復讐せよ~あなたの恨み晴らします~ 11話・12話 あらすじと感想

復讐しろ



復讐せよ~あなたの恨み晴らします~ 復讐しろ 복수해라 Get Revenge 2020年放送 TV朝鮮 全16話 【韓国放送期間】 2020年11月21日~2021年1月17日

第11話視聴率2.32% 2.342%

neroさん

第11話あらすじ

倉庫で火災が起き、取り残されてしまったチャ・イヒョン(パク・ウネ)と、まだ生まれて間もないガオン。なんとか外へ出ると、そこに立っていたのはカン・ヘラ(キム・サラン)だった。何としてでも復讐したかったというヘラだったが、イヒョンの置かれた状況を見て、すまなかったと謝る。そして、ヘラはガオンを預かることに―。

イヒョンを追っていたのは、キム会長の娘キム・テオン(ユソン)だった。イヒョンが会長との子を妊娠したと知ったテオンが、カン社長にイヒョンと息子を殺害するよう命じたのだ。しかし、死んだはずのイヒョンの息子が生きていると知り、怒りに震えるテオン。

そんななか、カメラに残された映像を確認したヘラは、カン社長のもとへ。目の前で動画をアップされ、カッとなったカン社長がヘラを襲おうとするが、間一髪チャ・ミンジュン(ユン・ヒョンミン)が助けに入る。すぐに警察が駆け付けるも、カン社長はすでに逃亡した後だった。

倉庫で身を隠すカン社長、そこへチェ課長が駆け付ける。ヘラの身を案じ、秘密裏に動いていたウネとヒョンソンだったが、ヘラはそんな2人の動きを察知する。ヘラはガオンのことがあってから、キム会長に関する捜査からは手を引くことにしていた。しかし、カン社長の件はそれとは別だと話す。さらに、その背後にキム会長がいるなら、そんな相手にガオンを任すことは出来ないとヘラは言う。

キム会長に呼ばれて会長室へ向かったテオンは、そこでミンジュンと顔を合わす。すると、テオンに海外の流通市場を開拓する為、中国へ向かうよう指示するキム会長。

ウネの父ソンチョルがビルを奪われたのが、自分がイヒョンの行方を探して欲しいと依頼したせいだと知ったヘラは、ソンチョルの店へと向かう。あの日、ヘラの依頼を受けて倉庫へ向かったソンチョルだったが、そのせいで火災の責任を問われ、多額の借金を背負ってしまったのだった。

会長に中国行きを命じられたテオンは、代わりに指名手配中のソン理事長を会社に復帰させて欲しいと言う。その後、ソン理事長から、キム会長の不正に関する資料を受け取るテオン。

自宅でガオンが会長とチェスを楽しんでいると、そこへテオンがやってくる。ガオンを弟だと紹介するキム会長。呆れた様子で立ち尽くすテオンに、キム会長は「仲良くしろ。もしかすると将来、役に立つかもしれないからな」と告げる。車に乗り込んだテオンは、カン社長に連絡を入れ、今すぐヘラとミンジュンを処理するよう命じるのだった。

アメリカにいる子供達を人質に捕られ、後がなくなったカン社長は、ウネとヒョンソンに接触する。そんななか、火事のあった倉庫がカン社長が所有していたものだと判明。イヒョンが倉庫で火災に巻き込まれたと知り、ミンジュンは動揺を隠せない。ウネもまた、父親が倉庫へ行った理由が、ヘラの依頼だったと知り愕然とする。

一方、テオンは本格的にキム会長を陥れようと行動を開始する。ソン理事長から受け取った資料は、11年前にあった船舶事故に関するものだった。事故によって多額の保険金を手にした会社は、実はキム会長のペーパーカンパニーだったのだ!つまり、FB火災が支払った保険金はキム会長の懐へ。さらに最近になって、再びキム会長側が船舶事業に参入しようという噂が浮上し、その発表と同時に、11年前の事件の真相を言及しようと考えたのだ。

昨夜、ヘラはミンジュンから、カン社長がキム・テオン側の人間だと聞いていた。そんなヘラのもとへ、ガオンを連れたテオンが現れる。

第11話感想

ガオンを連れて現れたのは、なんとキム・テオンでした!

久々のガオンとの再会を喜ぶ暇もなく、一気に表情が凍り付くヘラ。子供を利用するなんて、本当にタチが悪いですね。

そして、同じくテオンがガオンを連れ去ったと知ったキム会長とミンジュンは、それぞれヘラのもとへ駆け付けます。キム会長はまだしも、ミンジュンが2人の行方を知ってピンポイントで現れたことが気になりますね。テオンだけでなく、キム会長に怪しまれてしまうのではないでしょうか。恐らく、そんな意図もあり、わざとこんな大胆な行動に出たのでしょうね。なんとも抜け目がないです、キム・テオン。

一方、これまたテオンの口車に乗せられ、検察庁へ出頭したソン理事長。すっかり出番がなかった為、この人の存在を忘れていました。。何なら一番罪の重い人物です。テオンに会長とは話を付けておいたと言われ、堂々と自首するソン理事長でしたが、結局テオンに裏切られ、そのまま逮捕となります。まぁこれに関しては、自業自得としか言いようがないですね。

第11話の冒頭シーンでは、イヒョンがヘラにガオンを預けるシーンが登場しました。カン社長に連れ去られ、倉庫に監禁されたイヒョン。そんなイヒョンの居場所と突き止めたソンチョルが、まだ幼いガオンとイヒョンを救出します。死産を経験してボロボロになったヘラがイヒョンの前に現れ、自分が代わりに育ててあげるとガオンを受け取るのでした。確かに、当時のイヒョンの状況では、自分一人逃げるので精一杯でしたからね。

少しずつ過去の事件の真相が明らかになり、クライマックスに近づいてきました。次回の展開も楽しみです!

第12話視聴率1.9% 2.32%

neroさん

第12話あらすじ

テオンはガオンを連れ、ヘラのもとへ。駆け付けたキム会長とミンジュンの姿を見て、「あなたは本当に人気者ね、ガオン」と微笑むテオン。そんなテオンに怒りを覚えたヘラは、11年前、生まれたばかりのガオンとイヒョンを倉庫に閉じ込め、火を放った人物がいつと告げる。キム会長の反応から、会長自身も知らなかった事実だと判断するヘラ。しかし、ミンジュンはそんなヘラの行動を、時期尚早だったと言う。

ガオンを守りたい気持ちはわかるが、頼むから無茶な行動はしないでくれと訴えるミンジュン。そんなミンジュンに、ヘラはガオンがいつも自分を守ってくれたと話す。「ガオンは私にとって十字架であると同時に、愛する力をくれる子なんです」とヘラ。

興信所を後にしたテオンは、ヘラの周辺を徹底的に監視するようにと命じる。

連絡のないウネを心配して会いに行くというヘラを、ミンジュンが送って行くことに。車のなかで、暴力を受けてもなお、離婚しなかった理由を尋ねるミンジュン。するとヘラは、早くに父親を亡くした自分と同じ経験を、ガオンにはさせたくなかったと話す。車を降りる前、ヘラはミンジュンにこれまでの感謝の気持ちだと言って、プレゼントを渡す。箱のなかには、革製の手袋が入っていた。

その頃、キム会長は先ほど、慌てた様子で興信所へ駆け付けたミンジュンを不審に思っていた。最初から自分とFBグループが狙いだったのかと、ミンジュンを疑い始めるキム会長。

チェ課長からミンジュンの弱点を掴めと言われたヒョンソンは、ミンジュンの事務所へ侵入する。そこで、机のなかから“カン・ヘラ”と書かれたUSBを発見するヒョンソン。なかには、ミンジュンがヘラを監視していた映像や写真が残されていた。

火災があった倉庫が今もそのまま残されていると知ったヘラは、ウネと一緒に倉庫へ向かう。その帰り道、ウネの携帯にカン社長から電話が。ウネの父ソンチョルを拉致したカン社長は、ウネを脅してヘラとミンジュンを呼び出す。しかし、既に手を打っていたヘラは、事前に検察側に連絡を入れた上で、わざと捕まったフリをするのだった。これによって、ヘラたちは11年前の火災がカン社長の仕業だと自白する証言を手にいれ、無事カン社長とチェ課長を検察へ引き渡すことに成功する。

カン社長が逮捕されたとの知らせは、キム会長とテオンの耳にも届く。そんななか、留置場に入れられたカン社長のもとへ、1人の男が接近する。男に刺されたカン社長は、意識不明の重体で病院へと運ばれるのだった。病院へ駆け付けたミンジュンは、呼吸器を繋がれベッドに横になるカン社長を見て、愕然とする。

翌日、キム会長に呼び出されたテオンは、中国行きを早めるようにと言われる。さらに、FBグループの創立記念日に、ガオンが自分の息子だと公表する予定だというキム会長。

同じく会長に呼び出されたミンジュンは、先日作成した船舶の売買に関する書類を、直接通関に通して欲しいと言われる。突然考えを変えたキム会長に疑問を抱くミンジュンだったが、大人しくそれを受け入れることに。さらにキム会長は、ミンジュンにヘラを処理するようにと告げる。

キム社長が留置場で刺されたと知ったヘラは、FBグループの本社へと向かう。ロビーを歩くテオンを見つけると、「ガオンに手を出したら許さない、私がこの手で殺してやる」とヘラ。そこへ、会長室を後にしたミンジュンが現れる。

ミンジュンを見て、「カン・ヘラはまだ知らないのかしら?チャ弁護士がチャ・イヒョンの弟だということを」とテオンは言う。

第12話感想

最悪な形で、ヘラがミンジュンとイヒョンの関係を知ってしまいました。。

もともと、イヒョンを陥れた人々への復讐にヘラを利用していたミンジュン。その復讐対象には、ヘラも含まれていたのです。しかし、直接ヘラと絡んでいくうちに、なぜヘラが姉イヒョンのスキャンダルを報じたのかと、ミンジュンは疑問を抱き始めます。ただ自分が出世する為に、人を蹴落とすような人間には到底見えなかったからです。

だからこそ、ミンジュンは自分とイヒョンの関係を明かせずにいました。それを明かすことは、ヘラを利用していたことを明かすことだから。

ドユンにもそろそろ真実を話すべきだと言われ、「タイミングを待っている」とミンジュン。本当は、ウネに会いに行く車のなかで伝えるつもりでしたが、これまた上手くいかず。結局、第三者の口から、それもキム・テオンの口から聞かされてしまったヘラ。果たして、ヘラとミンジュンの関係はどうなってしまうのでしょうか。

ミンジュンのなかで、確実に大きくなりつつあるヘラの存在。ただそれが愛なのか何なのかは、未だにはっきりとしていません。ヘラはフンソクとの離婚を経験し、さらには自分の子供ではないガオンを育ててきたということもあり、色々複雑な環境なので、単純に恋愛モノに持って行かない感じがいいなと思いました。あくまでテーマは、“復讐”なので。

そして、こちらもミンジュンの動きに気付いてしまったヒョンソン。これはウネがこの事実を知るのも、そう遠くないかも?協力関係にあった興信所の連中とミンジュン&ドユンが、どのような結果を迎えるのか注目です。

復讐せよ~あなたの恨み晴らします~ 13話・14話 あらすじと感想

復讐せよ~あなたの恨み晴らします~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率



【第4回投票開始】

ハ・ジウォン ドラマ ランキング


【放送情報】


【偶然見つけたハル】

●BS朝日 全16話(2022/9/28-10/19) 月~金曜日8:30から 字幕

偶然見つけたハル 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【奇皇后】

●サンテレビ 全51話 (2022/9/28(水)~)月~金曜日13:00~

奇皇后 あらすじ 視聴率 キャスト 感想(外部リンク・姉妹サイト)


【僕を溶かしてくれ】

●BS11 全24話(2022/9/29から)月~金曜日13:59から 字幕

僕を溶かしてくれ あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【病院船~ずっと君のそばに~】

●サンテレビ 全51話 (2022/10/3(月)から)毎週月~木曜日 午前5:45~6:15

病院船~ずっと君のそばに~(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【シークレット・ガーデン】

●BS松竹東急 全20話(2022/10/3-28)月~金曜日16:30から

シークレット・ガーデン 感想まとめ 相関図 あらすじ キャスト


【美男<イケメン>ですね】

●TBSテレビ 全16話(2022/10/3から)月曜日深夜25:35から

美男<イケメン>ですね 視聴率 感想まとめ あらすじ キャスト・相関図


【W-君と僕の世界】

●BSJapanext 全16話(2022/10/5から)月~金曜日7:30から

W-君と僕の世界 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【カンテク~運命の愛~】

●BS日テレ 全16話(2022/10/5から)月~金曜日13時から 字幕 

カンテク~運命の愛~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率 (外部リンク・姉妹サイト)


【大丈夫じゃない大人たち~オフィス・サバイバル~】

●BS-TBS 全22話(2022/10/6から)月~金曜日7時から 字幕

大丈夫じゃない大人たち~オフィス・サバイバル~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【青い鳥の輪舞】

● BS日テレ 全50話(2022/10/6から)月~金曜日16時から 字幕

青い鳥の輪舞(ロンド) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図


【ホテルデルーナ】

●BSJapanext 全16話(2022/10/7から)月~金曜日19時から

ホテルデルーナ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【私たち、家族です~My Unfamiliar Family~】

●BS12 トゥエルビ 全24話(2022/10/7から)月~金曜日深夜27:30から 字幕

私たち、家族です~My Unfamiliar Family~ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【One the Woman】

●WOWOWプライム(2022/10/10-31) 字幕 月~金曜日8:30から

One the Woman 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率


【100日の郎君様】

●BS-TBS 全20話(2022/10/10から)月~木曜日12:59から 字幕

100日の郎君様 全話あらすじと感想 視聴率と相関図  (外部リンク・姉妹サイト)


今月・来月からの放送作品をチェック!

韓国ドラマ 日本放送  BS WOWOW テレビ東京 テレビ大阪 サンテレビ テレビ愛知


韓国で放送中のドラマ 2022年版




その他のランキングは「韓ドラの鬼」サイトマップページからどうぞ!

韓ドラの鬼 サイトマップページ




関連記事

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

サイトマップ

全記事から検索はこちらからどうぞ!



韓ドラの鬼 サイトマップ

TOP