。やがて夫の火の不始末と不倫が原因だったことを知り、復讐を決意。離婚後、ドゥルレと同居を始める。

 

キム・ジュヒョン  カン・ハリ 夫を亡くした妻、コンリョングループ社員 亡くなった両親に代わって、近所の文房具家 “宝島”を運営する

ダソム  ヤン・ダリ(セラ・パク) 偽のセラ・パク、コンリョングループ社員 ギチャンの恋人。 輝く美貌と才能豊かな金持ち娘のように 見えますが、  実際には生涯を貧困と一緒にした。  恋人ギチャンの研究結果を盗んで大企業コンリョングループに就職し、セラ・パクの名で身分を偽って生きる。

イ・ジフン  ソル・ギチャン ダリの元恋人 幼い時の記憶を失って孤児院で育った。 天然化粧品の開発を目指してカモミールの品種改良に成功するが、これが親友の死を招き、恋人ダリの裏切りによって特許まで奪われる。

チョ・ユヌ  ク・セジュン /シン・セジュン コンリョングループ会長の婚外子   米国で帰郷を去ったが、最後のチャンスを得 韓国でカムバック、  身分を隠したまま、コンリョングループインターン生活を。

 

コンリョングループ

キム・スミ  サ・グンジャ ピルモの母 具会長の母、 唯一ク会長をとることができる人物。

ソン・チャンミン  ク・ピルモ  セジュンの父、コンリョングループ会長 化粧品会社の営業担当者に始まって、 国内5大企業の会長で立ち上がったナイフのように鋭い性格。 最愛の妻の死で心まで 冷たく凍りついて冷血になってしまった。

ピョン・ジョンス  ク・ビルスン ピルモの妹 頭痛の種の末娘。 趣味はショッピング、特技はビジネスで食べること、 職業は江南のママ。 終わりの見えない無知さの所有者コミックキャラクター。

ヤン・ジョンア  イ・ゲファ  セジュンの母、ク家の家政婦 ク会長が一晩誤って耐えセジュンを生んだ。  家の中ではただ「ミスリ」と呼ばれる。ク氏一族の徹底的ないじめながら、 メイド取り扱い受け、30年を生きたが、 いつか息子にコンリョングループをと生きる野心を持つ。

ソン・ジョンホ  チョ・ファンスン  セギョンの夫  ルビー化粧品研究所所長。 学識も豊富で何より素晴らしい人柄を持っている人。 善悪の線がはっきりして、 自分だけの所信が確実清廉だが、 妻と子の問題に延々と葛藤を経る。 自分の息子には限りなく暖かく優しいお父さん。

ソン・ヨウン  ク・セギョン ピルモの娘、コンリョングループ本部長 ク会長と彼の本妻の間に生まれた一人娘。 聡明でシックで財閥女 カリスマがあふれる女性。  ヤン・ダリの助けを借りて自然化粧品の秘密が詰まった 特許契約を成功させ、後継者の競争で優位を占めるが、  腹違いの弟のク・セジュンの 警戒心にいつも緊張し住んでいる。

キム・スンハン  チョ・ヨンハ セギョン夫婦の一人息子。世界の人々の羨望を一身に受ける 金持ちの子供坊っちゃんだが、 忙しいママの愛をまともにできない。 後天性自閉症を経験する。

 

ハリの夫(実家)の家族

アン・ネサン  ナ・テイン  ハリの舅 高校の教頭。ナ・ジェドンの父であり、ハリの義父。

ファン・ヨンヒ  コ・サンミ テインの妻 テイン の妻。ハリの義母。

イ・ジェジン  ナ・ジェドン  テイン夫婦の息子、ミュージシャン志望   頭が悪く手足が苦労している典型的なスタイル。それでも神から与えられ単一の能力、 鳥肌が立つその他実力で バンド系の反響を起こす。

オ・アリン  チン・ホンシ  ダリの異父妹 タクシー運転手だった父の娘であり、 ヤン・ダリのお母さんが再婚して産んだヤン・ダリの妹。 考えも深く 大人も驚く純粋で愛らしい子供。 事故でお父さんを失って誰よりも好きだった姉 ヤン・ダリにまで捨てられた。  事件の最も重要なキーを握っている人物である。

 

ハリの家族

チン・ジヒ  カン・ハセ  ハリの妹、高校生。ジェドンの恋人  世界の人々が最も恐れている中二病4年目。 幼い頃から歌い踊るのが好き 勉強はまったく後回しだ 。

 

ウニャンの家族

パク・クァンヒョン  チュ・テス  ウニャンの夫 新聞社の記者。野心に目を覚まし、お金を受けて虚偽の記事をソジュギを 日常茶飯事のようにして、記者たちの間で チンピラで噂が広まった人物。すべての過ちを妻のせいに臆面もなく不倫を続けていく国民のゴミ。

 

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

スタッフ /

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

foxdaiさん


テンポ速くて面白かった。ホシンがキュートヤン・ダリが最後まで許せなかった。各方面で動きだす人たち。これが複雑に入り混じってますね。ホンシの家屋でSDカードを探していたダルヒはゲファと共にセジュンを調査し、そのようなセジュンはオ秘書と昔に撮った写真を見つけていましたね。

他にもそのオ秘書の交友関連を調べるドゥレ。若干複雑すぎますね。それにしても、このドラマの登場人物の行動力と捜査キャパシティーがすごいと思ってしまうのは私だけでしょうか。ダルヒに関しては、その考えがいい方向に向けられたらよかったのに…と思ってしまいます。ドゥレは、子役出身のスター女優。そのようなドゥレは、周囲にいたずらをかけがちだが、いつも母親が守ってくれていた。ただし、親愛なる母親がストーカーにより殺されてしまう。

ウニャンは、一流企業の秘書で一児の母親。ある日、ウニャンの代わりに夫が子守をする事になるが…夫が不倫相手の元へ行き、その間に家屋が火災になり、愛してやまない娘アルムを亡くしてしまう。ダルヒは、佇まいはお金持ちのようだが、幼いころから貧しい暮らしをしていた。そのようなダルヒは、米国に留学しメイクで著名人になった。けれども、ダルヒを良く思わないセラに、泥棒扱いされ言い合いになる。言い合いのさなか、セラの頭の上に花瓶落下し、意識不明になる。

驚いたダルヒは逃げるが、その様子を見ていた使用人から脅迫を受けるようになる。韓国ドラマ復讐のカルテットの観た感想としてはテンポが良く、相当観やすいドラマだなと感じました。万が一自らの娘も事故に巻き込まれて、娘を失ってしまう事を一考すると、かなり痛たまれない感じで観ていました。自身も娘を亡くしたら、ウニャンのように、事故をした犯人を探し出したいと考えますが、やはりに傷心状況でウニャンのような行動は取れないだろなと考えました。事故を起こしたダリは、観ていてかなり悪女だなと考えました。結果的には、ダリの思惑通りに上手い事いかないのですが、なんて最低なヤツだと観ていて腹が立った。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー