Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

仮面の秘密(彼女はといえば)全話感想とあらすじ キャスト・相関図 視聴率

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

【日本放送】
WOWOWプライム(2019/10/23から)邦題:仮面の秘密10/6に第1話先行放送 WOWOWプライム月~金曜日8:15から 字幕
●KNTV 全20話(2019/8/11から)毎日深夜26:45から 字幕
●KNTV(2019/5/3から)金・土曜日早朝5:45から 字幕
【韓国放送期間】 2018年7月14日~9月29日

下へ↓話数ごとのあらすじと感想↓

邦題:仮面の秘密 原題:彼女はといえば

仮面の秘密 (彼女はといえば) 그녀로 말할 것 같으면  全40回(20話) 30分×4 4回連続放送
2018年放送 SBS
平均視聴率 7.9% 시청률 最高視聴率第40回12.7% 最低視聴率 第5回3.90% 
SBS 彼女はといえば 그녀로 말할 것 같으면
あらすじ

ある事情から男に追われているウンハン(イ・シア)は偶然出会ったガンウ(キム・ジェウォン)に助けられる。流血しているウンハンを心配するガンウだが、ウンハンはガンウの目を盗み彼の前から姿を消す。その後、ウンハンは自殺を試みるが、そこに居合わせ倒れたガンウに心肺蘇生を施し彼を助ける。ガンウが整形外科医だと知ったウンハンは、彼に別人にしてくれるよう懇願する。怪しむガンウ だったが、必死に頼み込む彼女の様子を心配し、手術を引き受けることに。

だが手術後意識を取り戻したウンハン(ナム・サンミ)は記憶を失っていた。何故自分が整形手術を受けたのか、誰に追われているのか分からないまま記憶が戻るまでガンウと共に生活することに。別人となったウンハンは記憶を失くす前の自分がチャンギ(チョ・ヒョンジェ)の家で家政婦として働く計画を練っていたことを知り、 真実を探るためチャンギの家で働き始める。だがほかの家政婦は知らないチャンギの細かい私生活まで何故か自分が把握していることに気がつく。

果たしてウンハンとチャンギの関係とは?そしてウンハンの正体とは!?

 
KNTV 彼女はといえば あらすじ 相関図
キャスト

ナム・サンミ  チ・ウンハン役(女33歳) 主人公整形して記憶を失う

キム・ジェウォン ハン・ガンウ役(男35歳) 整形外科院長

チョ・ヒョンジェ カン・チャンギ役(男45歳) SBC放送の朝のアナウンサー

 

チャンギの周辺人物

イ・ミスク ミン・ジャヨン(女、69歳)ファインコスメティック会長 創業者だった実家の父の跡を継ぐ

ハン・ウンジョン(ハン・ダガム) チョン・スジン役 (女、33歳)優秀なジャヨンの秘書 執事。

ファインコスメ秘書として入社したが、 優れた能力で社主の執事として抜擢された高学歴のエリート。

パク・ミンハ (女、7歳)チャンギの娘 勉強より遊ぶのが好き

ウンハンの周辺人物

キム・ジョンヨン  イ・スクヒョン (女、62歳)ウンハンの母 苦労せず生きてきたが、夫の死亡で貧困との死闘、しかし、娘のおかげで、  彼女の人生は 180度変わった。

カン・フン  チ・スハン(男、27歳) ウンハンの弟、メークアップアーティスト志望の草食系男子

 

ガンウの周辺人物

ヤン・ジンソン ソン・チェヨン(女、33歳) ファインコスメティック研究所長 ガンウの大学の後輩 情熱的で能力のあるキャリアウーマン。

イ・デヨン  ハン・ヨンチョル (男、70歳)ガンウの父

チョン・ジヌン(2AM)ハン・ヒヨン、29 整形外科相談室長兼看護師。 ガンウのいとこ(従弟)。

 

その他の人物

イ・ホジョン  イ・ヒョンス (女、29歳)チャンギの後輩、SBC放送社会部記者 気さくな性格と執拗な根性で武装した熱血記者

キム・レハ  キム班長 (男、50歳)刑事出身のウンハンを付け回す何でも屋。現在上流階級の主要顧客とする。お金だけを追う冷血に執拗で冷徹である。

チョン・ヨンジュ  ファン女史 (女、45歳)チャンギの家の料理人 韓国料理、中華、和食、洋食までプロの料理人ような存在。

キム・ボガン  チャン・ソクジュン(男、40歳) 大学病院の医師 ファインコスメミン会長一家の主治医。

ハン・ウンジョンは2018/12/10にハン・ダガムに改名。放送時はハン・ウンジョン

画像出典:https://programs.sbs.co.kr/

スタッフ /演出:パク・ギョンリョル 脚本:パク・オンヒ
コメントにて随時感想募集中です。


話数ごとのあらすじと感想
●以下話数ごとのあらすじと感想 / 作品感想ネタバレ有

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●以下、話数ごとのあらすじと感想

quetalsurinoさんより
仮面の秘密(彼女はといえば) 1話・2話と3話・4話 あらすじと感想 1・2話
仮面の秘密(彼女はといえば) 5話・6話と7話・8話 あらすじと感想 3・4
仮面の秘密(彼女はといえば) 9話・10話と11話・12話 あらすじと感想 5・6
仮面の秘密(彼女はといえば) 13話・14話と15話・16話 あらすじと感想 7・8
仮面の秘密(彼女はといえば) 17話・18話と19話・20話 あらすじと感想 9・10
仮面の秘密(彼女はといえば) 21話・22話と23話・24話 あらすじと感想 11・12
仮面の秘密(彼女はといえば) 25話・26話と27話・28話 あらすじと感想 13・14
仮面の秘密(彼女はといえば) 29話・30話と31話・32話 あらすじと感想 15・16
仮面の秘密(彼女はといえば) 33話・34話と35話・36話 あらすじと感想 17・18
仮面の秘密(彼女はといえば) 37話・38話と39話・40話(最終回) あらすじと感想 19・20

●以下作品感想

顔を変える整形手術と共に失われた記憶・・・観る側の好奇心を刺激するミステリーメロドラマ!

命がけのフェイスオフ(このドラマでは、美容整形手術を受けて全く別の顔を手に入れる意味で)を決心した主人公は、手術の後遺症として過去の記憶をすべて失う。ここまで聞くと、韓国ドラマにはよく登場する内容のドラマ!と認識されがちですが、失われた記憶がまるでパズルのピースのように一つずつ、ヒントを与えるように描かれハラハラ感が面白いメロドラマでした。

ドラマの始まりから新たな顔を持った主人公が登場し、命を狙われた主人公が顔を変えることになる理由を探る過程がミステリアスで、謎や秘密を持つキャラクターの登場で時には最高のスリル感まで味わうミステリー・スリラーでした。

フェイスオフ後、記憶を失ったヒロインのチ・ウンハンを演じるのはナム・サンミで、手術前のチ・ウンハンを演じるのは特別出演しているイ・シアです。手術の前(Before)とその後(After)のギャップが大きくて、綺麗なナム・サンミが演じるチ・ウンハンとキム・ジェウォンが扮するハン・ガンウが恋に落ちるのが自然の流れのように思えました。

ヒロインの顔を手術した美容整形外科医がハン・ガンウ(キム・ジェウォン)!でも話は、予想外の展開・・・チ・ウンハンは娘までいる既婚者だと明らかになり、ガンウとウンハンの恋が、不倫愛?に変わるハラハラする内容のものではなく、過去の記憶を取り戻すチ・ウンハンの姿と彼女を支えるハン・ガンウの純愛がよかったです。

チ・ウンハン(ナム・サンミ)が顔を変えてまで必死になっていた理由は、早い段階で誰もが予想できる展開が続きますが、彼女が記憶を取り戻しその理由が確信できるまで瞬間まで、様々なヒントが登場するので、ドラマを観ながら推理するのが好きな方には、お薦めしたいドラマです。

チ・ウンハンの夫、カン・チャンギを演じるチョ・ヒョンジェと、野望のためにチ・ウンハンを追い詰める悪女、チョン・スジン(ハン・ダガム)の演技が劇をかなり盛り上げるので、この二人からは最初から最後まで目が離せないです。悪役にも挑戦しているキム・ジェウォンですが、やっぱり優しい役が一番お似合いです。

15年以上経っても「ラブレター」で演じたアンドレア神父のイメージが強く残るチェ・ヒョンジェは、表向きは完璧なアンカーだけど、暴力的な内面をひそめたカン・チャンギ役を完璧に演じています。カン・チャンギ(チョ・ヒョンジェ)に限らず、登場するキャラクターたちの心理的な変化や考え方の表現が上手に描かれ、顔を変えるとか、記憶を失うとか、よくドラマに登場しそうな要素なのに、新鮮で面白いのが、不思議です。

これまで一般的に韓国で放送された週末ドラマと言うと、土曜日と日曜日の夜に放送されるドラマを意味することが多かったですが、地上波及びケーブルテレビチャンネルを含めると、週末のドラマ枠が多様化、金曜日のみ放送する者から、金・土曜日の枠で放送されるもの、土曜日のみ、2話(30分が一話の場合、4話)連続放送するもの、土・日曜日の枠で放送されるものがあります。

「彼女と言えば」は、土曜日のみ2話(30分が一話の場合、4話)連続放送されたドラマで、家族向けのドラマやメロドラマが多いのが特徴で、「彼女と言えば」はこの枠で放送されたドラマです。同じ枠で2018年に放送されたドラマには、「優しい魔女伝」、「ミス・マ/復讐の女神」、「シークレットマザー」などがありジャンルも様々なので、韓国ドラマで何を観るか悩む場合は、韓国で放送された曜日や時間帯をチェックして、ドラマを選択すると、自分好みの作品に出会えるチャンスが増える気がしました。

「善が悪をかつ」の典型的な結末が好きな方には、お薦めしたいドラマです。謎解きのような展開が面白いので、結末が分かっていても楽しめるドラマだと感じました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー