復讐せよ~あなたの恨み晴らします~ 13話・14話 あらすじと感想

復讐しろ



復讐せよ~あなたの恨み晴らします~ 復讐しろ 복수해라 Get Revenge 2020年放送 TV朝鮮 全16話 【韓国放送期間】 2020年11月21日~2021年1月17日

第13話視聴率1.9% 2.212%

neroさん

第13話あらすじ

キム・テオン(ユソン)から、チャ・ミンジュン(ユン・ヒョンミン)がイヒョンの弟だと聞いたカン・ヘラ(キム・サラン)は、隣で愕然とするミンジュンに、自分を利用したのかと聞く。自分がイヒョンの弟で、今までヘラを利用したのは事実だと話すミンジュン。「言われてみればそっくりね。親切なフリをして、最後には人の背中に刃を向けるところが」とヘラは告げ、その場を後にする。

一方、ミンジュンがヘラに近づいたのが、復讐の為だったと知ったヒョンソンとウネ。ヘラにはもう少し後で、真実を知らせようとウネは言う。別の人の口から聞くのは、辛いだろうからと。

事務所へ戻ったミンジュンを待っていたのは、ウネの父ソンチョルだった。地方へ戻ると話すソンチョルを引き留め、ミンジュンはヘラの過去について尋ねる。フンソクとの結婚は、ヘラにとってまるで拷問のような日々だったという。そして、ヘラがフンソクと出会うきっかけとなった仕事を紹介したのが、他でもないイヒョンだったのだ。

ミンジュンとドユンの身辺調査を行ったウネは、疑問点を発見する。ドユンの父親は、ミンジュンの姉イヒョンが乗っていたと思われる船の責任者だった。本来なら憎むべきドユンを近くに置く理由がわからないと、首を傾げるウネ。

結局、ウネはヒョンソンと共にドユンを訪ねることに。ドユンから11年前の事故の真相を聞いた2人は、ドユンの父親の濡れ衣を晴らす為、自分たちも協力すると言う。そして、そんなウネたちの会話をヘラが聞いていた。

知り合いの記者のもとへ向かったミンジュンは、イヒョンが最初からこうなることを知っていたかどうかは、定かではないと聞かされる。しかし確かなことは、フンソクのDV癖を知るものは、業界では少なくなかったという。ますますイヒョンとヘラの関係について、頭を抱えるミンジュン。

そんななか、FB火災が本格的に船舶事業に乗り出したとの報道が流れるや否や、11年前の船舶事故に関する追加報道が。これにより、キム会長の立場は一気に悪くなる。

テオンから貰った携帯でヘラと連絡を取ったことを叱られたガオンは、ヘラの事務所へ向かう。ヘラの顔を見るなり、泣き出すガオン。そんなガオンを抱きしめるヘラだったが、そこへ警察が現れる。未成年者誘拐の疑いで警察へ連行されるヘラ。秘書に連れられ会長宅へ戻ったガオンは、床に膝をついて許しを請うのだった。

ここまでする必要があるのかとキム会長を責めるミンジュンだったが、会長は11年前の船舶スキャンダルの主防犯が、他でもないドユンだと考えていた。結局、ミンジュンの説得により、ヘラは釈放される。そんなヘラを迎えに行くと、過去の件はすべてソンチョルから聞いたと話すミンジュン。そんなミンジュンに、「ガオンは私の息子です。再びガオンと一緒に暮らせるよう手を貸してください」とヘラは言う。そんななか、今度はドユンが警察に連行されてしまう。

FBグループの創立記念日当日、ガオンはキム会長とともに、行事が行われる会場へ。ロビーには、そんな2人を待つヘラの姿が。「ガオンを迎えに来ました」とヘラ。そこへ、今度はテオンが現れる。続いて大勢の検察関係者とミンジュンが現れ、キム会長は11年前の船舶事故に関する件で連行されることに。報道だけではキム会長を引きずり下ろすことはできないと、テオンとヘラ、そしてミンジュンが手を組んだのだ。

ロビーに残ったテオンは、ガオンに手を差し出す。そんなテオンの手を払い、「ガオンはもう連れて行かせない、私が守るから」とヘラ。

第13話感想

久しぶりのサイダー演出に、胸がスカッとしました!

結局、同じ目的のもと、手を組むことにしたヘラとテオン、そしてミンジュン。ミンジュンとテオンの目的は、船舶事故に関するキム会長の不正を暴くこと。ヘラとテオンの目的は、ガオンを会長の息子として世に出さないこと。この2つの意見が合致し、3人が協力することに。

しかし、会長がいなくなってすぐガオンを連れて行こうとするあたり、なんてしたたかなんでしょう。テオンに預けたが最後、どうなってしまうかわかりませんよね。もちろん、そんな簡単にヘラがガオンを手放す訳はなく。

初めは自分といるよりも、地位も名誉も兼ね備える会長と暮らす方が、ガオンにとって幸せなのでは?と思ったヘラ。しかし、ガオンにとっての幸せはただ1つ。母親であるヘラと一緒に暮らす事なんですよね~。事務所にやってきたガオンの目から、それまで我慢していた涙が溢れ出す場面では、思わずもらい泣きしてしまいました。。まだ12歳のガオンが、これまでどれだけ大人達を前に気を遣って生きてきたか。考えただけでも胸が苦しいです。

一方、ミンジュンとイヒョンが姉弟だと知ったヘラでしたが、最後は何となく和解?まぁ、お互いに事情は痛いほどわかる、といった状況でしょうか。これでまた一歩、ヘラとミンジュンの距離も縮まればいいのですが。

それにしてもやっぱり気になるのが、イヒョンがどうしてあの仕事をヘラに譲ったのか。記者は誰もが知ってる周知の事実だったと話していましたが、イヒョンは本当にフンソクの実態を知っていたのでしょうか。まだまだ謎は尽きません。

第14話視聴率2.192%

neroさん

第14話あらすじ

船舶事故の後、ミンジュンのもとへ姉イヒョンから1本の電話が掛かってくる。大丈夫だから心配しないでと告げ、電話を切るイヒョン。それがミンジュンにとって、イヒョンとの最後の会話となった―。

検察に連行されたキム会長だったが、まったく反省する様子は見られなかった。事務所へやってきたミンジュンは、明日の午前中にドユンが釈放される予定だと言い、ウネとヒョンソンに迎えを頼む。ドユンを告発したのは、キム会長の秘書だった。

久々にヘラの胸の中で眠りについたガオンは、翌日、ヘラを連れて行きたいところがあると言う。ガオンがやってきたのは、セルフ写真館だった。2人は仲良く並んで写真を撮る。

事務所で作戦会議を行うヘラたちのもとへ、キム・テオンの下で動いていたFBCの女性記者が現れる。復讐チャンネルを馬鹿にした女性を批判するヒョンソンだったが、実は彼女もまた、ヘラ側の人間だった。これまでテオンに自分側の人間だと信じ込ませる為、演技をしていた女性記者。実は彼女も、キム会長とキム・テオンの被害者の1人だという。

一方、ヘラは先日テオンから言われた一言がずっと気に掛かっていた。放送局へ向かったヘラは、スキャンダルをリークしたのは一体誰なのかと聞く。一度は知らないと答える本部長だったが、ヘラが未だに当時の資料を持っていると知ると、重たい口を開のだった。

11年前、司会を務めたイヒョンを気に入ったキム会長は、特集番組の担当者にイヒョンを指名する。インタビュー後、イヒョンと個別の食事の席を設けたいとキム会長。それからしばらくして、イヒョンの妊娠説が浮上する。そんななか、本部長のもとへカン社長が現れ、イヒョンのスキャンダルに関する書類を置いて行ったという。そして、その書類はヘラのもとへ渡った―。

テオンはキム会長の面会へと向かう。すると今夜、法事の席でガオンを親戚らに紹介するつもりだと会長。さらにテオンには、今回中国に出たらそのまま5年ほど海外を回れという。どこか余裕すら見えるキム会長の態度を見て、テオンは不信感を募らせる。部屋を出ようとするテオンに向かって「ところでチャ・イヒョンはどこにやったんだ?」とキム会長。

その後、取調室を出たテオンは、廊下で1人の男とすれ違う。今しがた取調室に入って行った男の正体を探るよう秘書に指示するテオン。しばらくしてテオンのもとへ、キム会長が釈放されたとの連絡が入る。さらに、カン社長の意識が戻ったと聞くと、テオンはカン社長から先に処理すれと言う。

カン社長が目を覚ましたと聞き、すぐさま病院へ駆け付けたミンジュンだったが、時すでに遅し。ミンジュンの目の前で、カン社長は苦しみながら息を引き取る。動揺するミンジュンのもとへ、今度は警察から連絡が。

警察からイヒョンと思われる白骨遺体が見つかったと連絡を受けたミンジュンは、署へ走る。遺体の近くでは、イヒョンの身分証が入った鞄が見つかったという。遺体の身元確認には、おそらく1か月ほどかかると警察関係者。そこへ、ニュースを見たヘラが駆け付ける。その頃、検察庁を出たキム会長は法事に参加するだけだと言って、ガオンを連れて行く。ガオンを乗せた車がカーブに差し掛かると、突然ハンドルが動かなくなる!

事故の知らせを聞き、病院へ向かうヘラとミンジュン。するとそこには、頭に包帯を巻かれ運ばれるガオンとキム会長の姿が。聞くと、2人はFBグループが所有する病院へ運ばれるという。それを指示したのは、他でもないキム・テオンだった。

第14話感想

まさかのガオンが事故に!

やっとヘラと再会し、母子水入らず幸せな時間を過ごした2人。しかし、幸せな時間はそう長くは続かず。

親戚らの前で、ガオンが自分の息子だと紹介しようとしたキム会長。法事の席にガオンを連れて行くキム会長でしたが、途中で事故に巻き込まれてしまいます。突然ハンドルが効かなくなる乗用車。以前ジョンウの父が運転するトラックも、今回の事故と同じ状況だったのを思い出しました。やはり、ガオンとキム会長が乗る車を事故に遭わせたのは、キム・テオンでしょうか。カン社長を処理したのがテオンだとすれば、十分可能性はありますよね。

自分の邪魔になる者は次々に消していく。人の命が簡単に犠牲になっていく様は、見ていて本当に胸糞悪いです。

そして、てっきりキム・テオン側に付いたと思われた女性記者は、実はヘラの味方でした。それにしてもこの方、演技上手過ぎませんか?wすっかり騙されましたよ~。途中部下にも当たり散らして、この人性格悪いな~と思って見ていました。(割とすぐに騙されるタイプです…汗)

また第14話では、これまで消息がつかめていなかったイヒョンの遺体が発見されました。これまたてっきり生きているものと信じていたので、ショックです。。ただ、白骨化した遺体の身元はまだ確認できておらず、周辺に落ちていた所持品で判断されただけなので、まだ希望は持てるのではないでしょうか。何よりも、こんな感じで姉弟が再会を果たすなんて、悲しすぎますよね。

さて、最終回まで残すところ2話となりました。どんなエンディングが待っているのか、最後まで目が離せません!

復讐せよ~あなたの恨み晴らします~ 15話・16話(最終回) あらすじと感想

復讐せよ~あなたの恨み晴らします~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【第4回投票開始】

ハ・ジウォン ドラマ ランキング


【放送情報】


【偶然見つけたハル】

●BS朝日 全16話(2022/9/28-10/19) 月~金曜日8:30から 字幕

偶然見つけたハル 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【奇皇后】

●サンテレビ 全51話 (2022/9/28(水)~)月~金曜日13:00~

奇皇后 あらすじ 視聴率 キャスト 感想(外部リンク・姉妹サイト)


【僕を溶かしてくれ】

●BS11 全24話(2022/9/29から)月~金曜日13:59から 字幕

僕を溶かしてくれ あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【病院船~ずっと君のそばに~】

●サンテレビ 全51話 (2022/10/3(月)から)毎週月~木曜日 午前5:45~6:15

病院船~ずっと君のそばに~(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【シークレット・ガーデン】

●BS松竹東急 全20話(2022/10/3-28)月~金曜日16:30から

シークレット・ガーデン 感想まとめ 相関図 あらすじ キャスト


【美男<イケメン>ですね】

●TBSテレビ 全16話(2022/10/3から)月曜日深夜25:35から

美男<イケメン>ですね 視聴率 感想まとめ あらすじ キャスト・相関図


【W-君と僕の世界】

●BSJapanext 全16話(2022/10/5から)月~金曜日7:30から

W-君と僕の世界 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【カンテク~運命の愛~】

●BS日テレ 全16話(2022/10/5から)月~金曜日13時から 字幕 

カンテク~運命の愛~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 (外部リンク・姉妹サイト)


【大丈夫じゃない大人たち~オフィス・サバイバル~】

●BS-TBS 全22話(2022/10/6から)月~金曜日7時から 字幕

大丈夫じゃない大人たち~オフィス・サバイバル~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【青い鳥の輪舞】

● BS日テレ 全50話(2022/10/6から)月~金曜日16時から 字幕

青い鳥の輪舞(ロンド) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図


【ホテルデルーナ】

●BSJapanext 全16話(2022/10/7から)月~金曜日19時から

ホテルデルーナ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS12 トゥエルビ 全24話(2022/10/7から)月~金曜日深夜27:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム(2022/10/10-31) 字幕 月~金曜日8:30から

One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【100日の郎君様】

●BS-TBS 全20話(2022/10/10から)月~木曜日12:59から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 視聴率と相関図  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP