彼女の私生活 9話・10話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

彼女の私生活  그녀의 사생활  全16話

第9話視聴率 3.085%

marikoさん

第9話あらすじ

ドクミは「偽の恋愛をやめましょう」と言う。ドクミはライアンからの電話を待つが、ライアンは「明日会うから」と電話をしないのだった。

小さい頃の夢を見るドクミ。それは幼い自分が、男の子の手を離してしまう夢だった。

出勤したドクミは、仕事だけに集中することを誓う。社内では、ライアンがドクミを振ったと噂になる。ライアンはドクミを呼び出して告白しようとするが、言葉がでないのだった。そして社内の雰囲気はピリピリとしたものになる。

しかしドクミの母がライアンのために食事を作ってきた。ライアンは昼食を食べたのに、食べてないと嘘をついてドクミの両親とご飯を食べるのだった。さらにドクミの母は、ライアンのために作ってきたというライオンの人形を差し出す。ライアンは喜んで受け取るのだった。

久しぶりに良い雰囲気になる2人だが、ドクミは「両親との関係はここまで」、と言う。「気まずいですか?」とライアンは聞くが、ドクミは「いいえ」と答えるのだった。

ドクミはウンギに、「偽の恋愛が終わって寂しい」と告白する。それを聞いたウンギは眠れなくなってしまうのだった。そうすると、ドクミの部屋から泣き声が聞こえてくる。ウンギは慰めるのだった。

ライアンは、ドクミの運営するサイトに恋愛悩み相談をする。ドクミは「あなたの気持ちが負担だったのじゃないのでしょうか」と答える。それを聞いたライアンは、悩む。しかしその回答は、ドクミが自分に向けたものだった。

シアンとダインとのミーティングに来た、ドクミとライアン。ドクミはダインのために、作業場に行くことに。誰もいない作業所で、以前にライアンと作業したことを思い出すドクミ。次々とライアンとの思い出を思い出すのだった。ドクミは、自分のサイトに「自分が傷つくのが嫌で逃げていたのかも知れない。お互い勇気を出すのはどうでしょうか?」と書き込むドクミ。そして作業場にライアンが現れる。泣いているドクミを見て驚くライアン。

ドクミはライアンに、「何がそんなに嫌だったのですか?」と聞く。するとライアンは「偽なので嫌でした」と言う。そして2人はキスをするのだった。

第9話感想

やっと両想いが通じました。ドクミがファンであるシアンから、ライアンに恋をするなんて、よほどの大きい恋心なんだなぁと思います。ライアンが辛抱強く待ってくれた感じがするのですが、素敵な男性ですね。

ドクミの親友ソンジュは、オタク活動をしている時に今の旦那さんと出会ったという話が出てきました。熱狂的な活動中に他の人に恋をするなんて、こちらもすごいことです。アイドルの追っかけと、自分の恋愛は別物なのでしょうか?驚きです。私だったら、本当の恋なんてする余裕がなくなるほどアイドルを追っかけてしまいそうです(笑)

ライアンとドクミがくっついたので、ダインとウンギがどう出るのか心配です。良い人たちなんですけどね。ライアンとドクミには、周りに揺らされずに幸せ一直線でいって欲しいです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第10話視聴率 2.730%

marikoさん

第10話あらすじ

ダイン、シアンとのミーティングを放って、ドクミの元へ走るライアン。ドクミは「私と偽の恋愛をするのが、そんなに嫌だったのですか?私はときめいていたのに…」と聞く。するとライアンは、「偽だからです。僕は本当に好きだったのに」と言って、ドクミにキスをするのだった。業者が来るが、それを無視してキスをする2人。ダインは「作業所に誰もいなかった」という業者からの連絡を受け、不審に思うのだった。

ウンギの母は、ウンギがドクミを好きだと知る。

ライアンは、ドクミにお互い名前で呼ぶことを提案する。帰宅したドクミは、キスのことを思い出して1人で嬉しがるのだった。翌日ドクミはソンジュに「私たち付き合い始めたの」と告白する。ソンジュは「このことは、しばらくウンギには秘密にしよう」と言う。ドクミは親に知られると困るので、そうすることに同意するのだった。

ダインはライアンに会いに、美術館に来る。シアンが、ライアンがシャボン玉の絵を提示してきたと言う。続けて、「この絵がシアンと手を組む理由なのね」と言うダイン。帰り際、ダインは「ドクミさんとどれだけ続くか見ていくわ」と告げる。

ウンギはドクミにメールをして、「いつ帰るのか?」と聞く。ライアンは「ウンギさんと親しいようですね」と言う。するとドクミは、「ほとんど兄弟のようなものです」と答える。ライアンは「ウンギさんとドクミさんと同じ気持ちでしょうか?」と聞く。それでもドクミは、兄弟のようなものだと答えるのだった。ドクミはダインとライアンはどうなのかと聞くが、ライアンは仕事の上で尊敬していると答える。

一方、ドクミに告白する練習をするウンギ。

帰宅後にデートを終えたドクミとライアンは、家路につく。ライアンはドクミを家まで追いかけ、ネックレスのプレゼントをするのだった。熱いキスをする2人。ライアンは車の運転中、スーツ姿のウンギを見かける。ドクミの家に着いたウンギは、ドクミに告白しようとするが、ちょうどその時酔ったソンジュがやって来る。

ウンギと何があったのか気になるライアンは、ドクミに電話をかける。しかし電話に出ないドクミ。翌朝、ライアンはドクミの家にやって来る。すると、ウンギとドクミが家から出てくるではないか。ソンジュに付き合って酒を飲んだ2人は、3人で朝を迎えたのだった。ドクミはウンギの陰に隠れるが、ライアンは、「ドクミと話がしたい」と言う。ライアンは続けて「ドクミは僕の恋人です。ウンギさんとは関係ない」と言う。するとウンギは、「ドクミは僕の好きな女性です」と言う。「ドクミが今の姿をライアンさんに見られたくないと言っているじゃないですか」と言うウンギ。しかしライアンは「大丈夫です、分かっていますから。“シアンの道さん“(ファンサイトの名前)」と言って…。

 

第10話感想

今回はラブラブで甘いシーンが多かったです。あんなに長くキスシーンをとるなんて、ドキドキしてしまいます。でもドクミはライアンにアイドルオタクをしていると内緒にしておきたかったのですね~。ウンギの背中に隠れてまで…。それを見たライアンは、悲しかったのではないでしょうか。私まで心がキューっとしてしまいました。

ウンギの恋心も悲しいですよね。兄妹のようにしか見られないウンギ。その告白は虚しく終わると思うので、とっても切ないです…。ウンギとドクミがどのように出会ったのかも出てきました。産婦人科で生まれた時からの縁だったなんて、本当に深い縁です。もう家族ですね。ライアンにとっても脅威の存在でしょうが、これからもウンギとドクミが友達として仲良くできることを祈ります。

 

彼女の私生活 11話・12話 あらすじと感想

 

彼女の私生活 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー