Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

仮面の秘密(彼女はといえば) 33話・34話と35話・36話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

仮面の秘密(彼女はといえば) 그녀로 말할 것 같으면  全40回(20話) 

第33回視聴率 7.0% 第34回視聴率 8.8% (※第17話)

第33回・第34回(17話)あらすじ

結局、記憶を取り戻したことを知られた途端に以前と同じようにチャンギに殴られたウンハン。食事に招かれていたガンウは、彼女の言葉からDVを受けたことに気付き家を出るよう諭す。最初はダラのこともあり渋っていたウンハンだったが、スジンがチャンギに自分を精神病院へ送れと話しているのを聞き家を出ることを決心する。

https://knda.tv/kntv/program/kn190302/

quetalsurinoさんより

第33回・第34回(17話)感想

緊張する展開でした!最後のシーンでは手に汗を握るほどの、緊迫感!

二つの顔を持つ夫、カン・チャンギの姿が衝撃的でした!その後、何もなかったかのように食事をするカン・チャンギ。ガンウはウンハンの異変に気づきます。その後、ウンハンを屋敷から脱出させる計画を立てますが、内緒話はトイレか、誰にも聞かれない場所でするべきでは?二人の会話を聞いたカン・チャンギは、ウンハンへの監視をこれまで以上に強めます。ガンウの計画した脱出計画がカン・チャンギにバレてしまい。。。

ウンハンを助け出すために、彼女の弟と母がウンハンを訪問し、計画通りでは弟が倒れ、彼女が救急車に乗って屋敷から逃げ出す計画でした。でも、計画の実行が難しい状況の中、このまま屋敷に残って暴力を受け続けるわけにはいかないウンハンは、ある計画を実行します。その計画は、カン・チャンギにアレルギーがあることを利用する計画を。わざとアレルギーを引き起こす食材を入れた料理をカン・チャンギに進める。

何も知らないカン・チャンギが料理を食べると、アレルギーを起こし倒れてします。その際に、ウンハンは車に乗ると、もうスピードで、ゲートに向かいます。何があってもゲートを開けないよう命じられたガード達。ゲートに向かってウンハンが突進する!外には、彼女を心配して迎えに来たガンウの車が見え!でも、ドラマはそこで終わり…こんな終わり方だと次の話が気になりますよね。果たして、ウンハンは無事に屋敷から脱出することができたのでしょうか。

シャルル・ペローが執筆し、グリム童話に収緑された作品「青ひげ」が、このドラマでの何度も登場していますが、そのたびに背筋に寒気が走る、何か怖い展開になる予感がしてハラハラしてこれまで観てきた記憶がありますが、「青ひげ」は何度も結婚した城の主の妻たちを殺していたちょっと怖い童話。ウンハンが必死に逃げようとする大豪邸は、お城ほどではないですが、自由に外に出られない状況が、単純なサスペンスの枠を超え、ハラハラ感が半端ないです。

娘ダラをカン・チャンギのもとに置いて、逃げることを迷うウンハンですが、無事に屋敷から逃げることに成功したあと、娘をからならず迎えに来ると約束するシーンは、本当に切なかったです。

状況から、息子カン・チャンギが地下の部屋で妻ウンハンに暴力を振るっていたことを、母ミン・ジャヨンも知っている様子ですが、息子からウンハンを助けるのか、息子の行為を隠し通す母として描かれるのか、単純にサスペンスドラマの枠をこえ、色々と考えさせられる一話でした。

結末に向けた、話しが動きだしたようで、今後も緊張感あふれる展開が描かれることを期待したいです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第35回視聴率 10.1% 第36回視聴率 12.0% (※第18話)

第35回・第36回 (18話)あらすじ

ミン会長の助けもあり、ウンハンはガンウと共に家を後にする。門を開けたことをチャンギに責められたミン会長は、どうして再びウンハンに暴力を振るったのかと問う。一方、一連のやり取りを見ていたウンハンの母親はウンハンがDVを受けていたことを初めて知り、ミン会長に今までの心情を吐露する。家を出たウンハンは改めてチャンギと戦う決意をするが…

https://knda.tv/kntv/program/kn190302/

quetalsurinoさんより

第35回・第36回(18話)感想

本格的なウンハンの復讐が始まり、妻の反撃に自分を守るために精一杯のカン・チャンギ!

死ぬ覚悟をしたのか、ウンハンはアクセルを踏み続けゲートにぶつかると思った瞬間、危機一髪のところで、ゲートが開きました。その後、待っていたガンウの車に乗ると、無事脱出することに成功しました!

ゲートを開けたのは他でもなく、母のミン・ジャヨン(イ・ミスク)でした。ウンハンを逃したことに腹を立てるカン・チャンギに、ミン・ジャヨンはウンハンを虐待していたことを明らかにする。やはり、ミン・ジャヨンはすべてに気づいていたようですね。同じ屋根の下に生活していて、DVを受けていることに気づいていなかったとは思えなかったです。ただ、息子を守るために、良心を捨てた母なのか否かがこれまで判断できなかったです。

過去の回想シーンが登場した時には、「ええ?やはり!」と思いました。フェイスオフの手術を受けた後、包帯姿のウンハンとミン・ジャヨンは既に会っていました!悪役を演じていたミン・ジャヨンがウンハンを助けた人物だったとは!逆転も予想外の大逆転でした!

一方、ニュースが放送される少し前、携帯に受信した動画には、スジンとカン・チャンギが一緒にベッドいる映像。同じ頃、スジンにも同じ動画が送られ、緊張する様子の二人。二人に向けたウンハンの反撃が始まります。しかし、カン・チャンギはこのままウンハンの思い通りにさせるつもりはない。

母、ミン・ジャヨンは何とか息子を更生させるために努力をします。しかし、カン・チャンギはウンハンに暴力を振るった証拠などないと、堂々とした態度をみせ、そんな息子にミン・ジャヨンが伝えた言葉。。。思わず母の気持ちに感情移入するほどの内容でした。これでカン・チャンギはこれまでの行動に反省するのかと思ったら、逆にガンウを脅します。

カン・チャンギは自分に関する記事を流すと、対抗すると一枚の髪をガンウに渡します。その内容までは明らかになりませんでしたが、もしかして、医師としてのカン・チャンギに打撃を与える内容なのでしょうか。以外にも卑怯で反省の知らないカン・チャンギを演じるチェ・ヒョンジェは、悪役がとても似合いますね。

最終話に向けて、これまで以上にドキドキ・ハラハラする展開が続き、カン・チャンギとチョン・スジンがどのような結末を迎えるのか、ますます面白いです。最後まで、ストーリーラインもよく、登場するキャラクターもよく、納得のいくエンディングが描かれそうです。

ハン・ガンウを演じるキム・ジェウォンは、時代劇「華政」で朝鮮第16代王、光海君の甥で、後の王と即位する仁祖(インジョ)を演じ、2019年に放送された「神のクイズ~リビュート」では残酷な天才役を演じ、演技の幅も広い俳優ですが、個人的にはハン・ガンウのようなキャラクターを演じる時が一番似合っていて好きです。

ウンハンとのガンウのハッピーエンドを願って!!

 

仮面の秘密(彼女はといえば) 37話・38話と39話・40話(最終回) あらすじと感想

 

仮面の秘密(彼女はといえば) 視聴率 あらすじ キャスト 感想

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー